« 「春マラソン」と比べた「秋マラソン」のプラス要因 | トップページ | 「あのくさ」と話しかけても応えないがすまなそうに謝るアレクサ »

2017年12月10日 (日)

箱が届いてもすぐには使えないAmazon Echo Dot

Amazon Echo Dot発売日から待つこと3週間弱
ついに僕にも招待状が届いた。


Amazon Echo Dotは、Amazonが発売する小型AIスピーカー
クラウドベースの音声サービス

主なできること
■音楽の再生
■Amazon Musicから楽曲・アーティスト名などを指定して再生
■天気やニュースの読み上げ
■アラームのセット

仕様
■話しかけるキーワード「アレクサ」
■AIのニックネーム:Alexa
■Bluetoothや3.5 mmステレオジャックで手持ちのスピーカーとつながる

Echo 共通の特徴
■音楽が流れていても、離れたところから音声を聞き取る
■話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みを学ぶ

拡張機能
■別売のPhillipsやQrio等を接続して照明、スイッチ、ロックなどのコントロール(スマートホーム)


販売価格は5,980円だが、2017年11月17日までに申し込んだAmazonプライム会員の招待者には3,980円で販売する。
すぐに注文すると翌晩には、Alexaが我が家にやってきた。


しかし、その日は使えない。
Amazonが荷物受領を確認した後、送ってくる「Amazon Echoへようこそ」というメールに「使い方」が書かれているからだ。
そのメールが届いたのは荷物を受け取ってから、およそ12時間後だった。
日中に受け取れば、この間隔はもっと短いのだろう。


青い箱を慎重に開けて入っているものを取り出す。
ACアダプターを電源コンセントに挿し、ケーブルをEcho本体に接続
すぐに「ライトリング」が青く光りながら回り始める
色がオレンジに変わるとアレクサが話し始めた
「セットアップの準備ができました」
けっこう、音がでかい
(本体に付いている+-のボタンで音量は変えられる)


ここでiPhoneを取り出して「Amazon Echoへようこそ」という件名のメールを開く
iosのリンクをタップするとApp store>Amazon Alexaのアプリ画面が開く
[入手]をタップ
ダウンロードが終わったら[開く]
Amazonアカウントにログイン

ここから先のことはメールにも同梱の説明書にも書かれていないので「各自で考えながら」設定することになる。

「Alexaをカスタマイズ」をタップ

「**さんのEcho Dot」をタップ
Wi-Fiを更新
Wi-Fiに接続
続行

スマホのWi-Fi画面を開く
Amazon-EWJネットワーク 選択
「Echo Dotを接続できました。Alexaアプリを完了してください」

しかし、これを言葉通りに受け取ってはいけない

つづく

|

« 「春マラソン」と比べた「秋マラソン」のプラス要因 | トップページ | 「あのくさ」と話しかけても応えないがすまなそうに謝るアレクサ »