« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の31件の記事

2019年1月31日 (木)

「ざーまに」「あっぱよー」

高速船が桟橋を離れる
後ろを振り返ると、指定席は半分くらいしか埋まってない
お盆で本土に出た人々が島に戻るのと逆方向だからだろう



有川を出て20分、船は有川湾を出る
右側の窓際(H列)をとったのは正解
船窓から間近に頭ヶ島を見ることができる
頭ヶ島に別れを告げ平島の沖まで来ると、船が揺れ始めた
もう読み書きは無理
景色を見るのみ


「冷たい部屋の世界地図」のイントロが流れ始める
魚目中の先生がLPを借してくれた「陽水IIセンチメンタル」のA面の1曲目に収録されていたこの曲は、僕が鯨波丸に乗る旅の相棒だった。
ウォークマンにイヤホンをつなぎ、プレイボタンを押下
去年の下関海響マラソンで使って以来、9ヶ月ぶりに取り出したイヤホンは壊れていて、右側からしか音が出なかった。


ヒフミちゃんに見送られ、上五島を出た日から40年
かつて住んだ町を尋ねる懐古の旅は、最後に五島だけを残していた
陸が続いていないということは、それだけ大きな障壁なのだ
いつか、必ず一度は行こう
そう思っていたが、一度だけ行こうとも思っていた
一度行って、今その場所がどうなっているのかを見れば、それで気が済むだろうと


2018年、夏、上五島
三日間、僕の町だった
また来るのもいいな
「ホテルメリッサ」に泊まり、お昼は「ヤキリンゴ」パンと缶コーヒー
夕飯は毎晩「竹酔亭」で日替わりの五島うどん

世界遺産「頭ヶ島の集落」が、これからどのように観光化されるのかは見てみたいけれど、他に何をするわけではない
ワゴンRを借りてそこらを走り
走れる靴を持ってきて「農道一周」を走る


佐世保に帰り、かんころ餅のお土産を姉に渡す。
姉がもっとも気に入ったのは上五島高校の前に立っていた2枚の看板だった。




「あっぱよー」は「驚き」
「ざーま」は「たくさん」
を意味する五島の方言
この旅では旧友の誰とも会えず、観光客として扱われた僕に、五島民は標準語で応対したから、懐かしの「五島弁」をこの耳で聞くことはできなかった。

上五島の旅(おわり)

上五島ブログもくじ

|

2019年1月30日 (水)

有人国境離島法



SNS風・・っていったいなんだろう
海苔がのったラーメンの○○系みたいなものか
あるいは、大きな施設が謳う最大「級」のようなもの?
「SNSパネル」でも誰も文句は言わないと思うのだが、あえてこうしたことで、ツッコミを受けられるというところまで先読みしたならば、上五島観光協会は侮れないな・・
と思いつつ、さすがにそこに顔を入れて「すみません、写真撮ってください」とは言わなかった。



有川から佐世保へ向かうのは1日6便
子どもの頃は1日1便か2便だったと思う。
人口は4分の1に減ったのに、船便は増発されている。


僕が支払ったのは2枚回数券を往復に充てて7,200円
これが上五島民の場合、割引される。

2016年4月20日「有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法(通称:友人国境離島法)」が成立。
新法は国境に接する離島に人が継続して居住できるよう国が積極的に関与し、領海や排他的経済水域を保全することを目的としている(2017年年4月1日施行)

割引額は一律の割引率ではなく、同法では次の目安としている。
フェリー⇒JR在来線並み
高速船⇒JR特急並み
航空路⇒JR新幹線並み

有川港ターミナル内には「有人国境離島法により運賃島民割引実現!新上五島町」の幟があった。



9:50乗船
予約開始初日にとった座席は、行きと同じ最前列の窓際

甲板には上がれるんですか?
来る船でとなりの原君に尋ねたのと同じことを、今度は船員さんに聞く。
「いやこれは上がれません」

そう聞いて、諦めがついてよかった
確かにこの船の甲板は手すりが低いし危ない

昔は3時間もかかったので、暇つぶしに甲板に出て時折並走するイルカを眺めていた。船酔いしそうな時に潮風に当たると、なんとか踏みとどまれるという利点もあった。だが、現在の所要時間はその半分。雑魚寝だった二等は今や1人ずつの指定席。窓際の指定席がとれれば、席に居ながらにしてずっと海を見ていられる。もう甲板に上がる必要もない。


船窓を眺める旅は初めて
贅沢だ
今日は、となりに人が来ない
原君は今も実家でくつろいでいる頃だろう
(この旅の間に、一度原君と会った)
話し相手は居ないけれど、それも気楽でいい




高速船シーエンジェルが有川の桟橋を離れる
後ろを振り返ると、指定席は半分くらいしか埋まってない
お盆で本土に出た人々が島に戻るのと逆方向だからだろう

上五島ブログもくじ

|

2019年1月29日 (火)

旅の想い出は頭ヶ島天主堂ステンドグラスの栞

五島で暮らしたことで、僕は性格がねじ曲がった
それまではもっと、楽観的で自由奔放だったのに
五島に行くことがなければ、もっと楽な人生が送れた
五島での暮らしでいい想い出はない。五島の暮らしは悪いことばかりだと思って、この40年を生きてきた・・

だが、悪いことばかりでもない
今こうして空想力を働かせ、他人の気持ちを深読みすることで、文章を書くことについて言えば、視点が多面的になっている。
それは、五島に住んだ時に身につけた性質と言える。



朝7時、島内放送が流れているが内容は聞き取れない。
そこに住む人たちがいて、その集落を維持していこうと努力している人たちがいる

三日間住むと名残惜しい。
ずいぶん久しぶりに訪れた僕を、この島は受け入れてくれた。
でも僕はここにこの気持ちを置いていく。
また明日からも目の前の1分に集中する。
僕を育ててくれてありがとう
僕はこの島で受けたいろいろな苦しかったこと、その人たち全て許す。そしてみんなに感謝している。


三泊四日お世話になったお礼を述べて、フロントで鍵を返す。
冷蔵庫は最初から空っぽだし、変なビデオ設備はなかったので、精算は発生しない。



浦浜のバス停で青方から来るバスを待つ
有川港行きの西肥バスは
他に乗客はなく、370円でバス一台貸し切る恰好になった。

旅の終わりに、有川港ターミナルの土産物屋で自分用の記念品を探す。
旅の記念品として蒐集している建物のミニチュアやフィギュアといったものはなく、ステンドグラスを模した文庫本の栞を購入。いくつかの教会バージョンがある中で、残りわずかになっている「頭ヶ島天主堂」を買う。

長崎しま自慢観光企画(五島市福江町)
ステンドグラスの栞
頭ヶ島天主堂
270円


頭ヶ島天主堂のステンドグラス(屋外から撮影)

ステンドグラスにはイエスの生涯、聖書の一場面、花や幾何学模様などがあしらわれる。様々な色のガラスに光が透過すると教会内は幻想的な風景となる。
ステンドグラスは、文字が読めない人にも、視覚的に神を感じてもらうための工夫と言われている。
V・ファーレン長崎が2019年シーズンで身に纏うユニフォームは、そのステンドグラスをモチーフにしている。これほどまでに美しい物語を編み込んでいるユニフォームは類を見ないと思う。


旅の想い出はステンドグラスの栞一枚
世界遺産登録からまだ一月。これから先、旅人の心をぐっと掴むような品が出てくるだろう。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月28日 (月)

五島のホテルに無線LAN環境をつくる

有線LAN設備があり無線LANがないホテルメリッサで無線LAN環境を作るため「上五島の旅」の前に以下の2つを準備した。

【1】無線LAN親機
BUFFALOエアステーション
WMR-433W
実勢価格1,200円

【2】一番短いLANケーブル
エレコムやわらかLANケーブル(15cm)
LD-GPY/BU015
実勢価格:251円


【1】エアステーションはとにかく小さくて(4.5×4.5cm)色展開が多くて(8色)楽しい。
【2】ケーブルは長い必要はない。旅の七つ道具に入れておくものなので嵩張らないに越したことはない。「やわらかケーブル」ならばツメが折れないので安心して使える。
LANケーブルはフロントでも貸出品があるが、たいていホテル備品は事前予約できない。借りられるかが不確実ならば持っていた方が安心だ。

▼LANケーブルを壁のLAN端子に挿す
▼LANケーブルの他方をエアステーション本体に挿す
▼パソコン・スマホでパスワードを入れて無線LAN環境のできあがり


明治安田生命J2リーグレノファ山口-徳島戦(維新みらいふスタジアム)
前半42分、1点ビハインドの徳島は小西雄大に替えて大本祐槻を入れる。この3日後、大本祐槻のV・ファーレン長崎完全移籍が発表された。
試合は 90+4 後半ロスタイムに追いつかれて2-2の引分け

梅雨どきに始まった山口の混迷は、ガンバ大阪による小野瀬康介引き抜きで決定的となり、真夏を迎えても収束の兆しがない。
1人旅の夜、勝利の祝杯を挙げることはできなかった。





五島の旅<4日め~最終日~>

6:02
目が覚めた
日本の西端、五島列島は最も夜明けが遅い
まだ薄暗い部屋で僕は、ここに居るうちに、ここに居たことを振り返る

五島に住んだ4年間は僕を大きく変えた
人となり(生まれ持った性質)に新たな側面を挿入して編集し直したというレベルではなく、それまでに育まれて来た人間性を、根本的に作り直すものだっと思う。
この島が作り出した僕と言う人間は、現代の僕の中にも脈々と生き続けている


いじめっ子側に居た山口での暮らしとは立場が逆転し、僕は嵐の中に放り込まれた。
教室に居る間、周囲の顔色を覗いびくびくして暮らした。
特に小学生だった始めの2年は苦しかった。中学校に入り風が止んだのは「定期試験」というカタチで力を示せるようになったからだろう。
家庭は憩いの場所であり、朝、玄関のドアを開けて学校に向かうことは、戦場への旅立ちを思わせた。
朝「行ってきます」と大きな声を出して、母に見送りを促した。
玄関から見通せる台所に母の姿がない時は、母が出てくるのを待った。
母と眼を合わせてから、一歩目を歩き出す。
母はそんな僕をどう見ていたのだろう。聞いてみたくても、写真の母は優しいまなざしを固定しているだけ。

今になって、僕は母の眼を見ることで、決意を固めていたのだとわかった。
行ってくるよ。なんとか踏みとどまって見せるよ。そうするしかないからね。

不安、喜び、怒り
どの気分も意思が作っている。気分は意思で作るものだ。不適切な気分は意識で変えることができる。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月27日 (日)

三連ちゃん 竹酔亭でとんかつ五島うどん

灼熱の上五島ランを終えた。
シャワーを浴びて5時過ぎには夕飯へ出かける
日本の西端にある上五島は、少し暑さが和らぎ、明るく心地よい時間帯を迎えていた。

それにしても、同じ店に三日も通うとは思わなかった
でも美味しいからね
今日は揚げ物を取りたい
うどんはシンプルなあご出汁で「玉子うどん」

それに、とんかつ単品ってできますか?と尋ねると、ホールのおばちゃんは確認のために厨房へ。
ここで大規模な弁当の仕込みができそうなくらい、広い厨房がちらりと見えた。


浦桑カミティ店近隣にある「五島が美味いAコープ」でお土産に買い込んだ「半生手延べうどん」は、下調べをした旅行ガイドブックに紹介されていた。
3食スープ付き580円 麺250g

販売されている五島うどんの大半は乾麺だが、竹酔亭は半生タイプの麺を販売している。従って賞味期限は短め。
これを使えば家庭で地獄だきも楽しめる。


竹酔亭は五島うどんの食堂だが、定食メニューもある。
近隣に食堂が少ないため、その需要に応えていくうちにこうなったのだろうと推察する
僕がオプションで注文したとんかつ単品は「とんかつ定食ごはん・みそ汁抜き」に落ち着いた様子。とんかつ定食を頼むより割高になったが、さすがにご飯はムリだ。

お客さんはほぼすべて地元の人
満席に近い賑わいから察するに、お盆で本土から帰って来た人もいるのかも知れない。
うどんにカメラを向けて
「はい、チーズ」
「いや、うどんですけど」
と会話をしている観光客は僕以外にみかけなかった。




19時からはDAZNでレノファ山口戦を見る。
ここでようやく無線LAN機器「エアステーション WMR-433W」の出番だ。
この機械で実現するのは「有線LAN」が来ているホテルの部屋で「無線LAN環境」を作り出すこと。
有線LANでは「線」がつながる機器、その長さの範囲に機器の設置場所が固定されるが、無線LAN化すれば、パソコン、スマホの両方を使うことができる。

そんな面倒なことをせずに「無線LAN完備」のホテルを選べばいいかというと、そうではない。
ホテルの無線LANには、以下2つの難点がある。

1.つながらないことがある(速度が遅いこともある)
2.セキュリティが低い

2.については、パソコンやスマホがウィルス感染するリスクがあり、セキュリティ意識がしっかりした組織では、禁止を明文化している。逆にいえば「ホテル・駅・喫茶店などの公衆無線LAN」を禁止していない企業のセキュリティレベルは推して知るべしである。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月26日 (土)

有川から浦桑までの3.86kmはやばかった

上五島では日曜日はガソリンスタンドが空いていない。
需要が無いのか、電気自動車を推奨しているからか
いずれにせよ、レンタカーが「満タン返し」できないことだけが確かだ。
借りる時に「満タン返しでない場合、割高になりますが、こちらで計算して請求します」と言われていた。
事前に電話して、クレジットが使えると聞いて安心した。


ヤキリンゴパンを缶コーヒーで流し込み終えると、走れる恰好をしてワゴンRの返却へと出かける。
外気温は33度。走れる恰好と言っても、普段着そのものが走れる服装だ。走る靴を別に持つのは嵩張るので、普段履きのナイキエアハラチドリフトブリーズで、そのまま走る。
シリアスな走りには不向きだが、この暑さの中をちんたらと走るには十分。


レンタカー返却まで1時間あるので「蛤」の信号を鯛ノ浦方面へ右折する。子どもの頃行った記憶が無い。
しばらく走ると右手に「鯛ノ浦教会」が見えてくる。
これは教会巡礼の旅ではないが、せっかく教会がそこにあるのだから、足を向ける。

お盆前の日曜日
何かのきっかけで名声が高まれば、それなりにインスタの対象になりそうなオブジェ多数。
観光客は僕1人
直射日光が照りつけて危険なので早々にワゴンRに戻る。


鯛ノ浦の港には、このレンタカーを借りている五島産業汽船の小ぶりな船着き場がある。
この二ヶ月後、10月2日~18日、経営不振により運休して、元従業員たちの手により航路が再開されたことをニュースで読んだ。


鯛ノ浦でUターンして有川に向かう
国道384号は意外と交通量が多い。お盆だからか

後払いのレンタカー代金と満タン返し相当のガソリン代をクレジット決済して返却完了
さぁこれから土産物でも見てゆっくり走って帰るか
と思っていたが、沿道にそれらしき土産店はなく、意を決して浦桑まで走り出した。
ホテルまでは事前の調べでは、わずか3.86km
1日の練習量としては少なすぎる距離
しかし、状況が状況だ

一応スマホで確認した気温は34度
WBGT(Wet Bulb Globe Temperature)暑さ指数でいえば「熱中症:厳重注意」
洒落にならぬほど暑い
日陰があれば当然そこを選ぶのだが、探してもほとんどない
1kmそこそこの「蛤」で少し休む

七目(ななめ)の長いトンネル(陽が当たらないので助かった)を抜け、しばらくして浦桑が見えてきた時は、数十年ぶりに里帰りした我が家を見つけた時のように嬉しかった

ガーミンForeAthlete 735XTJの記録によると1km9分を超えていた
次の夏もまた、こんなに暑くなるようならば、外を走らないで済む方法を編み出さなければならない

上五島ブログもくじ

|

2019年1月25日 (金)

お昼ご飯はすべてヤキリンゴ。

五島の旅<3日め>

午後3時にレンタカーを返すこと以外に予定がない五島での3日め
ワゴンRがあるうちに、いま一度、想い出の場所を巡る。

かつて住んでいた上高の職員住宅
そして、昔の友達の家
結局、誰1人とも旧友と再会することはなかった。

浦桑から魚目小まで2.3km
浦桑から魚目中まで2.9km
毎日よく歩いたものだ

ケニアの子どもたちほどではないが、日本に於いてはけっこう長距離通学している方だと思う。
スピードは速くなくても、長い距離が苦にならないのは、中学生までの礎のお陰だろう。


丸尾の町を走っていると丸尾教会の看板が見えた
せっかくなので、立ち寄ってみる
観光客も司祭もいない
できるだけ抽象的な観光客の振りをして、正面から写真を撮る
だが、急な坂を登り切った場所にあり、エントランスが狭いためフレームに納まりきれなかった
それにしても、笑顔のボディビルダーの歯のように白い
丸尾教会は決して有名ではないが、その美しさには二重まるをあげられるだろう




似首のバス停から坂道を下り、港に降りてみた
商店はない。食堂らしきものがあったが開いていない
切り立った崖に家が建ち並ぶ
あまり船は係留されていない
「8万あった人口も今は4分の1に減ってます」と初日に出会った先生が言っていたから、漁業の担い手たちもこの40年でずいぶんと減ったのだろう

似首の港
風が心地よい
漁港の香り
それだけで幸せ


浦桑・榎津・丸尾・似首
今でもすらすらと暗唱できる4つの地区で新魚目町
(平成の大合併により、現在は新上五島町)
もう十分に懐かしんだ


ワゴンRがあるうちに土産の買い物を済ませようと、ホテルにほど近い「五島が美味いAコープ」へ立ち寄る
土産が買えるスーパーは他にもあるのだが、ここは唯一クレジットカードが使える店。
日頃、現金を持ち歩かない。これでも多めに財布に入れてきたつもりだが、カードの使える店がなく財布が心許なくなっていた。
結局、五島滞在中、カードが使えたのはこことホテルとレンタカーだけ。カード決済の比率が低い日本でも、ここはその最先端を行く島だろう。


竹酔亭の半生タイプの五島うどんを中心に土産を買い、菓子パン売り場にヤキリンゴ(市川パン)があったので、それも買う。
お昼はホテルに戻って缶コーヒーとヤキリンゴ。
結局、五島にいる間に食べた2度の昼食は、2度ともにヤキリンゴ1個だった。気ままな1人旅、何でもありだ

上五島ブログもくじ

|

2019年1月24日 (木)

今年も皆勤!V・ファーレン長崎 2019シーズン 関東アウェイ戦日程

2019年1月23日17時
待ちに待った2019シーズンのJ2全日程が発表された。

初めて迎える日程発表をどれだけ待ち焦がれたことか。
こんなに一気に発表するくらいならば、10節ずつ小出しに発表してくれてもよかったくらいだ。

V・ファーレン長崎が戦うゼイツーは22クラブが所属するので、ホーム&アウェイで21×2で全42節
そのうちアウェイが21試合のうち、関東にやってくる「関東アウェイ戦」は8試合。
少し範囲を広げて、山梨と新潟を含めると10試合。

月日 曜日 開始 相手
4 3月17日 14:00 ヴァンフォーレ甲府
7 4月3日 19:00 柏レイソル
10 4月20日 18:00 栃木SC
12 5月5日 日・祝 15:00 東京ヴェルディ
16 6月2日 16:00 ジェフユナイテッド市原・千葉
18 6月16日 17:00 FC町田ゼルビア
22 7月13日 18:00 水戸ホーリーホック
34 9月28日 未定 大宮アルディージャ
39 11月3日 日・祝 未定 横浜FC
42 11月24日 未定 アルビレックス新潟

去年の「ゼイワン関東アウェイ戦」は全7試合。
開幕は早かった(第1節湘南ベルマーレ)ものの、8月25日の柏レイソル戦で早くも終わってしまい、9月からの3ヶ月はDAZN応援のみだった。

今期の関東開幕は、その柏レイソル戦から。
8月、10月には試合がないが、ほぼ満遍なく関東にやってくる。
今年はどれくらいの長崎出身者がゴール裏に訪れるだろうか。少なくとも自分はその1人であろうと思う。
水戸がちょっと遠いのが玉に瑕だけど、距離だけで言えば去年の鹿島とさほど変わらない。
甲府と新潟は要検討として「関東アウェイ」の8試合だけは、去年に続けて今年も皆勤したい。

ラジオ体操カードを作ってくれたら、楽しいんだけどな。
ゴール裏エントランスにスタンプ台置いて、自分で押せるようにしてね。



V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年1月23日 (水)

半端ないごぼう天とカレー五島うどん

ホテルに戻ると、この町で生まれ育ったフロントの女性が、笑顔で「お帰りなさい」
いい言葉だ。お帰りなさい
最近言われたのはいつだろう
そうそう数年前、お盆恒例の同窓会で親友のミヤタが言ってくれたんだった。
佐世保に残った親友数人と東京に出た僕の呑み会。
誰も「お帰りなさい」なんて言わないが、ミヤタはその時以来、待ち合わせ場所で僕をみつけると、いつもそう言ってくれる。
そんな素敵な言葉を、てらいも無く言えるところに彼の真摯さ、成長の跡を見た。


19時から始まるサッカーの前に夕飯と風呂を済ませようと、昨日よりも早めに竹酔亭の暖簾をくぐる。
それでもお盆に1日近づいたためか、昨日よりも客が多く、わずかに空いていたカウンターに通された。

昨日は五島うどん本来の出汁で愉しんだ。
今日はちょっと違う角度から麺の味を愉しもう
それに、となりの人が食べていた揚げ物が美味しそうだったから、それをトッピングで。
そう決めると店員さんを呼ぶ

すいません
カレーうどん
それから、ごぼう天を上に乗せるの、できますか?





そうしてやってきたごぼう天カレーうどん
写真からはその食感が伝わって来ないのが残念だが
このごぼう天、予想外に高温で揚がっている
そして、分厚い
汁がカレーということもあってか、すぐに沈み込まず、しばらくサクサクのままうどんと合わせることができた。

サッカーの大迫勇也ではないが、この店の揚げる技術は半端ない
こうなると、他の揚げ物も食べてみたい
そうして、明晩の五島うどん三連ちゃんが決まった



■五島うどんの歴史

奈良・平安時代
発祥はこの頃と推定されている

2003年
五島うどんブームが起きて以来、有名になった

2007年3月28日
新上五島町の製麺業者36社が出資して「(株)長崎五島うどん」が設立された


子どもの頃、五島名産のうどんがあることは地元で認識されていたが「五島うどん」というブランド名ではなかった。
生産量が少なく地産地消の食べ物であり、島外では無名だった。
2018年現在、長崎県内では定着したブランドだが「讃岐うどん」のような全国区の知名度には至っていない。



19:00からはサンフレッチェ広島-V・ファーレン長崎のピースマッチを観戦する。
DAZNで見るために無線LAN環境も持ってきたが、この試合はJ1で初めてのピースマッチということもあってかBS1で放送され、決して大画面とは言えないホテルのテレビで見ることができた。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月22日 (火)

鯨見山から有川捕鯨を想う

頭ヶ島天主堂見学が終わり、この旅で唯一の行事が終わった。
日はまだ南の空にある。
19時試合開始のサンフレッチェ広島-V・ファーレン長崎のピースマッチ観戦まで、まだ4時間もある。
旅先で何も予定がないのは、これ以上ない贅沢な時の過ごし方だ。


有川湾を右手に見ながらワゴンRを走らせて、有川の町まで戻る途中、看板に誘われて「黒崎園地展望所」に立ち寄る。
快晴の下、有川湾から水平線を一気に見通せるロケーション。
今、ここに鯨の群れがやって来たら、僕は携帯電話で漁師の友達に知らせることができる。
あ、でも商業捕鯨に抵触するか、いや、種類によっては近海捕鯨だからいいのかな・・


新上五島町観光物産協会まで戻り、白浜窯を教えてくれた礼を述べて、目を付けておいたかんころ餅を土産に買う。
姉は美味しかったと言ってくれたが、自分では食べなかったので、結局のところよくわからない。


さぁこれから何をしよう
俺は今何処へ行きたい?

ワゴンRで駐車場を出たところで「鯨見山」の看板が眼に入った。
昨日、鯨賓館ミュージアムで有川捕鯨のシステムを見ていた僕は、すぐにその看板が意味するところを理解することができた。
これは行かなければ!




看板に従って行くとすぐに車道は途絶え、そこから先は整備の行き届いていない坂道。観光資源に位置づけていないのだな・・この時はそう思った。
ハンドタオルで汗を拭いながら、頂上まで来ると、原付で来た青年が駐車場に寝そべっていた。
あれ?駐車場があるのか
青年によると、僕が登ってきたのとは反対側に車で登れる道があったのだった。


有川湾では江戸時代の初め頃から明治時代まで捕鯨が行われていた。
その頃、ここ鯨見山をはじめとしたいくつかの高台に「山見小屋」が置かれ、そこで鯨を見張り、鯨の群れが沖を通りかかると、それを漁師たちに知らせ、出漁の合図となっていた。

従って昭和の時代には捕鯨は行われておらず、僕が住んでいた昭和後期には、上五島で捕鯨の話しを聞かなかったわけだ。もしかすると後に学芸員を務めていた担任が何かの折りに話したかも知れないが、僕が商業捕鯨に関心を持ったのは2000年以降であり、当時は耳にしても、右から左に抜けていたのだろう。





佐賀県の小川島には板壁瓦葺き屋根の山見小屋が現存するが、この場所は観光資源として再現されたものだ。

室内に掲示された日本語を始めとする4カ国語の説明は次の通り
「この場所が恐らく本部の山見小屋で、沖の船や横浦捕鯨基地と連絡をとっていたものと考えられる」


今僕は高い関心と強い興味を持って、この場所に立ち、かつてここで鯨を見張った人を想う
この4ヶ月後、日本がIWCを脱退して、1年後には近海の商業捕鯨が再開することになるとは夢にも想わなかった。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月21日 (月)

頭ヶ島天主堂 白浜窯 上五島空港

あっという間に頭ヶ島天主堂の見学が終わってしまった。
それは、世界遺産登録が決まる一ヶ月前、つまり2ヶ月前に申し込んだ時から頭に描いていたイメージとは随分違うものだった。

ホームページは十分に整備されている
パーク&ライドも滞りない
ただ、現地の見学は何もない

この旅の終わり掛け「ある場所」で地元の人どうしの会話を聞いた。それによると、世界遺産は決まったものの、まだ観光整備が間に合って無くて全然(だめ)ということだった。
今は試行錯誤の途中なのだ。

「頭ヶ島天主堂饅頭」をこしらえたり「世界遺産記念館」みたいなものを建てる必要はない。必要以上のものは「偽物感」を増すだけだ。このままでいい。十分に記憶に残る。

ただし、世の中の観光客がすべてそうではないだろう。
「インスタ映え」して「感動的」で「記念に残る」仕掛けを求めている観光客の中には「頭ヶ島天主堂、見る所が何もない」といった感想を吹聴する人がいるかも知れない。



見学が思いのほか早く終わったので、僕にとっては帰りのバスまでじっくり「白浜窯」を見る時間ができた。
手持ち無沙汰に歩いている他の見学者を尻目に、僕はそそくさと「白浜窯」の暖簾をくぐる。


白浜は頭ヶ島天主堂が建っている地域の名称
陶芸家安藤豊が10年前、この地に移住して窯を開いた
ホームページで商品を紹介しており、電話のやりとりで注文することもできる
頼まれていた酒器を安藤さんに選んでもらう
僕は陶芸に暗いので、土や焼き方、その酒器の特徴を紙に書いてもらった。
(帰りのバス)まであと5分ですよねと、急いで包装してくれた。
14時の部(1時間毎に設定されている見学)で訪れたのは僕1人。
他に商業施設はないのだが、ここはまだ知られていないようだ。
帰り際に2人連れが暖簾をくぐったが、バスの時間が迫っていて諦めて引き返して行った。なんだか、僕まで残念な気持ちになった。



駐車場に戻ると、14時の部の皆さんは、白浜で潮風に当たっていた。僕1人が商業的な紙袋をさげている。

無料シャトルバスで上五島空港へ戻る
皆さんは、それぞれの車、レンタカー、タクシーで中通島へ戻っていく。
せっかくなので、滑走路を見学する
見渡す限り、よく整備されており、そこに駐機した飛行機がいないことを除けば、現役の空港と何ら変わりない。
もしも、ここにチャーター便が降りるようなことがあれば、頭ヶ島天主堂に来るのはとても便利だ。そして上五島を訪れてみようという動機付けになる。
ここで数年を暮らした僕は、夏草の滑走路を眺めながら、そんな日を夢見ていた。

上五島ブログもくじ

|

2019年1月20日 (日)

誤って飲みそうになるコーヒーカップ型の加湿器

「超音波式カップ加湿器」には「USBケーブル」「ACコンセント変換プラグ」「交換用フィルター」が付属している。

USBケーブルだけを使ってパソコンやモバイルバッテリーから電源をとることもできるし、コンセントも使える。
冬が終わるまでは常設するので、コンセントに接続した。

コンセント給電できれば、置き場所がパソコンにとらわれない。
USB給電のみの加湿器は、ノートパソコンを室外に持ち出す時は加湿できなくなるし、毎度のプラグの抜き差しも面倒だ。


大きさは通常のマグカップと同等
高さ9.0×幅10.0×奥行7.5cm
視界の隅に捉えている姿は、余りにコーヒーカップ然としていて、実際に一日に数回「あ、コーヒー飲まなきゃ」と手を出しそうになっては「あ、加湿器だった」と苦笑いしている。


最初の給水芯はセットされており、水道水を汲んできてすぐに使える。
給水芯は別途4本付属。
汚れたら買い換える。
給水芯 5本 1,000円 FT-KWT031U
これがランニングコストとなるが、実際にどれくらいの期間で買い換えが発生するかは、しらべるの記事で続報するつもりだ。


電源ボタンを1回押すと、即座にミストが噴出する
はやっ!
初めての時は、思わず声に出した
ボタンをもう一度押すと「5秒毎の間欠運転」
もう一度押すと電源オフ

満タンの水量で連続運転した場合、5時間弱で水がなくなる。
「8時間運転自動OFF」機能が付いているので、スイッチを切り忘れたり、加湿したまま長時間、席を外しても安心。
超音波式なので「空だき」はなく、本体が熱を持つこともない。


買う前に考えていたことと違ったことが一つある。

「吹き出し口は真上が正解」

どれにしようかと考えながらネットで物色していた時は、吹き出し口が斜めについている機種にしようと考えていた。
自分の場合、左目の乾きを緩和することが目的なので、斜めで吹き出してピンポイントでミストが当たるほうがよいと思ったのだ。

ところが「真上」に吹き出す機種を使ってみると、その予見は的外れだとわかった。
室内はエアコンの風が回っているので、真上に吹き出したミストは、刻々となびく向きを変える。
これでは、斜め吹き出し口を自分に向けたとしても、意図した通りにミストは自分に当たらない。

そもそも、ミストが自分を直撃した場合、腕に当たると冷たい。
「ミストを自分に当てる」という考えが誤っていた。




運転開始から3分後、湿度計の数値は「LL」から「20%」に変わった。しかし、終日、加湿しても+5%まで。
見た目には勢いよくミストが吹き出しているが、決して加湿し過ぎていないということでもある。
「見える化」された、ほどよい加湿は安心感につながり、そのせいか、眼の乾きも緩和されたように体感している。

|

2019年1月19日 (土)

コーヒーカップのカタチをしたベストの卓上加湿器

コーヒーカップにお湯を張ってから数日、湿度計の数値は「LL」からぴたりと動かない。
このままでは、乾燥の季節が終わってしまう。

そこで、加湿器を求めて、家電量販店を訪れた。
ネットで比較検討していると、外国語を無理矢理和訳したような説明書き、レビューが並ぶ商品が「売れ筋上位」に並んでいて、得心のいく品が少なかったからだ。

訪れた店頭には、ネットで見つけることができなかった品があった。
(見つからなかった理由はamazonで取扱がないため)
事前に検討したいくつかの購入条件に照らしてみて、ほぼすべてをクリアしている。
しかも最後の一個。
ネットの最安値を検索しようと人気(ひとけ)の無い売り場まで行くと、そこには先客のヤンママがスマホとにらめっこ。しっかり目が合った。誰もすることは同じだ。
ネットの最安価格は店頭とさほど変わらなかった。



購入したのは「超音波式カップ加湿器」
見た目がコーヒーカップのカタチをしていて、中央から蒸気が噴き出す。
うどん屋の店頭にありそうなギミックだ。



メーカー:ドウシシャ(福井県越前市)
型番:KWT-031U
実勢価格:2,000円
発売:2018年10月

ドウシシャは生産拠点を福井、営業拠点を大阪に置く会社。
他にもペットボトル加湿器を発売している。
「ペットボトル加湿器」とは、水を入れたペットボトルに乗せて使う加湿器のこと。乾燥シーズンが終わり、本体を仕舞う時には小さくて済むが、使っている時の見た目が貧しい。


ここで加湿方式の違いについて触れておこう。
加湿器には一般家電に多い「スチーム式」と卓上機種に多い「超音波式」がある。

「超音波式」
超音波の振動によって水をミスト状にして吹き出す。
熱していないミストなので、当たるとひんやりする。
加熱しない分、電気代が安くつく。省電力なのでパソコンのUSB端子から給電する機種が大半。

「スチーム式(加熱式)」
水を加熱して蒸発させ、湯気を吹き出す。
超音波式よりも加湿効果が高いが、電気代は高くつく。


そこで言葉の使い方だが、超音波式の加湿器から吹き出している霧状の気体をなんと呼ぶか。
一般的に霧の気体は「蒸気」「水蒸気」と呼ばれるが、その定義は「液体が蒸発した気体」
従って、超音波式の場合「蒸気」とは言えない。かと言って「霧」ではイメージがしづらいので、ここでは「ミスト」と表記する。

つづく

|

2019年1月18日 (金)

部屋が乾燥していてパソコンをしていると眼が乾く

部屋が乾燥している。
電子日めくり」に付いている湿度計を見ると「LL」と表示されている。
太った人のパンツではない
恐らくLowLevelのLL
メーカーの説明書には、湿度20%未満の場合「LL」と表示すると書かれている。

元々、眼科からはドライアイですねと言われていて、目薬が手放せないのだが、最近は特に調子が悪い。
きっと、空気が乾き過ぎているのだろう。


友達のスズキさんに相談すると「最近はパソコンのヨコに置ける小型の加湿器が出ていますよ」という。
早速「Google先生」に尋ねてみると、1,000円代でUSB給電する加湿器がたくさん見つかった。

できれば、パソコンからではなくコンセントから電源がとれた方が設置がしやすい。加湿器は持って歩くものではなく、一カ所に固定して置いておくものだ。パソコンを移動する度に接続し直すのはめんどくさい。
それから、大型の家電品が「スチーム式」であるのに対して、これらの卓上型は大半が「超音波式」と書かれている。
疑り深い僕は、本当に加湿性能があるのだろうかと思う。


そこで、視点を変えてみた。
加湿器を使わずに加湿できれば、それに越したことはない。
「Google先生」に尋ねてみると「お風呂の水を張っておく」「洗濯物を屋内で干す」「観葉植物を置く」といった回答が寄せられた。
パソコンに向かっている部屋に風呂はないし「部屋が乾燥しているな」と思って「よし、洗濯するか」とはならない。


卓上でパソコンに向かっている時、加湿器を使わず加湿する方法
それは「コーヒーカップにお湯を張る」の一択
ケトルで湧かした熱湯をコーヒーカップに入れて、キーボードのそばに置く。
始めのうちはカップが熱いので、冷たい手のカイロ代わりにもなる。
ただし、湿度が改善するほどではない。
湿度を改善させるには、エアコン(暖房)を諦めるか、本格的な加湿装置が必要であるし、それはドライアイ対策の範疇を超えている。

規定の回数、忘れずに目薬をさす。まずはそれを徹底しよう。
ただし、用法の規定により一日に目薬をさせる回数は限られている。
当面はコーヒーカップでしのぎ「LL」が続くようならば、卓上加湿器を買おう。

|

2019年1月17日 (木)

カーボローディング、カフェイン断ち、ウォーターローディング

つくばマラソンまであと1週間
ラストランは短めのジョグからレース設定のイーブンペース。負荷落とさずに走り、最後にウィンドスプリント3本で終了。
今シーズンも好天に恵まれ、無事練習を終えたことを感謝した。

秋マラソンに転向した初年度の昨年は6度の練習機会が雨だったが、今期、雨でステップ運動に切り替えたのは19週で2度だけだった。


6日前、月曜日からはカーボローディング<前半>
去年「白ご飯抜き」をしたところ火曜、水曜で元気がなくなってしまったので、今年はやめた。
タンパク質・脂肪中心に摂り、糖質を抑える。
豆乳を飲み、肉・魚・野菜をしっかり。
もう走らないので「食べ過ぎない」「食べなさ過ぎない」量を心がける。
体重は火曜日の計測が今シーズン最低体重で、最終計量の金曜までに600g増量した。


4日前、水曜日からは「カフェイン断ち」
ただし、コーヒーを飲まないと、元気が出ないし、ぴりっとしない。
そこで、去年試してみてよかった「ノンカフェインコーヒー」をいつものコーヒーと同じように一日三杯程度飲む。
コンビニやスーパーで手に入る一杯取りコーヒー「UCCお・い・し・いカフェインレスコーヒー」を使っている(8袋250円程度)

このコーヒーはカフェイン入り同様、覚醒感がある。
では「カフェイン断ち」としての効果があるのか?ということだが、レース中にカフェイン入りスポーツジェルを摂った際、確かに特別な覚醒感があるので、自分の場合は有効である。


3日前、木曜日からはカーボローディング<後半>
炭水化物、糖質中心に摂り、タンパク質、脂肪を抑える。
パスタ、うどん、ごはんを摂り、甘いものもOKとする。

また、OS-1による「ウォーターローディング」も始める。
OS-1は、少量摂取でも体内の電解質濃度を下げない働きをする「飲む点滴」
レースに備えて体内を水で満たすのが「ウォーターローディング」だが、OS-1ならば少量で済むのでトイレが近くならない。


2日前、金曜日は勤労感謝の日
前泊つくば入りの準備
過去のデータに基づき「前日」「当日朝」「直前」「レース後」と仕分けした荷物リストを詰め込んでいく。
過去の「ホテル前泊」ではいずれも「デイパック+湘南 ※1」の荷物2個態勢だったが、今回は50リットルの「THE NORTH FACE ダッフルL SP」1つ。
なぜ1つかというと、つくばマラソン主催者から事前送付された「手荷物預かり袋」が巨大で、50リットルのダッフルが余裕で入ったからだ。
このビニル袋に手荷物預かり手数料の100円玉を貼り付けて、ダッフルに仕舞った。
これで、レースの朝、最寄り駅のコインロッカーに「湘南」を入れに行く手間が要らなくなった。

これですべての準備が終わり、いよいよ、つくば入り。


※1湘南 第1回湘南国際マラソン参加賞のスポーツバッグ
もらった時は「こんなもの使う人がいるのか?」と思ったが、軽くて大容量なので、10年来の旅マラソンで毎回起用していた。

つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月16日 (水)

テーパリングとステップ運動

つくばマラソンまで2週間
テーパリング tapering の時期がやって来た。
12年間マラソンをやってきて、このタイミングがレース前では最も楽しい時だと思う。

テーパリングの定義は「練習量を減らして、レースに向けて疲労を抜くこと」
疲労が抜けていないと、せっかく鍛えた走力を100%発揮できない。十分に疲労が抜けていると、筋肉の衝撃吸収力が最大となり、レース本番で、より高いパフォーマンスを発揮できる。
ただし、練習量を減らし過ぎると、せっかくつけた筋力が落ちてしまう。

レースに向けてがんばり過ぎないこと、調整し過ぎないこと。
そのバランスをとるためには、過去の練習記録を参照して、テーパリング期間の内容とレース結果を見比べる。
毎日のように走る人ならばレース3週間前から量を落とし始めるが、僕は週末ランナーなので2週間前からとしている。


ポイントは強度(スピード)は落とさず、量(km)を落とすこと。
レース4週前に1回の練習が20kmの場合
→3週間前:16km
→2週間前:12km
→1週間前:8km

速さの目安は、レースペース。
距離が短い分、強度はきちんと維持する。
量が走れないので、ビルドアップジョグは短く、ビルドダウンジョグはしない。

レースペースで走り終えたゴールが自宅近辺というコースを走るか、走り終えた地点から交通機関を使って帰宅する。


今回は15日前に、仕上がり具合を見るために「12分走」を入れたのだが、頑張りすぎて足の甲を傷めてしまった。足の甲は不思議とレース(42.195km)中に痛くなることはないが、来シーズンからは時期を早めよう。


今シーズンは6週前から平日に「ステップ運動」を始めた。
前のシーズンに買った専用ステップ台「ダイエットステップhigh」 は設置や片付けが容易なので、15分程度の時間でも気軽に「よし、やろう!」となる。
高さ20cmで負荷が高いのも、短時間で済んでいい。
今年は映画を見ながら楽しく取り組むことができた。

つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月15日 (火)

靴を「4%」→「ズームフライフライニット」→「4%フライニット」に変更

つくばマラソンまであと4週間
ここで靴変更の検討に入った。

既定では1月に購入してレース用に温存していたヴェイパーフライ 4%(初代3rd青)を履く予定だった。
前年レースは同じモデルの1stカラーで走っているので問題はないのだが、念には念を入れておくことにした。

初めに試したのは発売されたばかりの「ズームフライフライニット」
2018年10月4日発売
17,280円

「ズームフライ」に初めて、ヴェイパーフライ 4%と同じフルレングスのカーボンファイバープレートが入った。
アッパーはフライニット。
ヴェイパーフライ 4%との違いは、ソールが「ズームXフォーム」ではなく「リアクトフォーム」であるということだ。



届いた靴はいつも通りデジタル秤で計量する。
ヴェイパーフライ 4%と比べて、およそ60g(35%)重い。

足を入れて一歩めで「4%」との違いは歴然。
カーボンファイバープレートは同じかも知れないが、ズーム ヴェイパーフライ 4%のような「足が勝手に前に出るような感覚」がない。
そして、ソールが固いため踵が抜ける。きつくシューレースを結んでも、抜ける感じが残る。
甲が低く靴の中が狭い。フライニットなのに圧迫感を感じた。

「4%」ならば、履き慣れた今でも、一歩めが"電動自転車に乗ったよう"な感覚があり、思わず笑みがこぼれる。
走るまでもなく、この靴は断念した。


やはり「4%」(初期モデル)で走ろう
そう決めた一週間後のことだ。
9月に発売された時は参戦しなかった「ヴェイパーフライ 4%フライニット」が再販され、これが期せずして買うことができた。
僥倖である


届いた「4%フライニット」で早速走ってみる。

90分LSD 文句なし。ばっちり!
右足指が当たる怖さがないのは嬉しい


"電動自転車に乗ったよう"な感覚は、初代「4%」とまったく同じ。
そして、フライニットアッパーが足の甲にぴたりと吸い付くようだ。
初代「4%」を含めて一般的なランニングシューズは、シューレースの締め具合に神経を使う。ゆる過ぎればマメができるし、きつ過ぎれば足が痛い。「4%」で走った去年の「下関海響マラソン」ではきつく締め過ぎて、泣きながら走らなければならなかった。
フライニットアッパーは、そこに神経を使わなくて済む。
"ある程度"締めておけば、あとは勝手にアッパーが足に吸い付いてくれるのだ。


レースのために買い換えたのは靴下三足、靴三足。
タイムを金で買う作業を繰り返し、ベストの準備が整った。


つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月14日 (月)

新元号 恒和

2019年元旦、年が改まるとすぐに、新元号発表日が2019年4月1日と発表されました。
4月1日から30日間は「次の元号を知っている」時間を過ごすことになりました。


今上天皇の生前退位という経験そのものが、現在生きている日本人にとっては初めてのことです。
生涯初めてのことであり、もしかするとこの先、生涯の中では2度目の経験はないかも知れない。
そんな出来事はあまりありません。

出生は一度きりですが、ほとんど自覚がありません。
死亡は予めわかっていてもワクワクはできませんよね。

入学、卒業、就職、結婚、出産
こうした人生の節目も一度ではなく二度、三度という可能性があります。

何があるかを探してみましたが、大抵の人に当てはまることといえば「定年退職」くらいでしょうか・・


ワクワクし過ぎて4月1日を大人しく待っていられない。そんな人は少なくないようで「元号予想」がメディア、企業によって行われています。


1月12日、読売新聞夕刊によると、ソニー生命が行った予想クイズの1位は「平和」でした。
これは、多くの人が願うことであり、元号にスローガンの意味を込めるとしたら、これ以上の基本理念はないでしょう。


役所の申請書では誕生日記入欄に元号のイニシャルが表記されることから、直近の「T=大正」「S=昭和」「H=平成」* は重複するため候補に入らないと思われます。

*明治元年(1868念)生まれの方がいれば今年151歳


しらべるが考える次代に望む元号は「恒和」(こうわ)
今、変換したところATOKの候補には出て来ませんでした。

恒久の平和を希求する
恒に和をもって貴しとなす
いつも(=恒)和やかに佇む


「和をもって貴しとなす」は聖徳太子の言葉として流布されている諺で、外国人からは日本人の特徴と言われることがあります。
それは「いつも仲良く諍いを起こさない」という本来の意味に加えて、全会一致に拘り、独断専行を許さない。つまりものごとの進みが遅いという揶揄でもあるわけです。
団体行動が苦手な僕にとって、これが一番の課題ですが・・

|

2019年1月13日 (日)

三足めの正直で出会えた マラソンレース ベストの靴下

ハーフで足の指にマメができるのはこれが初めてだ。
過去シーズンでは、レース(42.195km)でできることがあっても練習(最長21.1km)ではできなかった。
去年までとは何かが違うのだ。
練習でも「キネシオ・テーピング」を施して走る。そうするとマメはできないが、指先がマメになりかけているのがわかる。
靴の中で足が滑っている・・
滑る?

そうだ、靴下を替えたのだった。
足の指にマメができる要因は「靴」と「靴下」しかない。
選びに選び抜いた靴下だから、そこを疑うのが盲点になっていた。

C3fitのペーパーファイバー5フィンガークォーターソックス(以下ペーパーファイバー)は足底に滑り止めが付いていない。
去年まで練習とレースで履いていた「足王」には滑り止めが付いていた。

ここで靴下選びが再び振り出しに戻る。
「滑り止め」を条件に加えて調べ直し、2週間後にたどり着いたのがadidasの「adizero takumi 5本指ソックス 2」だった。


adidasの説明
「トップランナーの走り方に着目。前足~中足部で接地する際のブレを抑えるグリップ配置で蹴り出しをサポート」

蹴り出し位置がしっかり固定されれば、力のロスが少なくなる。靴の中で足が滑らないというマメ対策に留まらず、タイム向上にもつながりそうだ。

この靴下は従前の必須条件であった「五本指」「薄い」「メッシュ」を兼備。
片足の重量
12.5g(サイズ25-27cm)は、先に買った「ペーパーファイバー」の19.5gより36%も軽い。


さらなる利点は、今シーズン最初に買った「タビオ レーシングラン・プロ」のようにアーチの締め付けがきつくないこと。
レースでは踵を固定する「パテックス機能性サポーター足首用 」を履くので、タビオではアーチの締め付けが二重になって足が痛くなる。


今期だけで3足めの靴下でようやくベストの一足に出会うことができた。
結論から言うとこの靴下でレースを走り、マメができることはなかった。

唯一の難点は生地が薄いうえに、指先の補強加工もされていないので、親指に穴が空きやすいことだが、マメ対策テーピングを二重にしたところ、42.195kmを走っても穴は空かなかった。


このモデルは既に販売を終えている。来シーズン用に市場在庫を抑えておくか、またその時にあるモノから選ぶか。思案のしどころだ。

つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月12日 (土)

静岡マラソンが「イヤホン」について注意喚起している

例年3月の第1日曜に行われていた「静岡マラソン」が今年は2月の第4日曜日に移動する。

変更理由は、東京マラソンが2月の第4日曜日から3月の第1日曜へ移動したこと。天気再現率の考察という2つが考えられる。

「静岡マラソン」が開催されていた第1日曜日、静岡は雨に見舞われることが多い。
自分が走った2015年大会は、冷たい雨に打たれて危うくハイファイセットになりそうだった。

2019年のカレンダーを当てはめた場合、天気再現率データによる降水確率比較は以下の通り。
移動した先はむしろ、雨の確率が高い日となっている。

2月24日(日)・・40%
3月3日(日)・・16%
*東京管区気象台ホームページより


その「静岡マラソン」2019年大会の規定を読んでいて、次の文言が目に留まった。

禁止:イヤホン等を使用し、主催者のアナウンスや緊急車両のサイレンが聞こえない状態での出走


私の記憶が確かならば、自分が走った「静岡」の2015年大会では、このようなルールは明記されていなかった。

日本陸連が「イヤホン禁止」しているため、日本陸連主催大会では、そのルールが適用されるはずだが、日本陸連主催である「長野マラソン(2014)」「東京マラソン(2017)」を走った際「イヤホン禁止」を規則に見つけることはできなかった。
先日、走った「つくば」(筑波大学、茨城陸上競技協会、読売新聞社主催)も「イヤホン禁止」ではなかった。

恐らく規約は「日本陸連規則に準じる」といった表記となっていて、そこに「イヤホン禁止」が含まれるという建て付けなのだろう。
しかし、日本陸連に登録していない市民ランナーの大半が、日本陸連のルールブックを読んでいるとは思えない。
従って「ルールではあるが周知はしない」すなわち「ルールではあるが規制はしない」という運用と考えるのが妥当だ。



趣味・ライフワークとして走っているランナーには、それぞれの楽しみ方がある。
タイムは度外視して名物の「おでん」などのエイドに並ぶ人がいるし、走る時はいつも「仮装」する人もいる。
「仮装禁止」を規則として周知する大会は多いが、どれもが「キャラクターの帽子をかぶる」「プリントされた服を着る」ということは規制していない。
主眼は他のランナーの迷惑にならないこと、公序良俗・著作権に抵触しないことである。


「イヤホン禁止」について言えば「音楽禁止」というわけではない。
緊急事態を告げる、あらゆる「音」が聞こえない状態が周囲に迷惑をかけるということだ。


イヤホンをつけて走っていても、周囲の音は聞こえる。
予め携帯音楽プレーヤーの音量を調整すればよい。
「イヤホンをつけて音楽を聴きながらレースを走る」ことを自分で経験していれば、誰にだってわかることだ。


自分がイヤホンを付けていないからと言って、イヤホンをつけることを批判するのはよくない。
自分がしないことを批判してやめさせてよければ、コース上でトイレに行き、コースを外れた地点まで戻らない人は失格だし、沿道の私設エイドから飴や水をもらった人も失格だ。


イヤホンを付けて音楽を聴くのが危険なのは、レースではない。
封鎖していない一般道路、つまり、日常の練習である。
特に危険なのが交差点で無法運転する自転車。
レースと日常を逆に考えている人が少なくない。

|

2019年1月11日 (金)

残ってくれてありがとう!翁長聖

2019年1月10日夜
その知らせは突然にやってきた
晩ご飯を食べて、あぁ今日も疲れたなぁ
最近、眼が疲れるなぁと思いつつ、ふと見たtwitter
一瞬で、審判の時が訪れたことを察する
見慣れた髪をかきあげた選手のどアップ写真

わっ翁長だ
ついに決まったのか
どっちだ?

恐る恐る文字を追う
【契約更新のお知らせ】

ってどっちだっけ?
えーと更新だから残る方だよな
出て行く方じゃないよな

ひゃった~
(思わずタイプミスした)
翁長聖残ってくれたのか~


Jリーグファン1年生の2018年シーズンが終わり、初めて迎えたシーズンオフ。
子どもの頃から見慣れているNPBとはちょっと様子が違う。
NPBならば「FA」選手でもない限り、選手が自由に移籍することはない。
内心「他、行きたいなぁ」と思っていても統一契約書でしっかり縛られているので、勝手なことはできない。

ところがJリーグは違う。
他球団から獲得のオファーが届き、選手が賛同したならば、移籍できてしまう。

そうして、J2に降格したV・ファーレン長崎からは、既に鈴木武蔵、中村慶太、中原彰吾(レンタル期間終了)、飯尾竜太朗といった主力がチームを出て行った。
いずれも行き先はJ1クラブだ。

1人去り、また1人
でも希望の灯火がまだ輝いていた
まだ、翁長がいる
彼が残ってくれれば、2019年シーズンも腹の底から声を出して応援できる。
だが、もしも翁長が出て行ったら・・
長年、応援したチームであれば、たとえ全員が入れ替わったって、応援できるだろう。
でも、もしも翁長が居なかったら・・


来る日も来る日も、V・ファーレン長崎が発信する契約更新情報をチェックマしては、そこに翁長の文字を探していた。
契約更改の最後に残ったのが翁長聖とバイス。

これほどまでに時間がかかるということは、何か不吉な予兆なのかと誰だって思う。
でも、一度たりとも「まぁいいか翁長が居なくても、サッカーは続いていく」そんな風に考えなかった。

信じて待っていた。祈っていた。
そしてシーズン終了から40日。
ついにそのニュースが飛び込んできた。

ありがとう、翁長聖
よくぞ残ってくれた。
その気持ちに僕も応えなければならない
どうやって応えよう
注文済み2019ユニフォームのマーキングを翁長のNoにするくらいでは気が済まない。
もしも、翁長が居なかったら、やめておこうかなぁと考えていたことを実行しなければならない。


V・ファーレン長崎ブログ

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

マラソンレースで足指のマメを防ぐ「キネシオ・テーピング」

つくばマラソンまであと5週間。調整レースの「TAMAチャレンジ」を走り終えて、ある問題に直面していた。
それは、右足の指にマメができるということだ。

マメができるということは、指先が靴に当たっているということ。
ただし、左足の指には一切マメはできていない。
僕は左足のほうが数mm大きい。左にだけマメができるというのならば、靴が小さいということになるのだが、そうではない。
恐らく靴の中で足が前後に遊んでいる(動いている)のだろう。


その対策として、まず始めに「SUPER feet」の復活を検討した。
SUPER feetは初マラソンの時に、ランニングショップで勧められて、足型をとるカスタムを製作した。それ以来、靴が変わってもインソールを外してSUPER feetを入れていた。
ところが、adidasのtakumiシリーズはインソールが剥がれない仕様であり、入れ替えることができなかった。
NEWTONでは再びSUPER feetを入れることができたが、去年からレースに使っている「ヴェイパーフライ 4%」はインソールが剥がれない仕様であり、やはり入れ替えることができない。

薄いタイプのSUPER feetが出ていれば、インソールの上から入れられないか?
しらべるとカーボン製の薄いタイプが出ていたが、最寄りのランニングショップに相談したところ「勧められない」とのことで断念。


それならば、足の爪を保護するグッズはないか?
「足指・足爪保護キャップ」のキーワードで「Google先生」に尋ねると「マラソン トライアスロン ジョキング 足指 足爪 保護キャップ 4個セット」なる品が見つかった。
こんなものがあるのか・・と説明書きを熟読したが、機能的に特段優れているとは思えなかったので、これも断念。


そこで、例年ならばレース本番限りの「キネシオ・テーピング」を練習から採り入れることにする。

準備するものはキネシオテープ(幅50mm)とテーピングハサミ。
まず1枚適当な大きさに切りとったものを指に装着。
およその大きさ、形状を確かめたあと、同じものを用意する。
続いて、裏側のはく離紙に切れ目を入れる。
このひと手間で、いざ貼ろうという時のストレスが軽減される。

キネシオテープのはく離紙というのは、意外に剥きにくい。
爪を伸ばしていないとテープとはく離紙の隙間に爪を潜り込ませるのが難しい。
だが、レース当日は短めに爪を切っている
そして、レース当日の朝は気が急いている
徐々に苛立ってくる
はく離紙が剥けないというだけのことで、心の平穏が乱れてしまうのは、できれば避けたい。

一方、こうして事前に切れ目を入れておくと、剥離紙を容易に剥がすことができる。
日頃からひと手間かけておいた自分を褒めてやりたい。
そうしてレース当日に気持ちが乱れることなく、穏やかに準備が進む。


つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月 9日 (水)

調整には難がある河川敷レース

つくばマラソンまで5週間
シーズンは終盤の「調整レース」出場にさしかかっている。

去年の調整レースは下関海響マラソンから4週間前の「TAMAハーフ」だったが、今年はつくばマラソンから5週間前の「TAMAチャレンジ」にやってきた。
この2つのレースは会場、コース共に同じなので、去年で勝手がわかっており安心感がある。


「TAMAチャレンジ」はほぼ毎月行われている、任意の距離にチャレンジする大会。その月によって42.195km、30km、ハーフ、10kmなどが行われる。
1人で「30km走」をする場合、給水がネックになる。
給食はジェルを持つとしても、30km走り切る水を持つのは重すぎる。
「TAMAチャレンジ」はロング走の練習に給水とタイム計測サービスがついていると思えばいい。
給水所は2カ所に設営されていて、ハーフマラソンの場合、給水機会は7度となる。


TAMAチャレンジ概要
■スタート/ゴール
神奈川県川崎市高津区瀬田先
東急「二子新地」東口から徒歩5分

■ナンバーカード
当日引き換え

■荷物預かり
主催者が本部テントの真横に敷いたブルーシートに置く。荷物は自己管理だが、スタッフが常時側にいるので不安は無い。
貴重品のみ有料で預かる(100円)

■コース
多摩川河川敷(95%が未舗装路)
凹凸が多く走りづらい。足に刺激も入るが故障リスクも高い。
雨、雨上がりの日は水たまりがたくさんできて、障害物競走の様相を呈する。



使用する靴はヴェイパーフライ4%(初期モデル)
去年は雨天でヴェイパーフライ4%を温存したことが仇となり膝を傷めてしまった。
今年は好天に恵まれ、ダートトラックの河川敷コースに水溜まりはない。


競技は「ハーフ」と「30km」が一斉スタートするが、両方を足しても参加者は100人に満たない。
案の定、スタートするといきなり最下位になってしまった(二年連続)
入りの5kmは体に任せてスローに入るので、そこは気にしない。
後からこぼれ落ちてきたランナーを拾うだけだ。
と思っていたが、なにせ人数が少ない。
結局、抜いたのは数人のみ。


折り返しポイント、救護自転車に乗った係員からは、顔を見る度に「マイペースでいいですよ」「まだ足動いていますよ」と励まされ、落伍者扱いに思わず苦笑い。

終盤はペースを上げたものの、タイムとしては平凡な結果となった。

ほとんどのコース上には轍があり、砂利を踏む時は神経を使う。
気持ちよく路面の反発をもらって走れるところは、わずかに舗装されたおよそ5%程度だけだった。

公道を封鎖するハーフマラソンは年々、参加費が高騰している。
この大会は河川敷の散歩コースを借りている(占有ではない)がゆえに3,000円台で走ることができる。

これまでは価格面から河川敷レースを選んできたが、そろそろ考え直す必要がありそうだ。


つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月 8日 (火)

アスタビータスポーツを投入して加齢に抗う

つくばマラソンまで8週間を切ったところで、満を持して「アスタビータスポーツ」を投入した。

これは、アスタキサンチン、トコトリエノール、亜鉛を配合したサプリメント

■メーカー
アスタリール

■価格
30日分 4,837円

■用法
1日3粒

今シーズンに入る半年前、プロトレイルランナー鏑木毅の著書で見つけて以来、今期の秘密兵器として投入時期を計っていた。


「低糖質&抗酸化ランニングのすすめ」
鏑木毅、菊地恵観子著より
(以下引用)
「アスタキサンチンが初期段階から働き、カラダのダメージに対応。トコトリエノールとカラダを守る体内酵素の生成に欠かせない亜鉛を加え、リカバリーしやすいカラダを作る。」
(引用終わり)


アスタリールのホームページには、鏑木毅が次のような推薦文を寄せている。
(主旨を損ねないよう引用)
38歳で体力の衰えを自覚
「いくら練習しても記録が伸びない、もうだめかもしれない・・・」と思っていた時「アスタキサンチンを飲み始めて3ヶ月、練習量は変わらないのに体脂肪が落ち、登りの筋力が徐々に回復」
「まだ世界で戦える」という自信を取り戻させてくれた。
(引用終わり)



筑波大学の鍋倉賢治教授は著書「続マラソンランナーへの道」で「マラソンを40代から始めた場合、記録が伸びるのは最初の5年程度」と記している。

自分の場合、自己ベストはマラソンを始めて5年だったし、その後、8年にわたり更新できていない。
その一因が加齢にあることは、もはや疑う余地はない。
「レース前4ヶ月週末限定ランナー」である限り、何らかの策が必要だ。
鏑木毅の「まだ世界で戦える」という言葉が心に響く。
ここは「タイムを金で買う」策に出よう。


アスタキサンチンがアンチエイジングに効くことは重々承知だが、常用するには値が張る。
「アスタビータスポーツ」は最低3ヶ月続けることを推奨しているが、ここは2ヶ月分で勘弁してもらった。


結論
60日分を購入して8週間で摂取
↓↓
▲タイムは向上
▲体脂肪率は6ポイント低下
▲内臓脂肪率は11ポイント低下

何が何処までアスタビータスポーツに拠るかは不明だが、長年、数値が動いていなかった内臓脂肪率については、改善効果があったと言える。

つくばマラソンブログ目次


|

2019年1月 7日 (月)

かつ丼はある一定以上に美味くなりようがない

2018年、御用納めの日
中村君とご飯に行くことにした
中村君とは時々会食をするが、その大半は「とんかつ食べ歩き」
ただし、今年はまだ一度も行っていない。
それに僕自身今年はまだ一枚もとんかつを食べていない。


「この間、行ったステーキ店が美味しかったです。特にサラダは絶品でしたね。たまにはステーキでどうですか?」という彼の意見を聞き入れ、お店を決めたのが一ヶ月前。

ところが、三日前に中村君が突然、ごね始めた。
「調べたところ、週末は禁煙タイムがあるのですが、平日は全面喫煙OKなんです。僕はタバコが大嫌いで、となりの人がタバコを吸い始めたら、席を替えてもらえなければ店を出ますけどそれでもいいですか?」

いい訳がない
食事の途中で一方的に席を立つというのは品が無いし、お店の人にも迷惑だ。
そこで、この寒いなか僕が一肌脱ぐことにする。
そのステーキチェーン店の別の店舗に電話をかけ、禁煙席の有無について尋ねてみる。電話応対した店員は間髪を入れずこう言った。

「当店は全面喫煙です」

「ここから先は蟻一匹すら通さぬ」という関所の役人のような毅然とした口調。
もちろん交渉の余地があるわけではないし、僕ら消費者は、商売人の態度によって不快な思いをすることを本意としないので、丁重に会話を終えた。

そこで、僕から次に行こうと目をつけていたとんかつ店を4店並べて提案し、そこから中村君が選んだ店に行くことになった。


現代は空前のとんかつブームらしい。
グルメ雑誌では定期的にとんかつ特集が組まれているし、ムックも出ている。
ある雑誌の記事にあったその店の紹介では、かつ丼の写真が掲載されていた。他の店は大概「ロースとんかつ」や「カツサンド」だが、そこはかつ丼。きっと、それが人気の一品なのだろう。

歳末の繁華街、30分並んでたどり着いたテーブルで、中村君はとんかつ定食にエビフライを追加。僕はその店で最も値が張るかつ丼を注文。
この店で特筆に値するのは、配膳を担当する誰もが親切でにこやかということだ。
勧めてくれた大盛とは、どれくらいの量なのか?
ショーケースの見本は丼が小さいが、あれは原寸大なのか?
店によっては、疎まれそうな質問にも、丁寧に答えてくれる。
客商売はこうでなくちゃ
お金を使ってお店に行った時は、できれば機嫌良く過ごしたい
その後に訪れたコーヒー店でも、とても親切な接客に心癒やされた。
これは、老舗が並ぶこの街の土地柄なのかも知れない。


かつ丼を前に食べたのがいつだったか記憶が無い。
ただ、この日、食べたかつ丼は記憶に沈む味の記憶と何ら変わるものではなかった。

僕にはとんかつの持論が2つあった。
「とんかつはロースに限る」
「ヒレの意味が分からない」

もちろん目の前で「ひれかつ定食」を選んだ友達に向かって「意味不明」と言ったりはしない。持論は自分の内側にあるものであり、誰かに対して押しつけるものではない。
そして、この日とんかつの原則が一つ加わった。

「かつ丼はある一定以上に美味くなりようがない」
中村君にはもちろん言わないが、僕はそう結論づける。
2,500円のかつ丼が不味いわけが無い。
ただ、チェーン店で食べる700円のそれも、ほぼ同じくらい美味しいのだと思う。
ブランド豚はやはりとんかつ定食で食べるべきだった。

|

2019年1月 6日 (日)

使ってよし、飾ってよし!ヴィヴィくん羽毛ふとん

2017年11月、郷土のサッカークラブ「V・ファーレン長崎」がJ1に上がると知り、来年は応援に行こうと決めて迎えた2018年シーズン。
関東の9試合(YBCルヴァンカップ、天皇杯各1試合含む)とお盆のトラスタ1試合はスタジアムで応援して、26試合をDAZNで応援した。

もしもDAZNの存在がなければ、これほどまでにJリーグを愉しむことはできなかった。
お陰でJ2では第二の故郷である山口のチーム「レノファ山口」を応援することもできたし、J2も年間を通して見たことで、長崎が今期J2で戦うことに違和感がない。



ただ、故郷から遠く離れているとオフシーズンの2ヶ月余はV・ファーレン長崎とふれ合うことが無い。
唯一ふれ合うと言えば、年の暮れに買った「ヴィヴィくん羽毛布団」だ。


これは、愛知県の繊維商社モリリンが製造する羽毛布団
2018年4月に発売された「ヴィヴィくんダウンケット」に次ぐ第二弾として2018年9月に発売された。

ダウン85%、フェザー15%
十分にダウン比率が高く、ベッドに入った途端に暖かい。
冬場の寝床と言えば、布団が暖まるまで体をくの字にして、寒さをしのがなければならなかったが「ヴィヴィくん」では、いきなり大の字で寝ることもできる。
以前"寝付きが悪い"前川清が「ヴィヴィくんダウンケット」に入った途端にコトンと寝付くコントをやっていたが、あれはオーバーでは無かったなと思う。


(C)VVN

折りたたみベッドを使っているため、日中は巨大なヴィヴィくんゲーフラを展示しているようで楽しい。オレンジを基調とした明るい配色により、室内がぱっと明るくなる。
何よりこんな巨大なヴィヴィくんはスタジアムで本人を見る以外には、見る機会がない。


買った人にしかわからないが、この布団は裏地にも"仕掛け"がある。
V・ファーレン長崎のイメージカラーであるオレンジにオシドリのクラブエンブレムがちりばめられている。
そして布団をめくってすぐの一カ所だけはエンブレムの代わりに「シークレットヴィヴィくん」が居る。
この絵柄が可愛い
写真を載せればわかりやすいところだが、これから買う方のネタバレになってはいけないので掲載は控える。


使ってよし、飾ってよし
いや、使って大満足、飾って大満足
20,390円という値段でこれだけ満足感が高い製品は世界広しといえども、ちょっと見当たらない^^)

ヴィヴィくんのお陰でこの正月はすっかり寝正月になってしまった。



V・ファーレン長崎ブログ

|

2019年1月 5日 (土)

ウエストが細くなった

この1年で格段にウエストが細くなった。
腹筋が割れたとは言わないが、確実に細い。
ぽっこりお腹が凹んだのはもちろんだが、特に腰の両脇が見るからにくびれている。下着を履くとその上に乗っていた贅肉も半分程度に減った。

そもそも「腹筋が割れる」のではない。それはお腹の脂肪が薄く、六つに割れた腹筋の間に溝が彫れている状態。
痩せて初めて腹筋が割れるのではなく、元々割れている腹筋の割れ目が浮き彫りになったのである。
そのことを「シックスパック」という。腹筋が8つに"割れる"ことはない。


きっかけは2017年暮れ。
下関海響マラソンが低調な結果に終わり、次年度に向けていよいよ筋トレに踏み込もうと考えていた。
最初に検討したのは、ポルトガル代表のエースストライカーがいってしまった目つきで宣伝している器具。
自らは努力せずに結果を金で買おうというわけだ。

結論として見送った理由は、初期費用もさることながら、高額のランニングコストがかかり続けること。そして、過去にそうした器具を買って結果が出た例しがないという危惧。世の中にそんなうまい話しはないのだ。


ある日、僕はパソコンを習いに来たケイコちゃんにその話をした。
4万円で済むならば買おうと思ったけど、交換パッドがけっこう高いのでちょっと二の足を踏んでいます。
すると、突然立ち上がったケイコちゃん「この間、テレビでやっていたんですけど」と言って壊れた案山子のような不思議な挙動をとり始めた。
やばい人と関わってしまったかな・・
内心はそう思ったのだが「詳しくはYou Tubeで検索してください」という彼女に、表面的には謝辞を述べた。


それから1年2ヶ月
僕の腹筋は強固になり、ウエストが細くなった。
実測で5cmは縮まったので、パンツのサイズは「M」ではぶかぶかになった。
腹筋が強いと体幹が安定する。どんどん足が前に出る。足に負担がかからないので故障もしない。
歩いていて、自分の足音が聞こえなくなったことでも、違いは明か。足ではなく腹で歩いているのだ。


ケイコちゃんが教えてくれたのは立ったままできる腹筋運動「フリパラツイスト」

概要
■パーソナルトレーナー高橋義人が考案
■書籍「フリパラツイスト」に詳しい動画のQRコードが掲載されている
■30秒で腹筋100回に相当するカロリー消費」と謳っている
■2017年10月9日「しゃべくり007」(日本テレビ)で紹介された



注意点は首が揺れると頸椎を傷めるので、首の位置を固定する意識をもっておこなうこと。
他人の前でやると、やばい人だと思われるので、自宅でおこなう必要がある。

着替えなくてよいし、運動後にシャワーを浴びる必要もない。
思い立ったら、すぐにできて、わずかな時間で終わる。
そして、腹筋が強くなり、ウエストが細くなる。
腹筋という大きな筋肉が増えるので基礎代謝が上がり、美味しいものをたくさん食べられるようになった。

あの日以来、ケイコちゃんには足を向けて寝られない
何処に住んでいるかも知らないが

|

2019年1月 4日 (金)

つくばマラソンと東京マラソンはどちらが高速コースなのか?

「タイムを狙うならつくば」
「つくばは高速コース」
マラソン雑誌やネットの書き込みで、そう書かれているのを読んだことがあるし、つくばマラソン経験者からもそう聞いている。

本当だろうか?

2017年にコース変更された「東京マラソン」は「超高速コースに生まれ変わった」と日テレは実況していた。
僕も2009年、2017年と東京の旧新コースを走り、それを実感している。

つくばと東京はどちらが高速コースなのか?
その疑問に答えてくれる人が周りにいない。
つくば経験者は多数いるのだが、その誰もが東京マラソン(新コース)に当たらないのである。

そして、2018年「つくばマラソン」を走ることにした。
自分で走るのが、最も確実だからだ。


両方のコースを走った今、結論から言うと「東京マラソン」の方が高速コースである。
タイムで言うと「4%」程度
どこがどう違うのか、タイムに与える影響が大きい順にいくつかのポイントでお話したい。


■ポイント1
路面(東京>つくば)

つくばは路面が悪い
・大型車の重量でできた轍を整備していない道路が多い
・大通りから路地に入った途端、路面の凹凸が大きく変わる
これによって、ペースが狂い、足に負担がかかる。
東京のコースは整備が行き届いていて、ストレスがない。


■ポイント2
高低差(東京>つくば)

つくばは小刻みなアップダウンが多い
終盤やゴール間際にもアップダウンがあり、追い込みを阻む
東京は17kmから25kmの「富岡八幡宮詣で」に数回アップダウンがあるだけ。25kmで難関が終わってしまうのは心理的に大きなプラスである。


■ポイント3
渋滞(東京=つくば)

つくばはウェーブスタートのため「渋滞が緩和されている」のは確かだが、東京は道幅が広い。
走ってみて、渋滞具合は同等だった。
グロスタイム(ロスタイムを含む公式タイム)に拘らない限り、渋滞は東京にとってネガティブ要素ではない。


■ポイント4
気象条件(つくば>東京)

つくばマラソンが開催される11月末の関東は低温、晴天に恵まれる日が多い。
一方、2019年より三月の第1日曜に移動する東京は「気温が上がる」「降雨確率」の2点で不安要素がある。


「沿道の途切れぬ応援」のような感覚的な要素「手厚いエイド」といった、自分でなんとでもできる要素は比較に含めていない。
ポイント1、2に挙げた要素だけで、4%の差があると実感した。

|

2019年1月 3日 (木)

箱根駅伝におけるヴェイパーフライ 4%フライニットとその販売計画

2019年箱根駅伝一区「ナイキヴェイパーフライ 4%フライニット」を10校が履いていた。

一区テレビ映像で確認
2nd「白」:早稲田 東海 帝京 大東 國學院 城西
1st「オレンジ」:東洋 中央学院 東京国際 中央

※二区以降では駒沢、拓殖などの選手も履いていたし、一区で履いていた大学も二区以降では履いていない選手がいた。
9区では青山学院の吉田がヴェイパーフライ 4%「白」を履き快走した。三村仁司が携わっていた当時、青山学院の靴はadidasタクミ戦一色だったが、今期は選手個々に選択しており、吉田圭太は出雲駅伝でも「オレンジ」のヴェイパーフライ 4%フライニットを履いていた。


「ヴェイパーフライ 4%フライニット」は2018年9月に発売されたモデル。
ナイキからこの靴の供給を受けるアスリートは、その時点での最新市販モデルを履く慣例になっている。

9月発売の1stカラーは「オレンジ」
12月発売の2ndカラーは「白」

過去の例に倣えば箱根駅伝では、ユーザー全員が最新カラーの「白」を着用すると思われたが、1stの「オレンジ」を着用する選手も多く見られた。

1st「オレンジ」と2nd「白」の違いはカラーのみ。
靴の仕様は同じもの。

アスリート使用モデルと市販モデルに違いはあるのだろうか?
以前、大迫傑がレースで履いたヴェイパーフライ 4%がナイキ原宿に展示されていた。
観察したところ、大迫傑が直筆署名している以外に違いは見られなかった。インソールがカスタマイズされているかはわからなかった。

前モデル「ヴェイパーフライ 4%」の場合、2017年7月に発売した仕様で4シーズン4色を国内展開した。

2017年7月
1st 水色

2017年10月
2nd 赤

2018年1月
3rd 青

2018年4月
4th 黒


鶴見中継所に1位、2位で飛び込んだ東洋、中央は一区の2人は1stの「オレンジ」を履いていたが、二区の2人は2ndの「白」
チームによってカラーが指定されているわけではなく、選手個々の好みによって色を選んで履いていたようだ。


ナイキの販売スケジュールは4シーズン制
1月頃~「SS」エスエス Spring&Summer
4月頃~「LS」エルエス Late Spring
7月頃~「Fall」フォール Fall
10月頃~「Holiday」ホリデイ Holiday


これに準えた「ヴェイパーフライ 4%フライニット」の販売計画の記録と今後の予測

2018年9月
1st オレンジ

2017年12月
2nd 白

2019年3月
3rd ?

2019年6月
4th ?

2019年9月
ヴェイパーフライ 4%「第三世代モデル」


2019年春の東京マラソン、長野マラソンなどに向けて、この靴を手に入れたいランナーも多いかと思う。
2018年9月発売の「ヴェイパーフライ 4%フライニット」1stの「オレンジ」は11月に再販された。これに倣い2ndの「白」も1月か2月に再販されると推測する。

発売情報の入手は「ナイキ原宿」のブログが確実。
過去例に準えると発売前日に必ず、翌日の販売方法が掲載されている。
これを見れば他地域の方でも発売日を知ることができる。
また過去例では、店頭発売日の 9:00 よりナイキ公式通販 nike.com でも販売されていた。

ナイキ原宿は2017年7月の第一作では「先着順販売」だった後は「抽選販売」を続けていたが、2018年12月20日の「白」発売では「先着順」に戻した。この変化が何を意味するのか?販売数量を増やしたのであれば、ランナーには僥倖である。

前作まではナイキ公式サイトでメール登録をしておくと発売前にメールが届いたが、2018年12月からはナイキアプリを普及させるためかLINE限定となっており、LINEを使っていない者にとってはリマインドを受け取る手段がなくなっている。

|

2019年1月 2日 (水)

早く確実に禿げる方法(2019年版)

禿げ頭に憧れる
一日も早く禿げたい

そういう方に向けて、しらべるでは2007年より定期的に「早く禿げる方法」をまとめて開示してきた。

今回は2019年版として「禿げるために絶対してはいけないこと」という視点で、やってはいけない順に紹介したい。


【1】リアップX5プラスを使う

リアップX5の発毛効果は絶大だ。ミノキシジル配合の発毛剤を使うと禿げるどころか生えてしまう。



発毛を科学する化粧品会社アンファーが作るこの製品はそれぞれ一万円超と値が張るが、発毛環境を整える強力な性能がある。
通常、コンディショナーは「地肌につけてはいけない」ものだが、この商品は地肌にすり込むことを求めている。それだけ頭皮環境によいということになる。
頭皮環境を悪くするために、シャンプー&リンスは界面活性剤、防腐剤、乳化剤入りのものを選ばなければならない。



Panasonicの「頭皮エステ」にアンファーの技術を活かした機器「メカノバイオ」は、プロの施術を再現している。家庭で毎日このようなものを使うと禿げの道が遠のく。
素人が揉むと頭皮を傷めることができるので、禿げるためには毎日自分で揉まなければならない。


【4】頭皮を健全・清潔に保つ

以下のことをすると、髪が生えてしまう「健全・清潔」な頭皮を作ってしまう。

・洗髪は夜(就寝前)にする
・シャンプー&リンスはよく洗い流す
・ムース、整髪料は一切使わない
・洗髪後すぐにドライヤーで頭皮を乾かす(湿った状態で放置しない)


【5】からだと心の環境を整える

以下のような心がけ・行動は、発毛環境を整えてしまう。禿げたい人は反面教師とすべきだ。

・プロテインは一切飲まない
・悩み・不安を抱えないよう意識する
・タバコは吸わない
・酒はやめる(付き合いの場合乾杯のビール一杯まで)
・ダイエットをする場合はジョギングと筋トレで行う。節食によるダイエットはしない
・インスタント食品、添加剤入りコンビニ弁当は食べない
・就寝直前1時間は飲食しない
・0時~3時の時間帯は就寝する


【6】髪を守る
以下のような行動は髪を守ってしまい、ダメージを与え損ねてしまう。

・紫外線を浴びないよう屋外では帽子をかぶる
・パーマ、髪染めはしない


この記事は、35年にわたり発毛を研究・実践してきた知識の集大成。
ここに挙げたことをすると髪が生える恐れがある。
一日も早く禿げたいと夢みる皆さんは注意しよう。


明けましておめでとうございます
今年もしらべるをよろしくお願いします!
スマホのお気に入りに入れるか、パソコンの場合、以下URLを単語登録しておいてくださいね
http://silabel.cocolog-nifty.com/note/

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

世界遺産に登録されて40日後の頭ヶ島天主堂

明けましておめでとうございます
今年が皆さんにとって、安全・無事・健康な一年になりますように!

2018年夏「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録されたうちの1つ「頭ヶ島の集落」にやって来た。
この集落は環境保護のために「パーク&ライド」を導入しており、直接ワゴンRで乗り付けることはできない。
指定されている上五島空港の駐車場にクルマを停める。
1981年、頭ヶ島に上五島空港が建設される際、頭ヶ島大橋が架けられて中通島(上五島)と車で行き来できるようになった。
上五島空港はその後、定期便が途絶え、2006年3月31日に閉港。
それ以来、施設は使われていなかったが、頭ヶ島集落の観光整備に活用されることになった。


カナダの喫茶店みたいな空港ビルの一角に歴史資料の展示スペースが作られており、そこで事前申込みしておいた名前を告げる。
申込み時間よりも1時間早かったが、それほど混んでいないため早めのバスに乗っていくことになった。

頭ヶ島パーク&ライドのシャトルバスに乗車、乗り込んだのは定員の半数程度。現地までの所要時間は5分程度。
頭ヶ島集落の駐車場に着くと、前の会の見学者がこのバスを待っていた。

バスを降りると係員の先導で、頭ヶ島天主堂に向かう。
天主堂に入るとまず、寄付金を納める。
ウェブサイトにそのように書かれていたから、それにならったのだが、他には誰1人納めた人はいなかった。
係員の女性は2人
その近くで待機する
すると、数人の見学者が思い思いに内陣、祭壇の散策を始めた。
おいおい、勝手なことをするなよ
と思ったが、係員は2人で話しており、一向に説明が始まる気配は無い。

あのぉ、もう見て回っていいんですか?
そう尋ねると、きょとんとした顔で「はぁ、どうぞ」との回答。
見学日時が事前申込みで30分という制限もあるため、てっきり、係員の仕切りで見学するのだと思い込んでいた。

上五島にある他の聖堂と比べて、頭ヶ島天主堂の聖堂は狭い。
柱を使わないハンガービーム工法により、狭い敷地に広い空間を確保しているが、内陣、十字架のイエス像、祭壇、説教台と一周するのに、牛のように歩いても五分はかからない。
会衆席に座ってみたが、司祭が現れて何か話してくれるわけでもない。
せっかく海を渡って来たのだから、もうちょっと粘りたいところだが、することがないので仕方ない。
五島の花、椿をモチーフにした装飾を目に焼き付けて(撮影禁止)ほかの見学者同様、5分程度で聖堂を辞した。


【頭ヶ島の歴史】

1813年
伊能忠敬が頭ヶ島へ測量に訪れる。当時、漁師の網小屋があるのみで無住だった

幕末
人が住み着く

1868年
明治政府のキリシタン弾圧で、多くの教徒が拷問を受けた(五島崩れ)その後、再び無住の島となった

1899年
禁教解禁後、キリシタンが島に戻る

1907年頃
鉄川与助が設計 白浜に教徒が近くの島から石を切り出して建設を始める

1917年
10年かけて現在の頭ヶ島天主堂が完成

1981年
頭ヶ島に上五島空港が建設される際、頭ヶ島大橋が架けられた

2001年
青砂ヶ浦天主堂(同じ上五島)と共に国の重要文化財に指定された

2016年
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の1つ「頭ヶ島の集落」として世界文化遺産に登録推薦された

2018年6月30日
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録された

上五島ブログもくじ

|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »