« 暑いとこんなにも遅いのか 初めての「夏ラン」 | トップページ | マラソンレース必須の新兵器発見 頭を低温に保つ「Airpeak Speed」 »

2017年9月17日 (日)

涼しく、暖かい、快適に眠れる「ヘンリー」

7/31
UA公式通販に、ヘンリーの黒が再販されていたので、速攻で注文を入れる。

TB12リカバリースリープウェアヘンリー
は、NFL選手トム・ブレイディとアンダーアーマーが共同開発した「睡眠時のリカバリーに特化した肌着」
裏地に、身体の自然な熱を吸収し、遠赤外線エネルギーを反射するバイオセラミック粒子がプリントされている。

「上」は半袖、七分袖、長袖
「下」はショーツ、ロングパンツ
が展開されている。


2017年6月
直営店、直営ウェブサイトで発売
すぐに品切れとなり、買えなくなった
2017年7月31日
七分袖シャツの「黒」が再販された


高額なので、毎日着替えるほど買えない。
週末、走った日の夜だけ「リカバリー」に着ることにする。

初めて袖を通した時、ひんやりとした清涼感を感じた。
冷房を入れた部屋でも、肌だけが一段と冷えた気がする。
翌朝の目覚めも良好。

副産物としていいことがあった。
乾燥肌にならないことだ。
夏場など、暑い季節は寝ている間に肌をかきむしることがある。
はじめは「ダニ」の仕業かと疑い、皮膚科の門を叩いたが「ダニではない」と一刀両断だった。
恐らく、肌が乾燥してかゆいのだ。

最近、ライオンの「ハダカラ」(ボディソープ)を使うようになって、ずいぶん改善していたが「ヘンリー」を着た朝は特に、いい感じ。
皮膚が熱をもって火照ったりしない。
ほどよい肌温度にコントロールされているのがわかる。


「上」があまりによかったので、ひと月後には「下」も買い足した。
暑さが残る季節に、ロングパンツを履いて寝るというのは、過去の辞書にはなかったが「ヘンリー」は快適そのもの。

今はレース前練習の週末限定使用だが、予算が許せば、ローテーション用の予備を買って、毎晩着て寝たい。

|

« 暑いとこんなにも遅いのか 初めての「夏ラン」 | トップページ | マラソンレース必須の新兵器発見 頭を低温に保つ「Airpeak Speed」 »

しらべるが走る!」カテゴリの記事