« 手倉森監督 替えづらい3人を替えて初戦をとる | トップページ | 中野ブロードウェイの収穫 »

2019年2月27日 (水)

イルカと太田裕美の歴史ミックス


1950年12月3日
イルカ 東京都中野区で生まれる

1955年1月20日
太田裕美 東京都荒川区で生まれる

1971年
3月、イルカ 女子美術大学生活デザイン科卒業
イルカ シュリークスの一員としてデビュー

1974年
太田裕美 シングル「雨だれ」でデビュー
1977年まではすべての楽曲を松本隆/筒美京平が手がけていた

イルカ シングル「あの頃の僕は」でソロデビュー

1975年
2月、太田裕美 1stアルバム「まごころ」リリース
12月21日、シングル「木綿のハンカチーフ」が大ヒット
ここからシングルヒットがつづく

イルカ かぐや姫の「なごり雪」をシングルカバーして大ヒット。一躍有名になる。その後、南こうせつ、風、荒井由美、さだまさしらと共に「ニューミュージック」ブームの中心となった

1976年
ライブアルバム「イルカライブ」リリース

1977年
4月、イルカ アルバム「植物誌」リリース
12月3日、イルカ 絵本「ちいさな空」①青い傘のノエル(小学館)発表

7月、太田裕美 アルバム「こけてぃっしゅ」リリース
涼しげな夏を歌う最高傑作のアルバム。1991年にCD選書として廉価でCD化された
当時、太田裕美は芸能誌のインタビューで「20年後に控えるノストラダムスの予言による世界滅亡を想定して子供は産まない」と話していた

1978年1月
絵本「ちいさな空」②不思議草 発表

1978年2月
絵本「ちいさな空」③おやすみなさいをする前に 発表

1978年12月
イルカの長男 冬馬(とうま)くん誕生

1980年12月3日
イルカ 絵本「ちいさな空」④ジェレミーの木 発表

1982年
太田裕美 8ヶ月間ニューヨークに住む

1985年1月26日
太田裕美 結婚

1988年
太田裕美 遊佐未森の1stアルバム「瞳水晶」に「花ざんげ」2ndアルバム「空耳の丘」に「夢のひと」を作詞作曲して提供

1989年
太田裕美 遊佐未森「ハルモニオデオン」に「空色の帽子」を作曲提供(作詞は工藤順子)

1996年
太田裕美 ライブ活動を再開

2000年
8月28日、著書「太田裕美白書」出版
写真、インタビュー、音楽について太田裕美の全記録

イルカ 夫の介護のため北海道の旭川に移住

2002年
太田裕美 NHK朝の連続テレビ小説「さくら」出演

2003年
太田裕美 靴メーカー「パンジー」の広告に起用される

2004年
10月22日、静岡県富士市で太田裕美が伊勢正三・大野真澄とジョイントコンサート。これを皮切りに「なごみーず」としての活動が始まる

2006年
太田裕美 ベスト9曲アルバム「999 Best 太田裕美」発売
11月、オリジナルアルバム「始まりは“まごころ”だった。」リリース

2007年3月
イルカの夫・神部和夫さんが亡くなる

2008年
イルカの長男 神部冬馬が「小さき者」で歌手デビュー
3月、愛する家族との私生活を書いた著書「もうひとりのイルカ物語」マガジンハウス 出版

「太田裕美 オール・ソングス・コレクション」発売

2017年1月
東京国際フォーラムで「イルカ45周年 青春のなごり雪コンサート」太田裕美、小田和正、南こうせつ、小椋佳 ほかがゲスト出演

8月、太田裕美 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」劇中歌「恋のうた」の歌手として起用される

2019年
太田裕美 デビュー45周年
2月21日「イルカ&太田裕美~青春のメモリー~ジョイント」公演

歌手デビューはイルカが2年早い
しかし、ソロデビューは揃って1974年
そして、代表曲「なごり雪」「木綿のハンカチーフ」の発売は揃って1975年
何かと縁が深い2人。いよいよ「2人だけの共演」の日がやってきた。

つづく

|

« 手倉森監督 替えづらい3人を替えて初戦をとる | トップページ | 中野ブロードウェイの収穫 »

音楽」カテゴリの記事