« 若い頃、ハロウィンがなくてよかった | トップページ | 横浜マラソン中止 »

2017年10月31日 (火)

杜仲茶で内臓脂肪レベルは下がったのか?実験結果

あれから2ヶ月、小林製薬の杜仲茶1ケース(24本)を飲み終えた。
別途、コンビニ購入分も含めて50本以上を飲んだので、数値の変化を報告したい。


使用する数値はTANITA体組成計の「内臓脂肪レベル」
市販他社製品のご多分に漏れず、インピーダンス法による計測なので、数値が正確ということはない。
ただ、同じ機械での比較なので、相対的な指標にはなる。

「内臓脂肪レベル」については、以下TANITAのウェブサイトに記載されている。
http://www.tanita.co.jp/health/measure/taisoseikei/
TANITA独自の指標なので、体脂肪率のように、体重に占める比率というわけではない。


【結果】
飲み始めの数値:「9.0」または「9.5」
現在:「8.0」

1.0~1.5ポイントの改善が見られた


ただし、飲み始めの頃から現在までは「下関海響マラソン」に向けた調整時期。
いつもより運動量が多く、食事・嗜好品ではカロリー制限している。
杜仲茶を飲まなくても下がったのではないか?という視点がある。

そこで、過去のマラソン前、つまり杜仲茶を飲んでいないマラソン調整記録を紐解いてみる。
いくつかのシーズンで「8.0」と「8.5」を行き来したことはあった。
だが、今回は「8.0」で安定しており、1日だけだが初めて「7.5」を記録した。
今回、特別に追い込んだ調整をしたわけではない。

従って、杜仲茶は内臓脂肪レベル数値改善の一助になったと言える。
50本以上となるとコストも7,000円を超えるが、杜仲茶を買った分、従来買っていたOS-1を買わなくなったので、むしろコストは下がった。
(OS-1が1本あたりおよそ50円高い)

「杜仲茶を飲むという活動」を意識していたおかげで、食中によくお茶を飲むようになったことも、数値改善の一因だろう。

僕のように「形から入る」者にとって、杜仲茶は有効だ。
次のマラソンシーズンでも続けたい。
(どうやら、日頃は止めるつもりらしい)

|

« 若い頃、ハロウィンがなくてよかった | トップページ | 横浜マラソン中止 »

心と体」カテゴリの記事