« 東京から下関海響マラソンへ「旅の足」 | トップページ | 孤独のグルメ「食堂とだか」で暑気払い? »

2017年8月 6日 (日)

懐かしいけれど魅力的ではない昭和

週末になると、僕は創刊号を捨てる

「slash」1997年12月25日
小学館 400円

ビッグコミックスピリッツの臨時増刊として創刊
雑誌はこのように、既存雑誌の増刊としてスタートするケースが多い。
海のものとも山のものともつかぬ新創刊誌
すぐ消えてしまうかも知れない。
そこで既存誌の母屋を借りて創刊
うまく軌道に乗ればその時点で、独自の雑誌コードをとるのである。

表紙は藤原紀香
9ページにわたる巻頭グラビアにも登場している
内容は若者男性向け総合情報誌
とらえどころのない雑誌である。



「フィギュア王」1997年2月25日
ワールドフォトプレス 980円

ワールド・ムック96と謳われているが「フィギュア王」としてはこれが創刊号。
EVA、スターウォーズ、ソフビ、GIJOE、ブースカ・・
ありとあらゆるフィギュアを無秩序に掲載している。

発売間もないバンダイHGシリーズ(通称ガシャポン)はウルトラマンの初期シリーズを完全掲載。当時、ガシャポンを特集した雑誌は他に類がない。
「仮面ライダー」はあまり商品化されておらず、レトロ品のデッドストックのみ。
ウルトラマン、仮面ライダーが「大人買い市場」向けに大量生産される前夜である。



「DIME」1986年5月1日
小学館 250円

僕が雑誌の創刊号を集めるきっかけになったのがこれだ。
DIMEは順調に部数を伸ばし、新商品紹介雑誌のトップを走る。
それはインターネットが登場し、一般に普及し始める1997年まで続いた。

巻頭見開き広告は「National」の「Hi-fi MACLORD」163,000円
VHSビデオデッキである
Wi-Fiではない。Hi-fiである。

「東芝Rupo(ワープロ専用機)」
「ミノルタα7000(オートフォーカスカメラの先駆け)」
といった広告を見ると、懐かしい。

パソコンもスマホもデジカメもカーナビも載っていない。
それでも、人々はこの雑誌に掲載される「形状記憶合金ブラジャー」といった革新に目を丸くしていた。


懐かしいけれど、魅力的ではない。
今回たくさんの雑誌を捨てながら感じたのは、その一点だった。

おわり

|

« 東京から下関海響マラソンへ「旅の足」 | トップページ | 孤独のグルメ「食堂とだか」で暑気払い? »