« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の29件の記事

2016年2月29日 (月)

4年に1度!うるう日限定チェック

吉岡聖恵さん8歳の誕生日おめでとうございます。
(いきものがかり)

え゛聖恵ちゃんって8歳なの?
道理で童顔だと思った。

という人は「どーがん神経ばしとっと~」
と橋本幸奈につっこまれますよ。


日本の法律では、誕生日は誕生前日であるため、実年齢は2月28日に加齢するので、吉岡聖恵さんは法律的には32歳ですが、実際に誕生日が来ないのに歳だけ取るというのは不合理だと思って来られたことでしょう。
9歳の誕生日までには「いきものがかり」の新譜をお待ちしています。


「しらべるが行く」の毎日連載を始めたのが2005年なので、これまで2度の「うるう日」がありました。

過去の「うるう日」ブログはこちら

前回は「うるう日限定」の商品やサービスがないことを憂いました。
さて、4年が過ぎました。
日本の経済状況は、確実に上向いています。
ただし、昔のように「景気が良くなる」ということが、万民の幸福につながらない時代になりました。

それは、長い長いデフレの時代を経て、本当に価値のないモノとサービスが淘汰されたこと。
選ばれているモノ・サービスもそれを維持するために、社員は身を削るようなイノベーションをしなければ生き残れなくなったからです。

「国がなんとかしてくれる」
「景気が良くなるのが待ち遠しい」

こういうことを呑気に言っている「受け身」人間は、既にこの厳しい現代からは退場しているのです。
本人は気づいていませんが・・


さて、そんな厳しい現代においても、経験に裏打ちされた知恵と独自の工夫を凝らす人が新しい価値を生み出してくれる。

そう期待して、恒例の「うるう日限定を探せ!」チェックをしてみました。


キーワードは「うるう日限定」
2012年の前回と同じです。

まず、トップに出てきたのは「4年に1度のうるう日限定出発!お振る舞いやおやつつき♪福寿草咲く 両神山麓ハイキング」
他にもいくつか、2016年2月29日出発の旅行企画が出てきますが、これは「うるう日」である必然性が薄いものです。

他には「名物牛カツが500円になる」というイベントが見つかりましたが、これも「うるう日」には因んでいません。

前回もあった「4年に1度だけの閏年限定品泡盛」は今回も発売されていました。


キーワードを「うるう日限定 2016年」に拡大してしらべたのですが、前回2012年のような「うるう日は存在しない日だからアイスクリームがタダ」というような、ウィットに富んだ企画は見つかりません。


日本の皆さん、目の前の一分に集中していて、あまりゆとりがないようです。

たとえば、4年に1回しか開かないスポーツ大会。
それが日曜だろうが平日だろうが、2月29日にしか開催しないマラソン大会なんて、どうでしょうね。
あるいは2月29日に生産する「うるう日」限定仕様の乗用車とか。

次のうるう日は2020年、東京五輪の開催年に期待しましょう。

|

2016年2月28日 (日)

第10回東京マラソン きょう開催

2016年2月28日
2月の最終日曜は、恒例の「東京マラソン」です。

「東京がひとつになる日」
などと言われると、じんましんが出る人もいるようですが、そういう人はこの大会を無視しましょう。
いちいち「きもい」「偽善的」などと悪態をつくのはやめましょう。
実際にそこに走る人がいて、応援する人がいて、少なくともその人たちはとても楽しんでいるのですから。


さて、2007年に始まった東京マラソンは今回が10回め。
記念大会ということで、今回に限り定員1,000人増量!
(35,500人→36,500人)
なんて、ありがたくて涙が出ます。
それでも当たらなかった人は特に。


昨今の東京では「東京マラソンに当たらなかったみんなで、東京マラソンより楽しいことをやろう!」を合い言葉に「顔マラソン」が流行っているそうです。
先日、マラソンが終わったばかりの友だちに、この週末はどのあたりを走るの?と水を向けると「顔マラソン」を教えてくれました。

予め「ジョギングシミュレーター」でコースが「顔」になるように計画を立てる。
「顔マラソン仲間」で集まり、GPS時計を見ながら、一筆書きで顔をなぞって走るのだそうです。

友だちが多い人は楽しそうです。
友だちが少ない僕でも「1人顔マラソン」ができなくはない。
でも、余計に寂しくなるのでやめておきます(笑)



今回は10回の節目ということで、第1回東京マラソンから続いた大会ロゴを変更しました。
それ以外のレギュレーションは不変です。
テレビ中継は「日テレ」
奇数年が「CX」偶数年が「日テレ」の代わりばんこです。


【 時系列の記録 】

2015年6月30日
新ロゴを発表

2015年7月1日
ウェブサイト2016年版に切替

2015年7月1日~7月31日
ONE TOKYOプレミアムメンバー先行エントリー
8月1日~8月30日
一般エントリー 倍率11.3倍

9月16日
一般エントリー当選者発表

2015年
2月25日-27日、事前受付 EXPO(お台場 東京ビッグサイト)
2月28日(日)9:10 スタート


東京マラソンは前回の2015年大会より、テロ対策ということで、持ち込み荷物の制限が厳しくなりました。
ランナーの命綱である飲料にも制限があります。
500mlのペットボトルは会場持ち込み禁止。
ウェストポーチに入れる場合も、1つ250ml以下の容器で総量500ml以内。

36,000人を100万人が見守るという巨大イベントですから、警備の皆さんは大変だと思います。
ランナー全員が安全・安心に走れるよう、この日だけは皆が「いい人」になりきって、マナーのいい大会になることを祈ります。

くれぐれもランナーの皆さん、前のランナーの靴だけは踏まないよう気をつけてください。
そんなことをしたら、マラソンの神様ににらまれますよ。


さて10回連続同じコースで行われた東京マラソン。
第11回からコースが変わるのかが注目されます。

東京マラソンに次ぐ人気大会「長野マラソン」は、5大会ごとに微妙にコースを変更してきました。
しかし、コースとしてはスタート/ゴール地点(競技場)とも申し分なく、大きく動かす要素がありません。

一方、東京マラソンの場合、ゴールを競技場にして、大観衆に迎えられるというカタチが求められています。
新国立ができるまであと2~3回は現行ママでいき、新国立完成時に大幅な変更をするのか?
あるいは、10回という区切りで新機軸を探るか?
6月までには、何らかの情報が出ると思います。

|

2016年2月27日 (土)

東京マラソン前日 5分読むだけで10分速くなる方法

表題は、この時期に毎年のように書いているテーマです。

マラソン講座」では、マラソンと名のつく書籍はすべて読んで研究しています。
その中から「これは簡単にできそうだ」と思うものを、練習で試しています。

大切なのは「簡単に」取り入れられること。
素人に加圧トレーニングはムリだし、体幹を鍛えるための地道な運動は、気が遠くなりそうです。


「読むだけで速くなる」という虫のいい話ですから、ランニングの基礎的スキルではありません。
読むだけで、基礎的な走力が身につく方法があるならば、誰もが既にやっているはず。
ここでいう「読むだけで速くなる」とは、レース中に体勢を立て直す方法ということです。


練習で試してこれはいいかなと思うことは、過去に以下のようなものがありました。

1,こぶしを軽く握る。
疲れると、指がだらんと伸びてくる。指が伸びていると力が逃げる。

2,下腹部を前に突き出す

3,脚が胸から生えているイメージを思い描く。

4,「はっはっはっすーすー」と3つ吐いて2つ吸う。

5,手を腰の後ろで組み、伸びをする。


これらの中で、今シーズンも続けているのは4と5です。

よく「深呼吸するといい」と言いますが、走りながら、そんなに吸えるものではありません。
それよりも「吐く」ことに集中すると、その分黙っていても身体は酸素を吸ってくれます。

上り坂を登り切った時、(自分にとって)高速で走っていてきつい時「はっはっはっすーすー」は効果的です。



5はマラソン講座では「逆キャイーン」と名づけています。
キャイーンポーズを後ろに向かってやるからです。

この動作により、肩胛骨が寄ります。
これには2つの効果があるようです。

1「呼吸が楽になる」
2 肩胛骨周囲がほぐれる→肘が引けるようになる→腰が連動して足がリズムよく前に出る。

今、その場で立ち上がってみてください。
肩幅に足を開いて「逆キャイーン」
手のひらを組み、できるだけ身体から離すよう、後方へ突き出します。
その後、その場で「腕振りのみ」

よさそうだなと思ったら、レース中、5kmに1度くらいは思い出してやってみてください。


明日のご健闘と、東京の好天をお祈りしています。
自分も練習があるので、晴れてもらわないと困ります。


|

2016年2月26日 (金)

東京マラソンで「いい思い出」を作るために

東京マラソンまであと2日
繰り返しになりますが、東京マラソンに出場される皆さん、おめでとうございます。
思い出に残るレースになることをお祈りします。

ただしそれが「よい思い出」なのか、それとも「苦い思い出」なのかは、人によって分かれます。
僕の場合、まだ出場は一度だけですが、東京マラソンは「苦い思い出」の大会です。
それは、給食の失敗でした。



レース直前に買出に行った、都内で有名なランニング専門チェーン店でのことです。

僕はレース中に栄養を摂れるものを買おうと思い、店員さんにどのようなものがよいか?を相談したのです。
僕はスポーツジェルを3つ、ウェストポーチに入れるつもりだと言いました。

すると、店員さんは「ベスパハイパーを3つ入れていくという手もありますよ」と勧めてきたのです。
結果的にはこれが誤り。
あとで考えてみれば「ベスパ」は体内にある脂肪を優先的にエネルギーとして使用するための飲料であり、体外から新たな栄養をとりこむものではありません。
ベスパはレース開始60分~30分前に一度摂ればよいのです。

この誤りに気づかず、スタートした僕は「銀座」にさしかかった当たりから、意識が薄れていくのを感じました。
浅草寺に着く頃はもうへろへろ。
「眠りたい。そうだ寝て走ろう」
と真剣に目を閉じそうになったのです。

いわゆる、ハンガーノックです。
恐らくそのままでは、ゴールもままならなかったでしょうが、浅草から銀座に戻る途中「私設エイド」の女性がくれたチョコ1粒で、意識が戻ったのでした。


マラソンは食べながら走るスポーツです。
素人にとっては、その食べ物を自分で持って走るスポーツです。


あと2日の食事も、カラダが喜ぶ範囲まで「ちょっと多いかな」というくらいの量を食べてください。
カラダが軽い方がマラソンには有利ですが、減量はレース3日前までの話。
あと2日は1~2kg体重が増えてでも、きちんと食べなければ、当日、力が出ません。




ここで、東京マラソンで「いい思い出」を作るためのアドバイスが1つあります。

サングラスはやめましょう。

日差しが目から入ると脳が疲れるので、サングラスをした方が有利であることは、わかりきっています。
しかし、東京マラソンは沿道100万人の観衆と交流する大会です。


ここ数年、サングラスをかけて走るようになってから、沿道の方と心が通わないなと感じています。
目と目が合う人と、サングラスをかけていて何処を見ているかわからない人。
どちらが共感できるか、言うまでもないですよね。

サングラスをかけて、目を三角にして走るのは他の大会でやればよいです。
日本一の応援が受けられる東京マラソンでは、サングラスはやめましょう。
沿道の方と心を通わせながら走ることで、この大会は「いい思い出」ができるのです。

ちなみに、音楽を聴くことはなにも問題ありません。
音楽は沿道には聞こえないからです。
音楽を聴いていても、沿道の声はあなたには聞こえます。
音楽を聴いているランナーをみて「態度が悪いヤツ」と思う人はいないと思います。


明日はこの期に及んで
「5分読むだけで10分速くなる方法」
をお話しします。


|

2016年2月25日 (木)

メールにパスが書いてある時の対処

----------------------------------------
教えていただいたところにアクセスすると
「みつからない」
というエラーになります。
確認していただけないでしょうか?
----------------------------------------
サトウさんから、こんなメールが届く。
「また、あれかな?」という予感がある。
こちらから案内したのは、ネットワーク上にある共有フォルダーの在処。
以下例、2行めのように「パス(path)」
3行めに「ファイル名」を記している。
【パスの案内文例】
----------------------------------------
以下のファイルをご確認ください。
\\kyoyu\0123\秘密\2016_検討材料
参考資料1.xlsx
----------------------------------------
パス(path)とは、ネットワークまたはローカルパソコン上のファイルの在処。
「顔パス」「敬老パス」という時の「パス」だ。
この場合、ファイルまで直接行ける通行符ということになる。
ただ単に「パス」という言葉を書くと「パス?パスワードなんて何処に書いてあるんだよ?」と屁理屈が返って来るので「パス(path)」と但し書きをつける必要がある。
(こうすれば、お互いの時間の節約になる)
Windowsパソコンでは、フォルダー名に日本語が使えるため、パスを記述すると【パスの案内文例】のように、半角文字と全角文字が混じった文字列になる。
これをメールソフトに書いた場合、自分が送信する時はすべての文字が黒い。
しかし、相手がメールを開いた時は、以下のようにハイパーリンク(クリックできる部分)がパスの途中で切れているのである。
------------------------------------
以下のファイルをご確認ください。
\\kyoyu\0123\秘密\2016_検討材料
参考資料1.xlsx
------------------------------------
通常の素人は、青字に下線が引いてあると条件反射でそこをクリックする。
すると以下のエラーが返る。
「\\kyoyu\0123\秘密\2016_が見つかりません。パスまたはインターネットアドレスが正しいことを確認してください」

パソコンからこう言われた時点で「送ってきた相手が悪い」と考える素人が多い。
「世の中はインターネット時代、クリックしたら、すぐそこにはお目当ての情報が待っている」
そう考えているのである。
さて、サトウさんへの回答である。
パスには確かにファイルが存在するか?
サトウさんのアクセス権限は正常か?
をいま一度確認したうえで、次のような案内メールを送る。
-------------------------------------------
調べたところ、アクセス権限は正常でした。
以下の方法を試してください。
①以下の行を「コピー」
\\kyoyu\0123\秘密\2016_検討材料
   ↓   ↓
②パソコン画面左下「スタート」ボタンを右クリックして
「エクスプローラーを開く」
   ↓   ↓
③アドレス欄(一番上の欄)に①を「貼り付け」
------------------------------------------


すると、間もなくサトウさんからは「無事アクセスできた」というお礼のメールが届く。
その際のコメントは人により次の2パターンに大別される。

1「自分のやり方が悪かったのだと思います」
2「今度の方法ではうまくいきました」
つまり、自分がど素人であるという認識に立つ人(1)と、あくまで相手の不備だと思いこんでいる人(2)ということだ。
インターネット上のURLならば、こうしたことは起こらない。
社内ネットワークやローカルパソコンでのみ起こる。
こうした「パスの振る舞い」を経験で学び、次からはどう対処すればよいかを学ぶのが、社会人というものだ。
あくまで相手が悪いと思いこみ、自らパソコンに立ち向かおうとしない人は、40台以上にはまだまだ多い。
メールに書いてあるパスについては、一度きちんと周知しておくとよいだろう。
今日も、まっとうな社員が時間を奪われている。


|

2016年2月24日 (水)

値札が付いてなくてよかった!渋谷にピスケに会いに行く

渋谷に来ています。

以前、故郷に住んでいる20代の東京に憧れる女性に「東京いいなぁ、渋谷には毎日でも行きたいです」と言われたことがありますが、実際に住んでいると滅多に来ないものです。



僕の場合は年1~2回。
この街に来るのは「渋谷公会堂」でライブがある日。
マラソン用品を買いに来る日くらいです。

今日はマラソンレースを控えて、補給食を買いに来ました。
いつもならば、それだけでとんぼ"帰り"なのですが、今日のお目当てはもう一つ。
iPhoneにナビをしてもらいながら、パルコ1を目指します。

週末と言うこともあり、渋谷駅前の交差点は立錐の余地もないスクランブル。
道路を渡っているのは日本人。
その光景を舗道からスマホで撮っているのが外国人です(笑)

タテヨコナナメに交差しながら、相手にぶつからず、足を踏んだり引っかけたりせず、誰もが高い動体視力を駆使して、巧みなステップを踏んでいます。

このあたりの洗練された技術は渋谷ならでは。
これが横浜駅地下街となると、後ろから足は踏まれる、交差では足を引っかけられる。
中にはわざとやっているとしか思えないような輩もいる。

人が密集した渋谷でそれをやったら二次被害が出て大変。
それを分かっているから、誰もが緊張しているのです。
田舎に行けば行くほど、歩行者マナーは悪くなると言えるかも知れません。


目的地は渋谷パルコパート1の7階「THE GUEST cafe&diner」
期間限定オープン「カナヘイゆるっとカフェ」



【 時系列の記録 】

2016年1月6日
プレスリリース

1月28日
オープン カナヘイが開店に立ち会った。カフェは初日から長時間待ち状態となった。

1月30日
オープン後初の休日。3時間程度の待ち時間。整理券が配布された。

3月14日(月)
終了予定


ここはうさぎとピスケや小動物達をモチーフにしたオリジナルメニューを提供する、カナヘイプロデュースのカフェ。

この日は金曜日の18時。
カフェは10人待ち。
待ち時間表示は出ていませんでした。
しばし並んでいれば、カフェに入れる状況でしたが、男1人ピスケ料理にため息をついている図はあまり美しくないと、思いとどまりました。


併設のグッズ売場は、並ばずに自由に出入りできます。
入ってすぐ左の棚が「カフェ限定コーナー」
さらりとコレクター動体視力を駆使してチェック。



買うのは最後にして、売場の奥まで進み、一通り棚を流します。


奥まで行き着いたところで振り返って、少し恥ずかしくなりました。
「男率1人」単位おかしい^^;)
正確にいうと、カナヘイファンの女性に付き添ってきた男性があと1人。

カゴ一杯に詰め込んだカナヘイグッズをレジに置き「これで」とクレジットカードをキラリ。
詳細は割愛しますが、僕があの立場じゃなくてよかったと思いました。


限定コーナー以外は、ロフトにもある各社グッズ。
リアルフィギュアの「PUTITTO ピスケとうさぎ」は見あたりませんでした。
一時的に品切れしたのでしょう。
シュレディンガーのピスケのパラドックス
カフェ限定のオリジナル商品から「限定CFセットタテ」600円+税を購入。



最後にうさぎとピスケを1枚。
これに値札がついていなくて、本当によかったと安堵しつつ、渋谷を後にしたのでした。

|

2016年2月23日 (火)

5分でわかるシュレディンガーの猫

「シュレディンガーの猫」は正式に言うと「シュレディンガーの猫のパラドックス」です。
以下は「シュレディンガーの猫」と表記します。


「シュレディンガーの猫」は、オーストリアの物理学者「シュレディンガー」が1935年に提唱した学説です。

それは、量子論のうち「コペンハーゲン解釈」への反論として提唱されたものです。


まずはじめに「コペンハーゲン解釈」を簡単に説明します。

■コペンハーゲン解釈
1927年、物理学者が集まって出した量子論の解釈。

その主張の要旨
■万物は観測した時点で存在する。観測されなければ存在しない。
■万物は"重ね合わせの状態"にある。

ちなみに、集まった場所がコペンハーゲンというわけではなく、中心となった学者ニールス・ボーアが「量子論を確立したのはデンマークである」という主張に因み、デンマークの首都「コペンハーゲン」を冠して命名しました。

コペンハーゲン解釈に沿って考えると、宇宙は心を持っていて、人の心を読み取ってその願いを実現してくれる。ということになります。

今、ここを読んでいる方の中でも賛否が分かれると思います。


シュレディンガーはこの「コペンハーゲン解釈」に齟齬あり!として反論しました。

たとえば、こういう実験をした場合どうか?と問うたのです。

鉛の箱に放射性物質と猫を入れる。
放射性物質から放射線が出た場合、猫が死ぬ。

さて、箱を開ける前に猫の生死が決まっているのか?箱を開けたときに生死が決まるのか?という問いかけです。


シュレディンガーは言いました。
「猫が半分生き、半分死んでいると言うことはあり得ない。箱を開けるまで、猫は死んでいるとも、いないとも言える"重ね合わせの状態"にあるとするコペンハーゲン解釈は誤り」


2012年には、東大の古澤明教授が「「シュレディンガーの猫のパラドックス」が解けた!」という著書で、シュレディンガーの論説に反論しています。

古澤明教授は、1996年に世界で初めて「量子テレポーテーション」に成功した量子光学のトップランナーです。

テレポーテーションと言っても、SF映画や「ドラえもん」のような、物の瞬間移動ではなく「光と鏡で作りだした量子に電圧をかけて、もう一対の量子を作る」ことです。

今、世界じゅうで開発競争が行われている量子コンピューターにも活用される技術として、期待されます。


人が言ったことや、ネットに書いてあることを本物であると錯覚するのが現代の高度情報化社会の悪いクセ。
自分の目で見るまでは本物ではない。
それは、量子論コペンハーゲン解釈につながる考え方であり、シュレディンガーの猫のパラドックスとは真逆にあるものです。

いかがですか?
「シュレディンガーの猫」がそれとなく、おわかりいただけたでしょうか。

|

2016年2月22日 (月)

カラオケボックスの不思議な料金体系

第1回アラブ会から3ヶ月後
第2回の幹事はアラブさん。

幹事といっても、カラオケの幹事はさほど難しくない。
花見のように、ブルーシートを敷いて場所取りすることはないし、呑み会のように料理や予算、あるいは宴席の趣向に気を病むこともない。
では、ただカラオケ店に予約を入れればよいかというと、アラブ会の場合は違う。

それは、グルーポンのクーポンを3人分確保するところから始まる。
日取りが先に決まるのではなく、クーポンが売りに出されたところから動き出すのだ。

今回は幹事のアラブさんが、グルーポンから来る山のようなメールを日々チェックする。
いつもならば、件名を見るだけでもうんざりするDMを1つ1つ開いては、カラオケの鉄人(以下=カラ鉄)からのお誘いが届いていないかを探す。


ある日、カラ鉄「3時間1,500円」のクーポンが売りに出た。
そこで、クーポン有効期限の範囲内で調整して日程が決まる。
幹事のアラブさんが3人分のクーポンを立て替え購入。
カラ鉄のクーポン取扱いがある店に予約を入れる。
これが幹事の作業である。



それにしても、カラオケボックスの料金体系は不思議だ。
「3時間1,500円」を1人1部屋で利用すると、総費用は1,500円。
だが「3時間1,500円」を3人1部屋で利用すると、総費用は4,500円。

受けとるサービスが一定の場合、頭数が多ければ単価は安くなるはずだが、そうではない。
むしろ、人数が多いほど単価あたりで受けられるサービスは目減りする。
一方で、お店側は人数が多いほど、同一サービスで多くの対価を受け取れる。

よく「社会問題」にならないものだ。
ケータイ料金には「0円はダメよ」と行政が関与する時代だ。
いずれ「不思議なカラオケボックスの料金体系」にも、メスが入る日が来るかも知れない。
それには、こうして同じ疑問をもつ仲間が必要だ。



第2回アラブ会セットリスト

ウィーアー!i☆Ris
終わらない歌 ゆず
シュガータイム 佐野元春
戦え電人ザボーガー 子門真人
炎と森のカーニバル SEKAI NO OWARI
花の名 BUMP OF CHIKEN
The other self
真夏の夜の夢 松任谷由実
大きな玉ねぎの下で 爆風スランプ
花 ORANGE RANGE
プレゼント SEKAI NO OWARI
足音 Mr.children
君がいるだけで
ジョジョTVバージョン
六本木心中 アンルイス


ジョジョ
Home SEKAI NO OWARI
ray BUMP OF CHIKEN
東京 やしきたかじん
First love 宇多田ヒカル
ハピネス AI
哀戦士 Gakut
アースチャイルド SEKAI NO OWARI
進化論 Mr.children
LOVE IS ALL 
NIPPON 椎名林檎
Death on two legs QUEEN
美しき狼たち おぼたけし
女々しくて ゴールデンボンバー
終わりなき旅 Mr.children
今日もどこかでデビルマン 十田
花鳥風月 SEKAI NO OWARI
SOME DAY 佐野元春
ウルトラマンメビウス
愛を止めないで オフコース
夢の中へ 井上陽水
桜坂 福山雅治


いつもならば、カラオケ中にスマホに曲目を書き留めているが、カラ鉄はお帰りに「曲目レシート」がもらえるので、手間がなくて助かる。
数ヶ月後の開催を期して、少し寒さがゆるんだ週末の街路を駅へ急いだのだった。

人生には、知らなくていいことが、あふれている。
人生には、歌仲間が必要である。


|

2016年2月21日 (日)

東京マラソンまで1週間 レースで持つ給食>候補品

いよいよ東京マラソン2016まで、あと1週間。
当選された皆さん、おめでとうございます。

先日、ランニングショップに買い物に出かけた日のことです。
僕は「板橋Cityマラソン2016」で使う補給食を買いに来ていました。

そこには新製品「Mag-on」を試食販売するスタッフが2人。
恐らく製造元タテホの社員なのでしょう。

「東京マラソンですか?」
いや、僕は板橋です。

この質問、1月から2月のこの時期、東京で「マラソンをやっている」人は、うんざりするほど聞かれます。
マラソンをしない一般人にすれば、マラソンをやっている人に「東京マラソン走るんですか?」と話しかけるのは、一般人どうしで「暑くなったり寒くなったり、年寄りには堪えますね」という会話をするようなものなのです。


試食してみて、さほど粘度も高くないので、Mag-onを2つ買うことにしました。
するとそこに、別のランナーがやってきました。

タテホ社員、やはり同じ質問です。
「東京マラソンですか?」
いや、僕は板橋です。

思わず、吹き出してしまいました。
でも彼には、そこから先がありました。

「東京マラソンは6回つづけて外れました。あれはムリです。特に東京都民にとっては」

すると、タテホ社員「こちらの方も板橋ですよ」と2人を取り持ちます。
すかさず「僕は外れたんじゃないですよ」と弁解しました。

なぜ東京都民にとってムリなのかは分かりません。
抽選するコンピュータープログラムに「郵便番号=東京都内ならば、当選確率を下げる」という一文が入っているのかな?
でもそこは特に興味もないので、つっこみませんでした。


前置きが長くなりましたが、外れた人にとっては「走れるだけでも幸せ」な大会。
きっと皆さんも、今頃、当日の情景を思い浮かべて舞い上がって・・いや、にんまりしていることでしょう。
(僕が当たった時、そうでしたから)


まさか、4時間以上かかる方で、ウェストポーチも持たず、給食を用意していない方はいないと思います。
そんなことをしたら、品川あたりで早くも失速すると思います。
(僕が走った時、そうでしたから)

そこで今回、レース用の給食として購入した品をご紹介します。
給食を自分で持つようにしたのは、東京マラソンで失敗した翌年の「長野マラソン」からで、今年は7年め。
銘柄選びも、落ち着いてきました。




■スタート前 50分
VESPA PRO
実売価格:700円+税
VESPA PROは2006年2月から値動きがありません。
これは、脂肪から優先的に使うための飲料。
初マラソンから毎回摂っています。


■スタート直前 ジェル2つ
HONEY STINGER GINSTING 250円+税
PowerGel グリーンアップル 250円+税
去年の静岡マラソンでは、HONEY STINGERのGINSTINGとGOLDを2本摂って胸焼けが大変でした。今回は1つをあっさりしているPowerGelに戻しました。


■5km、15km、25km、35km 4回の給食
Mag-on グレープフルーツ、梅 各1 280円+税
ショッツ・エナジージェルカプチーノ、コーラバニラ各1 240円+税

「ショッツ」は胸焼けがキツイのですが「カフェイン入りジェルは覚醒する」と自分に言い聞かせて摂っています。


■中間点過ぎ
塩熱サプリ(タブレット)
ショップ店員さんによると、かみ砕いて食べられるのこと。今回初使用です。
いつも「グリップ給水ボトル」にレプレニッシュを持参しているのですが、それが終わったあとに摂ろうと思います。


2016年1月の「大阪国際女子」で優勝した福士加代子が、レース後に「お腹いっぱい」と言っていましたよね。
途中でバナナやおにぎりを食べていたわけでもないのに、変なことを言うなと思った方がいるかも知れません。
あれは、スペシャルドリンクに「給食ジェル」が入っているためです。


上記の品を全部揃えて2,500円ほど。
決して安くない買い物ですが、マラソンを快適に走るために準備して、いいレースにしてください。


|

2016年2月20日 (土)

フリーゲージトレインを待つ在来線のロングレール

お盆を過ぎたばかりだが、冷房の効いた「みどり」車内は寒い。
来年は長ズボンにしよう

座席は[A]博多方に向かい右の窓際。
いつもは新鳥栖駅の全容が見える左端の[D]席をとるが、今日はいつもと違う[A]にした。
早岐を出て右手(南側)に、複線化するためと思われるスペースができている。
FGTによる新幹線「佐世保」乗り入れをにらんでいるのだな?と踏む。


「肥前山口」は長崎本線と佐世保本線が合流する駅。
かつて、ここで「みどり」と長崎から来る「かもめ」を連結してから「博多」を目指していた。

現在、連結運用はしていないが、ダイヤの優先順位がある。
長崎から来る先発電車の待ち合わせで、再びしばらく停車。
「かもめ」がたて続けに2編成、ホームに滑り込み、てきぱきと発車していった。
夜半に長崎に降った雨で「かもめ」に遅れがでていたのだ。
この時点「九十九島みどり90号」は、予定より6分遅れている。


肥前山口を出て、いつもとは「乗り心地」が違うことに気づく。
肥前山口までの「がたんごとん」というレールの継ぎ目を乗り越える音がしない。
広い佐賀平野の直線、滑るようになめらかに走る783系。
いつも以上にスピードが乗っていると感じる。




ここはロングレールなのか?
ここは、長崎新幹線が乗り入れるレール。
狭軌に新幹線を走らせる、日本で初めての区間となる。
開業まであと7年あるが、一足早くレールを新調したのかも知れない。


12:40
秋の「世界バルーンフェスタ」開催時のみ供用される「バルーンさが」駅を通過すると、疾走していたみどりがスピードを緩めたと思うと「佐賀」

着いたと思ったらすぐ発車
航空母艦における戦闘機のtouch and goを思わせる早業だ。
この時点で遅れは3分。

早くも、さっきより3分挽回している^^;
そしてさらに、ストレートなレールを急いで疾走して往く。

「佐賀」を出ると「指定席の空いた席は自由席特急券でもご利用になれます」という、いったいどこの国なんだ?というアナウンスが流れる。

佐世保方面から乗って来て、指定席料金を支払っている人からしてみれば、理解に苦しむ「サービス」であり、不評だった。

今日はそのアナウンスがない。
指定席が満席に近いと言うことなのか・・


12:57
新鳥栖着
A席からは、2011年にブルネル賞駅舎部門賞を受賞した駅舎の全容がみえない。

12:58
新鳥栖発車
となり駅の「鳥栖」はすぐそこ。
スピードを上げず、なだらかな同心円の左カーブを曲がると、右手にサガン鳥栖の本拠地「アメニティースタジアム」が見えてくる。

鳥栖は3分遅れの発車。


建て売りのグループホーム
はるだの駅で普通列車を待つ学生
車窓からそれぞれの暮らしが見える
かつて、よくドライブした国道3号線は今もそこにある。
変わらぬ平和と無事を喜ぶ。

竹下を過ぎて徐行に入ると、終点博多は目の前。
車掌のアナウンスが入る。
「通常通りの到着です」
って1分過ぎてますが・・

13:29
定刻から1分遅れで「博多」ホームに停止。
「九十九島みどり」は「みどり」より21分+1分も長く、大好きな電車の旅を楽しませてくれた。
来年また乗るかと言われたら、やぶさかではない^^;)
新幹線誘致に向けた静かな進化をうウォッチするという新たな楽しみもできた。

おわり

|

2016年2月19日 (金)

「みどり」と「九十九島みどり」 その違いとは?

11:14
佐世保発
「九十九島みどり90号」は佐世保から博多まで2時間14分が予定されている。
往路に乗った「みどり」の所要時間は1時間53分だったので、21分も遅い。

佐世保-博多間を走るJR在来線特急ダイヤは「みどり」
そのうち、お盆の臨時列車に命名されるダイヤが「九十九島みどり」である。

使用車両は「みどり」と同じ783系。
料金も同じ。
なにか一つくらい特別な趣向があるかと期待していたが、方向幕のダイヤ名まで、何もかもが「みどり」と同じだった。

違いと言えば、ホームの掲示板に表示されるダイヤ名、そして所要時間ということになる。




2013年5月6日
初めて「九十九島みどり」のダイヤ名で、九十九島みどり99号が運行された。
それ以来、GWやお盆に増発される佐世保始発のダイヤに冠されている。



前方に遠ざかっていく佐世保の街並み、いい眺めだ。
佐世保から最初の停車駅「早岐」まで、電車は後ろ向きに進む。
だから、景色が前方に遠ざかるのである。
早岐からは進行方向が変わり、今来た佐世保へは戻らず、Y字型の右手、佐賀方面を目指して出発する。


早岐ではいきなり10分停車。
ここから先は「単線」がつづく。
ただでさえ、待避時間が多いうえに、日頃のダイヤにねじこんだ臨時列車ゆえ、さらに待ち時間が長いようだ。

早岐駅には、にわか仕立ての新しいホームが増設されていた。


長崎新幹線は2008年4月、武雄温泉-諫早間が着工。
2022年開業を目指している。
使用する車両はフリーゲージトレーン(FGT)

「新鳥栖」(新幹線の駅)から「武雄温泉」までは、軌間を狭めてJR在来線を走る。
「武雄温泉」を出たところで、軌間を広げて新幹線専用軌道を「長崎」に向かう。


佐世保市のある「県北」はこの計画から、取り残されている。
ただし、FGTであれば在来線を通って「佐世保」に乗り入れることもできるはず。
当然ながら「複線化」や「線路強度の向上」そして「信号システム」などインフラ投資は必要だが、夢物語ではない。

新大阪発-ハウステンボス・佐世保行き
そんなダイヤができれば、地元にとっては夢が広がる。

早岐に停車した10分の間に、新ホームをみて、そんなことを考えていた。

|

2016年2月18日 (木)

アラブ会結成

みんなの光麺がやって来た。

「この話しましたっけ?」
同じ話を2度することほど、みっともないことはない。
だが、その話をこの相手にしたかを覚えていないことがある。

歳ですよ、トシ!
と簡単に片付けられるのには賛同できない。

もしかしたら、MCIかも知れない。
物わすれ外来を1度受けに往きたいと思う。


さてそれはどんな話かというと、家入レオがライブのアンコール前に「とんこつラーメンの汁」を飲むという話だ。

油分を摂ると喉によい。その反対に油分を取ると声は出づらくなる。
「だから、カラオケに行って烏龍茶を飲むのは最悪らしいですよ」
親戚がサントリーに勤めていたら、とても言えないようなことを言っているその場所は、恵比寿駅前のラーメン屋「光麺(こうめん)」

今日は新たに結成した「アラブ会」の皆さんと第1回歌合戦。
その腹ごしらえ会場に、とんこつラーメンを選んだわけだ。


アラブ会というのは、今年は「東京都下0系3本視察」「いすみ鉄道と小湊鐵道で往く房総半島半周の旅」でご一緒したアラブさん、サオリさんと僕。

いすみ鉄道の車窓からセイタカアワダチソウを見ている時に、3人とも「Mr.children」そして「カラオケ」が大好きであるということが判明したのだった。


さて、記念すべき第1回の歌合戦会場は「カラオケの鉄人」(以下=カラ鉄)
これまで定番にしていた「カラオケ館」の場合、1ドリンクに抑えても、3時間で1人2,500円かかる。
カラ鉄の場合、クーポンを利用すれば「フリードリンク」3時間で1人1,500円。

カラ鉄を選ぶ理由は、その安さだけではない。
1つの部屋で複数のカラオケが選べるのだ。


カラオケ店に入ると、いつもならば佐野元春「ALL FLOWERS IN TIME」の音源がある「LIVE DAM」を指名する。
しかし「LIVE DAM」の部屋が空いていない日は、2軒、3軒と違う店を探し歩かなければならない。
ところが「カラ鉄」の場合、端末に複数カラオケメーカーの選択肢が表示される。
人気曲の場合、複数メーカーの異なるバージョンが提案されて「本人映像」「生音」などから選べるのだ。


第1回のテーマは「Mr.children」を1曲以上歌うこと。
あとは自由。


この日のset list(●は僕)

Dragon Night
ロマンスがありあまる●
シーソーゲーム

RPG
プレゼント●
Period

終わりなき旅
麦の唄●
列車戦隊トッキュージャー

生物学的幻想曲
名もなき詩●
ウィーゴー

時の流れに身をまかせ
Everybody needs somebody●
やつらの足音のバラード

Fight Music
ボヘミアンラプソディー●
筋肉マン Go Fight
夜空ノムコウ
約束の橋●
瞬間センチメンタル

PLAY
宇宙刑事ギャバン
蝋人形の館●

さよならの向こう側
さよなら●
again

天使と悪魔
Starting Over●
サボテンの花

ラララ
15の夜●
歓送の歌

Progress
東京VICTORY●


ご覧の通り、アラブさんは「アニソン(anime song)」サオリさんは「SEKAI NO OWARI」のファンである。
できれば人には「サプライズ」を仕掛けたい。
いつも、そう考えている。
この日のために、2ヶ月かけて練習した「プレゼント」に、サオリさんが「歌い込んでますね!」と言ってくれて安堵したのだった。


チェックアウトカウンターで、中国人の爆買いレシートか?と思うような「今日歌った曲」のレシートをくれた。
これからは、自分でメモを取らなくて済む。

|

2016年2月17日 (水)

自分はこういうタイプです

「昭和」という時台が安定的に続いていた頃、僕は社会に出て営業職に就いた。
父親からは「死ぬ気で働け」と言われていたが、そう言われなくとも働くことは快楽に満ちていた。

学校にいた頃、日々の「勉強」は苦痛でしかたなかった。
それに比べると「会社」というところでする「仕事」というのは、なんと楽しいことか。

歳を重ねた今ならば「日々の目的が明確」であるとか「努力した分だけ定量評価される」といった理由を挙げられるが、その時は拙い言葉だが、ただただ「楽しかった」
まるで、餅つきイベントに参加した小学生が、NHKにマイクを向けられた時のように。



「自分は大所(おおどころ)で勝負するタイプです」

そんな僕に立ちはだかったのは、2年先輩のこんな言葉だった。
僕の仕事はといえば、ただひたすらに多くの販売店を訪問する。
訪問できない日は、電話をかける。

「営業スタイル」「どぶ板営業」そんな言葉は知らなかったので、これこそが営業というものだと思っていた。
地道な努力は実り、担当していたエリアからは、かつてない数字が挙がっていた。


その日は月に一度の販売会議。
支店長が僕の営業月報をかざしながら評論する。

「彼は新人だがよく頑張っている。接触店の裾野も広がっているし、こうして数字が出ている」

支店長は「どや顔」で新人の活躍を持ち上げると、返す刀で先輩に「どう思う?サトウ」と水を向けた。
サトウ先輩は即座にこう返した。

「自分は大所(おおどころ)で勝負するタイプです」


大所とは事業規模が大きく、販売金額がより多く見込める販売店のことだ。
先輩のサトウ氏は、大所の社長の懐に入り、大量受注を得る。
そこで大きな数字を捌けば、小口の販売店は相手にしなくても、ノルマをクリアできる。
それが自分の「スタイル」であり、自分はそういう「タイプ」の営業マンだと言い放ったのだ。


社会に出たばかりだった僕は、この言葉を聞き、彼に落胆した。
尊敬の念はここで失われ、二度と戻ることはなかった。
好き嫌いは元に戻ることがあっても、尊敬の念というのは元には戻らないようだ。


営業スタイルは、任されている市場により異なる。
そもそも「大所」が存在しない、小さい市場だってある。

また営業スタイルは、経験により進化していくものだ。

小口を「どぶ板」で回るには、努力する才能が必要だ。
そうした時代を経ずに、大先輩を真似て、いきなり「大所で勝負するタイプ」を目指す。
数十年後、その人にいったいどんな力が備わっているだろう?

高い学歴を引っさげて入社し「選ばれし者」としてのレールを歩めば「努力する才能」はなくとも、世の中を渡っていけるかも知れない。
だがそれを、後輩相手に見得を切ってどうする?

当然だが、彼の言葉を無言で聞き流した。
いや、もしかしたらお愛想で「そうですね。僕もそうなれるよう頑張ります」くらいは言ったかも知れない。


長い営業生活のなかで「大所で勝負するタイプ」と自称する輩が、もう1人いた。
スズキ君は大口の販売店を任されており、その売上げだけで「仕事の格好が付く」立場だった。

スズキ君は毎日、事務所に居た。
他の営業が出払った後も、1人だけパソコンに向かっていた。
夕方になると、大口販売店に出かけるか、先方の社長が支店にやって来る。
スズキ君は「社長、今日は大トロ、行きましょう!」などと支店じゅうに響きわたる大声を残して出かけていくのが常。
彼はその後、大変な苦労をする時代を迎えた。



誰がどんなタイプを目指そうが、他人のことは関係ない。
誰も、他人がどんなタイプか?という興味を持っていない。
自分がどんなタイプを目指そうが、そんなことは黙っておくもので、他人に見得を切ることではないのだ。


「自分は褒められて伸びるタイプです」
と言った時点で、多くの同僚から尊敬の念が失われ、恐らく二度と戻らない。

|

2016年2月16日 (火)

佐世保から東京へ買って帰る食べ物

佐世保にはハウステンボスがある。
2015年は「TDL」「USJ」に次いで、テーマパーク集客数第3位に上がった。
2位の「USJ」とは大差があるが、佐世保という位置に鑑みれば大健闘といえる。

「TDL」には関東圏
「USJ」には関西圏
という大市場=大きな人口がある。
ハウステンボスにはそれがない。

東京からは960km
等距離を北に引くと「旭川」とほぼ等距離。
旭川にあるレジャー施設と地の利は同じということだ。


ハウステンボスの発展はめざましく、もう「復活」をとうに通り過ぎている。
次々に新機軸が打ち出されるが、1年に1度来るくらいではとても着いていけない。
なんとか着いて行けそうな「カステラカフェ」で、いつもの友だちと旧交を温める。




猛暑の中、アイスコーヒーと冷やしたティラミスはとても美味しかった。
来年もまた彼の笑顔が見たい。




旅も終盤となり、お土産の確保にはいる。
お菓子は同僚に人気が高い「ぽると」
佐世保でしか買えないところがいい。
今年は「まごコロぽると」というミニ版が発売されていた。

■6個入り540円 12個煎り1,080円
■発売:2015年3月20日


従来のぽるとは会社の手土産にするには単価が高かったが、まごコロぽるとは1,080円で12個入っているので、数量が必要な会社の手土産として好適。
専用のパステルドット・パッケージは若年層向けの土産として映える。




後日談を書くと「まごコロぽると」は会社用としてはよかったが、自家用としては少々物足りず、結局いつも1度に2つ食べていた。


毎年恒例「サンポー焼豚ラーメン」チェック。
今年は「ねぎ」が出ていた。







ネギの香りが立ち上って、これもまた美味い。
今年は「ネギ」を多めに買って、宅急便に詰めた。


帰京の日、姉がクルマで佐世保駅まで送ってくれる。
佐世保駅とは少し離れているが「五番街」で下ろしてもらった。
特急「みどり」でロンサンドを食べようと思ったからだ。
ちょうどこの夏から、五番街のエレナでも売り始めた。
だが残念ながら、この日は入荷しない日だった(つまり「ロン」の定休日)

「みどり」車内で食べる「ロンサンドベーコン」は格別。
できれば、佐世保駅構内での販売が復活して欲しい。

復活と言えば「松僖軒」がなくなって以来途絶えていた佐世保名物駅弁「レモンステーキ弁当」が匠庵(しょうあん)によって復活していた。
以前「松僖軒」があった場所で売られている。

「九州産黒毛和牛使用」とあった。
1,200円+税




博多までのダイヤは「九十九島みどり」783系
また来年!佐世保の緑と青空が見送ってくれる。
この夏の愛読書「村上さんのところ」を読みながら、帰京の途についた。

|

2016年2月15日 (月)

「図書館戦争」の題材となった伊万里市民図書館は、ここで過ごす図書館

2014年夏は「武雄市図書館」でほぼ一日を過ごした。
その時、来年行こうと決めていたのがここ「伊万里市民図書館」だった。




佐世保からは国見峠を超えて小一時間で着く。
2008年に国見有料道路が無料の国見道路となったので、交通費はガソリン代だけだ。


ここは「図書館の自由に関する宣言」を掲げる図書館。
入口すぐに掲示される「図書館の自由に関する宣言」は、岡田准一・榮倉奈々主演で映画化された小説「図書館戦争」の題材となった。




従前の伊万里市立図書館が手狭なため、市民運動により設立された。

1993年2月26日
起工式

1995年7月7日
開館

2015年7月7日
20周年 訪れた日は、入口にケーキの手作りオブジェが飾られていた。


毎年2月26日は「めばえの日」と呼ばれ、市民がぜんざいを持ち寄り、図書館の誕生日を共に祝う。


伊万里市と周辺に住む住民、通勤者が貸出カードを作ることができる。
去年訪れた武雄市図書館は誰でも作ることができたが、全国的にはその方が珍しい。
全国の公的図書館がそうであるように、誰でも入館して本を読むことはできる。


入口を入ってすぐ左。
椅子が並ぶスペースで老人が高校野球に見入っている。
図書館でテレビが置いてあるというのは、初めてみた。


左奥に進むと「のぼりがまのお部屋」
伊万里と言えば陶器の町。
図書館に「陶器を焼くのぼり窯をかたどった階段状の空間」が設えてあるのだ。
ぜひ中に入りたかったが、ちょうど室内で「ウルトラマン」の上映中。子ども達の嬌声が聞こえたので遠慮した。


正面を奥に進むと自習室。
夏休みだから中高生で満席・・かと思ったらそうでもない。
そこから眺める庭は涼しげ。
緑が足りない都会人にはたまらないが、地元の人にとってはありきたりかも知れない。

さらに進むと靴を脱いで上がる畳の座敷。
ここは高年齢者でほぼ満席。


DVD観賞ブース
お話コーナー
授乳室
CD貸出

図書館にありそうなものは何でもある。
だが、ほかの図書館とはなにか違う。
しばらくいて出した結論は、ここ伊万里市民図書館が「ここで過ごす図書館」ということだ。

平成26年度
登録者 39,863人
年間貸出点数 486,051
2015/3末伊万里市人口 56,571人


入ってすぐは照明がやや暗く感じがが、すぐに目が慣れた。
読書灯は暖かい光で目に優しい。

ここの特徴は、とにかく椅子が多いことだ。
試しにいくつか座ってみたが、クッションが効いていて座り心地は悪くなかった。

そして最後に、他にない特徴はガラス張りの館長室。
東京都の図書館では、利用者から見える館長室を見たことがない。
希望すると、館長と読書談義?ができるらしいが、畏れ多いので遠慮しておいた。

|

2016年2月14日 (日)

1度は走りたい福島県のマラソン「いわきサンシャインマラソン」本日開催

2015年2月8日 いわきサンシャインマラソン

「マラソン講座」は全国47都道府県のマラソンを制覇することを目標としている。
まだ途についたばかりだが、それぞれ「この県を走るならばこの大会」と決めている大会がある。
福島県の場合は「いわきサンシャインマラソン」がそれにあたる。


「いわきサンシャインマラソン」は、福島県いわき市で行われる冬マラソン。
毎年2月の第2日曜開催。
2016年は今日、2月14日に第7回大会が開催される。

いわき市は福島県の南端、太平洋に面している都市。
マラソンコース上、最も福島第一原発に近い地点は直線距離で45km。十分に距離が離れている。


大会は2010年に始まった。

2010年2月8日
第1回開催 参加費5,000円

2011年2月13日
第2回 エントリー4,197人 晴れ 3度

2012年2月12日
第3回は東日本大震災の影響で、開催可否を検討した末「開催」を決定。
2011年10月21日~11月21日にエントリーを受付。
11月7日、定員に達して予定よりも大幅に早く締め切った。

2013年2月10日
第4回開催。定員が1,000人増えて5,000人となった。
参加費は5,000円で据え置き。

2014年2月9日
第5回開催 定員7,000人 エントリー開始9月2日
およそ5,000人がエントリーしていたが、積雪のため当日6時に中止決定。

2015年2月8日
第6回開催 定員7,000人 参加費は5,000円 エントリー開始9月1日

2016年2月14日
第7回開催 定員7,000人 参加費7,500円
エントリー期間9月1日~10月16日
値上がりが効いたのか参加者が伸びず、10月29日まで受付期間を延長した。


スタートは「いわき陸上競技場」
福島県いわき市平下荒川字南作

いわき陸上競技場を出て海へ向かって走る。
海岸沿いを走って小名浜港アクアマリンパークにゴールする1ウェイコース。

コースと共に「制限時間:6時間」というレギュレーションも、第1回から一貫して変わっていない。


マラソンを切り口に見た場合、福島県は特異な県だった。
以下に記す4つの「マラソン」を開催しているが、そのうち2大会が「42.195km」よりも長い距離との併催だった。
マラソンに加えて「ハーフ」や「10km」を併催する大会は、全国どこにでもあるが、長い距離と併催するのは珍しい。


2月 いわき市
いわきサンシャインマラソン

5月 郡山市
郡山布引高原風の谷ウルトラマラソン
100、82、60km競技と4種目併催

7月 耶麻郡猪苗代町
猪苗代湖フルマラソン

10月 福島市
湯のまち飯坂・ふくしまマラソン


2016年からは(2015年までの)「磐梯高原猪苗代湖マラソン」がマラソンを最長距離種目とする「第1回猪苗代湖フルマラソン」となり、長距離併催率が下がる。


冒頭に書いた「いわきサンシャインマラソン」を走りたい理由は、ランナー仲間がこの大会を気に入り、毎年走りに行っているためだ。
明日帰って来たら、どんな雰囲気の大会なのかを詳しく聞いてみたいと思う。

今日のいわき市がランナーの皆さんにとっての「好天」に恵まれることを、お天気の神様にお祈りしています。

|

2016年2月13日 (土)

定年退職を迎える人がやらなくてよいこと

「立つ鳥跡を濁さず」
立ち去る者は、あとが見苦しくないようにすべきであるという諺で、退き際が潔いことのたとえである。
(「飛ぶ鳥跡を濁さず」も同意)

日本では大半の企業が60歳定年制度を敷いており、59歳の人に対して、後輩は退き際のよい振る舞いを求めている。
「旅の恥は掻き捨て」とばかりに、好き放題な振る舞いは見たくないものだ。



サラリーマンとして、ラスト1年を切ったら。
まず、考えなければならないのは「他人の仕事の邪魔をしない」ということだ。

手に職を持つ人に多いのが「作り話トラップ」
限りなく可能性がゼロに近いことを、あたかも必ず起こることのように話すのが「作り話トラップ」
専門知識がある人だけに、周囲があからさまに反論できないのをいいことに好き放題。
ずっと、後輩は苦々しく思ってきた。

59歳のスタッフ職は、もう八面六臂の活躍を期待されてはいない。
他人の邪魔をしたり、不愉快な思いをさせるくらいならば、窓際に椅子を置いて、お昼寝していた方がよい。
そういう人が余生をのんびり過ごしていても、周りは咎めないものだ。



いよいよ、出勤最終日。
「実は、今日で卒業なんだ」
と言って、あちこちの部署を巡回する人がいる。

いつもは滅多に顔を見せない「59歳」のサトウさん。
優秀なミッドフィールダーのように、あたりをきょろきょろ見回しながら歩いてくる。
「挨拶できる人はいないかな?」と探しているのだ。

息のかかった知り合いを見つけると、間もなく定年退職であり、有休消化に入るから、出社は今日で最後だという説明を始める。
隙を与えると、調子にのって「君と僕との思い出」を語り始めることもある。


人は誰もが基本的に優しいので、去りゆく人をむち打つ人はいない。
「え゛そうなんですかっ」
少し大げさに、その別れを惜しんでみせる。
でも、日頃から音信が途絶えている人に、それほどシンパシーがあるわけがない。




そもそも、挨拶に回る必要はないのだ。
本当に惜しまれている人は違う。
「サトウさん、今日までらしいよ。今7階に行けば会えるよ」
そんなクチコミが伝わり、相手の方からお別れの挨拶に来る。


誰も来てくれないから、こっちから来ましたというのは、見ていてとてもわびしい。
本人としても、挨拶に行ったのに、愛想のない顔を見せられたり、目の前で逃げられたら辛いだろう。
職場の朝礼などで、簡単な挨拶をさせてもらえたら、それで十分だと思う。

後輩のためを思うならば、仕事の邪魔をしないことだ。

あれ?サトウさんいつの間に居なくなったの?
お別れくらい言いたかったな。
それくらいで、ちょうどいいのである。


|

2016年2月12日 (金)

「あんでるせん」のテレポーテーションは成功しているのか?

この店の「カレー」や「ハヤシ」は「レトルト食品ではないか?」とネットで喧伝されているが、そんなんどうでんよか。
だがサンドイッチだけは、そんな疑念がはいらない。
ゆで玉子が粗く入っていて、とても美味しかった。
こういう時、若い人ならば「ふつーに美味い」と言うのだろう。




皆の食事が終わった頃、幸せな緊張が店内に張り詰めている。
「早めにトイレを済ませてくださいね」と奥様が声をかける。
ショーが始まる前に、各自がレジに立って食事の清算を済ませる。


奥様の仕切りで観客席の設営と整列。
カウンター席は椅子に座っていられるが、2列め以降は「立ち見」
椅子に座っていれば、楽ちんかと言えばそうでもない。
肩越しに後ろの人がステージ(カウンターの中)を見るために、左右に動けないのだ。

少しでも椅子をずらすと、すぐに奥様から「椅子を動かないでください」と指導がはいる。
従って、ほとんど身じろぎもできないに等しい。
病み上がりの身体で、長丁場に耐えられるか不安が募っている。


14:30
準備万端整ったところにサイキック店主が登場する。
今回は過去2回と較べると、進行が遅かった。
客が自由に注文するから、作るのに時間がかかったのかも知れない。

こうして見ると、あぁこういう顔だったなと思い出すのだが、半年も経つと「Mr.オクレみたいな顔だったよなぁ」くらいにしか思い出せない。
もしかすると、記憶を消されているのではないか^^;)


病み上がりだという意識が過剰だったのか、ショーの途中に気分が悪くなった。
ここで倒れると、店主は心配するだろうし、他の客は興ざめだろう。
場の雰囲気を壊すまいと、OS-1ゼリーをこまめに摂りなんとか3時間の長丁場を乗り切った。
正直なところ、早く終わらないかと考えていた。


客がちぎったトランプの破片をテレポーテーションで、その客の自宅に飛ばすという趣向がある。
あの人の家には、そのトランプが届いているのだろうか?
1度、トランプをちぎる役に選ばれたいと思う。


「量子テレポーテーション」の研究では、1996年に古澤明が世界初のテレポーテーションを成功させている。
しかし彼が目指すのは「モノ」の移動ではない。
「光と鏡で作りだした量子に電圧をかけて、もう一対の量子を作る」ことである。


モノのテレポーテーションは、量子物理学では立証の途にもついていない。
ここ「あんでるせん」のマスターはそれをやってのけるという。
それを、僕の目で検証したい。


量子論では「宇宙は心を持っていて人の心を読み取り、その願いを実現する」ことを科学的に立証している。
ここ「あんでるせん」で、何かが見えてくるか否かは、心を開くことができるかがポイントなのだろう。


過去2度、ショーはおよそ2時間半程度だった。
いつも通り、店主が曲げたスプーンを手に店を出たのは17:30。
去年より1時間遅い。
(この3年、16:00→16:30と段々遅くなっている)


3時間という圧倒的な「現実」を見せられて、同行した2人の親せきはとても喜び、夜は「浜かつ」で美味しいとんかつをご馳走してくれた。

「きっと何か仕掛けがある」とか「前もって客の情報を調べたんじゃないか」といった、ひねた方向に話がいかず、少しほっとした。

来年もまた来たい。
果たして親せきは「また行きたい」と言ってくれるだろうか。
それとも「1回見たら十分」と言うだろうか。

|

2016年2月11日 (木)

3年連続3回めのサイキックマジック「あんでるせん」

川棚も 昔と今じゃ かわったな

この町を訪れた観光客は、この川柳を口にしなければならない。
そう川棚町条例で決まっている。
わけないが、とにかく今年も川棚にやって来た。


長崎県外にお住まいの皆さんは「川棚って何処???」
と?マークが3つくらい灯いていると思うので、ここで川棚について説明しておこう。


村上龍が「日本のエーゲ海」と讃える風光明媚な大村湾に面している。

・・・

と言ったきり後が続かない
(ここで、こっそりぐぐってみる)

「孔雀荘」「しおさいの湯」
となりの市に住んでいたが、昔はそんな名前聞いたことがなかった。


やはり、川棚といえば「あんでるせん」だ。
温泉や海水浴、キャンプ場ならば、全国どこにでもある。
キレイな海も、のどかな山も。

だが「あんでるせん」だけは、日本中のどこにもない。
ここだけにあるのだ。
そんな希少価値だというのに、川棚町観光サイトでは紹介されていない。
(ページ内検索でヒットしない)


デニッシュが有名なパン屋さんではない。
あちらは広島市が本社である。

「あんでるせん」は日本で唯一「四次元マジックパーラー」を名乗る喫茶店である。
その名はクチコミだけで、全国に轟いている。
いわゆる知る人ぞ知る存在。
全国から「不思議なもの」「怪しいもの」「超常現象」「サイキック」愛好者が集う。

店内に入ると壁じゅう、所狭しと芸能人のポラロイド写真が貼ってある。


♪帰りたくなったよ~♪

これが千葉県や神奈川県にあるのならば、さもありなんだが、ここは日本の西の端っこ。
福岡空港に降りて、電車を乗り継いで来ると3時間以上かかる。
長崎空港に降りて、バスに乗っても小一時間はかかる。
そんな辺鄙な何もない(川棚の皆さんスミマセン)町に、全国からここを目指して人々が押しかけている。

これこそが「オンリーワン」最強の観光スポットである。


「あんでるせん」に来るのは3年連続3回め。
マジック(というよりサイキック)ショーは、大筋でいつも同じ内容だが、何度見ても大きな驚きがある。
去年までは1人寂しく見ていたが、今年は親せき2人を誘い、3人でカウンター席に陣取る。

僕がショーを見て驚くこと以上に、親せきがどのような反応を見せるかが楽しみで仕方ない。
僕がサイキックをやって見せるわけではないが、2人が驚けばそれはなんだか僕の手柄のような気がするのだ。


11:00開店(集合時間)
お盆ウィークのこの時期、来客はすべて「予約客」
電話予約の際「集合時間に遅れないように」と釘を刺されている。

シャッターが開くと、ぞろぞろと階段を上り二階の店へ。
この時、早く入ろうが遅く入ろうが関係ない。

事実上、事前予約で決まっている所定の席に着き、食事メニューを注文。
カレーライス、ハヤシライスと来て今回はミックスサンド。
厨房に1人立つのは、サイキックな店主自身。
この時点では、表に姿を見せていない。
最初の2年は、手間がかかる品は避けていたが、周囲を見渡すと自由にミックスサンドなどを注文していたので、今年は遠慮なくサンド+アイスコーヒーにいった。

カウンター客は座ってみられる特等席であることから、食事+ドリンクの注文を求められるが、求められなくてもそれくらいはお金を払いたいと思っている。

つづく

|

2016年2月10日 (水)

佐世保一辛いカレーブラックで褒められる

佐世保に帰ってきて最初のお目当ては、今回初めて行くカレーの「ブラック」
友だちの中村君が、僕に佐世保ならではの土産を頼もうと思ってネット検索したところ、カレーのブラックが1番上に出てきたのだという。


ブラックは、佐世保では一番辛いと評判のカレー屋さん。
と言うより、自らそう名乗っている。

店は四ケ町アーケードの佐世保駅寄りのはずれにあり、アーケードからも見える位置。
その曰くありげな佇まいに惹かれ、店を遠巻きにすると「佐世保で一番辛いカレー」の看板。
数年前から気になっていたのだが、1人では入る踏ん切りがつかない。
だからこそ、中村君からの指令は、まさに渡りに船となった。



佐世保市下京町3-4
24時間営業 不定休
33席


歴史のある店に初めて訪れる時、人は誰でもaway感を抱く。
しかも一人客。
一眼レフを持っていて、十分怪しい。
従って、カウンター席の1番手前に遠慮がちに座る。


「どちらからですか?」
いかにも、ブロガー然としているからか。
東京からです。と応えると軽く驚いてくれた。
(でも、里帰りなんですけど)


看板メニューは「ブラックカレー激辛カレー」
もちろん、それを注文する。
少しでも辛さが緩和されるのでは?と期待して「玉子」をトッピング。
カレー屋さんだが、メニューにはあらゆる"喫茶店献立"が載っていた。



カレーの黒さは生きたイカのスミ。
はじめは緊張していたせいもあって、さほど辛くない。
だが、舌を通過するカレーの量が増すほどに、腔内が辛さでしびれてきた。
この写真を見ると、半年過ぎた今でも、あの辛さが脳内に蘇ってくる。


日頃、辛さには強いと自負していて、CoCo壱番屋では「6辛」を食べたことが自慢だ。
それでも食べ終えて、通常の感覚に戻るまで数分かかった。
店員さんに「早い方ですね」と褒めてもらう(多分)
やはり、何であろうと褒められると嬉しい。


店主によると2015年で39周年。
「激辛カレー5皿挑戦、水無し、20分以内無料」は通算で84人が成功しているという。
1976年からここにあったことになるが、これまで一度も来たことがなかった(と言っても大半の店がそうだが)


中村君からのミッションである「レトルトがあったら買って来てください」は、店に入った瞬間に諦めていたが、念のために尋ねてみる。
案の定、製法は極秘なのでレトルトなどは作っていないとのこと。
「でも、東京に帰る時、前もって言うてくれたら冷凍で用意しますよ」
と言ってくださった。

秘密の方はいいんですか?
と言いそうになったが、心に仕舞った。


また一つ、佐世保に帰る楽しみが増えた。
来年はカツでも乗せて、カツカレーにしてもらおう。

そういえば、1年前と変わったこととして、シュークリームのオブジェでお馴染みの「蜂の家」がなくなっていた。
親友に取材したところでは、サンプラザに移転したらしい。

|

2016年2月 9日 (火)

村上龍が言うほど、佐世保は衰退していない。

ホームに上がり、車両基地の方角を見やると
全部、N700
東海道かっ
とツッコンだ。

ホーム(博多方)先頭まで行くとそこには「N700R(S)」
JR西日本保有が「N700S」N700系7000番台
JR九州保有が「N700R」N700系8000番台
この位置からでは、編成記号は読み取れないので、どちらかはわからない。

保有会社が遠目からでもわかるのは「700系」のみ。
先頭車運転席側面に「JR700」の文字があれば「JR西日本」保有。なければ「JR東海」保有である。

そして右側に西日本のスター「500系」
「500系」を見られてこそ、ここに来た甲斐があろうというものだ。




13:47
博多南線博多行きにアサインされたのは「レールスター」
博多からやって来て折り返す。
乗車した3号車の乗客は僕1人の貸し切りだった。


14:32
博多発→佐世保 みどり15号

16:25
佐世保着


九州の陽は長い。
お盆前のこの時期だと、この時間はまだ真っ昼間だ。

駅の裏から出て五番街へ。
五番街のバルコニーから港を見下ろすと、違和感のある物体が飛び込んできた。

でかっ
いつの間にこんなでかい客船が着くようになったんだ?

しらべると、2015年4月に三浦岸壁で水深や岸壁幅を拡張する浚渫工事が完了。
大型客船が接岸できるようになったという。
同時に入出国手続きを行う国際ターミナルが供用を開始していた。


佐世保北高出身の村上龍は「おしゃれと無縁に生きる」の中でこう書いている。
(以下引用)
わたしの故郷・佐世保に帰省すると、街の変わりように愕然とする。子どもの姿がなく、歩いているのはほとんどが老人だ。地方の現状はだいたい似ている。
(引用おわり)

恐らく盆・正月といった帰省した人が多い時期ではない閑散期に帰省して、子どもが学校に行っている時間にアーケード街を歩いたのだろう。

とても佐世保の現状が、衰退したいくつかの地方都市と似ているとは思えない。
本当に衰退している街には、大型客船は入らないし、巨大テーマパークなどないものだ。


1年に1度帰って来ると、街の変化に目が停まる。
それが衰退だったら哀しいし、発展だったら嬉しい。


五番街から四ケ町へ歩き、ロンサンドを買って帰る。




この美味しさで350円。
これが通勤途中のコンビニで売られていたら、年間100回は買うと思う。

つづく

|

2016年2月 8日 (月)

「WRJ新春ランニング感謝祭」第17回開催

2016年2月7日<日>
恒例の「WRJ新春ランニング感謝祭」第17回大会が開催された。

前日の曇りから一転、当日は抜けるような青空が広がった。
自宅を一歩出たところで、お天気の神様に感謝すると同時に、冷たい風に嫌な予感が走ったランナーも多いだろう。


「WRJ新春ランニング感謝祭」は毎年2月の第1日曜に、川崎市の古市場陸上競技場スタート/ゴールで行われるハーフマラソン。
「5km」「10km」レースも併催される。

主催する「WRJ」は走ることで飢餓の終わりに貢献しようというNPOである。


 概要
■大会正式名称
第17回 ワールドランナーズ・ジャパン(WRJ)新春ランニング感謝祭

■開催日
2015年2月7日(日)
2012年大会より、2月の第1週開催となった。
例年、2月7日頃は雨が多いのだが、この日はお日様に恵まれた。

■制限時間
2時間45分
ただしレース停止の措置はとられない。

■参加費
3,000円
2013年までは2,000円、2014年から2,500円、そして今年は500円値上がりした。
元々低価格で出場できる気軽な大会だったが、徐々にいい値段になりつつある。
経費を差し引いた収益は慈善事業に充当される。

■定員
2,000人


【 時系列の記録 】

2015年9月17日
過去の参加者に郵便DMが届いた。

2015年9月18日
RUNNETとスポーツエントリーでエントリー受付開始。
受付締切は1月15日だが、定員いっぱいになることはなく、締切後も事務局に連絡をとるとエントリーできるようだ。

2015年11月27日
過去の参加者に案内メールが届いた。

2016年1月中旬
ナンバーカード、資料がメール便で届く。

2016年2月7日<日>
9:00-10:00 受付 *前日受付はない
10:30 号砲
13:00 閉会式 抽選会
13:15 レース終了(制限時間)

例年どおり、ゲストでM高史が参加した。


11時現在の気候は「晴れ」
気温:6度
懸案の風はやはり強く、上流から下流(河口)へ向かう風6m

古市場陸上競技場から等々力までが向かい風。
等々力の折り返しから古市場陸上競技場に向かう区間が追い風。
(ハーフマラソンは古市場⇔等々力を2往復)
ただし、砂塵が舞うほどの風ではなかった。


給水は5km毎。
新幹線・横須賀線のガードからやや南に給水所がコース左右に設けられた。
おなじみピンク色のジャンパーを着た大会スタッフは、往路ランナーが来る時は往路側、復路のその時は反対側と、移動して給水に当たっていた。


タイム計測は前年同様、リストバンド方式。
これはセンサーではなく、ゴール後、ランナーが機械にタッチしなければならない。
大会スタッフが「リストバンドをタッチしてください!」と連呼し続けている。

この方法では、ランナーはゴールを駆け抜けることはできない。
複数のランナーが同時にゴールする時は、順番を待たなければならない。
これだけは、違う方法にした方がよいと思う。


出場した皆さん、納得のレースになったでしょうか?
おつかれさまでした!


|

2016年2月 7日 (日)

春日原からバスでAvenueへ

楽しみにしていた「旅人」の短い旅を終え、春日原下車。
西鉄「春日原」の駅から「博多南駅行き」バスが出ている。
「博多南」は、新幹線の車両基地への引き込み線を通勤新幹線とした「博多南線」唯一の駅である。

改札を出て階段を下り、駅の裏手に回ると、ちょうど「博多南駅行き」が出ようとしているところ。
慌てて飛び乗った。
九州にいる時の習慣でつい整理券をとってしまったが、Suicaも使えるみたいだ。

目的地は途中のバス停「小倉新地」
その真ん前に、30年来行きつけの店「Avenue」がある。



始発の飛行機で東京を出てきたので、まだ開店の11時には間がある。
iPhoneの気温は優に30度を超えている。
バス停にはグリーンのいかしたベンチがあるが、ここで待つのはきつい。
今流行の熱中症になってしまいそうだ。
まだ開いていないよな・・と思ったら、既にマスターが仕込みの真っ最中だった。


準備ができるまで、お水をもらって過ごそうと思っていたら、いつもの「ダッチ」を出してくれた。

水出しコーヒーが一般的になる数十年前から、彼はカウンターに水出しの設備を設えていて、
いつもこれを頼む。

準備できてからでいいけん、あとでカレーば。

その土地に来て、その土地に住む人と話すと、今でも昔使っていたその土地の言葉が自然と口をついて出る。

大阪の人のように、それを相手構わず、何処ででも使えるようになれば楽しいと思う。
これまでは、よその土地で話してもいい方言は「大阪弁」だけだった。
だがここ数年は、Rev.from DVLなどの博多アイドルが「博多弁」を公言するようになり、博多弁も好意的に受け容れられるようになった。

方言スイッチを自在に入れることができたら楽しいだろうな。と考えていたらマスターのカレーが来た。

開店間もない店内はマスターと僕の2人きり。
マスターはいつも以上に話してくれるのだが、たくさん話すときつい。
まだ、体力が戻っていないのか?


1年に1度、ここへ帰って来て、マスターの顔を見て、昔の常連たちの近況を尋ねる。
帰る場所があるということが、その街に来る動機付けになる。
今ある帰る場所が、いつまでもそこにあるとは限らない。
いつかなくなると思うと儚い。
だから、こうして大切にしたいと思っている。


再び路上へ
店を出て数分で、すぐに汗が噴き出てくる。
これだけ暑いと体力に自信がなくなる。
「小倉新地」のバス停からバスに乗ると、15分ほどで「博多南駅」に着いた。

博多までは特急料金込みで290円。
ダイヤは1時間に1本きり。
改札前には待合所があるのだが、冷房設備はなく、とても長くはいられない。


時間を潰すために、廊下を渡って駅前の商業施設へ。
ほとんど人けがないのはいつも通りだが、雰囲気が少し違っている。
いくつかの貼り紙によると、那珂川町が業態再編のためにテナントに立ち退きを求めているが、テナント側がこれに反発している。ということらしい。


次のダイヤまでまだ20分ほど時間があるが、ホーム上で待たせてもらうことにする。
ダイヤは1時間に1本のため、その間は自動改札が通れない。
写真を撮りたいからと申し出て、対面改札にしてもらった。
この場合、博多駅では自動改札を通れないので、有人改札を通る必要がある。

わずか数段の階段を上る。
さて今日は"何系"がいるだろうか?

つづく

|

2016年2月 6日 (土)

観光列車「旅人」に乗って開運カードをもらう

さてここはどこでしょう。

奥に見えるのが線路で、旅の出発点となるターミナル駅です。
ロフトの看板が見えるので、東京の何処かかと思うかも知れません。

1時間ほど前に福岡空港に着き、地下鉄に乗って旅スイッチが入ったところ。
福岡市営地下鉄「天神」駅を降りて、地上に上がり、さらに昇ったここは西鉄「福岡」駅。

福岡市のJR主要駅は「博多」
街の中心、繁華街の天神にあるのが「福岡」駅なのです。
今日は「旅人」に乗りに来ました。


旅人(たびと)は西鉄福岡駅と太宰府駅を結ぶ観光列車。
日中は太宰府⇔二日市を折り返し運転しているが、朝の1番列車だけが「福岡」駅に入線するのを狙ってきたのです。

通常ダイヤなので、運賃は普通料金と同じ。
予約などは要りません。

特徴は6両それぞれが、異なる「開運」をテーマにしていることです。

外装は太宰府の観光名所をラッピング。


内装は6種類の開運文様。
 1号車:縁結び
 2号車:家内安全
 3号車:安産(スタンプ台がある)
 4号車:厄除け
 5号車:健康長寿
 6号車:学業成就


2014年3月22日
運行開始。
この日、西鉄では福岡-太宰府間の急行運行を始めた。

2015年
運行1周年「旅人ツアー」に36組を無料招待



ホームに出ると、小郡行き電車が停車中。
まだ、この車両が走ってるのかぁ
社会に出てすぐの頃、通勤で使っていたままの車両。
もう、とっくに引退して、ステンレスが光るような新型ばかりなのかと思っていた。


待つこと15分
入線してきた「旅人」は、普通に人が乗っていた。
<上り>営業運転「福岡行き」として福岡駅に入線するのである。


毎日9時46分に福岡(天神)を出発
急行太宰府行き

学業成就の6号車に乗り込む。
各号車後方左側に、その号車テーマにちなんだ「開運カード」が置いてあり、自由に持ち帰ることができる。
1人何枚までとは書いていないが、常識的な範囲だけいただいた。


福岡駅で「旅人」を撮影して、少しだけ乗車もしたい場合、最初の急行停車駅であるとなり駅の「薬院」までひと駅乗って、上り列車で折り返せばよい。
今日は「春日原」まで乗ることにした。

つづく

|

2016年2月 5日 (金)

全員へ返信する人たちがいる会社

●「人となり」見分けポイント2
「全員へ返信してくる」

多人数に送られてきたメールに対して「全員へ返信」してくる人がいる。
調整役の事務局は、10人からの返事をもらうことに変わりはない。
だが、参加者は調整するわけでもないのに、他人の返事を読まされてしまう。
一瞬で見切って飛ばしたとしても、3秒くらいは奪われる。
ムダなことに使う3秒は惜しい。


何を考えているのか、何故そうするのか、そういう人に聞いてみた。

「他の人がどんな返事をしているか、わからないだろう?」
「メールはそもそも情報共有のためのものだから」

このように彼らは言う。
果たしてそうだろうか。

僕は、彼らの本音を邪推する。

「返事をしているということをアピールしたいから」
「全員へ返信するものだと、思い込んでいるから」


「全員へ返信派」は、日頃のメールでもやたらと[CC]をつける。

「自分はこんなに活躍しています」というアピール
「あなたにも情報共有しましたよ」という責任逃れ

1通のメールに、いろいろとややこしい意図や謀略を込めるのである。
[CC禁止令]を出さない限り、こういう会社は発展しない。


またここで、一つ言えることがある。
「全員へ返信派はメールの返信が遅い」

「他人の出方を見てから返事しよう」と一旦、メールを寝かせるからだ。
他人の「全員へ返信」が届き始めてから、ようやく腰を上げる。

「即返信派」の人が「アンチ全員へ返信派」だった場合、返信は発信者だけに届き、他のメンバーには届かない。
「全員へ返信派」は、他のメンバーが返信していないものと錯覚して、いつまでも返事を寄越さない。

最後の1人になったところで「返信をいただいていないのは、あなただけです」と催促すると「それは、気づきませんでした」という間の抜けた反応が返ってくる。



●「人となり」見分けポイント3
「独自の解釈をする」

「以下の日程については、出席可能です」
という返信をして来る人がいる。

「ご都合の悪い日時」をご返信ください。と指定しているのにだ。
書いてあることを読み取ろうとしない人なのだ。
事務局はその人から来たメールだけ、情報を読み替えなければならない。


この「独自の解釈派」は、プロジェクトにとって、とても厄介者だ。
たった5分前に話したことでさえ、もう忘れていて、その前提を覆した話しをする。

プロジェクトに限らず、仕事というのは「事実の積み重ね」
はじめに「目的」があり、そこに「条件」が付き、論点を絞っていく。
そうしなければ、議論は迷走。
結論が出ないまま、時間だけが過ぎていく。

この「独自の解釈派」が5割を超えるようだと、そのプロジェクトは失敗確実。
だが、最低でも3割はいると思わなければならない。
いかに、この人たちを黙らせるか、リーダーの手腕にかかっている。


このように、日程調整のメールだけでも、メンバーの「人となり」がわかる。
それは同時に、そのプロジェクトの成否も予見しているのである。

なぜならば、人となりの意味は「生まれつきの人格」
「バカは死ななきゃ治らない」の格言があるように、人はそうは変わらないものだからだ。


|

2016年2月 4日 (木)

プロジェクトの事務局から見た「一流」と「二流」の違い

「プロジェクトX」という番組によって、世の中に知れ渡った「プロジェクト」という言葉。
その定義は「部門を超えた非定常業務」である。

新規事業を立ち上げる時「プロジェクトの立ちあげだ~」と歌舞伎役者?が叫ぶのは、ビジネスソフト「勘定奉行」のCMだが、同じ部署の者が集まってチームを組んでも、それはプロジェクトとは呼ばない。
それは、通常業務である。

それを「部内プロジェクト」と強弁する人もいるが、言葉の定義を知ろうともせず、ねじ曲げて気軽に使う人には賛同できない。
部内における非定常業務を言うならば、それは「ワーキングチーム」である。



プロジェクトでは「リーダー」が重責を担うが、実際に手を動かすのは「事務局」と呼ばれる人。
ありていに言えば「役職がなく、几帳面。基礎的事務作業においては信頼がおける便利な人」ということになる。

その事務局が最初に取り組むのが「日程調整」
部署が違う会議の設営は、骨が折れる作業だ。
そこで早くも、メンバーの「人となり」が露呈する。


-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
「キックオフ日程調整」

プロジェクトAメンバーの皆様

お世話になります。
プロジェクト終了まで3ヶ月。
短い間ですが、最後までよろしくお願い申し上げます。

早速ですが、キックオフミーティングを行います。
以下候補日より「ご都合の悪い日時」をご返信ください。
2月15日までにお願いします。

2月8日 10:00-11:00 13:00-14:00
2月9日 10:00-11:00
2月12日 10:00-11:00 13:00-14:00

-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

日程調整機能付きのグループウェアを導入している場合、それを使えばよいのだが、使いやすいものは少ない。

インターネット上には、呑み会やBBQ大会などのイベント日程調整をする無料サービスがある。使いやすいものが多いが、社内業務にそのようなサービスを使うのは、品格に欠ける。


メールソフトを使って、全員のメールアドレスを[;]セミコロンでつなぎ[宛先]に入れる。
会社内なので、互いは旧知の間柄。
全員を [ BCC ] に入れる必要はないし、そうすると抜け漏れなく送られているかが、わからない。


●「人となり」見分けポイント1
「返事が速い」

ビジネスメールは「即返信」するのが基本。
返事を遅らせるほど、相手の仕事を停めてしまうのが現代社会。
返事が遅い、後回しにする人は、会社の金庫から金を抜いているに等しい。
それが分かっている人を「即返信派」と呼ぶ。

メールを送信してから1時間以内に「即返信派」からの返信が届く。
この「即返信派」がプロジェクトメンバーに占める比率が、プロジェクトの成否を分ける。
50%を超えるならば、期待大。
そうでない場合、前途多難である。


また、この「即返信派」は、全般にメールマナーが良い。
質問されたことだけに、的確かつ最少減に答えていて行数が少ない。

メールだけでなく、会議マナーも良い。
流れを読んで、他人の話を奪わない。
自分の発言ポイントではしっかりモノを言う。
こうしたメリハリは一流と二流の分水嶺でもある。

つづく


|

2016年2月 3日 (水)

1ヶ月見ても見飽きない、三次元のピスケとうさぎ

6箱のうち半分の3箱を開けた。
まだダブりはないが、本命の「かまってちょ」が出ていない。
果たして、その箱の中にいるのか、いないのか。
僕の脳内は期待と不安で揺らいでいる。


●4箱め
あっ「すやすやピスケとうさぎ」
ダブった・・
これは想定外だ。

しかし、第三希望だったから、まだよしとしよう。
ほんの少し、もしも第1希望「かまってちょ」がなかったらという考えが頭をもたげる。
本来ならば、想念は現実を引き寄せるので、そういう予見を持つべきではない。
だが、ここにある箱は既に僕の所持品として確定している。
その油断で、つい悪い予感を抱いてしまったが、いやいやそんなことはない。
きっと残る2箱に入っているはずだと、思い直して・・


●5箱め
「座るピスケとうさぎ」
第二希望だ。
これはこれで、どうしても1つ欲しい逸材だった。
いよいよ、ラスト1
僥倖は最後の最後にやってくる!
そういうドラマであって欲しい。



そこは座席じゃないんですけど・・・

いよいよラストワン。運命の
●6箱め
あぁ、なんと
「座るピスケとうさぎ」
これはダブっても嬉しい1品だからよしとしよう。


結果をまとめると、第2希望「座るピスケとうさぎ」第3希望「すやすやピスケとうさぎ」がダブり。
第1希望「かまってちょピスケとうさぎ」と第6希望「アクロバットピスケとうさぎ」が出なかった。

第1希望のが出なかったのは残念だが、それは何らかの手段で手に入れればよい。
全体としては上出来な結果だ。

コップのフチに座る仕様のため、パソコンモニターの上では座りが悪い「座るピスケとうさぎ」
うさぎには悪いが、少し尻尾を削らせてもらうと座りが良くなった。
脳が慣れて風景に変わるまで、しばらくの間、癒されることだろう。



さて、そう書いてから一か月が過ぎた。
(文章を一か月寝かしている)
あの時は、すぐにでも「脳が慣れて風景に変わる」ものだと思っていた。
コレクターグッズというのはそういうものであり、例外はない。
ただ慣れるまでの時間に長短があるというだけだ。

何度見ても惚れ惚れするモノだけが、見る度にうっとりするロングランになる。
三次元のピスケとうさぎは、まさにこのロングラン。
見ても見ても飽きない。
見る度に、あぁいいなと脳が喜んでいる。

この商品を企画販売してくださった奇譚クラブさんには、足を向けて寝られない。

おわり

|

2016年2月 2日 (火)

ピスケとうさぎを開封する

「PUTITTO ピスケとうさぎ」6箱を目前にして希望的観測である予想を書き出していく。


■第一希望
「かまってちょピスケとうさぎ」

これが、ラインスタンプや多くの商品で使われている代表的な「かまってちょ」の図柄を再現している。
コップのフチにひっかけるという制約から、うさぎの左手位置が違っているが、つんつんと押されたぴすけのほっぺたがくぼんでいるのが萌えポイント。
商品プロモーション資料では「つんつんピスケとうさぎ」と紹介されているが、外箱と同封のミニチラシには「かまってちょピスケとうさぎ」がクレジットされている。
これだけは、ダブっても構わない。

■第二希望
「座るピスケとうさぎ」

これは、パソコンディスプレイの上に座らせることができる。
コップのフチではない場所でも、つぶしが効く造形だ。

■第三希望
「すやすやピスケとうさぎ」
この図柄も、アプリの壁紙や透明シールでおなじみ。


■第四希望
「ひっかかりピスケとうさぎ」

パッケージ(外箱)の図柄に採用されている。
全6種のうち、これだけがピスケとうさぎがセパレートされている。
楽しい飾り方が見つかりそうだ。

■第五希望
「がけっぷちピスケとうさぎ」

コップのフチに張り付いている設定で、ピスケとうさぎの顔がへしゃげているのがユニーク。

■第六希望
「アクロバットピスケとうさぎ」

なんだか見ているだけで頭に血が上りそうだ。
これがダブらないよう祈る。


さて、コーヒーも入ったところでいよいよ開封。

●1箱め
おぉ「ひっかかりピスケとうさぎ」だ
プロモーション資料では「ぶら下がりピスケとうさぎ」と書かれていた。
可愛い!
早速コップのフチにかけてみる。
おぉ、きちんとかかった(当たり前か)
幸先がいい

●2箱め
おぉ「すやすやピスケとうさぎ」
うさぎの頬がコップのフチに押されて窪んでいる!
芸が細かい造形に、原型制作者がこの作品に賭ける意欲が見て取れる。

●3箱め
「がけっぷちピスケとうさぎ」
3次元ピスケなのに、板のようにへしゃげているピスケの顔がいい。
ここまでダブり無し。
想定通り、全6種が揃う期待が持てる。

つづく

|

2016年2月 1日 (月)

「しらべる」を置いている「@homepage」サービスが終了

え゛え゛~っ

こんなに素っ頓狂な嬌声をあげたのは、いつ以来だか記憶がない。
それほど、僕にとってはびっくりぽんなニュースだ。

「@homepage」サービス終了
終了日:2016年9月29日

「@homepage」サービスとは?
「@nifty」のインターネット接続会員向けホームページサービスとして、1999年から無料で提供してきたサービス。



この「@homepage」こそが、2000年4月から毎日更新をつづけている「しらべる」を置いているサービスなのである。
(今日現在 5,785日連続更新中)


ニュースがリリースされたのは2016年1月13日のこと。
ユーザーには特にお知らせが届いていないので、偶然見つけるまで半月遅れてしまった。



@homepageに置いているウェブページは、2016年9月29日(木)15時以降、表示されない。
タイムリミットはあと8ヶ月。
この間に「しらべる」を安全かつ、できるだけ現状を維持して移設しなければならない。

URLが変わるということは、GoogleやYAHOO!のクローラーから見れば別モノのウェブページである。
ページランク、ページビューにいったいどのような影響があるか?
不安でいっぱいだが、今は目の前の一分に集中するしかない。


ニフティは@homepageに対して、@niftyホームページサービス「ラクーカンミニ」への移行を推奨している。
容量は「2GB」で費用は「無料」

現在ラクーカンで最も安いプラン「ライト12ヶ月」が「1GB」で「1,143円/年」なので、特別な優待と言える。


また、後継サービス(ラクーカンのいずれか)に移行した場合「移転通知機能」を設定することで、2018年3月29日15時まで(@homepage終了後1年半)移転通知ページを表示することができる。

この移転通知機能が、どのように機能するのかは、やってみなければわからない。
はじめに「ラクーカンミニ」に移行した後、他のプランに替えると移転通知機能が効かなくなるということも周知されており、事前にニフティへ確認する必要がある。


@homepage利用者専用の「ミニ」に移行できるのは、2016年1月13日~9月29日の15時まで。
2000年に「しらべる」を始めて以来、未曾有の出来事。

青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こること、転じて、予期しない突発的な事件が起こることを「青天の霹靂」という。

サラリーマン人生では、何度となくそのようなことを体験したが、ホームページ活動でこのような機会が訪れるとは、ついさっきまで思っていなかった。

これからよくしらべて対処していきたい。

※このブログ「しらべるが行く」については、何も変わりありません。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »