« ビジターサポーターのためにここまで作るとは・・柏でよりみち アディショナルタイムズ | トップページ | べっぴんさんではないが惹き付けるまんぷくのヒロイン »

2018年10月16日 (火)

戦慄の歯科医体験

明日、歯医者に行く方は読まないことをお勧めします


お変わりありませんか?
数ヶ月ぶりに会う歯科医が声をかけてくる
えぇ特に・・
僕は思わず苦笑いする
お変わりありませんかには、相変わらずちゃんと歯が磨けてないんでしょうね?という揶揄が含まれている気がするからだ。


口をゆすいで診療ユニットの椅子に寝そべる
ごほ、ごほ
いつもならばすぐに「さぁ診ましょうか」とやってくる歯科医が離れた場所で咳をしている
体調が悪そうだ
マスクをしているから、それほど気にはならないが


いつもよりは磨けていますね!
久しぶりに聞くお褒めの言葉につづいて、でもやっぱりまだまだです。そう言ってお掃除が始まる。

はじめはシリウスを使って歯間をみていく
完全予約制のその歯科医院に、いつも他の客はいない。
エアータービンのきゅいーんという音が鳴っていない分、部屋が静かだ。
かすかに聞こえてくるBGMは、歯科医院向けのチャンネルなのだろうか。時折音楽の合間に歯の保守についてのお知らせが流れる。

ぐしゅぐしゅ、ごっくん

ん?なんだ?そのごっくんってのは?
それも間近、というより真上から聞こえる
僕の視界は歯科医によってタオルで塞がれているが、歯科医が必死になにかをこらえていることは容易に想像がつく。


つづいてエアータービンによる施術が始まる。
神経を逆なでする周波数の高い音は、何度経験しても慣れない。
僕の体が緊張で堅くなる
いや、今日はそれだけではない

大きく開けた僕の口の真上に、鼻水だか痰だかを必死にやりくりしている男がいることが、緊張を増しているのだ。

しかも彼は当然ながら、右手にエアータービン(細いドリルのようなもの)左手に水分を吸引するバキュームノズルを持っている。
少しでも手先が狂えば、いったいどんなことが起こるのか?

ドリルが歯に穴をあけるんじゃないか
バキュームノズルに喉ちんこが吸い込まれるんじゃないか

考え出したら、怖くて仕方ない
だから、考えないことにする
患者と歯科医の信頼関係なくして、歯科治療というものは成り立たない。


心なしか歯科医がエアータービンを操る手つきが雑だ
ごしごしと歯に突き立ててくる
いつもそうだったのか、もしかして、早く終わりたいという心理が彼に働いているんじゃないのか

そして心なしか、治療はいつもより早く終わった
僕の歯の状態がよかったのか、彼がそうしたかったのかはわからないが、すべては杞憂に終わった

|

« ビジターサポーターのためにここまで作るとは・・柏でよりみち アディショナルタイムズ | トップページ | べっぴんさんではないが惹き付けるまんぷくのヒロイン »

心と体」カテゴリの記事