« 下関海響マラソンの歴史 | トップページ | 5年遅れで「孤独のグルメ」にはまる僥倖 »

2017年8月12日 (土)

下関海響マラソン「分殺」でエントリー終了

2016年12月7日
第10回下関海響マラソンの開催日が、2017年11月5日と決まった

2017年2月28日
ホームページが2017年大会情報に切り替わった

2017年4月24日
第10回大会ホームページオープン


2017年5月22日(月)20時
RUNNETで先着枠9,000人のエントリー受付開始
月曜日だが時間帯が遅いのは助かる。
今も人気大会の中には、平日の日中に受付を開始するものがある。
それでは、良識あるサラリーマンはエントリーできない。

夕飯を済ませ、少し早めにRUNNETにログイン
MyPage > エントリー予定大会
と進み、20:00ちょうどにアクセス
しばらく待つと、20時2分にエントリー画面が出た。
「エントリー」クリック
30秒待ちのカウントダウンを待つこと10回
20:09にエントリーが完了した。

その後、20:50にのぞいたところ、既にエントリーは締め切られていた。


2017年5月22日~6月5日
抽選枠受付

2017年10月中旬
ナンバーカード・計測チップ・参加賞(Tシャツ)が自宅へ郵送される。

2017年11月4日
前夜祭開催

2017年11月5日
8:30 号砲


旅マラソンは「エントリ-」「旅の足」「旅の宿」3つの確保で始まる。
これで宿>エントリーを確保。あとは足。
あくる日から、日々航空会社のサイトをチェックする日課が始まった。

日に一度「羽田空港>宇部空港」「11月4日」で検索する。
しかし、来る日も来る日も「発売期間前」ですのエラーメッセージが返るだけ。

どうやら、航空業界では10月下旬までの航空券が8ヶ月前、10月下旬以降の航空券は通常とほぼ同じ2ヶ月前同日から販売されているようだ。

ここで一旦「旅の足」確保は棚上げして、走る装備について話しを進めていこう。

|

« 下関海響マラソンの歴史 | トップページ | 5年遅れで「孤独のグルメ」にはまる僥倖 »