« シャドーストライカーの定義 | トップページ | 東京から鹿島までは片道3時間 »

2018年5月 5日 (土)

次なるサッカーバリエーションを模索するV・ファーレン長崎

V・ファーレン長崎-サンフレッチェ広島
<後半>
前半シュートが当たっていなかった渡(とまり)に代えてティーラシンが入る
ティーラシンはタイ代表のエースストライカーで、メディアは「タイの英雄」と紹介している。
ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)から期限付き移籍中

4節ではコンサドーレ札幌のチャナティップにやられており、タイの選手と聞いただけで嫌な予感がする。


1分
パトリックのヘッドはクロスバー
跳ね返りを田上大地が身を挺して守る
今日初めての決定的危機

4分
広島の波状攻撃が始まった
今期先制すれば100%勝利というデータの広島
前半をしのいで、後半序盤に先制して逃げ切るのが勝ちパターン
長崎はここをしのぎたい

6分
ゴール正面で完全フリーのティーラシン、その両脇にはヴィヴィくんと+が入りそうなほどだ
妹とダンスをするような緩やかなモーションでシュート
それでも徳重健太は手に当てたがゴールイン
0-1
MF名倉巧に代えてMF中村慶太

13分
MF柴崎晃誠のCK
佐々木がグッドセンスで反らしたボールは右隅へ吸い込まれた
0-2

高木監督は「水玉ネクタイ」締めたまま ^^;)

18分
MF黒木聖仁に代えてMF新里涼
この日、黒木には出色のプレーがなかったが、新里涼には守備から攻撃への起点となる動きが冴えていた

23分
翁長聖が相手に当てて、この試合初CKをとる
ゴールエリア中央に高い球を入れたが味方に合わず

24分
中村慶太のクロスをファンマがヘッドで合わせたがGK正面

31分
広島は自陣に引き
長崎が持たされている

奪ったボールを2タッチ目には失ってしまう
技術、経験の差を感じる

解説者の中村さんは、V・ファーレン長崎で指導歴があり、解説のなかに「愛のある指導」がにじむ

34分
澤田崇に代えて平松宗

飯尾竜太朗の折り返しはファンマに合わず

40分
中原彰吾のCK

additional time4

長袖の新里涼がハンド
FKは徳重健太の正面

+2
こぼれた球を飯尾竜太朗シュート
上に浮く


広島は11節で去年(2017シーズン)の勝利数を上回った
両チーム警告0のフェアプレー
クラブマスコットが仲良く場内をまわる
このシーンを全国どこのスタジアムでも見られるといいと思う


いつもは相手監督との握手でにこやかな高木監督
今日は城福浩監督との握手に笑顔なし

城福浩監督
「我々がアグレッシブに守備をすると、後半、相手は落ちると思っていたので、そこでしっかり点をとれればいいと思っていた」

高木琢也監督
「近年何度もチャンピオンになっているチームとやってみて、物さしを計るというか貴重な体験をした。映像を見て選手たちにフィードバックしたい。フリーな選手(ティーラシン)をつくってしまったのは我々のミス」


この日のデータで特筆すべきことは2点
1つは今シーズン初めて長崎が走り負けたこと
「走り負けないことかな」
試合前、城福浩監督が語っていた。
過去10節長崎の走行距離は平均117.9km、この日の115.3kmは「いつもより走れていない」わけではない。
広島が115.6kmを走り、ハードワーク長崎の上をいったのだ。


もう1つは長崎のパス本数(成功率)
過去10節平均=343本(66%)
11節広島戦=575本(83%)

本数、成功率共に飛躍的に改善している。
ただ試合を観ていて、いつもより格段にパスが回っているようには見えなかった。


次は中3日で鹿島戦(カシマサッカースタジアム)
いよいよ、ゴール裏デビュー
緊張してきた^^;)


V・ファーレン長崎ブログ

|

« シャドーストライカーの定義 | トップページ | 東京から鹿島までは片道3時間 »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事