« マラソンレース前には地獄の「和式トイレ」(取っ手なし) | トップページ | 捲土重来!カラオケ「精密採点」に挑む »

2017年11月14日 (火)

祝!V・ファーレン長崎 長崎のフットボールクラブがJ1入り

「V・ファーレン長崎」は長崎のフットボールクラブチーム
「ぶいふぁーれん」ではなく「う゛ぃふぁーれん」と読む

Vはポルトガル語 でVictoria(勝利)
ファーレンはオランダ語でVaren(航海)
古くからポルトガル、オランダと交流があった長崎ならではの命名だ。


2004年
有明SCと国見FCが合併
有明SCとして長崎県一部リーグに参加して優勝

2005年
1月、九州各県リーグ決勝大会で2位となりKYUリーグ(九州リーグ)昇格
3月13日、チーム名「V・ファーレン長崎」を発表
メイン(ユニフォーム)スポンサー親和銀行(本店:佐世保市 2年契約)
この時、2010年までのJリーグ加入を目標に掲げた。
4月9日、KYUリーグ(九州リーグ)開幕戦勝利

2006年4月
前月で国見高校を定年退職した小嶺忠敏氏(国見高校サッカー部総監督)が「V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ」理事長に就任

2009年
JFL昇格1年め

2012年
JFL初優勝
2005年のチーム創設時に掲げた「2010年までのJリーグ加入」から遅れること2年、Jリーグ加盟が承認された

2013年
J2 1年め

2015年
6位でJ1昇格プレーオフ(年間成績3位~6位チームが出場)に進んだが、準決勝で敗退。J1入りを逃した

2017年4月25日
経営難に陥ったクラブをスポンサーのジャパネットが救済にはいる。
ジャパネットHD(高田旭人社長)が子会社化。
高田明が代表取締役社長に就任
その後、一転してチームは快進撃。
11月11日、J2年間2位が確定。2005年のチーム創設から12年で初めてのJ1昇格を決めた。
まさに「V字回復」それは高田明の手腕である。


2018年、関東地区にアウェイで来る試合は応援に行かねばならない。
まずは、2018年シーズンのユニフォームが必要だ。
2018年の「しらべる」はJリーグで忙しくなりそうだ。

|

« マラソンレース前には地獄の「和式トイレ」(取っ手なし) | トップページ | 捲土重来!カラオケ「精密採点」に挑む »