« 挨拶にきたV・ファーレン長崎の選手に僕らが言ったこと | トップページ | 帰りのバスでも鹿島サポーターに話しかける »

2018年5月16日 (水)

長崎県人の皆さん 仕事が終わったらV・ファーレン長崎の応援に来てください!

2018年5月16日(水)
湘南ベルマーレ-V・ファーレン長崎
Shonan BMW スタジアム平塚
19:00キックオフ

「平日」の「Jリーグカップ戦」
長崎のゴール裏には、いったいどれくらいのサポーターが集まるだろうか?
長崎がどれだけおもしろいサッカーをしていても、長崎に縁もゆかりもないサッカーファンが大挙押し寄せてくれることはないだろう。
やはり、長崎出身で今は関東在住の「長崎県人」が頼りだ。

高田明社長が出演して「長崎県人」の関心に火をつけてくれると期待していた5月7日「報道ステーション」松岡修造との対談は、都合により5月末に延期となった。

関東でのV・ファーレン長崎への関心は低い。
それは開幕戦「平塚」5月2日「鹿島」のゴール裏を見れば明らか。
鹿島ではアウェイチケットが250枚しか売れなかったため、アウェイエリアが半分以下に縮小されてしまった。



アレクサ明日の平塚の気温は?
「明日の神奈川県平塚市の天気はくもり時々晴れ。最高気温は28度。最低気温は19度です」

アレクサ、明日の予想フォーメーションは?
「ちょっと難しいです」^^;)

いずれオーナーの嗜好を学習して、それくらいのことは平然と答えるようになるのだろう。とりま明日夜は冷え込んでも19度ということがわかった。

先人は「八十八夜の忘れ霜」といって、立春から八十八夜の頃、急に気温が下がって遅霜が降り、農作物に被害を与えることを警戒した。
その教えに習った鹿島戦からちょうど2週間。

気温は10度以上上がり、雨の心配もない。
仕事帰り、スタジアム直行になるので、長袖のシャツ1枚にして、平塚の駅でV・ファーレン長崎のユニフォームを羽織ることにする。
彩りを考えて、シャツは淡いブルーを選ぶ。

前回、J1開幕戦で訪れた時は「アウェイ指定席」
今回は「アウェイサポーター立見」
野球場の場合「立見」と言えば、後ろの通路で立って見ることだが、平塚のゴール裏にはそもそも座席がない。全員が立見なのである。
そこで新たな装備として、マラソン当日に使っている「折りたたみ椅子」「小型レジャーシート」をデイパックに入れた。

マラソン用に揃えた装備は、サッカー観戦に転用できるものが多い。
ふくらはぎを加圧する「ゲイター」クッショニング抜群のスニーカー「エピックリアクト」が、立ちっぱなしの90分に威力を発揮することは鹿島戦で証明済み。
マラソンレース中に飲むようになってから「35kmの壁ってなんですか?」と言えるようになった「日本新薬のWINZONE ENERGYxENERGY」は鹿島戦では絶大な力を発揮した。


2018年5月16日(水)
YBCルヴァンカップ
グループステージ6節

D組2位V・ファーレン長崎、3位湘南ベルマーレは勝ち点7で並んでおり、勝った方がプレーオフ進出という「直接対決」

引分けの場合、両チームが勝ち点8となる。
レギュレーションでは「勝点が同一のチーム同士で行った試合の勝点が多い方が上位」
長崎はホーム(トラスタ)で湘南に勝っているので「引分け」の場合、長崎の進出が決まる。


長崎が(D組2位で)勝ち抜くと、A組1位を相手に6月2日ホーム、9日アウェイの2試合が組み込まれる。
2018年はW杯開催年。
5月21日~7月17日と、およそ2ヶ月にわたりJ1はお休み。
YBCルヴァンカップで勝ち抜けば、その間の楽しみが増える。

YBCルヴァンカップ(Jリーグカップ)はJ1の18クラブと、前年J1から降格となったうち2クラブの合計20クラブが参加する。
従って今期J1初昇格の長崎はYBCルヴァンカップ「初出場」
記念すべき初出場をグループステージ突破で飾りたいところだ。


V・ファーレン長崎ブログ

コメントについて~非公開希望の場合、その旨をお書きください。

|

« 挨拶にきたV・ファーレン長崎の選手に僕らが言ったこと | トップページ | 帰りのバスでも鹿島サポーターに話しかける »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挨拶にきたV・ファーレン長崎の選手に僕らが言ったこと | トップページ | 帰りのバスでも鹿島サポーターに話しかける »