« V・ファーレン長崎 ゼイワン初戦<前半> | トップページ | 「正々道々」キックオフゴールを狙わなかったV・ファーレン長崎 »

2018年3月15日 (木)

V・ファーレン長崎 ゼイワン初戦<後半>

<後半>
エンドが替わり、長崎が長崎サポーターに向かって攻める。
前半のゴールは遠くて、なんのことだかわからなかった。
今度は、目の前でゴールネットを揺らして欲しい。


MFベンハロラン(18)に替えてFW鈴木武蔵(11)が入る。
本来、主力として使いたい移籍加入選手を「ゼイワン初戦のスタメン」から外したのは、高木監督の配慮とみた。
後半もキャプテンマークは高杉。


0分
一瞬で前線にボールがつながり、左からのクロスが入る。
MF飯尾竜太朗(3)が右足で合わせるがヒットせず枠を右に外れる。

素人の僕が言うのは恐縮だが、前半開始早々はぽんぽんと浮き球を蹴り合う「小学生のサッカー」を見ているようだった。

後ろでパスをつないで、ゆっくり組み立てる湘南に対して、長崎はボールを持たず、奪ってから最少のタッチでゴールを目指す。

前半は「固いかな」と感じていた長崎の動きが、ここに来て滑らかに映る。
それは「勝ち点3」もあるぞと予感した直後に起きた。


35分
田上がペナルティーエリアの中央からやや外側でファウル。
距離が遠いので、ここで双眼鏡を取り出す。
動きが速いサッカーでは出番がないかと思っていたが、一応持ってきた。

FKはGKの隣に入っていた前田が頭で弾く
バーに当たって真下に跳ね返る
GKが手ではたく
ボールは前に転がる

まるで「ピンボール」を見ているようだ

そこまでは、ボールをかきだそうとなんとか食らいついたが、リバウンドに詰めた石川俊輝に押し込まれてしまった。


ゴォォォォォォォォォル!
ホームチームが得点した時だけ、MCが場内放送で絶叫する。
だが、それを聞くまでもない。
長崎サポーター席からは遠くで起きた出来事だが、今度はボールがゴール内に転がるところまで、双眼鏡でしっかり見てしまった。
見たくないものを・・


あ~ぁ、入っちゃったよ
双眼鏡から目を離し、センターサークルに視線を向けた時、あることに気づいた。

センターサークルに白いユニフォームの選手しかいない・・
すぐ、始めればいいのに・・
そうすれば、同点ゴールだ。

V・ファーレン長崎ブログ目次

|

« V・ファーレン長崎 ゼイワン初戦<前半> | トップページ | 「正々道々」キックオフゴールを狙わなかったV・ファーレン長崎 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事