« 勝利への過程 一歩ずつ正々道々と進むV・ファーレン長崎 | トップページ | ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% 4th「黒」発売 »

2018年4月 9日 (月)

入団即ゴール チーム最高身長の鹿山拓真

【4月】
V・ファーレン長崎にとって初ゼイワンシーズンの一ヶ月が過ぎた。
ここまで5節
ホーム2試合で「2引き分け」
アウェイ3試合で「3敗」
勝ち点2で18クラブ中16位

ゼイワンは16位~18位が自動降格であり、出足の成績はいま1つ。
だが、長崎の試合を観ているファン、サポーターならば、決して悲観する試合内容でないことは一目瞭然。
これからよくなると確信がもてるほど、ゼイワンは甘くないだろうが、その期待を十分に持てる状況にある。


3月29日、クラブから新入団選手が発表された。
開幕前の2月5日、チェキュベックの入団が決まって以来の新戦力だ。


鹿山拓真【しかやま たくま】
東海学園大学在学中で「JFA・Jリーグ特別指定選手」として入団。ユニフォームナンバー35

190cmという長身のDF
これまでチーム内では最も背が高かったGK富澤雅也よりも1cm高い。(チェキュベックは188cm)
これで、直近の補強はいずれも「長身かつ攻撃参加できるDF」となった。


鹿山拓真の略歴

1996年5月26日
長崎県生まれ

2012年
長崎南山高校入学

2015年
東海学園大学(愛知県名古屋市、みよし市にキャンパスがある)入学


2018年4月4日(水)
YBCルヴァンカップ グループD3節
長崎-サガン鳥栖戦
トランスコスモススタジアム長崎

入団して間もない鹿山拓真が途中出場して、初ゴール(クロスに頭で合わせた)を挙げた。

3-2で勝利した長崎は2勝1分「7pts」でグループ2位
1位は同じ7ptsながら得失点差で上回るヴィッセル神戸。
3位湘南ベルマーレは3pts、4位サガン鳥栖は0ptsに留まっており、6月2日、9日開催のプレーオフステージ(ホーム&アウェイで対戦)に向けて前進した。

ただし残る3戦のうち、おわり2つがアウェイ戦であり、予断を許さない。

4.18 WED 19:00 ヴィッセル神戸
トラスタ

5.9 WED 20:00 サガン鳥栖
ベストアメニティスタジアム

5.16 WED 19:00 湘南ベルマーレ
Shonan BMW スタジアム平塚

 

|

« 勝利への過程 一歩ずつ正々道々と進むV・ファーレン長崎 | トップページ | ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% 4th「黒」発売 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事