« ヴィヴィくんグッズゲット!味覚糖の思う壷とは? | トップページ | 箱買いしたサンポー焼豚ラーメンの食べ方を極める(2) »

2018年6月10日 (日)

箱買いしたサンポー焼豚ラーメンの食べ方を極める(1)

サンポー焼豚ラーメンを箱買いした数日後、普及活動の成果を確認すべくサトウさんに声をかけた。

どう?
と僕が近づいただけで、サトウさんの表情に笑みが浮かんでいる。
これは、美味しかったのだなとすぐに察知できるほど。


「いやぁ美味しかったです。スープがしっかりとんこつ味なんですね。カップ麺のとんこつって、もっと薄い感じを想像していました。体によくないかなと想ったんですけど、スープまで全部飲んじゃいました。紅ショウガも自分で増量しちゃいました」

月に一度程度しかカップ麺は食べないというサトウさん、十分気に入ってくれたようだ。

まだ残っていますので、またよろしく!

その日、まだ店頭に在庫があったことは確認済みだ。
ひとつの会話で起承転結をつけるために、日頃のこまめな情報収集が活きてくる。
もちろん活きないことの方が多いのだが。


つづいて、佐賀出身のスズキさんに声をかける

買った?

スズキさんも僕の顔を見るなり、満面の笑み。

「はい、買いました。2つ。ちょうど遊びにきていた友達にも1つプレゼントしました。箱買いしたんですか?いいなぁ、また買わなきゃ」

今朝、まだ残っていたよ
ここでも在庫確認情報を提供する。



さて、せっかく箱買い(12個)したので、美味しい食べ方を極めてみたいという欲が湧いてきた。
そこで、食べるごとに趣向を変えてみることにした。


はじめの1個はいつも通り「2分」で食べる。
メーカー推奨規定は「3分」なのだが「ラーメンは固め」が好きなので、いつもちょっと早めにフタを取って食べ始める。
どうせ、食べているうちに数分が経つのだから、規定の「3分」は超える。
ならば固麺→やわ麺という推移を愉しんだ方がいいというのが持論だ。
(それほどのことか)

ふつーに美味い

料理評論家には許されないコメントだが、僕は素人なので使ってもいいだろう。

2個めは「3分」これも、ふつーに美味い
というより、何の冒険もしていない。
僕の「焼豚ラーメンの挑戦」はここからだ。

つづく

|

« ヴィヴィくんグッズゲット!味覚糖の思う壷とは? | トップページ | 箱買いしたサンポー焼豚ラーメンの食べ方を極める(2) »

たべもの」カテゴリの記事