« 鹿島サポーターにはいい旅だった | トップページ | 上位チームに3連敗 でも希望の視界は開けている »

2018年9月14日 (金)

佐世保市役所 V・ファーレン長崎応援バスツアーは安い!楽!速い!

<22節>
8月15日 トラスタ
V・ファーレン長崎 1-2 鹿島アントラーズ

試合終了の長い笛が鳴るや否や、僕らは選手が挨拶に来るのも待たず、スタジアムを後にした。
これから訪れる状況を十分に察知していたからだ。

およそ1kmを歩いて駐車場「野球ひろば」にたどり着くと、既に出庫する車が列を作っていた。
早速、車に乗り込んで列の後ろに並ぶ。
しかし、停めた場所は広場の一番奥。
これから、次々と観客が車に戻り、木の葉の樹液のような渋滞が起きることは火を見るよりも明らかだ。

10分ほど停まったままの車でハンドルに伏せていた兄が、ついにギブアップ。
後ろの車にちょっと下がってもらい、車を駐車位置に戻す。
車を降りた僕等はそこから1.5kmほど離れたガストで1時間をつぶして戻って来た。
試合終了から1時間30分
ちょうど出庫する車の渋滞が終わり、駐車場を後にした。


都会の人がこの噺をきけば「車で行くのが悪くね?」と言うだろう。
僕もそう想う。
僕も最初は公共交通機関で行くつもりだった。

そうしなかった理由は、西肥バス観光が募集する「V・ファーレン長崎応援ツアー」バスが、春先の販売不振で見切りを付けて、販売中止となったためだ(それでもホームページには掲載され続けていた)


東京に戻った2週間後
佐世保市役所が「V・ファーレン長崎 佐世保市民応援バスツアー」を催行する知らせが届いた。

第5弾ベガルタ仙台戦は、最低催行人数20人ぎりぎりだったが、催行が決定され、姉はようやくトラスタの地を踏むことになった。


とにかくこのツアー「安い」「楽」「速い」
B自由席(前売り3,000円)付きで合計4,000円
(小中高は2,500円)
バス代は往復わずか1,000円見当
往復ともに運転せず寝て行けるし、バスはスタジアムに着くので、駅や駐車場からの長距離を歩かずに済む。
入出庫で駐車場に並ぶことがないので速い。


佐世保市役所の皆さん、本当にありがとうございます。
ぜひ、これから先も、末永く続けてくださるようお願い申しあげます。


V・ファーレン長崎ブログ

|

« 鹿島サポーターにはいい旅だった | トップページ | 上位チームに3連敗 でも希望の視界は開けている »

V・ファーレン長崎」カテゴリの記事