« マラソン人生初、とんかつとビールの打ち上げ | トップページ | 佐野元春「MANIJU」ツアー スタート! »

2018年2月 1日 (木)

V・ファーレン長崎が関東で対戦する6クラブをしらべる

長崎のフットボールクラブチームとして初めて「V・ファーレン長崎※」がJ1に昇格する。
※「ぶいふぁーれん」ではなく「う゛ぃふぁーれん(びふぁーれん)」と読む
ならば2018年、関東地区にアウェイで来る試合は応援に行かねばならない。


まずは、関東のJ1クラブをしらべる。
J1昇格が決まった11月11日時点では、ホームタウンを関東に置くのは6クラブだった。
その後「アルディージャ大宮」がJ2降格。「ベルマーレ平塚」がJ1昇格。
2018年シーズンは6クラブとなった。


東から順に記す

【 凡例 】 
クラブ名(所在地)
■スタジアム名
■最寄駅

鹿島アントラーズ(茨城県鹿島市)
■茨城県立カシマサッカースタジアム
■JR「鹿島サッカースタジアム」徒歩2分


柏レイソル(千葉県柏市)
■日立柏サッカー場 改め、2018年シーズンから 三共フロンテア柏スタジアム
レイソルと三共フロンテアは、新たにユニフォームスポンサー契約も結んだ。
■JR「柏」徒歩20分


浦和レッズ(埼玉県さいたま市)
■埼玉スタジアム2002
■埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線「浦和美園」徒歩20分
J1 2017年シーズンは7位だったが、ACLで優勝した
スポーツボランティアに行くと、このクラブのサポーターがクラブ自慢を始める。自ら「僕らは熱いですよ」というくらいだから、それはすごいのだろう。アウェイで行くのは最も敷居が高そうだ。


FC東京(東京都調布市)
■味の素スタジアム
■京王線「飛田給」徒歩5分
調布飛行場に行った時、滑走路の先に見えたスタジアム。
東京都内だが、都心からはかなり遠い。


川崎フロンターレ(神奈川県川崎市)
J1 2017シーズンで初優勝
■等々力陸上競技場
かつてFCバルセロナソシオイベントで一度、ボランティアで一度訪れたことがある。
ゲームを支えるボランティア組織が充実している印象を受けた。
■JR、東急「武蔵小杉」徒歩21分


横浜F・マリノス(神奈川県横浜市)
■日産スタジアム
FCバルセロナのJAPAN TOUR、CWC決勝観戦、Mr.children「未完ツアー」などで数回訪れたことがある。最も土地勘のあるスタジアム。
■JR、横浜市営地下鉄「新横浜」徒歩15分、JR「小机」徒歩7分


ベルマーレ平塚(神奈川県平塚市)
※2018年シーズン昇格
■Shonan BMW スタジアム平塚
■JR平塚からシャトルバスで7分


できれば、アウェイ6カ所、6戦とも行きたいところだが、ミッドウィーク(だいたい水曜)の遠出は難しい。
FCバルセロナの観戦経験でスタジアム内の勘は働くのだが、Jリーグの試合観戦は初めてで、スケジュール、チケットといった流れがわからない。
これから、しらべて掴んでいこう。

|

« マラソン人生初、とんかつとビールの打ち上げ | トップページ | 佐野元春「MANIJU」ツアー スタート! »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事