« 東京五輪まであと2年 | トップページ | 半年待っていた「平和祈念ユニフォーム」 »

2018年7月25日 (水)

駅で足を踏まれる被害者の会

全国の「駅で足を踏まれる被害者の会」の皆さん、こんにちは
その後、毎日のように足をふまれているでしょうか。


を書いてから早くも4年が過ぎようとしています。
僕の記憶ロジックに問題があるのかも知れませんが、それを書いたのは、つい昨日のことのような気がします。


あれからもずっと、定期的に駅の雑踏で足を踏まれ続けているのですが、いつも「ここで波風を立てたら負けだ」と言い聞かせて、耐えてきました。

最寄り駅には「暴力は犯罪です」という貼り紙があり、それは返って、駅で暴力沙汰が多いことの反証と言えます。

どこ、見て歩いてんだよっ!

いちゃもんの1つでも言おうと、振り返ったら、強面のお兄さんだった・・
ということがあるかも知れません。
そうでなくても、相手が「なんだよ?文句あるのか?」と応戦の表情を見せたら、売り言葉に買い言葉。何が起きるかわかりません。
特にこんな暑い夏には。


だからいつも、足を踏まれると1秒だけ動作を止め、背中で「え゛」「なんで?」という意思を示していました。
しかし、そんなことをしたからと言って、なんにもなりません。
それによって後ろから「すみません」の小声でも聞こえてくるかと耳を澄ますのですが、そこにはただ雑踏があるだけ。

ある時、僕の足を踏んだベルトの上に贅肉がはみ出しているおじさんが、改札を抜けると僕の右脇をすり抜けて追い抜いていきました。
そして、雑踏の向こうに見えなくなるかと思ったら振り返りました。
そして、すぐに「なんだ・・」という顔をして、前を向いて歩いて行きました。

どうやら、おじさんも足を踏まれたようです。
今し方、自分が踏んだ自覚があるから、踏んだ相手が報復で踏んだと思った様子。
しかし、遠くにいる僕の姿を見て「なんだ、違ったか」という複雑な表情だったのでしょう。

僕も他人の足を踏んでしまった時、後ろから踏み返されたことがありました。
相手は30代頃の女性でした。きっと、こんな静かなバトルが今日も都会のあちこで行われているのでしょう。


さて、ここからが現在の話しです。
最近、足を踏まれたら、振り返ることにしました。
でも、言葉では何も言いません。

「あれぇ、どうしたのかなぁ?今足を踏まれたような気がするけど、いったいどちらの方が、そんなに急いでいるんだろう?」
とコナン君の声で読むとぴったりの風情で、ゆっくり振り返るのです。

これまで3回やってみましたが、1回めは「無視」2回めは小声で「・・・」(ほぼ聞こえない)そして3回め、後ろを歩いていた40代頃の男性が「すみません」とはっきり聞こえる声で謝罪を述べられました。


だから「今日はいい一日だったなぁ、るんるん」と清々しい気持ちになるようなことはありませんが、悪い気はしないものです。

日本人が悪いなと思ったら、見ず知らずの人にも謝る。
「日本人って、雑踏で足を踏んだら、誤るんだぜ?incredible!」
と海外のSNSで話題になるような日が訪れることを願います。

|

« 東京五輪まであと2年 | トップページ | 半年待っていた「平和祈念ユニフォーム」 »

くらし」カテゴリの記事