« レースの成否を分けたランニングパンツのポケット | トップページ | つくばと東京はどちらがより「高速コース」か? »

2019年7月 6日 (土)

27kmでペースメーカーに抜かれる

23km
日立物流前で第7給水(水 アミノバリュー)
15km過ぎから8kmに渡って続いた南向きのコースは変化に乏しく、脳への刺激がほとんどなかった。
従って、そこで何があったかをあまり覚えていない。

24km
24.5~28kmは一車線規制
片側二車線の県道123号線をパイロンで仕切り、ランナーが左寄り1車線を使い、そのとなりは自動車が通行する。

25km
スプリットブレスレット確認では、予定から1分40秒遅れ。
中間点からここまでの4kmはペースを落としていない。

26km
第8給水(水)

27km
ざくっざくっ
耳慣れない音と共に背後から異様な気配が迫ってきた
なんだろう?
と左を見たその時には既に風船をつけた女性2人が見えた

え?
思わず声が出た
5時間のペースメーカー軍団は、容赦なく僕を抜き去っていく
まだ15kmも残っているというのに、ここで抜かれるとはまったくの想定外。洒落にならない

これは付かなければ・・と想うのだが、じわじわと離される
道狭くなる所では一旦風船が近づくのだが、そこを抜けると一気に離される。
風船を凝視していると脳が疲れる
前を見ずにタイムだけキープしていこう
しばらくはうつむき加減に走る
そして、どうだろう?距離は詰まったかな
と顔をあげたら、もうペースメーカーは見えなかった

がっぱし
思わず博多弁が出た
植山とち クッキングパパの絵が浮かぶ
そんなこと、考えてる場合じゃない

28km
つくばエクスプレス(TX)「万博記念公園」駅のそばで、TXの高架をくぐる
ここから先はコースが複雑になる。
「山新グランステージつくばホームセンター」沿いの細い道へ入り、小刻みに小道を曲がる。

事前にYou Tubeでこの辺りを見た時、警戒感があった。
道幅が狭い、路面が悪い、スピードが落ちる。
そして、今はペースメーカーを追う立場に陥落している。
道幅が狭ければ、隊列はタテに伸びる。ペースメーカーに群がる「5時間軍団」が間にはいると、一気に差が開いてしまう。

まずい。
狭い道に入る前に、少しでもペースメーカーとの差を詰めておかなければ。
山新が見えてきたところで、ペースを上げて前を抜きにかかる。右に左にと切り返しのカーブ。ひたすら、青い風船を追う。
幸い、難所を越えて再びTXのガードをくぐる時点では、ペースメーカーは目の前にいた。しかし、ここからが続かない。

 

お汁粉が勝負を分けた!つくばマラソン

 

|

« レースの成否を分けたランニングパンツのポケット | トップページ | つくばと東京はどちらがより「高速コース」か? »

しらべるが走る!」カテゴリの記事