« 日本平で挨拶に立つ高田明社長 | トップページ | V・ファーレン長崎 持てる力を振り絞ってのゼイワン初勝利 »

2018年4月14日 (土)

長崎のやりたいサッカーに、清水が付き合っている

<7節>
4月11日(水)
清水エスパルス-V・ファーレン長崎
長崎にとって、J1では初めてのmid week game
「今日はサッカーがある」
と、家路を急ぐのは悪くない。
応援するクラブがあり、DAZNが(Jリーグ全試合を)配信してくれるから成り立つ趣味だ。


<前半>
開始早々、澤田崇が倒される
澤田はこの日、どちらかというと守備の人だったが相変わらずよく走った
FK中原彰吾は前に蹴らず後ろへ蹴るトリックプレー
この試みは実らず

4分
中原彰吾のFK
今度は前に蹴る
澤田崇が頭で反らしてゴール上
いい攻めだ

6分
中原彰吾のシュートはゴール上に大きく外れる
今日は終始、攻撃の起点は中原

7分
長崎の攻撃がつづく。ボールはずっと画面左、長崎のattacking zoneにある
鈴木武蔵のシュートはヒットせず

9分
清水の初シュート
徳重健太がおさえる

後ろでボールをつなぐ長崎、初めて見る
なんだ、こんなサッカーもできるのか!
これまでの6試合と違うことといえば、MFに黒木聖仁が入ったこと
かつて、デコがいたFCバルセロナ、ポルトガルチームは、彼が「持って」「配って」くれることで味方選手に安心感が生まれていた。
今日は長崎の選手が落ち着いてパス回しをしている
体を捻った後ろの角度へのパスが今日の特徴だ
落ち着けば、精度もあがる
前節までに観られた「え゛~そんなミスキックするの?」というシーンがない


17分
ゴール前の空間へこぼれたボールに詰めた翁長聖のヘッド1m左へ
惜しい

23分
中村慶太が相手の甘いパスに体を入れて奪う
飯尾竜太朗が右サイドを走りフリーでクロスを上げる
鈴木が足で合わせた!
クリアに崩した先制
1-0

29分
右サイドからの流れるような攻めが続く
中村慶太がGKにひっかかって倒れたがPKなし

35分
鈴木武蔵 1-1のシュートはGKに阻まれる
依然として、長崎のいい攻撃がつづく


前半、長崎のボール支配率は56%
今日は球を「持たされている」というより、よく奪い、よく保持できている


倉敷保雄アナウンサー
「長崎のやりたいサッカーに、清水が付き合っている気もするんですが」
この人、おもしろい
ちょっと清水寄りだが、それはホームゲームゆえの気配りか
淡々としていて辛辣、味わいがある


<後半>
黒木聖仁が中盤で起点になり前へボールを送る
まるで「つなぐチーム」みたいなサッカーだ
二日前、不甲斐なさすら見えたチームが、これほど見事なハーモニーを奏でるとは

5分
中村慶太が好機を迎えるが、クロスバー上へ外す

つなぎながら、相手のほころびを探る「崩し」のサッカー
こぼれた球が、不思議に長崎の足下へ入る
リズムのいい今、勝利をたぐり寄せる次の点が欲しい

19分
カウンター
鈴木武蔵翁長聖
シュートはck

22分
鈴木武蔵たてつづけに2本のシュート

23分
少ない手数で清水が前線へ送ったボール
金子のフリーシュートは徳重健太がビッグセーブ
これが、この試合最大の危機だった。

 

|

« 日本平で挨拶に立つ高田明社長 | トップページ | V・ファーレン長崎 持てる力を振り絞ってのゼイワン初勝利 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事