« 最後の曲で遊佐未森の声がかすれていたのは | トップページ | 黒島のことを僕はなにも知らなかった »

2018年10月13日 (土)

ナイキの短パンで「インナーなし」を見分ける方法

マラソン史上最も薄い靴下に出会った次は、3年ぶりの短パン買い換えの検討にはいる。
別に3年で買い換えると決めているわけではないが、つくばマラソンで着るV・ファーレン長崎のユニフォームにぴったりと合う青い短パンが欲しかった。


マラソンを始めて以来、上に着るのはいつもサッカーのユニフォームで、それも去年までの12年間はずっとデコ(ナンバー20)のユニフォームだ。
FCバルセロナ、チェルシー、フルミネンセといった海外の人気クラブチームの場合、ユニフォームと共にゲーム用のパンツも販売している。従っていつもレースで履くのもサッカーパンツだった。

だが、V・ファーレン長崎のパンツは売られていない。Jリーグを見渡しても過去に販売されている形跡はあるが、現在は売られていないようだ。少なからず買いたいファン・サポーターはいると思うのだが、ここまで売らないのには何か理由があるのかも知れない。コスプレしたサポーターが選手に混ざって場内に乱入するとか。選手を騙ってスタグルを奢らせるとか(笑)


ないならば、代用品を買わなければならない。
そこで「青」「ポケット付き」「インナーなし」「股下18cm」の条件で探し始める。ネットで検索すれば、あんなものも、こんなモノも見つかる世の中だ。楽勝で見つかるだろうと思っていたのだが、意外とてこずってしまった。

「ポケット付き」は便利だ。サッカーパンツには一切ポケットがついていない。それに10数年付き合ってきたので、ポケットが付いているという便利さに衝撃を受けてしまった。

「インナーあり」のパンツというものがこの世にあることを知らずに買ったことが一度ある。今も練習用に履いているが、レース時にはコンプレッションパンツを下につけるので窮屈になる。レース用には「インナーなし」が必須だ。



結果的に購入するまでに3ヶ月を要した。
購入したのはナイキのFLEX 7インチ アンラインド チャレンジャー ショート」で、色はライトフォトブルー
品番:856841 435


ネットで短パンを買う時に困るのは「インナーありなし」がわからないことだ。これが、探索を難しくする。
アンダーアーマーのように「インナーなし」と謳っているメーカーもあるが、たいていの場合、販売ページのどこにも書いていない。
ナイキの場合、しらべてわかったのは、商品名に「アンラインド」という語句が入っていれば「インナーなし」で「ラインド」とあれば「インナーあり」だ。
これがわかったことで、一気に探索の効率が上がったのである。



ナイキ公式サイトでは「股下**cm」や「着丈**cm」といった情報は開示されていない。
実際に取り寄せて履いてもらい、着心地、機能性を感じてもうらためであるという。そのために、出荷日から30日以内であれば商品の状態にかかわらず、例えばタグを外して実際に着用した後でも返品、サイズ交換ができるようになっている。

股下の長さは13cm、18cmのものが大半。
足の長い若者ならば13cmでも映えそうだが、僕には18cmがしっくり来る。1インチは2.54cmなので「7インチ」=17.78cmで探した。

つくばマラソンブログ目次

|

« 最後の曲で遊佐未森の声がかすれていたのは | トップページ | 黒島のことを僕はなにも知らなかった »

しらべるが走る!」カテゴリの記事