« ゼイワンクラブが経験したことのない過密日程 | トップページ | 2週間の空白を経た、高木監督の新戦略 »

2018年4月 4日 (水)

入りにくいくっけん広場でパブリックビューイング

<5節>
ベガルタ仙台-V・ファーレン長崎
ユアテックスタジアム仙台

ここまでのアウェイ戦、長崎県内ではテレビ放送がない。
この試合では初めて、県内2カ所でパブリックビューイング(PV)が開催された。
長崎市 かもめ広場(長崎県長崎市尾上町1)
佐世保市 くっけん広場(長崎県佐世保市下京町8-10)

くっけん広場?
住所を検索すると、四ケ町にある「あの入りにくい建物」だ。
あれは「広場」だったのか・・
かつて親和銀行京町支店だった建物で、外観はいかにも昔の銀行という面影を残している。従って気軽には入りづらい。
里帰りして通りがかる度に、一度入ってみようかと思うのだが、なかなか勇気がわかない。
このような機会に、認知度が高まるとよいと思う。

PV映像はDAZNが提供。
まだ世の中の人に「だぞーん」の認知は薄い。
50台以上の人に「だぞーんでサッカーを見ている」と言っても「VODってなに?」と同じ戸惑いの表情が見て取れる。
まずは「だぞーん」という新しいライフスタイルを知ってもらうことは、DAZNにとってメリットがあるはずだ。


ベガルタ仙台は今期「3人キャプテン制」をとる。
27大岩
17富田(4期連続)
7奥埜
奥埜は2013年から2014年に長崎でプレーした。

阿部(20)は今期、蔚山現代(うるさんひょんで)から移籍。
去年はチェ キュベックと半年、同じチームにいた。


長崎はGK徳重健太(30)がリーグ戦初先発。
2017年シーズンのJ2では増田卓也が全試合出場しており、J2リーグ戦での出場はなかった。
GK2ndのピンクを着用
MF中原彰吾(17)もリーグ戦初先発。


高木監督インタビュー
中断期間はどのようなトレーニングをしてきましたか?
「球際、セカンドボール、局面での有利性に集中してやってきた」
中原彰吾の役割は?
「前の選手の高さスピード(を活かし)裏をうまく突ける球出しを期待している」

2ndユニフォームを着たヴィヴィくんが入場してきて整列する。


ここでDAZNの画面が切断
一旦、ブラウザーを閉じて、再度立ちあげる
DAZNに入って3週間、これが一番早く復旧できる方法だと学んだ。

 

|

« ゼイワンクラブが経験したことのない過密日程 | トップページ | 2週間の空白を経た、高木監督の新戦略 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事