« ヴェイパーフライ 4%で走る大迫傑、マラソン日本記録か? | トップページ | 設楽、神野、大迫 箱根駅伝スターの競演は14kmまで »

2017年12月 3日 (日)

福岡国際マラソンの歴史

福岡国際マラソンは、福岡市で行われるエリートランナーの冬マラソン。

コースは「平和台競技場」を出て一旦福岡市の西端まで走った後、一気に市内を駈け抜けて東区へ。香椎で折り返して西に走り平和台競技場に戻る。
「観光名所を巡る」というわけではないが、福岡市の中心部を走るので、博多を知るランナーならば一度は走ってみたいコースだ。

しかし、走ることができるのはエリートランナーのみ。
市民ランナーは走ることができない。
もしも2時間10分以内で走る市民ランナーがいれば、話しは別だが。

市民ランナー向けには2014年から「福岡マラソン」が始まった。
しかし、コースに魅力が乏しい。
天神をスタート西へ向かい、シーサイドももちのあたりまではハイテンションで居られるのだが、その後がいけない。

姪浜で折り返して市街地へ戻る「福岡国際」と違い、そのまま糸島へ突き抜けてしまう。
「糸島」と言えば、今やカキ小屋を初めとして、ちょっとしたグルメブランドとしてもてはやされているが、ランナーはレース中にカキを食べるわけではない。

コースの後半はほぼ田園レース。
「かすみがうらマラソン」を走っているようなものだ。
糸島に親戚がいる人以外は、ゴールが近づくにつれて人里離れていくコースにテンションが下がりっぱなしになるだろう。

エントリーは第1回から抽選制
その当選倍率は以下のように、下がり続けている。

2014年 5.1倍
2015年 4.3倍
2016年 3.9倍
2017年 3.5倍

できれば福岡国際マラソンのコースで市民マラソンを作って欲しかった。
しかし、一度始めてしまったものは、なかなか引っ込みがつかないだろう。



【 福岡国際マラソンの歴史 】

1947年
「金栗賞朝日マラソン」開催 これが第1回大会にあたる。

1955年
「朝日国際マラソン」と改名

1966年
第20回大会で「国際マラソン選手権」と改名。国際大会となる。
この時「マラソン世界選手権」という名前にしようとしたが、世界陸連の反対にあって断念した。
デレク・クレイトンが2時間9分36秒で優勝。
日本国内レースでは初のサブテンだった。
1970年
「国際マラソン選手権」となって以降、日本人としての初優勝だった。

1971年
この大会からフランク・ショーターが4連覇

1974年
「福岡国際マラソン」と改名して現在に至る

1978年
この大会から瀬古利彦が3連覇

2011年
第65回大会、川内優輝が日本人最高の3位に入った

2015年12月6日
世界記録(2時間2分57秒)を持つデニス・キメットが出場

2017年12月3日
大迫傑がズーム ヴェイパーフライ 4% 2ndを履いて初出場

参考文献
宇佐美彰朗「マラソンひとりぼっち」

マラソン講座

|

« ヴェイパーフライ 4%で走る大迫傑、マラソン日本記録か? | トップページ | 設楽、神野、大迫 箱根駅伝スターの競演は14kmまで »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴェイパーフライ 4%で走る大迫傑、マラソン日本記録か? | トップページ | 設楽、神野、大迫 箱根駅伝スターの競演は14kmまで »