« 日本ではここだけ? V・VAREN PORT | トップページ | 2018年夏、一年ぶりの佐世保駅 »

2018年9月18日 (火)

速い!長崎空港→佐世保駅 乗合ジャンボタクシー

長崎空港から佐世保港へ移動する

海上空港である長崎空港に、鉄道は乗り入れていない。
行き先がハウステンボスならば「海路」もあるが、佐世保港(JR佐世保駅)の場合、選択肢は陸路のみとなる。

方法は「路線バス」または「ジャンボタクシー」
今回は乗合ジャンボタクシーを予約した。
費用は路線バスと比べて100円高いだけ。
路線バスのように、停留所に停まらない分、所要時間は格段に短い。
(ウェブサイトでは「バスより20分~40分も早く到着」と謳っている)
ただ、その速さに少々恐怖を感じることになるのだが・・


ジャンボタクシーの出発時刻は、空路の便から余裕を持って乗り継げるように設定されており、V・VAREN PORTでゆっくり買い物を済ませてから乗り場に着くと定員8人の2番乗りだった。
荷物を後部トランクに入れてから、予約しておいた名前を告げて、現金で1,500円を支払う。


この日、長崎の気温は35度。
今回の旅では東京と比べて、概ね3度~4度、高かった。
窓ガラスには遮光フィルムが貼ってあるのだが、窓に近いだけで暑い。
定刻の3分前、若い女の子2人組がやって来て満員となり、定刻どおりの出発。


出発するとすぐに、車は高速に上がり、女の子は2人とも首を傾けて爆睡にはいる。
若い子は、どこでも寝れていいな・・

白いカッターシャツを来たビジネスマンはiPADで仕事を続けている。
するとiPADおじさんの携帯が鳴る。
マナーモードにしておいてよ・・
女の子が2人とも起きる

「あ、おつかれさまっす」
出るのか・・
「いま、向かってます。かけなおします、すいませーん」
電話の相手には詫びたが、我々には一言もない
女の子は何事もなかったように、すぐに爆睡に戻る


それにしても、とばすなぁ
まぁ高速道路だから、ここはとばすところなんだろうけど
あっと言う間に大塔のイオンが見えてきた
一年ぶりに佐世保に帰ってきたという感慨がない


ジャンボタクシーは佐世保駅の裏側、港に面した「みなと口」に着く。
これは速いし、料金も手頃でいい
これから先、あまり機会はないと想うが、佐世保⇔長崎空港の移動ではこれ一択と言ってもよさそうだ。

上五島ブログもくじ

|

« 日本ではここだけ? V・VAREN PORT | トップページ | 2018年夏、一年ぶりの佐世保駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事