« 登場、即「通勤のエース」エピックリアクト | トップページ | 長崎県人の皆さん 仕事が終わったらV・ファーレン長崎の応援に来てください! »

2018年5月15日 (火)

挨拶にきたV・ファーレン長崎の選手に僕らが言ったこと

【臨時告知です~16日まで掲載】 関東の長崎県人の皆さん!16日は平塚で湘南-V・ファーレン長崎の試合があります。Jリーグカップの勝ち抜けが懸かった一戦。湘南新宿ラインか品川から快速を使えば、17時に会社を出ても間に合います! ぜひアウェイゴール裏で長崎を応援しましょう!よろしければ、拡散をお願いします!
長崎は今日も雨だった
(ここは鹿島だけど)
もう雨が止むことは諦めた
強くなる雨は歓迎できないが、この雨が「長崎の時間」を連れて来る予感がある
「雨のゲームは負けがない」というジンクスがあるわけではないが、現場にいる時はそうした暗示に魅入られてしまう

32分
ファンマがコーナーキックをとる
チェキュベックがフェイクで走り、田上大地が狙うが合わず

36分
エリア内でMF飯尾竜太朗のシュートは相手DFに当たる

37分
遠藤が左足でカーブをかけたシュートはポストに当たる
ただでさえ雨に濡れて冷たいところに、さらに肝を冷やす
なんとか1点差キープで望みをつなげてと祈る

38分
左サイドでボールキープする澤田崇、後ろから鈴木優磨の手で右肩を突き飛ばされてボールを外に出してしまう
主審佐藤隆治、ノーファウル
「いい守備ですね~鈴木優磨」と解説の松原良香
どういう基準でサッカーの仕事をしているのだろう

「判定に異を唱えるのは常に敗者」
これは、FCバルセロナの監督だったフランク・ライカールトがCL2004-05 ベスト16でチェルシーに敗れた後の談話。
「判定に異を唱えるのは常に敗者」
異を唱えられた勝者ではなく、敗者自ら語ったところが、ライカールトらしく美しかった。

その言葉を引くならば、ここは僕が言ってはいけないのだが、審判と放送従事者には「ホーム寄りの配慮」があるような気がしてならない

40分
「あと5分」のプラカードが示されて、FUNKISTが作った長崎の応援ソング「V-ROAD」が始まる
DAZNでも耳を澄ますと、かすかにwow wowの合唱
ここは鹿島サポーターの音量にかき消されていない

+1分
チェキュベックが前線に残って攻撃参加
ゴール裏から見ていると、斜めに走りボールへ突進してくる形相がスゴイ
今日実を結ばなくても、彼の姿勢は一貫していい
今はまだそれほど上手くないかも知れないが、きっと上手くなり僕らを熱狂させる日が来ると信じている

+2分
エリア内翁長聖がシュートにいかずパスしてDFに奪われる
打ってくれ~

長い笛が鳴る
あれ、additional timeないの?
翌日、DAZNで見て+3だったことに気づいた


僕らはできるだけ前列へ集まる
握手が終わると長崎の選手がすぐにサポーターへ挨拶に来てくれた
皆の表情が険しい。特に髙杉亮太が

髙杉亮太が翁長聖になにか言っている
+2分のシーンのことだろうか

選手がよく頑張ったことは、数字を見るまでもなく僕らはよくわかっている
目先のできる仕事をしっかりとやり、成長の途上にあるチームに対して、激励以外の選択肢は無い
誰もが下を向くな、よくやった、次は頼むよと声を掛ける

ボールは疲れない、だから(パスを回して)ボールを走らせているように見えていた通り、パス数611は鹿島の511を上回った。
しかも、走行距離は122.5と7節清水戦以来、今期5度めの120km超え

高木琢也監督
「時間帯かなと思う。攻撃を完結できるようになってくれば。どの試合も頑張ってくれている。自分たちのサッカーも出ている」



V・ファーレン長崎ブログ

コメントについて~非公開希望の場合、その旨をお書きください。

|

« 登場、即「通勤のエース」エピックリアクト | トップページ | 長崎県人の皆さん 仕事が終わったらV・ファーレン長崎の応援に来てください! »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登場、即「通勤のエース」エピックリアクト | トップページ | 長崎県人の皆さん 仕事が終わったらV・ファーレン長崎の応援に来てください! »