« 高木琢也とジョゼップ・グアルディオラ | トップページ | リマインドメールに書くべき4つの要件 »

2018年11月22日 (木)

リマインドメールが必要な組織とは?

今日もサトウさんに一通のメールが届く。

----------------------------------------
本日のミーティング(リマインド)
----------------------------------------
売上倍増プロジェクトメンバー各位

お世話になっております。スズキです。
本日ミーティング開催日です。

15:00~

宜しくお願い致します。

----------------------------------------

サトウさんが入っているプロジェクトのリマインドメールだ。
サトウさんは、この「リマインドメール」なるものを受け取る度に苦々しく思う。
リマインドなんてされなくたって覚えているし・・



しかし、リマインドメールは後を絶たない。
なぜならば、皆、忘れているからだ。
実際、開始時間に来ている人は半分もいない。
サトウさんは「10分前行動」をモットーとしており、会議が始まる10分前には会議室に入っているが、当然、誰も居ない。
数分して会議の主催者がやってきて、サトウさんの姿を見てびっくりされてしまう。

「え?早いですね」
おまえが遅いんだよと思うが、口には出さない。世間とはそういうところではないと長く生きてきて学んだから。

「なに、してるんですか?」
いったい、ここで何をしているのか?と問われることもある。
見りゃわかるだろ、会議に来てるんだよと思うが、口には出さず神対応。
10分前行動をモットーとしているもので・・

すると「ヒマなんですか?」と言われたこともある。
その時はさすがに、開いた口が塞がらなかった。



時間にルーズなことが文化として定着しているような組織においては、リマインドメールは必要悪。
だが、せっかく出すのならば、ちょっと違うと思う。
サトウさんが考えるリマインドメールの要件は4つある。

1.時刻
2.場所
3.会議の目的
4.会議資料の在処


→詳細解説へつづく

|

« 高木琢也とジョゼップ・グアルディオラ | トップページ | リマインドメールに書くべき4つの要件 »

ビジネス」カテゴリの記事