« 初めて2足欲しいと思った「NIKEフライニットレーサー」 | トップページ | 【社則】会議日程の打診〆は2日以内 »

2017年8月24日 (木)

普段履きには向かない「streak6」

ナイキは「フライニットレーサー」と同様、この「ズームストリーク6」もサブ3向けシューズと位置づけている。

型番:831413-001
メーカー価格:14,040円

実測重量:右187.0g 左185.0g(27cm)は「フライニットレーサーMIDNIGHT」よりも20g重い。

同じ「サブ3」シューズでも両者は大きく違う。
「ズームストリーク6」はフライニットアッパーの割には堅い。
「フライニットレーサー」と比べて足入れがきつく、造りも小さい。

そして大きな難点はベロの付け根の縫製が雑で、歩いていると屈曲する度に足の甲が「じがじが」する。
これが自動車ならば、リコール対象となってもおかしくないほど不快だ。


「フライニットレーサー」を中1日休ませるために登板させているが、普段履きの靴として好適ではない。
ただし、走る靴としては別だ。
ホールドが頼りない「フライニットレーサー」と比べて、しっかりとしたホールド感がある。
そして、地面を蹴る時「余分に押してくれる」感覚がある。

横断歩道の信号が点滅し始めた時、フライニットレーサーだと足に気合いを入れて地面を蹴る。
一方、この靴は2歩目からが楽。


「ズーム ヴェイパーフライ 4%」が出るまでは、これがナイキ最高峰のマラソンシューズだったのだ。
しかし、これでマラソンを走れと言われたら断る。
もう心は来るべき「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」一色になっている。


「streak6」を包んでもらいながら「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」の探りを入れると「7月20日発売」であることがわかった。
ただし、抽選販売か先着販売か、ネットではどれくらいの数量が売られるのか?
詳細はわからない。


マラソンレースを走る靴だから、試着して買いたい。
だが確実入手のために、ネット購入にも参戦しよう。
ネット発売は同日9時開始とわかった。
幸いだったのは、その日がたまたま有給休暇だったということだ。
ついているぞ
マラソンの神様は僕の味方だ。
この時は、どきどきしながらも、入手できないことはないだろうと楽観していた。

|

« 初めて2足欲しいと思った「NIKEフライニットレーサー」 | トップページ | 【社則】会議日程の打診〆は2日以内 »

しらべるが走る!」カテゴリの記事