« 荒川に再び風は吹くのか? 板橋Cityマラソン2016まであと3日 | トップページ | 2013年に研究したドライブレコーダーの仕様 »

2016年3月18日 (金)

3人乗り自転車、90cmの凶器

日本では自転車の「二人乗りは禁止」だが「三人乗りは容認」するという、不思議なルールが運用されている。

自転車の荷台に同級生を乗せて走る高校生は、お巡りさんに注意される。
だが、基準を満たした装備の自転車であれば、母親が子ども2人を乗せた3人乗りはOKだ。



2007年、交通事故総合分析センターまとめによると、自転車の三人乗りで408人の子供が怪我をした。

2009年7月、この状況を踏まえて公安委員会規則改定。
安全基準を満たす自転車に限り、子供二人を前後に乗せる三人乗りを認めた。
16歳以上の運転者が、6歳未満の人を二人乗せることができる。

子育て世代の誰もが、マイカーを持てるわけではない。
マイカーがあったとしても、都市部では行く先々で駐車場の確保が難しい。

2人乗りはダメで3人乗りはOKというのは整合性がない。
確かに3人乗りは危険だが、複数の子育てをする親には手厚くしたい。
これは希に見る、人情味溢れる法運用である。



「幼児2人同乗基準適合車」の基準は強度、制動(ブレーキ)性能、安定性、駐輪時転倒防止など。
中でもくせ者なのは、最後の「駐輪時転倒防止」だ。


スタンドを立てた状態で、抱っこして子どもを乗降させている時に、自転車が転倒しないよう「幅の広いスタンド」が求められている。
そのために、従来自転車の車幅は60cmまでだが「幼児2人同乗基準適合車」では90cmまで認可される。


横幅90cmといえば、大型自動二輪と同等の車幅である。
だが、運転者は免許すら要らない。


狭い路地をクルマで通行している時、前方から「幼児2人同乗基準適合車」がやって来て、その凶器とも言えるスタンドでクルマのドアを「ぎーっ」と引っ掻いていく。
自転車はそのまま走り去る。
クルマは最小回転半径が大きいので、すぐにUターンして追いかけることも叶わない。
かつてそうして、泣き寝入りしたことがあった。


危険なのは自転車だけではない。
「原付」は遠慮なく、信号停止したクルマのヨコをすり抜けていく。
中型二輪、大型二輪のライダーには「自動車」として車線を占有するプライドがあり、大抵はグッドマナーだ。

だが原付の場合、筆記試験だけで免許を得たライダーが多く、技術が乏しい。
バイクは足でステップを押すことでバランスを取るのだが、両足をステップから外して、地面にぷらんぷらん垂らしているおばさんには目が点になる。

心も「道路交通」に参加しているという意識が薄い。
クルマに擦っても、大抵は逃走する。



せめてドライブレコーダーでも付けて証拠を記録しようか?
いやいや、そんなことをしても後の祭り。そういう考え自体が擦り逃げを引き寄せるのではないか?

ディーラーで法定点検を待つ間、そんな自問自答をしたのが2年前の2013年暮れ。
ショウルームに飾られていたのは、ユピテル「DRY-FH52WG」
取付工賃込み25,000円だった。


初めて目の当たりにしたドライブレコーダーの仕様は、十分に購入決断に足るものだった。

つづく

|

« 荒川に再び風は吹くのか? 板橋Cityマラソン2016まであと3日 | トップページ | 2013年に研究したドライブレコーダーの仕様 »

自動車/交通」カテゴリの記事