« 平成最後の歌合戦 | トップページ | 「入れていただいてありがとう」と彼女は言った。 »

2019年5月16日 (木)

平成最後の歌合戦II

「平成最後の歌合戦」は平成発売の曲を発売順に歌ってきたが、ここで互いに「平成エピソード曲」コーナー
僕は「ダンスホール」尾崎豊
1992年(平成4年)に亡くなった彼は、平成に入ってからは、オリジナルのラストアルバムとなった「誕生」をリリースしたのみ
「ダンスホール」はデビュー前に書いた昭和の曲だが、生涯最後となったライブの最後に歌った曲
仲野君は1989年リリースの「デイドリームビリーバー」タイマーズ(忌野清志郎)
「平成の間、ずっとセブンイレブンのCMに使われてきた」というのがエピソード。そう言われてみればそうだ。


2004年
「栄光の架橋」ゆず
NHKがアテネ五輪のテーマソングとして使用した曲
この曲を精一杯声を出して歌うと、腹の中に溜まっていたものが出て行ってすっきりする


2004年
「Everybody needs somebody」LOVE PSYCHEDELICO
天才麻生哲朗原作の名作映画「ホテルビーナス」の主題歌
今秋「初デリコ」を控えているので、デリコと出会った曲を入れた


2006年
「Progress」スガシカオ
シンコペーションが複雑でテクニカルな曲
NHK「プロフェッショナル」を毎週見ていたら覚えてしまった


2007年
「CHE.R.RY」YUI
平成といえばYUIもお付き合いしておかなければならない。
平成で僕が最もCDを買った音楽家である
彼女がデビューして「」がテレビから流れてきた時に一目惚れした。いや「一聴き惚れ」か


2008年
「Missing」ELLEGARDEN
僕がこの曲を聴いた時には既に彼らは2008年からの「活動休止中」その姿はYou Tubeでしか見たことがない
2018年に「THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018」を行ったが、そのチケット倍率は大変なものだったという


2010年
「空が白くてさ」羊毛とおはな
平成の時代、最も癒やしを求めた曲
彼女はもうこの世にいない
ぜひ、平成の最後に歌いたかったが、LIVE DAMには入っていなかった


2014年
「イジメ、ダメ、ゼッタイ」BABYMETAL
平成25年にデビューした3人組。海外での知名度に比べると、日本での認知度は低い。ぜひ東京五輪2020の閉会式に出て欲しい。
YUIMETAL(水野由結)脱退はとても残念だった


2015年
「東京VICTORY」サザンオールスターズ
「昭和の代表的ロックバンド」は平成でも、その圧倒的実力はミスチル以外を寄せ付けなかった


今回、歌い忘れたがDreams come true「未来予想図II」は1989年(平成元年)リリース


いわゆる大御所と言われる音楽家は一通り「Google先生」に尋ねてみて、井上陽水には「少年時代」1990年があった。つい最近の曲のような印象があるが、もう30年。名曲は古びない

|

« 平成最後の歌合戦 | トップページ | 「入れていただいてありがとう」と彼女は言った。 »

音楽」カテゴリの記事