« 40年振り、五島へ | トップページ | 埋め立てられた浦桑 »

2018年9月 4日 (火)

トランスコスモスが佐世保に進出!

2018年9月3日
トランスコスモスが佐世保に出先を開設することが発表された。
トランスコスモスといえば、諫早にあるトランスコスモススタジアム長崎(長崎県立総合運動公園陸上競技場)の命名権を保有する企業。


■トランスコスモスと長崎

2015年4月30日
V・ファーレン長崎ヴィヴィくんのマスコットスポンサーとなる

2015年5月25日
BPOセンター長崎開設(長崎市)

2016年
長崎県立総合運動公園陸上競技場(諫早市)の命名権を取得「トランスコスモススタジアム長崎」とする

2018年9月3日
BPOセンター佐世保開設発表

2019年1月
BPOセンター佐世保業務開始

2021年
BPOセンター佐世保を最大400名体制にする計画



佐世保BPOセンターの所在地は佐世保市松川町1-19
戸尾市場の通り
大昔のユニード、その後ダイエー、現在エレナ京坪店の目の前となる。

BPOとはBusiness Process Outsourcing
一般的には、コールセンターやECの受注センターを担う。
長崎と佐世保では、主に委託元企業の人事、総務、経理などのバックオフィスをシェアードサービスとして担う。


長崎市家野町6-1にあるBPOセンター長崎は、長崎にしては大きなビルであり、ウェブサイトによると従業員数は16,282人。

地方都市において「ホワイトカラーの雇用」はとても大きな意味をもつ。
今回の佐世保進出に感謝する。
そして、BPO佐世保がいずれ何処かの広い土地に大きなビルを構える日が来ることを祈る。

V・ファーレン長崎にも夢があるが、トランスコスモスにも夢がある!

|

« 40年振り、五島へ | トップページ | 埋め立てられた浦桑 »

ビジネス」カテゴリの記事