« 東京スカイツリーからの景色は思いのほか小さかったぜ | トップページ | 東京スカイツリーに行くならば「345」と「340」をお勧めするぜ »

2017年6月 2日 (金)

ファミチキの「黒幕引き丼」は単なるチキン南蛮弁当だった

最寄りの駅を下りた
「今日のお昼は何を食べよう?」
いつもならば、コンビニ3店の中から選ぶところだが、今日はもう決まっている。
地上に降りるとファミマへと足を向ける。
弁当売り場には40代サラリーマンがおにぎりを1つ握って、あとは何にしようかと悩んでいる。
そこから半歩下がったところには、小ぎれいな20代女性がサラリーマンの肩越しに弁当の棚をにらんでいる。
座禅でもしているのか、ランナーなのか、背筋がぴんと伸びている。
だが、踏ん切りがつかないのか、ずっとその姿勢で固まっている。
あるいは、目の前のサラリーマンが立ち去るのを待っているのか。

そのヨコで僕も棚をさらっているが、お目当ての品が見当たらない。
他の場所なのかな?と左に首を振ると、そこに一大コーナーが設えてあった。
「ついにファミチキが丼に!黒幕引き丼発売」
イメージカラーの黒地ポップが棚3段に貼られている。
しかし、肝心の丼がない。棚は見事に空っぽ
既に本日分完売?
いや、朝早いからまだ入荷していないのか。
仕方ない。しかし、一旦はファミチキの頭になっていたので、軽いものには食指が動かない。ここはチャーシュー炒飯を選択。
「黒幕引き丼」参戦は夜の陣へ。

夕方
電車の駅の手前にあるファミマに立ち寄る
朝は空っぽだった棚に4つの「丼」があった
電車を降りた後にもファミマはあるが、確実に手に入れるにはここで買って置くべきか。
少し考えた末、レジに持ち込む
ファミマで弁当を買うと、通常の白いレジ袋ではなく、うす茶色の袋に入れられる
それは誰が見ても「弁当」だとわかる
弁当を膝に抱いて電車に乗っているサラリーマンは、傍目にはずいぶん珍しいだろう。



黒幕引き丼
ファミマの黒幕であり、2016年に累計10億本を売り上げたファミチキ生みの親と言える上田準二前会長の引退を記念した商品
2017年5月23日より発売 498円


実食
弁当は「ごはん」と「具材」がセパレートで格納されている
レンジ温め必須商品であり、消費期限は販売開始から「3日」と弁当にしては長め
レンジでチンした後、具材をご飯にかやす(山口弁です)
一口たべて、こう言った

「これって、チキン南蛮じゃん」

ファミチキに南蛮たれとタルタルソース。
カレー風味のキャベツ炒めが添えられている。
まさに「チキン南蛮弁当」そのものだ。

ふつーに美味い
ふつーにしか美味くない

レンジで加熱しすぎたのか、口の中を火傷して、翌日まで痛かった。

|

« 東京スカイツリーからの景色は思いのほか小さかったぜ | トップページ | 東京スカイツリーに行くならば「345」と「340」をお勧めするぜ »