« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の31件の記事

2015年12月31日 (木)

世界の平和と日本の無事を祈る

しらべるが選ぶ2015年の5大ニュース
第1位
安全保障関連法 成立

2014年の1位に選んだのは、集団的自衛権行使の閣議決定だった。
2年つづけて国防についてのテーマを選んだのは、それが最大の関心事であるからだ。


人生の折々の場面で、人にとって最大の関心事は違う。
ある人は「運命の赤い糸は存在するか?」であり、ある人は「就職ができるか」またある人は、4Kテレビで作るホームシアター構想が奥さんから認可を受けるかであり、ある人は「今日のご飯はどこで拾うか」である。

これらは、私利私欲、人生の起点、生命維持と抽象度が異なっており、その関心事の数だけ多種多様な人々が暮らしているということである。

人はそれぞれだが、一つだけ共通していることがある。
それは「とりあえず、明日も生きよう」と思っているということだ。


白馬に乗って現れる王子、超一流大企業からの内定書、60インチの4Kテレビ、それらが手に入ったとしよう。
だが、僥倖に酔った翌日、死んでしまっては何にもならない。


人は明日も生きていけることを基本的に信じている。
その前提には「世界の平和」と「日本の無事」がある。

侵略あるいは、力による現状変更の試み、それらは、日本という平和で安全な国で生きている明日に影を落とす。
だから、その脅威を実効性の高い方法で排除して欲しい。


今年成立した「安全保障関連法」を戦争法案と名づけた人がいる。
去年と同じだが、僕の意見はこうである。


「これで戦わなくて済む」と抑止力による安全を説く賛成派と
「これで戦わなければならなくなる」と武力による危機を説く反対派は、絶対にかみ合わない。

戦争をしたい!と公言する日本人はいない。
戦争に行きたい!という日本人もいない。

反対派が「戦争をしたくてたまらない法律」にまつり上げて論陣を張る限り、議論は不毛だ。


NHKの世論調査は「大いに評価する」「評価する」「評価しない」「まったく評価しない」といった聞き方をする。
政治経済の評論家でもない国民に「評価」を尋ねるのは不自然だ。

素人が玄人を評価することは、現実にはないのだ。
草野球の補欠が、ヤクルトの四番打者を評価するかと言えば、そんなことはしない。
評価は雇い主であったり、上司であったり、管理する側にいる者の専権事項だ。

尋ねるならば「評価するか?」ではなく「賛成するか?」や「支持するか」だろう。
しかし、賛成反対を聞くと政治信条に近づきすぎる。
そこで、オブラートに包んだ
「評価」という聞き方になる。


賛成も反対も聞かれずに育ち、社会に出ても態度を明らかにしないことで、軋轢を避けることを優先する。
現実に周囲からはそれで許されるし、それで済む。

僕らにできることは、誰かに対して不毛な戦いを挑むことではなく「世界の平和」「日本の無事」を祈ることだ。
日本人であれば、誰もがその一意で祈る。
一意で祈ることの力は小さくない。


2015年もしらべるとしらべるが行くを読みに来ていただき、ありがとうございました。
2016年も毎日こうして書いて行きますので、また時々読みに来てください。
よいお年をお迎えください!

|

2015年12月30日 (水)

ロッカーたちに名盤を残したいと駆り立てた2015年

第3位
北陸新幹線開業

2015年3月14日、長野-金沢(228km)が開業。
東京-金沢間「かがやき」の最速ダイヤは2時間28分。
在来線特急サンダーバード使用と較べて 1時間20分短縮しました。

東京-金沢間の場合、開業三ヶ月時点の利用客は従来の3倍。
金沢市にとっては盆と正月が一緒に3年分来たような賑わいとなりました。


北陸新幹線は金沢から先、福井、敦賀を経て京都に結ぶ予定です。
「金沢から先は作る必要あるの?」
という疑問を持つ人がいますが、東海道新幹線が災害で長期不通になった場合の迂回路として、作った方がよいと思います。
ただし平時においては、閑散とした営業運転となるでしょう。
そこは12両にこだわらず、4両編成など複数の編成を走らせるシステムを導入すればよいでしょう。

*乗客が少ない山陽新幹線は(東海道の)16両編成にこだわらず、4両、8両編成を併行運用している。

金沢―敦賀間は当初計画より3年前倒しして、2023年春の開業を目指しています。



第2位
Mr.children「REFLECTION」サザンオールスターズ「葡萄」など名盤多数発売

2015年はありきたりな言葉で"大御所"とくくられるロックアーティストが揃ってアルバムを出し、そのいずれもが秀作という珍しい年になりました。


REFLECTION Mr.Children 58万枚
葡萄 サザンオールスターズ 54万枚
Tree SEKAI NO OWRI 48万枚
これらはアルバム年間売上げの6位~8位にランクされます。


いずれも、歌唱力、演奏力つまりライブ活動に強みをもつロックグループ。
中でも5年ぶりのニューアルバムとなったサザンは、待ちくたびれたファンを落胆させないためにも、秀逸なものを出す必要があったし、見事にその期待に応えました。


一時期はコバチルと揶揄されて、作品が低迷していた Mr.children。
そのコバタケと袂を分かち、意地でも下手なものは出せないという状況で、最高傑作といえるアルバムを仕上げました。

TreeはSEKAI NO OWARIにとってセカンドアルバム。
7月に日産スタジアム2daysを満席にして、一躍ビッググループの一角に加わりました。


さて、アルバムの宣伝コピーでは"今年のベストアルバム"と謳っていた佐野元春「Blood Moon」も近年の作品を超えるものでしたが、残念ながら50位内には入っていません。
(50位の実売は7.7万枚)



サザン、Mr.children、佐野元春
そのデビューから20年の足取りだけを切り取れば、いずれも遜色のない輝きを放っていました。
しかしなぜ、佐野元春はサザン、Mr.childrenと違ってしまったのでしょう。

一つだけ明確な違いがあるとすれば、サザン、Mr.childrenはオリジナルメンバーが1つの船で航海を続けているのに対して、佐野元春はHeartland、The Hobo King Band、COYOTE BANDと船を作り替えてきたという点。

異なる音楽スタイルを渡り歩いたのが良くなかったというのではなく、佐野元春はメンバーの枠に捕らわれず、自由だったと言うこと。
他のバンドと佐野元春が明確に違うのは、音楽表現における新たな規格の開拓者だったということです。


彼が魅せてきたのは音楽というよりも、生き方そのもの。
彼こそがrock'n rollerというのかも知れません。
あまりにも、その独自性は強烈で、彼についたファンは「どこまでも心中する」ファンと「付いていけなくなる」ファンに二極化したのだと思います。


16万枚を売って年間25位となった浜田省吾「Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター」も、みごとな作品でした。
彼については、ファンではないので分析はできません。
一つだけ言えるのは、今作はハマショーファン以外が抱いている彼に対する先入観を覆すだけの力を持っているということです。
一度、聴いてみてください。


2015年という年が、こうしたロッカーたちにとって、ここで強力な足跡を残したいと駆り立てる、何らかの力を持っていたような気がしてなりません。


2015年は佐野元春にとって、デビュー35周年。
現在、35周年ツアーに入っています。
このツアーは10月に始まり、2016年3月に終わります。
サザン、Mr.childrenのビッグツアーがないこの時期を選んだのは、単なる偶然でしょうか。


|

2015年12月29日 (火)

しらべるが選ぶ2015年の5大ニュース

今年もいよいよ押し迫りましたね。
皆さんにとって今年はいい年、それとも散々な年?
いずれにせよ、時間は未来から過去に流れています。
目の前に迫った来年を見据えて行きましょう。

その前に、今年も恒例の5大ニュースを選び過去を清算しておきたいと思います。



第5位
セリーグ全球団負け越し

2015年6月16日
交流戦終了 パリーグ 61勝44敗3分 セリーグ

7月3日
勝率5割だった阪神、ヤクルトが共に敗れたため、NPB史上初めて、セリーグ全球団が勝率5割を切った。

  ゲーム差
ヤクルト 37 38 -
阪神 36 37 0.0
巨人 37 39 0.5
DeNA 36 38 0.0
広島 35 37 0.0
中日 33 42 3.5

7月4日
阪神が勝率5割に戻し、全球団借金状態は1日で終わった


7月21日
首位巨人が敗れて借金1となり、再び全球団が5割を切った。

  ゲーム差
巨人 43 44 -
ヤクルト 42 43 -
阪神 42 43 -
DeNA 42 44 0.5
広島 39 43 1.5
中日 38 46 3.5

7月22日
阪神、ヤクルトが勝率5割に戻し、今回もまた全球団借金状態は1日で終わった。


全球団負け越しは上記の2回、2日間でした。
交流戦が始まって以来、セリーグが弱いことはばれていて、セリーグ球団から優勝が出たのは2012年、2014年の2度きり(いずれも巨人)
2015年にはチームとしての「交流戦優勝」というタイトル自体がなくなりました。


交流戦は2005年に1チームあたり36試合でスタート。
2007年には1チーム24試合に削減。
そして2015年は、当初の半分18試合となりました。

それでも、この体たらく。
当初の36試合でやっていたら、セリーグ優勝チームが「負け越し優勝」という悲惨な結果になっていたかも知れません。
セリーグ各球団は、そろそろ止めたいと思い始めているのではないでしょうか。



第4位
樋渡啓祐 前武雄市長が、佐賀県知事選で落選

樋渡啓祐はかつて武雄を立て直した政治家。
CCC(TSUTAYA)が運営する武雄市図書館を成功させた人物として知られている。


1969年11月18日
佐賀県武雄市生まれ

1993年
東京大学卒業
総務庁(現:総務省)入職

1996年
失言により左遷。沖縄開発庁(現:内閣府)出向

1997年12月
沖縄県での実績を買われて要職に復帰。内閣官房主査

2003年4月
志願して大阪府高槻市へ出向

2005年12月
総務省辞職

2006年4月
武雄市長に初めて立候補して当選。当時、最年少市長だった。

2008年1月
著書「力強い地方づくりのための、あえて力弱い戦略論 」出版

2008年12月
武雄市民病院の民間委譲を巡り、辞職して民意を問う。再選。

2010年4月
武雄市長再選

2010年12月
著書「首長パンチ」
沖縄開発庁時代から市民病院を巡る出直し選挙までの「打たれ強さ」が描かれている。

2013年4月
武雄市立図書館の運営をCCCに委託。武雄市図書館としてオープン。

2014年
5月、著書「沸騰!図書館」出版
8月、著書「反省しない」出版


2014年暮れの総選挙で、トンボメガネの古川康 前知事が衆議院へ転身したため、2015年1月11日に佐賀県知事選が行われた。
樋渡啓祐は武雄市長を辞して立候補。落選した。

畏怖の念を抱くほどの打たれ強さで、既得権と戦ってきた政治家が敗れたことは意外だった。
革新的な政治家が敗れる時「実は行政の運用がずさんである」と言った裏話がまことしやかに語られることがあるが、樋渡啓祐について、それは当たらない。

捲土重来を期待したい。
できれば、従来通り、ツィッターアカウントで気ままな発言をしながら。

|

2015年12月28日 (月)

ビジネスメールの禁則 CC男にご用心!

「C調言葉にご用心」と歌ったのはサザンオールスターズだが、情報化社会の現代、ビジネスマンは「CC男」にならないよう気をつけなければならない。


CCはカーボンコピーの略称。
企業において、パソコンが1人1台行き渡ったのは2000年以降。
1990年代まで、業務連絡の主体は紙だった。

契約書、決裁書などの重要書類の場合、複製不能な複写が求められており、そこで使われていたのがカーボンコピー紙。
筆圧をかけて書き込むと、カーボンがそれを下に敷いた複写紙に伝えて複写が取れる。

・・・というような説明をしても、20代以下の人は何を言っているかわからない。
2015年に29歳を迎えた人が小学校に上がったのが1993年。
早い人はパソコン通信で私的なメールを始めていた。
カーボンコピー紙が使われるのは企業・組織であり、役場での手続きや企業でのアルバイトを経験する15歳は2001年。
その頃には企業の連絡手段としてメールが定着しつつあった。
従って「カーボンコピーとは・・」から始まる説明は、20代以下の人にはやめた方がよい。
思考停止した懐古主義男と思われるだけだ。


さて本題に入ろう。
結論から言うと

【1】「CC」は必要最小限にしなければならない。
【2】CCが付いているメールへ「全員に返信」をしてはいけない。


【1】CC本来の使い方
[宛先]行動をとって欲しい相手
[理解]理解だけして欲しい相手


CCの誤った用法
【A】相手にプレッシャーをかけるために使う。
自らの正当性を相手に訴える際、外堀を埋めて相手を追い込むために「自分の上長」「相手の上長」「周囲の同僚」をCCに詰め込むのが「CC男」

ここで肝に銘じたいのは1990年代にパソコン通信が始まってからの鉄則である「ネットの喧嘩は1対1」である。
当時は、ネチケット(1990年代の用語・ネット上のエチケット)として知られていたが、2000年代に入って業務でメールを使い始めた人たちは、企業・組織からこうした教育を受けていない。

つまり、企業・組織においてメールは無法地帯のまま放置されているのである。


CCの誤った用法
【B】自己アピールのために使う
相手に対して、懇切丁寧な対応メールを送る時
「私はこんなに顧客思いの仕事をしている優秀な社員です」
ということを上司に言いたいのが「CC男」

これを受け取る上司にとって、CC男の自慢話はうんざりなのである。
日本ではラインに属する社員の基準は、業務の実力主義ではない。
「部長」「課長」など組織の長になる人は、人を働かせるための能力に長けている人だ。

部下が真摯に努力しているかは、接していればわかる。
CCでアピールしてくるCC男は、それ以外のなにかが欠落していることが多い。
CC男のあざとさに上司は辟易していることを想像しなければならない。



【2】CCが付いているメールへ「全員に返信」をしてはいけない。

CCがたくさん付いているメールは「返信」をするのが正しい。
そうすれば「From」の1人だけに届く。

厄介なのは、たくさんのメンバーに届くML(Mailing List)
この場合、返信するとそのメンバー全員に届く。
差出人は「漏れなく伝えた」という説明責任が果たせてよいが「了解しました」「出席します」といった1行返信を全員分読まされるのはかなわない。

この場合は少し面倒だが[返信]をクリックした後[宛先]からMLアドレスを消して、差出人のアドレスを入力する必要がある。


CC男公害の問題点は、読む側は時間をとられるということだ。

[CC]やMLで5人に送られたメールが2往復やりとりされた場合、受け取った人は”証拠づくり”や”念のために”送られたメールを4回読まなければならない。
1通15秒で読んだとして1人あたり1分、それが5人で5分。

CC男が多い組織では、組織全体から膨大な時間が失われる。
時間=コスト(お金)であり、CC男は会社の金庫から金を抜いているに等しい。

こういった組織全体の損失は、9割以上の会社で見過ごされている。
しかし、心ある人は日頃から「なんだかなぁ」と思っていて、誰かが声を挙げてくれれば、それを歓迎するのである。

|

2015年12月27日 (日)

今すぐ止めなければやばいビジネスメール5か条の禁則

ここに書いてあることを、今日までやっていたかも知れない。
もしそうならば、すぐにやめなければいけない。
あなたがそう気づいたならば、今日からできるビジネスメールの5か条です。


【1】了解しました

メールで頼みごとをされた返事に「了解しました!」と明るく返す人は多いが、それによって品格を見限られていることに気づいていない。

目上の人には「承知しました」というのが常識。
同僚や部下、後輩ならば「了解しました」で十分に丁寧だ。
しかし、上司や目上の人、先輩に向かって「了解しました」とやった場合、舐めている若僧そのものである。
若くない場合は、馬鹿者だ。

りょーかいですっ!
今日もまた職場のあちこちで若僧と馬鹿者が、上司を脱力させている。



【2】下さい

「10時までにご来場下さい」
「ご了承下さい」

IMEやATOKがそう変換するから、なんの疑問も持たずに書いている人が8割はいるだろうが、それは誤り。
「下さい」と書く場合は、モノをもらう時に限る。

その昔、モノは目上の者が目下の者に授けるものだった名残で「下さい」を使う。
しかし、補助動詞はひらがなで書くという常識があり「●●して下さい」は誤りである。
かな漢字変換ソフトが「下さい」を提案してきたら[F6]キーを押してひらがなに変換するとよい。

「頂く」も同様。
モノをもらう時は「頂く」だが「●●して頂く」は誤り。ひらがなに変換しなければならない。


他にも「○○な為」「宜しく」「有難う」「御座います」といった漢字は、使わないほうがよい。



【3】部長様

「各位様」が二重呼称で禁則であるように「役職」に「様」をつけるのも禁則。
上司が山田部長の場合、メールの書き出しは「山田部長」でよい。

得意先などで、どうしても様は付けたいという場合
▲▲株式会社 部長
山田太郎 様
のようにするとよい。



【4】絵文字の署名

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:**・
総務部1課
佐藤 ケイコ

「夢見る少女かっ」
メールをもらった人から、つっこまれていることを知らなければならない。



【5】署名に座右の銘

経理部2課
佐藤 一郎
Everyday Do my best!

「家で言え!」
とつっこむ人は少ない代わりに、こういう変わり者とは関わりたくないと思われている。

【4】【5】共に、人より遅くメールを使い始めた年配の人に多い。
メール創生期の、ネット住人がやたらと口うるさかった時代に参加しておらず、誰もが逆ギレを恐れて遠慮し合い、マナーを注意しない時代にメールを始めた人だ。

こういう人は、プライベートと仕事の境目が曖昧。
会社アドレスで呑み会の誘いなどを平気で書いてくるのも、こういう人だ。

「CC男にご用心!」につづく

|

2015年12月26日 (土)

なぜ君はトイレで僕を見るのか?

君とはよく目が合うよね。
僕はすぐ逃げるように目を逸らすから一瞬だけど。

君がエレベーターを待っている時、僕が通りかかると、君は驚いたように振り向いて僕を見る。
そしてにらみつける。
「生まれながらこういう目なんだ」
というのかも知れないけど、僕はどきりとする。


君がコピーをとっている時、僕が後ろに並ぶと、君は「なんだよ」と言わんばかりにこっちを見る。
別に君が著作権に違反して、不正コピーしているのを咎めに来た訳じゃないよ。
もちろん、そういうことはしていないだろうし。

僕はコピーの順番を待ちたいだけなんだ。
これが終わらないと、次の仕事に移れないから。
だから、なんで後ろに立つんだ?という目をしないで欲しい。


君がトイレで小用を足している時、僕がトイレに入ってくると、身体は正面を向いたまま、君は首を100度くらい回して、こっちをみるよね。
身体を向けたら、大変だけど。

恐らく、それは僕じゃなくても、相手が社長でも部長でも同じ行動をとるのだろうね。

トイレという場所は、社交場じゃない。
不浄の場所だから、皆淡々と用を足して、帰っていく所なんだ。

やぁ、君も来ていたのか?
どうだ、調子は?

なんて、誰も声をかけはしないよ。
いや、もしかすると、昔そういう経験をしたから、トラウマになっているのかな。

確かに用を足している時に、話しかけてくるやつって嫌だよね。
そういうやつは、久しぶりに会った相手に「このこの~」とか言いながら、ジャブを打つんだよね。

「釣りバカ日誌」でスーさんと浜ちゃんがよくやっている。
漫画の中ならばいいけれど、現実にやる人には参るよね。


君は誰かに後ろに立たれることの恐怖症なのかも知れないね。
今度から君のことを「ゴルゴ君」って呼んでいいかい?

いいわけないよね。


君が周りを気にするのは、君の勝手だけれど、君のいるスペースに入る度ににらまれたり、誰なのか確認されるのは、気持ちよくないんだ。

みるなよ!

単刀直入に言ったら、もう人間ではなくなるよね。
だから、そんなことは言わないよ。

生きづらく、イヤな事だらけの世の中で、誰もがそうであるように、きっと、君もなにかに怯えているんだろうね。
共感はしないけれど、理解はできるよ。

|

2015年12月25日 (金)

早起きしてホルモン負荷試験

病院の一日
6:00 点灯
7:30 起床 体重・体温・血圧計測
8:00 朝食
12:00 昼食
18:00 夕食
22:00 消灯


いつもならば起床は7:30だが、今日は6:00起き。
手術後6日めにおこなう「ホルモン負荷試験」である。

ホルモンとは、機能の抑制・促進のために内分泌される物質。
ホルモンは血液と共に各器官へ運ばれる。
ホルモンを分泌する器官はいくつかあるが、もっとも役割が多いのは下垂体。

その下垂体が腫瘍によって押しつぶされているのが下垂体腺腫。
患者は概ね、各ホルモンの機能を示す数値が正常値より低くなっている。



検査の正式名称は「下垂体前葉負荷試験」
早朝、空腹時におこなう。
長い場合、120分かかる。
従って、朝食まで随分時間がある 6:00開始なのである。

安静臥床でおこなう。

①生理食塩水で点滴して、ルートを確保

②採血

③三方活栓で切り替えて、4種のホルモンを同時に静脈に注入

④30分、60分、90分、120分後のように数回に分けて採血

僕の場合は、7回の採血だった。


このように長井医師が懇切丁寧に説明して
くれるわけがない。
緊急手術で徹夜だったらしい彼は、かなり憔悴していて、採血すらおぼつかない。

これは、病院内で医療データベースを見せてもらいしらべた。
自分が受けた検査を、自ら事細かにしらべる患者も珍しいだろう。


採血が終わって、少し遅い朝食。
オムレツとパン。
きちんと玉子の味がした。
手術後6日めにして、徐々に味覚が戻りつつある。
ようやく牛乳がヨーグルトに替わっていた。


こうなると欲が出る。
日勤の石川さんにコーヒー飲用とパソコン使用の許可を求める。
「先生に聞いておきます」
堂下総合病院では、パソコン使用は許可制。
キーを叩く音が周囲に迷惑だからではなく、患者は病院に療養に来ているから(仕事に来ているのではない)という理由だ。


9:45
トイレを済ませて廊下を歩いていると、僕の部屋の方から牧野医師がやって来る。
あれ、回診だったのかな?
彼の表情に焦りが見える。
すいません、トイレに行っていました。
と言いながら、部屋に戻ると、そこには白衣の集団が部屋を埋めていた。

「どうですか?」
知らないおじさんが僕に話しかける。
牧野医師がそのおじさんに、ほらあの患者ですといったことを告げている。
その恭しい態度を見ると、どうみてもそれは上役に接するそれだ。
こちらもサラリーマンが長いから、すぐに状況を察した。

さらに、おじさんが続ける。
「腫瘍がきれいに取れていたから、見え方とかどうですか?明るくなったとか」

いやぁ、まだよくわかりません。そんな気もしますけど・・

正確を期した僕の受け答えに、牧野医師の顔が曇った。
もっとリップサービスすればよかったかな。
牧野医師はすばらしい、ボーナス上げてくださいとか
まぁ、ここではそういう冗談は通じないだろうけど。


財前教授で有名な、いわゆるこれが「教授回診」である。
ホントにあるんだ。テレビの中だけかと思っていた。
しかも、テレビそのまま、ぞろぞろと医師や研修医が着いてまわる。

テレビニュースを見ていると、政治経済科学技術分野では"教授"の肩書きが安売りされているように感じられるが、医療分野では教授はとても狭き門らしい。
そこに取り巻く人達の間では、毀誉褒貶も大変なのだろう。

若くして医者への夢に頓挫した父は、僕が医者になってくれればと願っていた。
近年聞くところによると、僕は医者になる運命も見えていたらしいが、ならなくてよかったと心から思う。
だいたい、僕が医者だったら、あまり手術を受けたくない。

|

2015年12月24日 (木)

彼女が来たら談話室に逃げるルーチンワーク

手術後5日め
昨日までは昼寝をしていたが、この日からは加圧ストッキングを履かず、1日起きて過ごすことにする。


9:10
ヘルパーさんによるパジャマチェック。
着替えを勧めてくれたので、手術以来着ていた甚兵衛タイプから、パジャマに着換える。

日勤の田澤さんから「一階の売店(コンビニ)までならばいつでも行ってもいいですよ」とお許しが出る。
また一つ規制が緩和された。


今日はまだ爆音ばあちゃんが来ていない。
ケイちゃんが来ていない時間帯は天国だ。
こういう時はずっと部屋にいたいなと考えていたら、突然耳鼻科に呼ばれた。
予定外だが嬉しい。

今日もまた初めて見る耳鼻科医。
ラグビーの五郎丸みたいで、ちょっと職人気質。
鼻の奥まで掃除してくれた後、鍼?のような細い棒をさし込んでしばし待つ。殺菌なのだろうか。

この治療が効いて、手術後初めて両方の鼻が通った。
あぁ、天国だ。
いつも、こんな味の空気を吸っていたんだったな。


お昼は佐野元春が好きなマカロニグラタン。
だからというわけではないが、僕も大好き。
しかし、鼻は通ったけれど、まだ味はしない。


綿球の取り替えは、既に自己管理に移行している。
3時間に1度を目安に取り替え。
徐々に付着する血の量が少なくなっていたが、初めて血がついていなかった。
でも、これで血が止まったとは思えない。引きつづき、新しいものを入れる。
鼻は通っているが、綿球が詰まっているので、呼吸は口でするしかなく息苦しい。


ケイちゃんが来るまでは部屋で本を読み、ケイちゃんが来て爆音会話が始まったら、本を持って談話室へ逃げる。これがこの後、退院までのルーチンワークになった。
1時間後、本をすべて読んでしまったので部屋に戻ると、爆音会話はまだ続いていた。
その会話には看護師も1人参加している。

「まだ、お昼ですよ。寝るには早いですよ」
どうやら、ひょうちゃんが「明日の手術に備えてリハビリはやらない」とごねていて、看護師が説得している。

そうだ!そうだ!
看護師に声援を送る。
昼間のうちにひょうちゃんを疲れさせてくれないと、となりの僕はひと晩じゅうひょうちゃんの独り言>ナースコールの繰り返しに眠りを妨げられるのだ。

しかし、残念ながら軍配はひょうちゃんに上がった。
看護師が引き上げたあと、ケイちゃんが「A先生に**、B先生には**。しっかり受け取ったわよ。たいしたもんね」
と報告している。
部屋中に聞こえる声で。


夕飯は味噌仕立てのワンタン
初めて味がした。
夕飯後、いつもならば、対角線ベッドに居るおじちゃんの独り言が始まる。

看護師との会話を漏れ聞くところによると、ずっと独り身らしい。
手術の説明を1人で聞き、手術の立会もいない。
故郷にもずいぶん、帰っていないという。

いつも、家に帰れば唯一の話し相手であるテレビに向かって笑い、つっこんでいるのだろう。
それを「孤独な人」と片付けるのはたやすい。
だが、そんな境遇だからこそ、彼は自分の目でみて、考え、想像している。
だから、手術前にあれだけ飄々としていられるのだろう。

その彼も、手術前日ということもあってか、とても静か。


初めてテレビをつけてナイターを観る。
村上春樹が応援するチームが、僕の贔屓球団を僅差でリードしたまま、放送時間が終了した。
勝っても負けても、今年はこんな試合ばかりだ。



鼻が通るということは、これほどまで劇的に気分を変えてしまうのか。
前日と一転、明るい一日になった。
しかし、気分が晴れてくると、感受性も戻る。
すると、周囲の会話や人の態度が気になり始めた。
ほぼ日手帳に書き留めた量が格段に増えているが、その大半が声に出せない抗議のメモになっている。

手術後5日めのまとめ
耳鼻科で鼻通って楽になった!

これまでは綿球が濡れてくると目が覚めるため、夜中に3度は目覚めていたが、この日は1度で済んだ。
明日は朝6時からホルモン負荷検査と言われている。

|

2015年12月23日 (水)

手術後4日め 看護師から3項目の指導

手術後4日め(火曜日)
6時に起きて体重を測る。
前日よりも800g減。
体重が軽いことは嬉しい。
だが体組成計に乗ったら、減っているのは筋肉であることがわかるのだろう。

朝ご飯はパンにロールキャベツ。
まだ味がしない。
依然として牛乳が付いている。
夜勤の平原さんに「5日前に牛乳は飲めないと言ったのですが・・」とやんわり訴えた。

それにしても朝の8時から、となりの爆音トークケイちゃんが来ているのはどういうことだ。
面会時間まではまだ3時間あると言うのに。
猫の首に鈴を付ける看護師はいないようだ。


外来の開始前の時間を使って、副担当の長井医師がやってきた。
「回復は順調です。明後日ホルモン負荷検査と採血をしてOKならば、土日に退院できます」
はぁ・・そんなに急がなくてもという言葉をのみ込み、そうですか!と目を輝かせてみせた。


9時からはナースセンターでミーティングが行われている。
それが終わると、看護師が前日の水分量を確認に来る。
今日は誰が日勤の担当だろう?
手間をとらせないために、今のうちにメモしておいた数字を電卓に入れて表に書き込む。

「6時~14時」30cc
「14時~22時」70cc
「22時~6時」10cc

計量初日の180ccにつづいて、2日めは110cc。
これはさすがに少ないなと自分でも感じていた。

水分摂取110ccに対して、排出は5回で2187cc。
どぉゆうことっ?
再び濱田マリの声でつっこんだ。
この歳になっても、身体の仕組みはわからないことだらけだ。
そして、この水分摂取量は、この後指導を受けることになった。


既に鼻に詰められていた綿は除去されたのだが、鼻が詰まっている。
あちこちが充血しているのだろう。
左が通っている。あぁ鼻をかみたいと思っているうちにまた詰まる。
その繰り返し。
ちなみに鼻をかむことはまだ許されていない。


日勤の石川さんがやってくる。
ここで生活態度について、指導が出た。

①水をもっと飲む
②うがいを1日2回必ずする
③加圧ストッキングを履かないならば、起きて過ごす

ははぁっすいませんと丁重にお辞儀。
初めて怒られたので、なんだか嬉しい。
そうか、もう昼間は動いたほうがいいんだな。

そこで許可を得て、手術後初めてローソンまで買い物に行く。
速く歩けない。
80kgくらいのおばさんに突き飛ばされる。
病院のスタッフが目の前を横切る。
エレベーターが来ているのに、ドアが閉まるまでに乗れない。
院内でこれだ。
往来の交通は、病弱者にとって大変だ。


R-1、OS-1を買って来たので、テレビカードを使って冷蔵庫の電源オン。
これで買い置きができるようになった。


手術後は口で息をするため、雑菌が入りやすい。
そのためのうがい。
イソジンが渡されていて、1日2回。
夕方、片方の鼻が通ったところを狙い、よし!と洗面所へ向かって初うがい。
両鼻がつまっていては、うがいはできないのである。
これから、動きを出していこう。

夕飯は煮魚、芋、お粥
ごはんについてくる汁物も水分摂取量にカウントするよう指示があった。

今日は指導に従い、昨日の5倍飲んだ。
150+320+100=570cc
子供の頃と違い、大人になってからは指導に対しては素直なのである。
外面がいいとも言うが。


手術後初シャワー
ずっと身体についていたセンサーを一時的に外してもらう。
身体に付いているのは、鼻に詰めた綿球だけ。

手術4日めのまとめ
大きな改善ない
鼻づまり治らずキツイ

|

2015年12月22日 (火)

ストーリーがあるゴルフクラブとのお別れ

ドライバーはチタン「S-CARRY T.305」
SEIKOが発売したS-YARDがチタンドライバーの市場を作ったあと、雨後の竹の子のように出た類似廉価ドライバーの一つだ。
ゴルフを始めてた頃はマルマン「TAP18」というドライバーを使っていた。
後にゴルフの知識が増してからわかったことだが、それは素人が使うにはシャフトが固すぎた。
キレイに芯を捉えた時は、キャディさんが慌てて「フォア~」と叫ぶほど飛ぶのだが、確率が低かった。

この「S-CARRY」に変えてからは、とりあえず前に飛ぶ確率は上がった。
何より当時流行っていたチタンの乾いた打球音がかっこよかった。



そして、見覚えのないドライバーがもう1本入っている。
オレンジ色のシャフトだから、けっこう高級品だったはず。
誰かが処分に困って、こっそり入れたのだろうか?
と思ったがそんな訳はない。

コンペの賞品でもらったバルタン星人のヘッドカバーを被っているので、自分が入れたには違いないのだが、まったく記憶がない。
想起できるストーリーがないということは、誰かに「これ要らないからあげるよ」ともらったのかも知れない。



スプーン(3番ウッド)は「クレインゴルフENA」
チタンヘッドが流行る前に、カーボンヘッドで人気を博したブランド。
確か当時は「NASA開発」というキャッチフレーズがついていた。


とにかくヘッドがでかくて、ドライバー「TAP18」よりもスプーン「ENA」の方がヘッドがでかかったほど。
その大きさは安心感があり、素人にはありがたかった。
また、芯に当たった時の飛距離は群を抜いており、生涯最長飛距離(およそ300y)をたたき出したのもこのクラブだった。

ただ、きれいに当たった時も"ぼくっ"というこもった打球音で、そのせいというわけではないだろうが、次第に使わなくなった。



バフィ(4番ウッド)は YONEX「ProⅡ CARBOREX」
ゴルフの楽しさがわかってきて、さらに上手くなりたいと欲が出た頃に買ったクラブ。

ヘッドには2本のネジが埋まっていて、重量の異なるネジが付属していた。
ネジの組合せを変えることによって、ドロー、フェードのバランスを変えることができるというもの。
そのメカニカルなギミックに惹かれたものの、一度もネジを変えることはなかった。

バフィは第二打地点から距離を稼ぐクラブ。
ソールには2本の溝が切ってあり、当時それは「下駄箱ソール」と呼ばれていた。
溝は芝の抵抗を逃がすため。
フェアウェイ上のボールを打った時、ヘッドが芝に負けず走る。
福岡天神にあるゴルフ屋の店員さんが「下駄箱ソールはバッグに1本入れておくといいですよ」と薦めたのである。

刻んで無難ではなく、強引にピンを狙うゴルフをしたかったわけだが、地上にある(ティーアップしていない)ボールを芯で捉えることは素人には難しく、買ったクラブの中では最高値だったが、その恩恵は享受できなかった。



ゴルフはいつかまたやりたい。
そうずっと考えて来た。
晴れた日、海や山の自然に囲まれて、気の置けない仲間と回るゴルフは、贅沢の極み。
レストランのメニューにオムライスがあれば、さらに幸せ。

最近はゴルフ人口が減っているらしく、コンペを開いても人集めに苦労すると聞く。
「昔やっていました」と言うと、一緒にどうですか?と言ってくれる人もいる。
ありがたいことだ。

でも今すぐこのクラブをゴルフ場に送って、コンペに参加したら「200打」を超えるかも知れない。
古くなったクラブは、ぽきっと折れて飛んでいくかも知れない。
(1度、5番アイアンが枝に当たって折れて、ヘッドだけ20m飛んだことがある)
けが人を出したらえらいことだ。

再開するには「打ちっ放し」200球を20回くらいはやらないと「150打」以内で回るのはムリだろう。
とてもそんな「時間」と「お金」がない・・・



さて、今日の話ゴルフに興味がない方は、早々に離脱しているかも知れません。
こうして書くだけ書いたので、きれいさっぱり処分することにしました。
自治体の粗大ゴミ回収で、ゴルフセットは300円。
大きくて重い割に安いところをみると、その一部が、リサイクルできるのかも知れませんね。

新品のボールは、知人に「谷越えショート専用でいかがですか?」と打診したところ、快くもらってくれたのが救いでした。
長く暗い場所に閉じ込めて申し訳なかった。
18年の時を超えて、谷を超えて飛翔してくれることでしょう。

|

2015年12月21日 (月)

ゴルフクラブを捨てることにした ピンアイ2とのお別れ

最後にゴルフをしたのは18年前。

「東京に来てからやめました」

motoさんはゴルフしないの?と尋ねられた時は、そう答えることにしている。
だが、実際には東京に来たからやめたのではないし、やめたつもりもない。
その証拠にゴルフセットを大切に保管している。


今日、18年ぶりにゴルフセットを開いてみた。
長年の放置がたたり、バッグ本体はひび割れ、朽ち果てている。
ジッパーは油が切れて固くなっている。
バキッとやらないよう、優しく少しずつ開く。

革製のゴルフ手袋はひからびていた。
これはすぐに廃棄。
木製のティーは特に劣化していない。
今すぐボールを乗せて打てるだろう。
ボールは未使用が3箱、1度は使ったらしき擦り傷のあるモノが数個。



アイアンはピンアイ2(orange)
これはゴルフを始めてから2つめのセット。
最初に買った「Lynx」のクラブは、知人から「それは君には難しいよ。もっと簡単なクラブがあるよ」と言われ、しらべたところ、初心者から中級者まで幅広く使われている「ピンアイ2」に出会ったのだった。


そのヘッドは「キャビティヘッド」と呼ばれていた。
わたしの記憶が確かならば・・・
ヘッドの内側がくりぬいてある分、重量が軽くて振りやすい。
エッジには厚みがあるので、芝の抵抗に負けない・・・
そういう、素人にはありがたい仕様だ。


アイアンセットは3番アイアンから9番アイアン
これに「P」ピッチングウェッジ(グリーン周り残り100ヤードあたりからグリーンに乗せる)「S」サンドウェッジ(バンカー内で使う)
合計9本セットで売られている。
(最近は違うかも知れない)

当時、ピンアイ2のセットは10万円前後だった。
何処か安く買えるところはないか?と探していたある日、ダイエー福岡店で89,800円の特売があり、開店と同時にかけつけて買った。

その頃、ゴルフ仲間の間には「ピンアイ2には偽物が出回っているから、あまりに安いモノは気をつけた方がいい」という風評があったが、まぁダイエーが仕入れ販売するモノならば大丈夫だろうと考えた。


後にこれに「L」というウェッジを買い足した。
「P」を使うには距離が短く「S」だとソールが厚すぎてミスが恐い。
具体的にいうと、グリーン周辺まで来たが、ランニングで転がせない状況で使う。
これは頻度高く使った。


ゴルフルールでは、ラウンドに使えるクラブの本数は14本まで。
アイアン9本、ウッド3本、パター1本
あと1本は自分の技量に応じて、味付けできる部分。
後に2番アイアンを買った時「L」は外せないので、バフィを抜くか3番アイアンを抜くかでよく迷ったものだ。
どのクラブを外すか?を考えるのは、自分が上級者にでもなった気がして嬉しかった。



18年見ない間に、さび付いてボロボロになったかと思っていたのだが、見た目ではシャフトは傷んでいない。
これならば、誰かに売れるのではないか?
そう思ってヤフオクで調べてみたら、落札価格はセットで500円程度。
手間暇を考えたら、合わない。
名残惜しいが、お別れの時だ。



パターはPING ZING
これは3つか4つめだったと思う。
L字型、玉子パターといろいろ使ってみた結果、これにたどり着いた。
ゴルフは規定打数が「72」
そのうち、グリーン上では「36」回打つことが標準と想定されている。

プロの場合、平均パット数は20台になるが、素人の場合、いかに「3パット」せず36パット以内に納めるかが課題。
打ちっ放しや実際のラウンドでしか上手くならないショットと違い、パットは自宅でいらくでも練習できる。

ふすまの桟にボールを置き、それを打つ。
桟を転がり、柱に当たってまっすぐ返ってくれば、ボールの芯を打てていることになる。
この練習をずいぶん積んだおかげで、PING ZING はとてもよく僕を助けてくれた。

後編へつづく

|

2015年12月20日 (日)

岩崎俊一さん一周忌に寄せて

今日は本棚から、この本を取り出して読もうと決めていた。

2014年12月20日
僕はこの本を書いたコピーライターが亡くなったことは知らず、みどりの窓口に行って静岡マラソン往復のぷらっとこだまを申込み、帰宅してからは手が冷たいと震え、夜に備えてペットボトルあんかを作っていた。

その逝去を知ったのは、一か月後の2015年1月20日、SALUS2月号に「謹告」として載った訃報だった。


書名は「大人の迷子たち」
おびただしい情報に振り回されて、自らが見ることで世の中を動かすことができなくなった現代の迷える大人に、古の安らぎを想起させるエッセイである。

東急電鉄沿線のフリーペーパー「SALUS(さるーす)」に2010年から2014年まで連載されていた。
その連載から47篇(その他2篇を含み49篇)を収録した単行本が廣済堂出版から出た初刷日は2014年10月20日。

2014年12月20日
岩崎俊一逝去

2014年12月20日
当日発刊のSALUS2015年1月号が連載の最終回となった。

SALUSの発売日である20
初刷日の20
そして月命日となる20
その数字に不思議な縁起を感じる。



■岩崎俊一によるコピーの代表作

21世紀に間にあいました。 トヨタ自動車
年賀状は、贈り物だと思う。 日本郵便



■岩崎俊一の略歴

1947年7月7日
京都府京都市で生まれる。

1970年
同志社大学卒業

2009年7月7日
著書「幸福を見つめるコピー」東急エージェンシー
コピー200本とその背景エッセイを収録。
単行本は「大人の迷子たち」と合わせて生涯2冊。


2010年5月号
東急ストア、東急電鉄沿線で配布しているフリーペーパー「SALUS」に「大人の迷子たち」というエッセイを連載開始。

2014年10月20日
「大人の迷子たち」出版

2014年12月20日
逝去 享年67歳

同日発刊されたSALUS2015年1月号の「大人の迷子たち」が最後の連載。
そこで、岩崎俊一はこうエッセイを結んでいる。

「昭和30年代と平成20年代の両方を知る人生。僕が書き残すべきことはとても多いと思っている」


謹告から一か月後の2015年2月20日
SALUS2015年3月号では、跡形もなく「大人の迷子たち」は消えていた。
しかし、そこに消しゴムで消しても消えない残像がある。

SALUSは20日に東急沿線に置かれると、数日で消えてしまう。
いつまでも残り続けているフリーペーパーと較べて、それだけ質が高く、読まれているということだ。

毎月、20日になると東急ストアに行く。
入院していてもらい損なった7月号を除いて、毎号手にしている。

いつも中綴じの中間にさしかかり、ページが戻ろうとする手応えがなくなった頃、その残像がみえる。
かつて「大人の迷子たち」があった場所。
寂しい。


でも今こうして、彼の書いた文章が手元にある。
生前、お会いしたことはないし、会うことも叶わなかっただろう。
亡くなったという事実は活字として存在したが、今こうして目の前にある活字は、活き活きと僕に語りかける。
ずっとあなたを忘れない。

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

次々にクルマに追い抜かれる小湊鐵道

小湊鐵道は開けた田舎風景の脇を進む。
いすみ鉄道と較べると、遠くまで見通せるところが多く長閑だ。

「馬立」を出て「光風台」へ向かう区間は、長く車道と並走している。
それはとなりをクルマが走っているからわかる。
ずっとさっきから同じクルマが

あれ?今抜いて行ったよね?

列車が、駅に近づいて速度を落としたのではない。
普通に走っているのに、次々にクルマが追い抜いていく。
なんて、遅いんだ(高いのに)

列車に乗っていて、次々にクルマに抜かれるというのは珍しい。
貴重な経験をした。
かといって、そんなにありがたいことではないが。


5つめの駅は「海士有木」
「あまりき」とよむ。
「あまありき」ではない。
1925年3月開設
海女が住む集落があったこと、戦国時代に有木城があったことに因んでいる。

開業当時と変わらない、寄せ棟の屋根に茶色の瓦。
壁には木枠の硝子窓がはまる。
これは今日は通らなかった駅「上総鶴舞」も同様で、小湊鐵道の標準デザインとなっている。

ここは下車して入線してくる列車を「撮り鉄」する駅だ。
いつかまた訪れる機会があるならば、その時は途中下車したい。


14:40
上総牛久を出た小湊鐵道はゆっくりと走り、それでも27分でJR内房線への乗換駅「五井」(ごい)に着いた。
ここで僕らの旅も終わり。

駅のコンコースからは車庫が見えている。
そこにはトロッコ列車も見える。
トロッコ列車はこの日から2週間後の11月15日から運行開始。
一旦12月23日までで終了し、3月から再開される。
トロッコ列車の客車4両のうち2両には窓がない。
SLの形をしたディーゼル機関車が人気だという。


僕らはSLファンであるアラブさんの希望で、車庫にあるSLを見に行く。
(SLは写真で見えている車庫の向こう側にある)
「車庫の脇にある事務所に声をかければ見学OK」と聞いていた。
事務所に声をかけるまでもなく、運転手や整備士らしき人たちが井戸端会議をしており、声をかけて見せてもらった。


さて、鉄道企画といえば最後はスイーツでの反省会。
しかし、候補として調べておいた店はお昼の休業中だった。
消去法的に、全国どこにでもあるカフェのチェーンに入り、全国どこででも飲める同じ味のコーヒーを飲んだ。
従って、あまり話が盛り上がらなかったのは仕方のないことだ。



物体は速く動くと、時計の進み方が遅くなる。
今日1日、あっという間に時間が過ぎたのをどう説明するのか、考えている。
かなりの距離を移動したのだから、本来ならば時計の進みは遅く、じっくりと旅を堪能できたはずだ。

それなのに今日はとても速かった。
楽しい時間が速く過ぎるという感覚とも違う。
交通機関の中にいた僕らは物体として動いていなかったのか。
求め続ける限り、答えはいずれ見つかるだろう。

おわり

|

2015年12月18日 (金)

上総牛久駅で待っていたのはキハ200

僕らを乗せた小湊鐵道バスは再び、大多喜街道をまっすぐ進む。
左右には次々にゴルフ場の看板が登場する。

羽田空港に着陸する際、房総半島上空を飛ぶと、眼下に無数のゴルフ場が見える。
試しにGoogleマップで房総半島を検索すると、緑色のゴルフ場ばかり。
1,2,3と数える気も失せる、まさにゴルフ場の巣窟だ。
このあたりは東京からクルマで1時間~2時間圏。
東京という大市場を抱えており、ゴルファー需要は無限にある。
そう考えた開発者がゴルフブームの頃、山を切り開いて造成したのだろう。



国道297号線をまっすぐ進んでいると、とある交差点で右折レーンに入った。
いったい今度はどこへ行くのかと思ったらそこは、市原鶴舞バスターミナル。

房総半島の中腹を東京湾アクアラインから来る首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が貫いており、その市原鶴舞IC近くにそれはある。
近隣者が駐車場にクルマを置き、ここからバスに乗って東京駅や羽田空港へ出る。
2013年に供用された施設だ。
主に高速バスのパークアンドライドを目的に設置された施設のため、小湊鐵道バス牛久大多喜線からは誰も降りず、誰も乗らなかった。



13:43
上総牛久駅着
ここからは小湊鐵道に乗る。
次の列車が来るまでの30分、僕らはアラブさんがリストアップしていたスイーツ候補の店をめざす。

だが、不幸にも2つの候補は全滅。
1軒はこの日たまたま休業なのか(土曜日ですけど)シャッターが閉まっている。
あとの1軒は違う業態の店に替わっていた。


仕方なく駅に戻り、駅の待合室で待つことにする。
駅舎は昔なつかしいローカル線の駅。
ただ映像的に惜しいのは、駅名が板に黒で書かれているため、写真では読み取れなくなることだ。
これでも一眼レフで撮っているのだが、駅名は読めない。



この駅もいすみ鉄道の大原と同様、鉄道系ICカードは使えない。
現金で五井まで700円の軟券を買い求める。
それにしても16.4kmで700円は高い。
いすみ鉄道の大原-大多喜間、15.9kmで530円も高かった。

都心の同等距離では、JR横須賀線 東京-武蔵小杉間が16.8kmで302円。
2倍を超えている。
たまに観光に来た僕らはまだいいが、生活の足として使う地元の人は大変だ。




ホームには懐かしいカラーリングの電車が入線していた。
かと言って、おぉキハ***
というほど、鉄道に詳しくない。
車体にキハ200と書いてあるので、キハ200だ^^;)



列車には形式名がつけられている。
気動車は「キ」
普通車は「ハ」
気動車の普通車は「キハ」となる。

ちなみにモーター車は「モ」
モーター付き普通車は「モハ」である。

ディーゼルエンジン、ガソリンエンジンで走る列車を気動車と呼ぶ。
新幹線を始め、主要路線は電化された線路区間をモーター付き車両で走る。
だが、日本の鉄道のうち4割は電化されていない。
非電化路線の大半は地方ローカル線である。

気動車は架線が敷設(電化)されていなくても、レールさえあれば走ることができる。
ランニングコストでは電車のほうが安くつくが、イニシャルコスト(初期投資)では圧倒的に非電化路線の方が安い。



14:13 上総牛久駅発

小湊鐵道は、いすみ鉄道と接続する房総半島の横断列車。
設立から一貫して私鉄。
いすみ鉄道のようにJR線だった時期はない。
第三セクターでもない。


営業区間は五井から上総中野(かずさなかの)18駅 39.1km
非電化・単線
端から端まで乗った場合の乗車時間は1時間10分だが、アラブ会ご一行は上総牛久-五井間、8駅16.4kmの乗車である。


本日行かない駅

上総中野
養老渓谷
上総大久保
月崎
飯給
里見
高滝
上総久保
上総鶴舞
上総川間

|

2015年12月17日 (木)

いすみ鉄道の秋を黄色に染める 外国から来たセイタカアワダチソウ

"黄色い花 秋"
アラブさんとサオリさんがネットで検索する。

セイタカアワダチソウ
それが、この一面に広がる黄色い植物の名前らしい。
かつて読んだ短編にその名前が出ていた。


窪美澄
「ふがいない僕は空を見た」に収録されている短編「セイタカアワダチソウの空」

(以下引用)
セイタカというぼくのあだ名は、河原に生えているセイタカアワダチソウに由来する。クラスでいちばん背が高くて、セイタカアワダチソウの花の色と、ぼくがいつも着ている黄色いトレーナーの色がそっくりということで、いつからかぼくはクラスメートだけでなく、先生からもセイタカ、と呼ばれるようになった。
(引用おわり)


セイタカアワダチソウは外来種。
原産地は北米。
このように海外からやって来て、根付いてしまったものを帰化植物という。
外国から来たけれど、日本名を持ち和種のように振る舞う植物というところか。
渡来時期は不詳だが、増殖したのは第二次大戦後と言うのが定説になっている。



特定外来生物を国の許可なく売ってはいけない。
11月12日、特殊なクワガタを隠して持ち込み売っていた被疑者が逮捕されている。

固有種の死守に熱心なのはオーストラリア。
入国検疫窓口では、荷物を広げて徹底的にしらべる。
その模様を中継するテレビ番組があるくらいだ。


外来種は日本でも問題視されているが、厳格な検疫・取締り態勢とは言い難い。
現に、外来生物が人や農産物などと共に日本に入って来ている。
それは、日本古来の生態系を壊し、在来種の存在を脅かす。



海外にはセイタカアワダチソウを花粉症抗原植物、つまり花粉症の原因となる植物に分類している国があるが、日本ではそうではない。
もちろん植物だから花粉は飛ばしているが、それが花粉症につながるかは疑わしいという段階だ。


日本におけるその分布は、主要都市とその周辺に集中している。
人口密集地に茂り、山間部には勢力を築かない。
分布図は、まるでベッドタウン。
セイタカアワダチソウの群生は、人為的なものとする推測も成り立つ。
繁殖力は高く、裸地が2年程度でセイタカアワダチソウで覆われた地域もある。


いすみ鉄道の代名詞である黄色い菜の花の季節は春。
セイタカアワダチソウは9月~11月にかけて、黄色い花をつける。

秋に来た人は、予め"黄色"の田園風景を諦めているが、期せずして旅人を迎えるのが"黄色"いセイタカアワダチソウである。
まさか菜の花オフシーズンのために、いすみ鉄道側が種をまいたわけではないだろうが、セイタカアワダチソウは秋の車窓を賑やかす貢献をしている。

*参考文献「花粉アレルギーと抗原植物」市河三次 富田仁 名古屋黎明書房 1975年10月15日



バスは国道297号線を外れて、米原から左折する。
いったいどこへ行くのだ?
途中に「下寺入口」バス停はあったものの、特に人里らしきは見あたらなかった。
そして再び米原入口から国道に復帰。

「今のいったい、なんのための迂回だったんだろう?」
「ゴルフ場の職員が出退勤するためかな」

あとでGoogleマップをみると、近隣に大通寺があった。
墓参りで利用する乗客のためなのかも知れない。


|

2015年12月16日 (水)

大多喜のとんかつ亭有家でハロウィンを祝う

「房総中央鉄道館」を出た僕らは、サオリさんがネットで見つけてきた「御菓子の津知家」へ。
「最中十万石」という最中が、歴史の古い銘菓らしい。
ばら売りがあるということなので、僕が2つ買い求めると、サオリさんは4つ。
そして、さほど和菓子に関心を示していなかったアラブさんが6つ。



「なんで、あなたが一番買うのよ」
さっき、駅の売店「黄色い列車大多喜店」で犬釘を買わなかった埋め合わせなのかも知れない。


ここでお昼にする。
アラブさんが作った旅の栞に貼り付けられていた地図には食事処が3軒。
「新寿司」
「くらや」
「とんかつ有家」
寿司屋が閉まっていたことは確認済。

日頃から、美味しいとんかつ屋ありと聞くと、駆けつけずにはいられない。
ここは、とんかつしかない。
と一歩も譲らない口調で主張すると、2人ともそこは譲ってくれた。


3人とも「ランチとんかつ」780円 を待つ間、本日の宿題であったハロウィングッズをテーブルに出し合う。
それぞれが独自の解釈の持ち主であることが、よくわかると思う。



土曜日の正午。
観光客らしき風合いのテーブルは僕らだけ。
あとは地元民だと思うが、ほぼ満席の賑わい。
壁には所狭しと有名人?の色紙。
いろいろな種類のソースを少しずつかけながら、二十代の若者ならば「ふつーに美味い」としか言わないようなとんかつに満足した。



13:02
久保バス停から小湊鐵道バス・牛久駅行きに乗車。
所要時間:41分
運賃:700円

牛久(うしく)といっても大仏で有名なのは茨城県の牛久市。
こちらは千葉県市原郡牛久町。
というのは1967年までのことで、現在は市原市に編入されており千葉県市原市牛久。

このバスに乗って終点の小湊鐵道「上総牛久」(かずさうしく)駅へ。
そこから小湊鐵道に乗ってJR内房線の「五井」へ向かう。

「いすみ鉄道と小湊鐵道で往く房総半島半周の旅」なのになぜバスに乗るのかというと、大原からいすみ鉄道に乗り、大多喜で散策後、いすみ鉄道→小湊鐵道へと再乗車するダイヤがなかった。
というのが幹事アラブさんの言である。



料金システムが不明だが、とりあえず整理券をとって乗ると、乗客はアラブ会ご一行様の貸切。
一番後ろの2人掛けにアラブさん、サオリさん。
その前の1人掛けに僕が陣取った。
運転手さんが遠い。


「のみかね入口」のバス停からおばさんが一人乗ってきたがすぐに降りた。
僕らが牛久駅で降りるまでの間に乗ってきたのは、大きな荷物を背負った学生と女子高生2人だけだった。

民家のない山の中へと分け入り、つづら折りの道を上っていく。
この風情は阿蘇の草千里あたりを思い出させる。
ここは、クルマでドライブすると気持ちいいだろうな。

そう思った時、視界に入ってきたのが、いすみ鉄道の車窓からも見えていたあの、黄色い一群だった。

|

2015年12月15日 (火)

N700が16両編成で走る鉄道ジオラマ

「デンタルサポート大多喜」という駅名のデンタルサポートは、千葉市に本社がある訪問歯科診療の会社名。
駅員さんによると「いわゆるネーミングライツです」とのことだった。

路線バスの車内で「次は▲▲▲ サトウサンペイ美容室はこちらが便利です」といったアナウンスを聞くことはあるが、駅名そのものにスポンサー名が入っているのは珍しい。
いすみ鉄道で、同様の駅は「三育学院大学久我原」がある。


大多喜駅構内にはいすみ鉄道グッズの売店「黄色い列車 大多喜店」がある。
購入したのは以下の品々。

犬釘 300円
ポストカード 160円
い鐵揚げ 360円
(しょうゆ味 チーズ味 カレー味がある)

乗車券にICカードが使えなかったので、売店でクレジットカードが使えるのは意外だった。

犬釘(いぬくぎ)dog spike はレールを枕木に固定するL字型の釘。
形が犬の首から頭に似ていることから、こう呼ばれる。
最近の鉄道では大半が「L釘」に置き換わったが、ローカル線など古い設備で今も用いられている。

これこそが、男心をくすぐる逸品である。
長い年月、実際にレールを抑えていた釘。
雨風にさらされてびっしりと錆がこびりつき、茶色に変わり果てている。

ところが、女心もくすぐったようで、サオリさんも追随した。
ここでアラブさんも呼応すれば、東京タワーの再現だったのだが、彼は頑なに犬釘を拒んだ。
幼い頃、釘を踏んだとか、苦い思い出があるのだろう。
\^^)オイオイ


駅を出るとハロウィーンの仮装をした人達が、駅舎をバックに記念撮影の真っ盛り。
恐らくこのままハロウィーンは日本に根付くだろう。

和魂洋才、多神教の我々は次々に新たな価値観を取り込んでいく。
それが我らのDNAであり、それでいいのだ。
とバカボンのパパになったところで、犬釘が実際に使われているところを撮りに行く。

丸で囲んでいるところが犬釘
しっかりレールを枕木に固定している。


犬釘を見た瞬間、これはアレに使える。
いや、切り札になる!と直感した。
それは、本を開いたままにして、パソコンに要点を書き写す場面だ。


「セイタカアワダチソウの空」を抑えている犬釘

これまでは"重さ"重視ということで、地蔵の文鎮を使っていたが、地蔵は丸いのでコロコロと転がってしまうのが難点だった。
その点、犬釘は四角錐であり、置いた時に圧力がかかっても回転しない。
少し、本に錆が載ってしまうのがご愛敬だが、思いも寄らぬ場所で、力強い相棒を手に入れてしまった。


アラブさん作旅の栞
大多喜その1は「房総中央鉄道館」
200円を入口で払って平屋でL字型に曲がった屋内へ。

16両編成のN700系や500系が走る鉄道ジオラマを初めて見た。
そこかしこで見るそれは、せいぜい8両編成止まりだ。
これだけの規模を家庭内に持つには、宝くじでも当てて豪邸に住むしかない。
鉄道ジオラマファンにとっては、入り浸りたくなる場所だろう。

といいながら、あまり興味のない僕は硝子ケースに入った仮面ライダー1号やV3のスタチューにしばらく足を止めていた。
立像やフィギュアを集めると、だいたいこのような"そればかり"並べるディスプレイになる。
ウチも例外ではないが、こういう置き方はすぐに目が慣れて、心のときめきが薄れるのである。
"君たちもそうか"
スタチュー達を眺めながら、そんな悲哀を感じていた。


鉄道館を出ると、玄関先に「勝浦タンタンメン食べつくしマップ」が置いてあった。
しかし、ここから勝浦市は遠い。

千葉県のある房総半島は担々麺、博多ラーメン、新機軸の麺とラーメン激戦半島と聞く。
できれば、お昼ご飯はラーメンにしたいと思い、鉄道館の人に尋ねたところ「国道のほうまで行けばあるけど、大多喜駅界隈にはラーメン屋はないね」とのことだった。

|

2015年12月14日 (月)

Outlook2010の連絡先候補は、ウィルスに対して脆弱

それは、Outlookを使い始めて一か月ほど経った時のことだ。
WindowsXPのサポート終了によって、使い慣れたoutlook expressが使えなくなり、ようやくOutlookに慣れた頃だった。

outlook expressではアドレス帳は、いつも0件にしておいた。
悪意のあるプログラムに感染した場合、そこからメールアドレスを持って行かれる。
自分発の被害拡大を起こさない。
それが、ネット住人のモラル。そのための自主規制だ。

新たに使い始めたOutlook2010でも、その方針は変わらない。
左ペインの連絡先は、作っていない。
ところが、ふと見ると、その下に「連絡先候補」というフォルダーが見えている。

自分から入れない限り問題はないだろう・・
そう思っていたので一度もそこをクリックしていない。
その日はたまたま、試しに開いてみたのだった。

すると、そこにはOutlook2010を使い始めて以来、メールを送信した相手がどっさりと入っていた。
これは"第二のアドレス帳"ではないか?
勝手に作るなんて、このソフトは油断できないな。
眉をひそめながら、取り急ぎすべて削除する。

▼連絡先を1つクリック
▼[Ctrl]キーを押しながら[A]キーを押す
▼パソコンの[Delete]キーを押す

これですべての「連絡先候補」が一気に消えた。
その日はそれまでだった。



それから一年が過ぎた。
その間、心の隅に「連絡先候補」が気にかかっていた。
今もあそこにメールアドレスが溜まっているのだろう。
そして、それは詐取の試みに対して脆弱ではないのか?
結論からいうと、それは脆弱だと言える。


連絡先候補とは?
メールの送信先に指定した人のうち、Outlookの「連絡先」に含まれていない相手を自動的に収録する。
Outlook 2010から搭載された新機能
「連絡先候補」は、初期設定では有効になっており、ユーザーは知らぬ間に"第二のアドレス帳"をため込んでいる。

「アドレス帳を作りたくない」
その自主規制を貫いている人は、すべての送信先を"第2のアドレス帳"に溜め込んでいるのである。


Microsoftは「連絡先候補は Outlook アドレス帳の一部と見なされるため、同期プログラムによっては、連絡先を他のデバイスに同期しようとする場合があります」としている。

ここでいう「同期プログラム」とは善意の第三者ではなくプログラム。
しかし、善意のプログラムが同期できるということは、悪意のプログラムにもできるということだ。


リスクを下げるための対策は2段階ある。
まずは「連絡先」と「連絡先候補」の関連を断つこと。
同期プログラムは「連絡先」と同期しようとするので「連絡先」との関連を断てば「連絡先候補」は安全であると、マイクロソフトは説明している。

▼左ペイン [連絡先候補] をクリック
▼[フォルダー] タブ
▼ [プロパティ]> [フォルダーのプロパティ]
▼[Outlook アドレス帳] タブ
▼ [電子メールのアドレス帳にこのフォルダーを表示する] チェックを外す

つづいて、初期設定では「ON」になっている自動登録を「OFF」にする。

▼[ファイル] タブ
▼左ペイン[オプション]
▼左ペイン[連絡先]
▼[連絡先候補] 欄 [Outlook アドレス帳に登録されていない受信者の連絡先を自動的に作成する] チェック ボックスをオフにする


ウィルス感染した場合、メールソフトのアドレス帳が抜かれる(悪意のあるプログラムにより盗まれる)ということは知られている。
そのために、アドレス帳は一切作らないことが漏洩防止策とされてきた。
昔も今も、パソコンにアドレス帳をつくることは危険である。

「アドレス帳を作らないと仕事にならないよ」
という人は少なくないが、メールアドレスを「さとう」などの読みで単語登録すれば、アドレス帳を探すより10倍速くなる。

Outlook2010は"親切"にも、アドレス帳を勝手に作ってしまう。
マイクロソフトと言えば、悪意のある攻撃と闘っている会社かと思っているが、理解に苦しむ"新機能"である。

|

2015年12月13日 (日)

箱根駅伝2016 予選会ルールから本大会までの流れ

「予選会」は、箱根駅伝の一般参加枠を競う大会。

第92回箱根駅伝には21チームが出場する。
前年大会10位までが「シード枠」
「関東学生連合」に1枠。
残り10の枠が予選会で争われる。


2015年10月17日
第92回箱根駅伝予選会
開催日は10月第2または第3土曜。

コースは陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を走り、立川国営昭和記念公園「みんなの原っぱ」にゴールする20km。


■箱根駅伝予選会のルール
・競技は駅伝(リレー)形式ではない。
・標準記録を持つ選手が出場できる。
・各校14人以内を登録、その中から10~12人が出走。

・順位決定方法
全員が20kmを走り、各チーム上位10人の合計タイムで上位10校が出場権獲得。


過去の話だが、2012年予選会までのルールは小難しかった。
各チーム上位10人の合計タイムで上位6校が出場権獲得。
つづいて関東インカレ総合順位、エントリー数によるタイム調整をして残りの枠を選抜していた。
2013年(2014年の90回大会予選)より現在のすっきりしたルールに変わっている。


関東学生連合として出場する選手も、予選会において以下の要領で選ばれる。

・予選会で敗退した大学の選手
・個人成績上位者(10人+補欠)
・1校あたり1人まで(2013年大会より)
・外国人留学生は選ばれない

関東学連選抜チームは箱根駅伝本戦ではオープン参加。
団体、個人成績は記録されない。


92回大会予選会結果
1位 日本大
2位 帝京大
3位 日本体育大
4位 順天堂大
5位 神奈川大
6位 拓殖大
7位 法政大
8位 中央大
9位 東京国際大<初出場>
10位 上武大

個人成績
1位 キトニー(日本大)
2位 デレセ(拓殖大)
3位 スタンレー(東京国際大)



■箱根駅伝本大会までの流れ

2015年12月10日
16人の選手登録
この登録に漏れた競技者は、箱根駅伝2016に出場することはできない。

2015年12月29日
1~10区を誰が走るかを登録
残り6人が補欠となる。
選手層が厚いチームは、主力選手を補欠にして手の内を隠し、当日になって交代させる


2016年
1月2日
6:50までは補欠との交替ができる。
選手登録の区間変更は不可
8:00号砲

1月3日
6:50までは補欠との交替ができる。
(交代は2日間で4人まで)
選手登録の区間変更は不可
8:00号砲

|

2015年12月12日 (土)

電車でマナー違反を機関銃のように指導するおばあちゃん

電車におばあちゃんが乗ってきた。
大きなガラガラを押して。

ガラガラで通路を確保して突き進んだ先は優先席だ。
通勤ラッシュの時間帯であり、車内は満員。
空席はひとつもない。

すると、優先席にさっきから座っていた若い娘にむかって

「ほらあんた、変わって」

娘が一瞬ひるんでいると、となりにいたおじさんが席を立った。

それを制して「いいのよ、あなたじゃないの。あんたよ」
そう言って、娘の左となりに座ったおばあちゃん。

「あなた、ここは優先席だから、あなたのような若い人が座っちゃいけないことは、わかるわよね。ほら、あぁしておじさまの方がいいマナーよ」
と説教。次の駅まで続いていたからおよそ2分間。

娘は時折「はい」と答えながら神妙に聞いている。
周囲に同情の空気が流れ始めた。その時だ。

おばあちゃん、向かい側に座っている若い男にむかって

「あなた、それやめて、ここは優先席よ、電車は混んでいるでしょ」

今度はスマホである。
「最近はみなマナーが悪いんだから、自己チューっていうのかしら」
満員で人が立っているというのに、それを縫ってよく見えるものだ。

すると、おばあちゃんの左に居た男もスマホ中

「あら、あなたもよ。やめて」

しかし男はスマホ操作をつづけている。

「やめないの?」
くいさがるおばあちゃん。

「いや、いま保存してるから」

ゲームの最中だったのだろう。
ゲームをしたことがないが、仕掛かりのデータをセーブしたい気持ちはよくわかる。

さらにそこらにいた、スマホ中の男女に次々に
「あなたも」
「ほら、あなたも」

やめない男には手を伸ばして袖を引っ張っている。

「今日はこれくらいにしといたろ」
吉本の芸人ならば、そこでオチがつくのだが、おばあちゃんは停まらない。


最寄り駅がきて、僕は電車を降りた。
最近は「すみません」と声をかけて降りることにしている。

スマホ操作中の男女は、大地に根を張ったように動かない。
それが、出入り口の正面であってもだ。

最寄り駅に着いて、降りようとすると、スマホ男、スマホ女が樹齢3,000年の楠のように、堂々と立ちはだかっている。
降りる人たちは大樹の左右をすり抜けて行く。
腕に当たると、ちっと舌打ちする「すずめスマホ男」もいる。

「すみません」と言うようにしたのは、ある人が最近「電車を降りる時、声をかけずに突き飛ばしていくやつが許せん」と言っているのを仄聞したからだ。

それは、大人げない発言だ。
ものごとを片側からしか見ていない。
だが、そういう風に思っているのだったら、ひと声かけた方が世界は丸く収まる。

こちらが丸ければ、それは以心伝心、いずれ世の中の多くの人に伝わっていくだろう。
欧米の満員電車がどうだかは知らないが、八百万の神が集う国、ここ日本ではそうなると信じている。


|

2015年12月11日 (金)

CWC2015 FCバルセロナをおっかける 後編

12月17日<木>
CWC2015準決勝
FCバルセロナ 対 一回戦勝者 日産スタジアム

クラブは夕方、ホテルを出て会場に入る。
試合後は、終了から1時間~1時間半後にホテルに戻る。
準決勝が快勝だった場合、選手は機嫌が良く、来日期間中ではもっともフレンドリーという状況になるかも知れない。



追っかけのファンはこの日を境に激増する。
まずはバルセロニスタの参加。
準決勝、決勝のチケットをとってくる地方の人が参戦する。
そして、来日している情報が電波とネットで拡散する。
するとサッカーファンでもないのに、そこに行けばメッシのサインがもらえると思うような人もやってくるのだ。


早くからホテルに張り付いて待つ場合、ホテルのスタッフとの信頼関係が大切だ。
ホテル側にしれみれば、お金を落としてくれないファンが入口を塞ぐことは歓迎できないはず。
それでも、ファンの心を思いやり、規制線をつくり選手とファンの交流ゾーンを設けてくれる。

まれにホテル内に潜入して、選手をおっかけるファンがいて、ホテル側も神経を尖らせている。
そういうことがないよう、ホテル側の信頼に応えなければならない。


15日<金>
オフ
選手たちお待ちかねの買い物日。
秋葉原の電気店へ繰り出すと思われる。
量的な爆買いということはないが、ある程度大枚をはたくはずだ。

ちなみにチームは外出時も正装つまりクラブのユニフォーム着用が義務づけられている。
これはバルセロナに居る時も、六本木に来る時も同様である。


16日<土>
練習
会場は日産スタジアム
決勝前日の選手は緊張感が高く、レギュラークラスはほとんどファンと接触しないと思った方がよい。
その分、コーチ、控え選手、帯同した若手がサインに応じてくれることがある。


17日<日>
決勝 日産スタジアム
恐らく、これを読んでいる皆さんはスタジアムで応援しているでしょうから、追っかけてる場合ではないはず。

18日<月>
スペインに帰国


最後に、追っかけでサインをもらうためのポイントをまとめておきます。

お目当ての選手にサインをもらうならば、マーキングしたユニフォームは必須アイテムです。
選手はバスを降りて遠目に「あのあたりに行こう」と目星をつけてきます。
ベストなのは同じ選手のマーキングユニフォームを持っている人で固まることです。
準レギュラークラスならば「おっあそこにオレのファンが固まってるぞ」と吸い寄せられてきます。

サイン帳やトレーディングカードをかざしていると敬遠されるでしょう。
メッシやネイマールにサインをもらうのは至難の業。
警備も特別にマークが厳しいです。
なにか、彼らが思わず目を丸くするような工夫をするとよいでしょう。


絶対にしてはいけないのは、規制線を崩して殺到すること。
そうなると、警備員が一斉にバリケードを張って、選手をスルーさせます。
自分は自業自得ですが、そのあとにも長い時間並んで待っていた仲間がいることを忘れてはいけません。
数人の不届き者のせいで、周りのファンを悲しませることがないよう心がけましょう。

サインがもらえた後、マジックペンを持っていない人がいたら貸してあげましょう。
(モッタに「おまえのマジック、となりのおばさんに貸してやれよ」と怒られたことがある)

バルセロニスタの皆さんにとって、最良のCWCウィークになることを、心よりお祈りしています。


|

2015年12月10日 (木)

CWC2015 FCバルセロナを追いかける

CWC2015にFCバルセロナ(以下FCB)が来日する。
FCBが日本開催のクラブワールドカップ(以下CWC)に出場するのはこれが3度め。

2006年はロナウジーニョ、デコを擁するチーム。
決勝で南米代表インテルナシオナルに0-1で敗れた。
大会MVPは、敗れたFCBからデコが選ばれた。
この時、リオネル・メッシは既にレギュラーとなっていたが負傷のため出場しなかった。

2011年はメッシが中心となったチーム
決勝で南米代表サントスを4-0で破った。
大会MVPはメッシ。

今回は3度め。
メッシとネイマールが中心となるチーム。



クラブチームを追っかける場合のイベントは難易度の低い順に「写真(2ショットではない)」「サイン」「プレゼント渡し」の3本柱。
二兎を追う者は一兎をも得ず。

知名度が低かった2005年までは、選手とツーショット写真を撮ったうえにサインをもらい、プレゼントを渡すという離れ業ができた日もあった。
状況が一変したのはCWC2006。

希代の名選手ロナウジーニョ、デコ
シャビ、イニエスタといったスターが揃うFCBを日テレが電波で強力に推した。
それによって、5ヶ月前に来日した「FCBarcelona on tour Japan」と較べるとファンの数が2倍近くに増えたのである。

「写真」も撮れて「サイン」ももらえるということは、現在の人気クラブFCBにはあり得ない。
どれか1つに絞っていく必要がある。


以下はFCBの動向を予測する。
過去の経験を元にしたものであり、参考にして頂ければと思う。

恐らく12月13日(日)チームはバルセロナを出発して、チャーター機で成田にやって来る。

12月14日<月>
日本到着
空港では規制線が厳しく張られるため「写真」に限られる。
空港からリムジンバスまたは大会主宰者が用意するクラブロゴ入りのバスに全員が乗ってホテルに直行する。
ホテル到着時は手荷物があるため、選手の食い付きはよくない。

夕方、軽めの練習に出る。
ホテルの場所にもよるが、恐らく日産か等々力。
チームが1度出かけるということは、ホテルの出入り、スタジアムの出入りと合計4回、選手とふれ合う機会がある。


15日<火>
ソシオ公開練習
これは予測記事なので今回の催否は不明だが、FCBは来日の機会にはクラブのサポートメンバー「ソシオ」向けのイベントを行っている。


16日<水>
準決勝前日練習
開場は日産スタジアムとみて間違いない。
経験から言うと、スタジアムでは選手とファンの間に緩衝エリアがあることが多い。
「写真」ならばそれでもいいが、サインやプレゼント渡しの場合には向かない。

ここまで追っかけに参戦しているのは、地元の人やかなり熱心なファン。
翌日からはさらにヒートアップする。

後編へつづく

|

2015年12月 9日 (水)

CWC2015 バルセロナ来日

CWC2015 後半

12月13日<日>
【 2 】北中米:クラブ・アメリカ VS アジア代表:広州
大阪長居スタジアム
【 3 】アフリカ:マゼンベ VS 【 1 】勝者
大阪長居スタジアム

2012年大会は【 2 】~【 5 】は豊田スタジアム(愛知県)だったが、今回は大阪長居スタジアムに変更された。

12月14日<月>
欧州代表が登場する初戦まであと3日。
恐らくこの日FCバルセロナが来日する。

*FCバルセロナのCWC2015については、12月10日の記事「CWC2015 FCバルセロナを追いかける」へつづく


12月16日<水>
5位決定戦【 4 】
【 3 】敗者 VS 【 2 】敗者
大阪長居スタジアム

2006年大会まで開催されていた「5,6位決定戦」は2007年大会では一旦廃止されたが、2008年大会以降は再び開催されている。

ホスト国枠が始まったのが2007年。
浦和が勝ち進み、最終日まで残って3位となった。

復活の理由は、開催国枠チームの試合を2試合組みたいということではない。
北中米、アジア、アフリカ代表が遠くから来て、負けたら1試合で帰国というのはどぉゆうこと?と濱田マリからつっこまれたのだろう。


12月16日<水>
【 5 】【 3 】勝者 VS 南米:リバープレート
大阪長居スタジアム


12月17日<木>
【 6 】欧州:FCバルセロナ VS 【 2 】勝者
日産スタジアム


12月20日<日>
3位決定戦【 7 】 【 5 】敗者 VS 【 6 】敗者
決勝【 8 】 【 5 】勝者 VS 【 6 】勝者
日産スタジアム


3年前の日本開催では、決勝が東京都知事選挙の開票速報と重なった。
投票終了の20時(試合前半の途中)から開票速報が始まり、画面が狭くなったが、今回は臨時ニュースがない限り全画面中継されるだろう。

→12月10日の記事「CWC2015 FCバルセロナを追いかける」へつづく

|

2015年12月 8日 (火)

5分で分かるCWC2015の競技要項

2015年12月10日より、FIFAクラブワールドカップ2015(FIFA CWC2015)が始まる。
3年ぶりの日本開催。


2012年の日本開催時点では、2014年までモロッコ開催が決まっており2015年以降は未定だった。
2015年4月、日本サッカー協会が2015年、2016年大会が日本で開催されると発表した。

CWCの前身「トヨタカップ」以来の冠スポンサートヨタは、2014年を最後にスポンサーを降りており今回は冠スポンサーがついていない。
テレビについては、今回も日テレが全戦生中継する。


ワールドカップ(以下WC)は「国別対抗」だが、クラブワールドカップ(以下CWC)は「クラブチーム対抗」
WCの場合1つのチーム内は同一国籍の選手ばかりだが、CWCの場合日本のチームに外国人がいるし、スペインのチームに英国人がいたりする。

出場するのは「地域の代表」
6つの地域代表と開催国枠1、合計7クラブチーム。
ほとんどの大陸ではクラブチームナンバー1を決めるカップ戦が行われている。

欧州とアジアの場合それは「チャンピオンズリーグ(以下CL)」という名前である。
日本サッカーファンの間では"しーえる"と呼ばれている。<br/>


■出場クラブ(7クラブ)
欧州代表 UEFA CL優勝 FCバルセロナ
南米代表 リベルタドーレス杯優勝 リバープレート
北中米カリブ海代表 クラブ・アメリカ
オセアニア代表 オークランドシティ
アフリカ代表 マゼンベ
アジア代表 ACL優勝 広州
ホスト国枠 Jリーグ2015年シーズン優勝クラブ 広島



ホスト国枠は2007年大会から増設された。
それまでの2大会、地元(日本)クラブが出場しないことで、Jリーグファンの関心が低かったためだ。

JリーグのクラブがACL(AFCチャンピオンズリーグ)で優勝した場合、そのクラブがアジア代表として出場。ホスト国枠はACL2位チームに与えられることになっていたが、Jリーグクラブはベスト4止まりだった。

従って、今回もホスト国枠はJリーグ優勝クラブ。
12月3日にJリーグチャンピオンシップでガンバを下した広島が出場する。

前回の日本開催(2012)もホスト国枠出場クラブは広島だった。
*前回成績
【 1 】オークランドシティに1-0で勝利
【 3 】アルアハリに1-2で敗戦
【 4 】蔚山現代を3-2で破り5位



2015年12月10日<木>
開幕戦【 1 】
開催国枠:広島 VS オセアニア:オークランドシティ
日産スタジアム
*【  】内の数字はマッチナンバー

ホスト国枠で出場したチームは初戦(ホーム扱い)で、6大陸で最も格下のオセアニア代表と対戦する。
2011年は豊田スタジアムで行われた【 1 】が、2012年は日産スタジアムに変更され、今回もそれを踏襲する。

→後半へ


|

2015年12月 7日 (月)

東京五輪2020のエンブレムに応募した体験談

2015年12月7日(月)
東京五輪2020のエンブレム公募は今日が締切です。
あなたはもう応募しましたか?

「獲れたてじゃがいも5kg当たります」

じゃないんだから、そう気軽に言われてもね。
そう思う方が多いでしょう。

そこで私が応募してみることにしました。
(どこで、なんだ・・)

 2015/9/2


まず"東京五輪2020のエンブレム公募"で検索。
エンブレム選考特設ページ が開きます。

「応募はこちらから」をクリック
仮登録画面になっていて、メールアドレスを入力するとメールがおくられて来ます。

メールに書かれているアドレスにログオン
氏名、住所などの必要事項を入力。
するとその下にすぐアップロードの[参照]ボタン

意外とカンタンじゃないか!

と思ったのもつかの間、アップロードする項目が4つ。

「エンブレム案」jpg
「エンブレム展開案」jpg

「エンブレム案」pdf
「エンブレム展開案」pdf

エンブレム案は、アイデア画像そのものとして、エンブレム展開案とは?
その答えは、要項が発表された時にダウンロードしておいたファイルの中にありました。
(応募画面にもリンクがあり、今でもダウンロードできます)



テンプレートに沿って、エンブレム案をあしらい作成。
これで「エンブレム展開案」jpgもできあがり。

つづいて同名のPDF版。
Google先生にカンタンにできる方法を聞いてみると「オンラインでJPGをPDFへ: JPG PDF 変換」というウェブサイトがみつかりました。

1.アップロード
  自動的に変換
2.ダウンロード

操作はわずか2行程。これでPDF版もできあがり。

デザインタイトル(20文字)
内緒

デザインコンセプト(200文字)
内緒

を入力すると提出書類は揃いました。

応募ボタンを押して確認のうえ確定。
最後に[応募内容をダウンロード]
これで完了です。


必要なパソコンリテラシーといえば「画像ファイルの取り扱い」くらい。
とても敷居が低い応募画面づくりだったと思います。

この後のスケジュールは「2016年1月審査」というところまで公表されていて、選考結果発表についてのスケジュールは応募者に知らされることになっています。
できれば、努力賞のボールペンくらいは欲しいところです。

|

2015年12月 6日 (日)

身体から全ての管が外れた!

11:00
今朝、長井医師が言っていたように、左手の点滴針が抜けた。
一つずつ体につながった管が減り、自由、ふだんが近くなってきた。


「大部屋が空いていないんですよ」
カーテンの向こうで看護師の深田さんの声がする。
はす向かいのベッドに、新人さんが1人入ってきたようだ。

今朝、前の人が退院していったばかりだというのに。
堂下総合病院の脳神経外科は満員御礼、この入院中、1日たりとも相部屋のベッドが空くことはなかった。


11:05
頻度が低くなったとはいえ、依然として血の塊は落ちてきている。
ティッシュに吐き出しては、塊の大きさや量を目検する。
ここに来て、赤い血の混じった唾液に変わってきた。
黒くない。
これまでは塊の色がどす黒かった。


13:15
看護師の深田さんが来て、鼻に詰めた綿球を換えてくれる。
予備を置いておきますね、彼女はそう言って「電子線滅菌済テマカットカップ入り綿球S」を1カップ置いていった。
これで呼吸が苦しくなった時に自分で替えることができる。


15:00
今日2度めの長井医師がやってきて、そけい部の管が抜かれた。
ずっと、尿の通り道だと勘違いしていた管だ。
恐らく、そこからも点滴が入っていたのだろう。

その管はなんだったんですか?といちいち聞くほど、この時はまだ好奇心が戻っていなかった。
これですべての管は体から取り払われた。
残っているのは心拍センサーのみとなった。


リハビリがてら、少し出歩いてもいいですか?
「廊下くらいだったらいいですよ。遠くに行く時はナースセンターに相談してくださいね」

深田さんから即答で許可が出たので、手術後、トイレ以外では初めて部屋を出て、スマホメールをする。


お見舞に来てくれる予定の中村君へ
"今ようやく出歩けるようになりました。経過は順調です。でも鼻が塞がっているので苦しい。取り急ぎ無事連絡です"
   ↓
中村君からは「手術は安全なものと聞いていたのに、三日も連絡がないので昏睡状態に陥ったかと思いました」と返信が来た。
こうして、ただ1人でも心配して待ってくれている友だちがいることは貴重なことだ。


実家の姉には、手術のことは伏せている。
3日ぶりに電源を入れると、夏の七回忌について日程打診メールが届いていた。

"返信遅くなりました。3日前に下垂体の腫瘍をとる手術をして今ようやく出歩けるようになりました。経過は順調です。七回忌は**日を希望します。

それから、姉は何度か電話をくれたようだったが、なにせここは病院なのでほとんどの時間帯は電源を切っており、話すことはできなかった。
驚いたには違いないが、心配をかけまいと予め知らせなかった選択は正しかったと思う。

自分も心配だったら、誰かとその不安を共有したくなったかも知れないが、自分が心配していないのに、他人にだけ心配させるのは変だと思ったのである。


スマホでこの三日間見ていなかったNPBの結果を見る。
巨人は●○●
見なくて幸いだったという不幸な結果だ。


呼吸は相変わらず苦しいが、ベッドのリクライニングを起こして過ごすくらいに気力が戻っている。
ここで、いま1度手術の説明書を読み返す。
重篤な合併症の可能性に言及した書面を、手術前に詳しく読む気はしなかった。

改めて読むと、深刻な内容が書かれている。
これを、僕の手術中に読んだ家族は「けっこう大変な手術なんだと驚いた」らしい。


今は日々安静
せっかくの完璧な手術を大切に仕上げよう。


手術後3日め(月曜日)
その日、ほぼ日手帳はテキストが7割ほど埋まっている。
1日、2日めは3割ほどだったから、文章量から回復ぶりがわかる。

しかし当日の自分はとてもそうは思っていない。
この日のヘッダーをこう結んでいる

"終日左鼻詰まっている"

|

2015年12月 5日 (土)

鼻に詰まっていた10本ものガーゼ

下垂体腺腫の手術を受けて3日。
脳腫瘍があった場所から血の塊が一気に落ちてこないよう、鼻にはぎっちりとガーゼが詰め込まれていて、僕から自由な呼吸を奪っている。
本来ならば、このガーゼは下垂体腺腫の手術後2日で取り出してくれるのだが、2日めが日曜日に当たったため、3日後の今日になったのである。

あとで思えばネタでしかないが、当事者としての僕にはこの1日の差は本当に辛く長いものだった。

「耳鼻科で鼻から綿を抜く時は、千葉さんくらいの年齢の方でも涙流すくらい痛いですよ!」

ICUの看護師が言っていた言葉は忘れもしない。
ただ今はどれだけ痛かろうが、涙を流そうが、早くこの呼吸を少しでも楽にして欲しい。


耳鼻科医が自己紹介する。
と言っても出身地や趣味を言うのではなく、ただ耳鼻科医のサトウです。と名乗るだけだ。
何度か耳鼻科に来てわかったことだが、医師がひんぱんに入れ替わっているようで、ここではまず患者に対して名乗るというのが規程になっているのだ。
ある時は、名乗らずに治療を始めて、あっスズキですと途中で名乗った医師もいた。

大きな病院でも医師が名乗るのを、他では聞いたことがない。
医療をサービス業と見なせば、それもまた礼儀として当然ということで、耳鼻科だけでそう決まっているのだろう。

サトウ医師は名乗るが早いか、鉗子を左鼻にさし込むと予告も迷いもなく、ぐいっと引き出した。
思わず身体が前に持って行かれる。
眼下には血に染まった帯状のガーゼ。

それをトレーに置くと続いてもう一本。
確かに痛い。
涙目になる。
だが、ICUの看護師が予告してくれたお陰で、心の準備ができている分耐えられる。


結局、ガーゼは左右5+5本も入っていた。
10本ものガーゼが規則正しく折りたたまれて、鼻孔から下垂体につながる空洞に詰められていた。
その緻密な後処理に感動する。
医療技術というのは、切って縫うだけではなく、このような術後の安定的な回復のための方法論にも及んでいるのだ。
患者のためにアイデアを出し、それを適える手技を磨く。
医師の皆さんを尊敬する。


すべてのガーゼが抜かれると、鼻の奥を細い道具で丹念に掃除してくれる。
耳鼻科に通ったことはあるが、これは初めての鼻孔ケア。
工程がしっかりと練られていて、仕事が丁寧。
ちょっと得した気分だ。


楽になった呼吸。
すっかりやさぐれていた気持ちが軽くなった。
しかし、まだ足取りはおぼつかない。
杖があるわけでもない。

「歩き始めたばかりの術後3日の患者」
という名札を付けているわけでもない。
院内を通行する外来患者や病院スタッフは、遠慮無く高速ですぐ脇をすり抜けていく。
もうちょっと、気を使ってくれてもいいのに。
後で思えば、やはり、ヘルパーさんにお迎えを頼むべきだったのだろう。



10:20
耳鼻科から戻るとすぐに副担当の長井医師がやって来た。

「順調です。今日点滴が終われば、何もやることはないです。早ければ今度の土日で出られるかも知れませんね」

パワーポイントでスライドが切り替わるように、この言葉で一気に病人からリハビリ患者へとページが進んだ。
しかし、そんなに早く退院しなくてもいい。
こちとら、じっくり治したい。

長井医師が"患者は誰もが早く退院したがっているもの"と思っているのか、あるいは実際に脳神経外科病棟にいる人々の中では、退院を待ち焦がれる人の比率が高いのか。
それでこのリップサービスなのだろう。


|

2015年12月 4日 (金)

名医は患者が見た時はじめて存在する。

手術後3日め

6:00
「尿の管を外します」
看護師の江副さんがやって来た。
本当にこう言ったか、正確には覚えていない。

外す時、なんとその管はちんちんの先からすぽっと抜かれた。
てっきり鼠径部(そけいぶ)のどこかに針で刺さっていると思っていたのだ。

おぅ
なんとも初めての感覚
まさか、ちんちんに直接入っていたとは。。

なにはともあれ、これで一歩前進。
自分の意志でトイレに行く自由を手に入れた。
健康体を持つ人間かどうか、これはその分水嶺となる基本的な権利だ。



7:50
主治医の牧野医師がやって来た。
先生と会うのは手術以来、いや手術の時僕は寝ていたので、手術前日以来だ。

「あと1週間もすれば、よくなりますよ」

よけいな愛想のない淡々とした笑顔でそういうと、彼は白衣を翻して、9時から始まる外来の部屋へと先を急いだ。
こうして一声かけに来てくれるとは、ありがたいことだ。

患者は執刀医のメスさばきをこの目で見ることはない。
見ているのは、コンピューター画面のデータを見ながら、治療方針を淡々と説明する横顔だけ。

あの高等な技術を要する離れ業を、この人がやっているということがイメージしづらい。
概念として名医であることはわかるのだが、この目で見ていないものは認識できない。
医者は視認して初めて名医なのである。
そういう意味において、患者が執刀医を名医と認めるケースがあるとすれば、麻酔が使えない手術のケースだけだろう。


8:10
「小」意が訪れて、手術後初めての自力トイレへ立つ。
だが、身体にはまだいろいろなものがつながっていて、迂闊に立ち上がれない。
ナースコールで看護師さんに来てもらい、レクチャーを受ける。

心拍センサーは携帯できるハンディターミナルに換えてもらい、病衣のポケットにしまう。
あとは点滴をがらがらと押しながら、ゆっくりと歩を進める。

まるまる3日間、自分の足で歩かなかったのは、まだ僕が"はいはい"をして母親を喜ばせていた頃以来だろう。
点滴スタンドが杖代わりになるので、それほど不安はないが、転倒したら一大事なので、手探りいや足探りだ。


トイレには計量器が備え付けてあり、そこには「千葉龍一」とテプラで名前を貼ったプラスチックカップ。
カップ置き場は4つあるが、カップは1つだけ。
この時は、他の人の分は複数あるトイレにそれぞれ置き分けられているのだろうと思っていた。

片手はカップを持ち、片手はパジャマを下げて、点滴の管が絡みそうになるのを肘で制して、なかなか忙しい用便だ。

久しぶりの自力小便。
この時のために膀胱が大量に備蓄していたのか、すでにカップの7分めを超えているというのになかなか停まらない。
このまま停まらなかったら、一時停止しなければならない。
(これはけっこう得意)
カップの上限まであと1cmとなり、目が丸くなったところで、ようやく放水はせき止められた。

511cc
カップから計量器に内容物を投入すると、デジタルで表示される。
メモ用紙を持って来るわけにもいかないので、暗記しなければならない。
部屋に戻って手帳に書き留めるまでの短期記憶。
まさかMCIではあるまいが、どうもこうした記憶が苦手になってきている。


9:30
待望の耳鼻科からお声がかかる。
いつものヘルパーさんが耳鼻科フロアまで、付き添ってくれる。

「ほんとに大丈夫ですか?」
と訝るヘルパーさんに、帰りのお迎えは断った。
のろのろと歩いている入院患者が居れば、外来の患者も道を譲ってくれるだろう。
とこの時は考えていた。

|

2015年12月 3日 (木)

1日じゅうベッドで寝て過ごす病院の日曜日

水分摂取量 計測初日
「6時~14時」30cc
「14時~22時」150cc
「22時~6時」 0cc

元々、日頃から水分を摂る習慣がない。
いつもOS-1を買い置きしてあり目の前に置いているが、それでもあまり飲まない。
500mlのペットボトルが1本空くのに3日かかることもあるくらいだ。

ましてや病院では1日じゅう寝転がっているだけ。
喉が渇くようなことをしていない。
そして、自力でトイレに行けないということで、経口摂取を控える心理が働いている。

毎日1本飲むことにしているR-1も、コンビニに買い出しに行けないため買い置きがない。
コーヒーは禁止されている。

1日180ccという水分摂取量は、手術明けの患者としてはあまりに少なく、後に注意を受けることになるのだった。



日勤の担当は国分君。
男の場合、君づけで読んだ方がしっくり来るが、本人を呼ぶ時は国分さん。

「なにかお手伝いすることはありませんか?」

日曜日、外来はお休み。
入院病棟に休みはないのだが、どこか静かな空気が流れている。
彼にも少しゆとりがありそうだ。


それならばお言葉に甘えよう。
残り僅かとなっているティッシュを買って来てもらうことにした。
昨今、都内の大きな病院にはコンビニが出店していて、堂下総合病院には、ローソンが入っている。

床頭台から財布を出してもらい、千円札を渡す。
本当はR-1も買って来て欲しかったが、思いとどまった。

しばらくしてローソンのレジ袋に入った背の高いティッシュ箱を持って国分君が帰ってきた。
「これおつりです」
レシートとお釣りの小銭を受け取る。

これじゃなんだか、ぱしりだな。
看護師さんにこんなこと頼むのは済まないことだが、前もって多めに必要だとわかっていれば用意したんだけどな。


部屋から出ることなく、ただ寝ているだけ
こんな1日はいつ以来だろう。

1人で出歩く許可は出ていない。
ベッドの上で起き上がることはできても、パソコン使用許可はまだもらっていない。
スマホは使えない。
(この時、部屋ではスマホ禁止だと思っていた)
疲れそうなので、本を読む気は起こらない。

おしっこは意図しない時に流れ出て、容器に受け止められている。
恐らく何らかの管が尿管の途中にさし込まれていて、尿をインターセプトしているのだろう。
いつもならば"これから放出するぞ"と脳が命令しているのに、今はそれをしていない。

命令もしていないのに出て行くとは
どぉゆーこと?
バラエティ番組のうざったいナレーションでツッコンでみた。

幸いは、まだ「大」意が訪れない。
大を他人に処理してもらうのだけはゴメンだ。
1人でトイレに行く許可が出るのが待ち遠しい。


夕飯はお粥と魚の煮付け
まさに病人のメニューに、苦笑いする。
食べ終わってから、そういえば入院してすぐ、この夕飯メニューの希望をとられて、ピーマンの肉詰めの方を希望したのだと思い出した。
医療体制は万全だが、ヨーグルトの件といい、どうも食事に関しては連絡のパイプが詰まっているようだ。


|

2015年12月 2日 (水)

顔出しボード?顔出し看板?顔ハメ看板?

デンタルサポート大多喜のホームで僕らを出迎えたのは顔出しボード。
一気に機嫌が良くなった。
2005年以来、顔出しボードの写真を集めているからだ。

「じゃぁこれで」
と、帰りそうになった。
今日はこれだけで来た甲斐がある。


キャラクターの顔部分に穴が空いていて、そこから顔を出すから「顔出しボード」
観光地でよく見かける記念写真用のボードである。
このボードについては「顔出しボード基本法」が制定されていないので、複数の呼び方が存在する。

代表的なのは以下の3つ。
顔出しボード
顔出し看板
顔ハメ看板

どの呼び方が最も支持されているかについて、Googleのヒット数で比較した。

 顔出しボード顔出し看板顔ハメ看板
2011年5月現在 383,000 779,000 2,680,000
2015年9月現在 391,000 353,000 530,000

しらべるが2011年5月に「顔出しボード」の掲載を始めた頃と今を比較すると、他の2つがヒットページ数を減らしているのに対して「顔出しボード」だけが堅調に数字を伸ばしている。

"ハメる"という言い方がいやらしいので、恐らく数年後には「顔出しボード」がその呼び名としてオーソライズされると推察している。


記念撮影の先客が居なくなったところで、まずサオリさんとアラブさんが顔を出して記念撮影。

「motoさんはいいんですか?」

あぁいいからいいから、しっしっ
"速くどいて"と2人を手で追い払う(失礼)

黄色いムーミン列車が回送線に移動した後、やってきたのは「レストランキハ」
土日祝日企画として、車窓の景色と共に「伊勢海老特急イタリアンコース」などを楽しむ。

向かって左には、上総中野まで行った後の折り返しで「ハロウィーン列車」となる車両が連結されている。

この日はハロウィン。
キハ2両で運転される急行2~4号がハロウィーン列車となる。
ホームに居た間にも、既に仮装した家族連れが続々と乗り込んでいった。
大多喜から先は次の6駅

小谷松
東総元
三育学院大学久我原
総元
西畑
上総中野

だが、今日はこれらの駅には行かない。
いすみ鉄道に全部乗らないことを気づいたのは前日。
人の話をよく聴いていない面目躍如だ。

1960年6月20日に開業した「久我原」は美しい木造の待合所。
周囲に民家は少なく閑静な緑に囲まれた駅は「いま行っておきたい秘境駅」牛山隆信 自由国民社 2014年12月
に取り上げられていた。

久我原に行けないのは、少し残念だった。

|

2015年12月 1日 (火)

コント赤信号 渡辺リーダーの実家はよく見えなかった

10:59
新田野
3セクのローカル線、いすみ鉄道は田舎を抜けて往く。

3セクとは、地方自治体(=第一セクター)と民間の企業(=第二セクター)が共同出資して行う事業。
略して「3セク」という人が多い。

2000年3月末に調べた時、全国に6,794社があった。
当時は経営見通しが甘く赤字経営の会社が多いことが問題視されていた。

いすみ鉄道は1988年に3セクとなり、2000年代半ばには廃止の危機を迎えていた。
だが、公募で就任した鳥塚亮(とりづか あきら)社長が2009年10月に始めた、ムーミン列車などの観光列車化により堅調な経営を維持している。


いすみ鉄道の全行程は26.8km
3月~4月上旬にはその沿線15kmにわたり菜の花が咲く。

電卓を入れると56%が田園風景と言うことになるが、今日見る限り車窓に広がるのは日本のあちこちにある人口の少ない田舎である。


11:02
風そよぐ谷国吉
「一分停まります」というアナウンスに弾かれて、数人がホームに降りた。
この駅にはムーミンのキャラクターオブジェがある。
恐らくムーミンファンなのだろう。

ムーミンファンを回収して再び、いすみ鉄道は西へ向かう。


「車窓右手に見えてくる焼鳥屋さんはコント赤信号の渡辺正行さんの実家です」
車内には笑いと共に微妙な空気が流れる。

「それって個人情報じゃないんですかねぇ」
アラブさんがつっこむ。

「きゃりーぱみゅぱみゅさんの実家です」
「福山雅治さんの実家です」
となると、SNSで炎上しそうだが、お笑い芸人の場合はそれも洒落の一つと言うことなのだろうか。


11:07
上総中川

11:11
城見ケ丘
城が見えるから「しろみがおか」
駅を出ると「左手に大多喜城が見えてきます」というアナウンス。
確かに遙か遠くの小高い山頂に城が見える。
その後すぐ線路は左に折れており、城は右手に移動。そして大多喜が近づくにつれて見えなくなった。


大多喜はレンゲの名所。
全国的にみて、今はレンゲ畑を見られるところはとても少ない。

1985年
上原地区で「大多喜世界レンゲまつり」始めた。

2007年
「大多喜レンゲまつり」に改称すると同時に、いすみ鉄道沿いにレンゲ畑が広がる大戸地区に会場を移した。

4月下旬に開催されており、いすみ鉄道から4万平米のピンク色のレンゲ畑が見える。
レンゲの見ごろは4月中旬~下旬。

菜の花の見頃は3月~4月上旬とされているので、菜の花からレンゲへバトンタッチということでうまくできている。


11:13
デンタルサポート大多喜
大原を出てわずか27分で、このダイヤの終点に到着した。
運転手がいる側にある料金箱に切符を投げ入れてホームに降りると、そこには期せずして、大好物のアレが待ち受けていた。


|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »