« 不思議な動きをするマラソンの心拍数 | トップページ | WRJのある作戦 »

2017年2月15日 (水)

体脂肪率が低く出た WINZONE

「WINZONE ENERGYxENERGY」はヒドロキシクエン酸を配合した粉末サプリメント。


「クエン酸」は糖質(グリコーゲン)を効率よくエネルギーに換える働きを持つ有機化合物。
レース中のスペシャルドリンクには、クエン酸を含むものが有効とされている。

レース中に摂る方法は2つ。
1,OS-1で割ったスペシャルドリンクをグリップ給水ボトルに入れる
2,ポーチに粉末を持参して、エイドでもらった水で流し込む

過去に使っていた銘柄は「アミノダイレクト5500」
■メーカー:メダリスト
■実勢価格:5包1,050円

商品名の「5500」は、BCAA2000+クエン酸2000+シトルリン500+アルギニン500+グルタミン500 合わせて5500mgを意味している。

これを、レース前日の水分補給としてOS-1、500mlペットボトルに一包を溶かし、お昼から夜にかけて少量ずつ補水。
レース当日は上記2つの方法を併用。
グリップ給水ボトル(110mlに1包)×2
その2本を15kmまで小分けにして飲み、さらにウェストポーチに2包を入れて持ち、25km、35kmに飲んだ。



今年、新たに試す「WINZONE」は"30km過ぎに息切れしない"と評価が高い。
■メーカー:日本新薬
■実勢価格:15包 3,480円


はじめに5本入り1,250円を買って試した。
唾液で容易に溶けるので、水がなくても飲める。
味もよい。アミノダイレクト5500のように薬っぽくない。
効果としては、練習での「がんばりが効く」実感ができたので、今年はこれを使うことに決める。
アートスポーツ店頭では取り扱いがなかったので、amazonで購入した。



開発者が推奨する摂り方
▼レース4週前~ 練習前に1本
▼レース1週前~ 朝、練習前に1本ずつ
▼レース当日 スタート20分前に1本、レース後1本

   ↓   ↓

マラソン講座としての摂り方(15本)
▼レース3週前~
練習前1本
▼レース5日前~1日前
朝1
▼当日
レース20分前、10km、20km、30km


WINZONEを使った練習後、体組成計の計測で、いつもより体脂肪率が低く出た。
その関連は一概に言えないが、練習を頑張れていることには違いない。

|

« 不思議な動きをするマラソンの心拍数 | トップページ | WRJのある作戦 »