« DAZNに「はじめから観る」ボタンが欲しい | トップページ | 立川を過ぎて右手に見える富士山 »

2019年4月 4日 (木)

キャッチコピーは「中央線が、変わる。」

2019年3月末
あさ8時15分、僕は新宿駅9番線に立ち、新型特急を撮影していた。


左側が「かいじ」右側は「富士回遊」
甲府方面進行方向先頭の12号車から4号車が「かいじ1号(S102)」で、後方東京寄り3号車から1号車が「富士回遊(S211)」
大月駅で切り離されるため、このように先頭車両同士が連結されている。


九州で特急に乗る時は車内販売がないので、ここでもそうだと思い、ホームのキヨスクでコーヒーを確保する。
100円でレギュラーコーヒーが買える。ちょっと量は少ないけれど、とても買いやすい価格設定だ。
ただ、かいじには車内販売があった。やはり、九州と東京都では集客力が違うということか。

えきねっとで購入した指定席特急券で席を探すと、既に仲野君はB席についていた。
えきねっとの座席指定画面はA席が下に表示されている。
てっきり、A席が南側と思って買ったのだが、実際にはA席は進行方向向かって右側だった。
これは結果的によい選択となった。


購入したのは3週間前、まだ「お先にトクだ値」期間だったため30%オフで買うことができた。あまり値引きがないJR券で3割は大きい。


この日のリニア試乗に先立つこと2週間前、2019年3月16日ダイヤ改正のタイミングで中央線が大きく様変わりした。
キャッチコピーは「中央線が、変わる。」

かつて狩人が「8時ちょうどのあずさ2号で~」と歌ったのは、午前8時に新宿を出て信濃路へ向かう特急。
そのダイヤは、その後「スーパーあずさ」と名称が変わり「2号」は存在しない。

スーパーがつかない特急「あずさ2号」は松本駅始発で、同駅を午前6時8分に出発。そして今回の目的地である大月駅を、午前8時に発車する。
しかし、そのダイヤも3月16日のダイヤ改正で姿を消した。


車両・ダイヤの変更点
■車両:E353系に統一(一部はE257系)
■「スーパーあずさ」「あずさ」→「あずさ」に統一
■「富士回遊」デビュー
■通勤特急「はちおうじ」「おうめ」デビュー

運転区間
■あずさ:千葉・東京・新宿~松本・南小谷
■かいじ:東京・新宿~甲府・竜王
■富士回遊:新宿~河口湖
■はちおうじ:東京~八王子
■おうめ:東京~青梅

チケットの変更点
■全席指定 自由席廃止
■「えきねっとトクだ値」10%オフ 発売
■「お先にトクだ値」30%オフ 発売
■「えきねっとチケットレスサービス」100円引き 開始


従って、午前8時(実際には8:30)に新宿を出て大月へ向かうのは「特急かいじ1号」である。
当初、バスタから高速バスで行く予定だったが「中央線が、変わる。」と言われたので、予定を変更した。

|

« DAZNに「はじめから観る」ボタンが欲しい | トップページ | 立川を過ぎて右手に見える富士山 »

趣味」カテゴリの記事