« 懐かしいけれど魅力的ではない昭和 | トップページ | 食堂とだかで井之頭五郎の席に座る »

2017年8月 7日 (月)

孤独のグルメ「食堂とだか」で暑気払い?

「motoさん、暑気払いなんかいかがですか?」

関東平野が空梅雨に覆われていた6月終盤
歌合戦仲間、仲野君の申し出だ。

しょきばらい?
僕はこれまで使ったことがない言葉だ。
その意図するところはわかる
まさか、2人でいわきのハワイアンリゾートに行きましょうというのではないだろう。
大抵の場合、生ビールをぐいっとあおって、暑さを吹き飛ばすという趣向をもって「暑気払い」なのだ。

仲野君から「店は僕に任せる」と言われた

店を探そう
今、オレは何を食べたい?

そうだ!
この機会に井之頭五郎の店、初体験というのがいいんじゃないか。


確か来週は「孤独のグルメ」最終回
予告編で五反田と言っていた。
五反田ならば、降りたことがある駅だ。
録画しておいた予告編をリプレイして店名を探すが、出てこない。
それがこの番組のやり方なのだ。


そこで「Google先生」
さすが先生、一発回答
それが「食堂とだか」という店であることを突き止めた。

以前、業界の知人から「孤独のグルメに出た店はしばらく予約がとれない」と聞いたことがある。
すぐに「食堂とだか」のサイトを探すとFACEBOOKに[予約する]ボタンがあった。

その時点で7月の空きがあるのは、8営業日ほど。
オンエア前からこの埋まり具合。
かなりの人気店なのだ。

そのうち、週末の空きは2営業日だけ。
ここはすぐ押さえなければ!
仲野君には、事後報告したところ「いいですね。五郎と同じもの食べましょう」と応じてくれた。


2017年7月1日(金曜深夜)
「孤独のグルメseason6」最終回
井之頭五郎は「ウニ・オン・ザ煮玉子」「揚げとうもろこし」「トマトと胡麻豆腐の揚げ出し」「体に良いみそ汁」「牛ご飯」を食べた。

当日はこの5品を基本に組み立てることにしよう。

つづく

|

« 懐かしいけれど魅力的ではない昭和 | トップページ | 食堂とだかで井之頭五郎の席に座る »