2018年11月25日 (日)

本日、第38回つくばマラソン

「つくば初めて行くんですよね?」
突然なんだろう?と思って、振り返ると、ランナーの先輩高田さんが、おっかなびっくりした表情でそこに立っていた。
前日に「週末はつくばを走りに行きます」と僕が言っていたからだ。

「トイレがすごく混みますから気をつけてください。自分は1時間くらい並んでスタートに遅れそうになりましたから」
自己ベストはつくばで出したという高田さん、わざわざそのことを言いに来てくれたのだった。



東京マラソンが2017年大会からのコース変更で「超高速コース」(日本テレビ談)に生まれ変わる、その前から「つくば」が高速コースであることは広く知られていた。

コースはフラット。気温が低い11月末開催。好天に恵まれる機会が多い。自己ベストを狙いたいランナーにとって御用達の大会である。
東京以降(2007年)に始まった新興人気大会の大半が抽選エントリーとなっているが「長野マラソン」と「つくばマラソン」は依然として先着順の伝統を守っている。
その熾烈なエントリー状況については前述したとおりだ。
つくばマラソンエントリーのコツ



■つくばマラソンの基本情報

・開催時期:11月の第4日曜
・制限時間:6時間
・定員:10,500人
・エントリー方法:先着順
・エントリー期間:一般は7月
・コース:筑波大学をスタート。つくば市内を走り、筑波大学陸上競技場へゴールする1wayコース



■つくばマラソンの歴史

1981年
第一回開催

2006年11月26日
第26回開催。コースが一部変更された
開始時間が10:30から9:30となった
制限時間:6時間(公称)
ただし4時間を過ぎると交通規制が解除され、歩道を走るというのは前年と同じ
出場者 8,548人

2007年11月25日
つくば市政20周年記念第27回開催
参加費:4,000円

2008年11月30日
第28回開催

2009年11月22日
第29回開催

2010年11月28日
第30回開催

2011年11月27日
第31回「エコシティつくばマラソン」開催
定員:10,500人
参加費:5,000円
つくば市在住者の先行枠(1,500人)エントリー実施
10月下旬にはレイトエントリー実施(参加費が7,000円に上がる)

2012年11月25日
第32回開催
定員:10,500人 参加費:5,000円

2015年
第35回 ウェーブスタートに変更

2017年11月26日
つくば市政30周年記念第37回開催
USTREAMで「第37回つくばマラソン」オフィシャル番組を生配信
huluでゴールシーン配信



2018年11月25日(日)
第38回つくばマラソンを走りに来た
ランナーには好レースを、つくば市のボランティアの皆さん、沿道の皆さんが過ごしやすいよう、好天を祈る。

つくばマラソンブログ目次


|

2018年4月10日 (火)

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% 4th「黒」発売

4月15日(日)はマラソンの日
公式な記念日ではなく「マラソン講座」でそう名付けている。

4月の第2日曜は、全国各地のマラソン大会が密集する。
今年開催されるのは「かすみがうらマラソン」「長野マラソン」「掛川・新茶マラソン」「加賀温泉郷マラソン」「津山加茂郷フルマラソン」


この日出場するランナーが待ちに待った情報がナイキからもたらされた。

4月11日(水)9:00
ナイキ公式通販
NIKE ZOOM VAPORFLY 4%発売

もしも運よく買うことができれば、レース前日までには届く。
届いたら、数百メートル試し履きすれば十分。
もともとこれは「レース前にあまり走ってはいけない靴」
厚底のリアクッションが100km以内でへたってしまい、バランスが崩れるので、練習ではあまり履けない。
従って、一ヶ月前に持っていようが、前日に届こうが関係ないのだ。



「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は大迫傑、設楽悠太を始め、過去1年に行われた主要マラソンの上位を独占している靴。
アスリート向けと全く同じ仕様で市販しているが、販売数量が少なく、手に入りづらい。
「次のレースはVF4%で」と思っていても、買うなければ為す術がない。
ヤフオクではそんなランナーを見越した「転売屋」が5万~6万のプレ値で出品を続けている。


日本国内では1stカラーが2018年7月に発売されて以来、3ヶ月に一度、つまり「シーズン」毎にカラーを変えて展開。今回が4thとなる。

2017年7月20日
1stカラー「水色」発売

2017年10月20日
セカンドカラー「赤」発売

2018年1月4日
3rdカラー「青」発売

2018年4月11日
4thカラー「黒」発売
■品番:880847-405
■価格:25,920円
■黒のアッパー、ミッドソールラインはインディゴ


過去3度の発売は、ネットのナイキ公式は「秒殺」で終了。
ナイキ原宿は同日の店頭販売を抽選としている。
「マラソンの日」にいずれかのレースを走るランナーの手に渡ることを祈りたい。

秋以降のレース用に買おうと思うランナーは見送った方がよい。
ナイキがニューモデルの靴を2年越しで色展開したのは記憶にない。
同じ仕様で4シーズン展開したので、2018年7月には「第2世代」のニューモデルが出ると読むのが自然だ。

既に普段履き用として販売されている「NIKE REACT VAPOR STREET FLYKNIT」のような「breaking2」仕様のデザインに「VF4%」仕様のソールを履いた靴が登場すると予想する。

|

2018年3月 5日 (月)

2020年、長崎県に2つのマラソン誕生!

「五島つばきマラソン」に続いて、長崎県2つめの「マラソン」として計画が進んでいるのが「諫早・雲仙マラソン(仮称)」


「諫早・雲仙マラソンを成功させる会」が推進しており、準備活動の一環として「諫早・雲仙ウルトラウォーキング実行委員会」が2016年から「諫早・雲仙ウルトラウォーキング」を開いている。


大会の見通しとして決まっていることは少ない。
■第1回開催時期:2020年1月~3月
■スタート/ゴール:諫早市の県立総合運動公園
■コース:諫早市高来町側から諫早湾干拓堤防道路を経て、雲仙市吾妻町などを走る

それ以外は未判明なので、マラソン講座として予想した。
■定員:7,000人
■エントリー方法:先着
■制限時間:7時間
■参加費:7,000円


「諫早・雲仙マラソン」は「長崎県初の公認マラソン」を目指している。
公認=日本陸連公認
「五島つばきマラソン」は公認を受けていないので「公認」で「長崎県初」を標榜しているのだが、名物饅頭の「元祖」と「本家」の争いみたいで品がない。
たとえ「長崎初」となったとしても、それはすぐに過去のことになる。
大切なのは、大会がランナーを集め根付くかどうか。
大会が成功しつづけられるかは「参加したランナーの評価」それを反映した「改善」にかかっている。


2018年2月7日
「長崎市内初」の大会が報道された。


長崎平和マラソン(仮称)
■開催時期:2020年11月頃
■被爆75年記念事業

■定員:10,000人
■スタート/ゴール:平和公園(松山町)
■コース:浦上駅~長崎駅~長崎港~女神大橋を回る


1995年
被爆50周年記念事業として「ながさき平和マラソン」ハーフマラソン開催
4,000人が参加した。

2015年6月
長崎市がマラソン構想の検討にはいる

2017年3月17日
基本計画公表

2018年2月7日
実施内定。計画が固まったことを公表した。

2018年4月以降
道路交通量など実地調査

2018年度中
実行委員会発足予定

2020年11月頃
「長崎平和マラソン(仮称)」開催を見込む


現時点で未判明となっていること
( )内はマラソン講座の予想

■「恒久開催」か「1度きり」か(恒久)
■エントリー方法(抽選)
■制限時間(7時間)
■参加費:(1万円)


2000年代、長崎県は「坂が多い町であること」「渋滞・緊急車両の迂回路確保が難しい」という理由でマラソンには消極的だったが、ようやく重い腰を上げた。
「諫早」「長崎」がやるならば、次は「県北」の「佐世保」に、重い腰を上げてもらいたいところだ。

|

2018年3月 4日 (日)

47都道府県でマラソンを開催していないのはあと3県

「47都道府県マラソン制覇」の活動を「マラソン講座」として始めたのは2011年。
それ以来「マラソン未開催都道府県」をウォッチし続けているが、依然として「47都道府県マラソン」は実施されていない。

埼玉県庁の川内優輝は「旅をしながらマラソンを走り、47都道府県制覇をめざす」と語っているが、頻繁にレースに出る川内優輝でさえ、開催していないことには制覇することはできない状態だ。


2018年2月末現在、マラソン(42.195km公道競技)を1つも開催していない都道府県は3つ。

三重県
数年前から検討案が報道されている。
2017年には松阪市長がマラソン開催に向けてコースを検討中と表明した。
しかし、開催の見通しが立ったといえるものはない。


福井県
2009年までは「チャレンジ九頭竜(くずりゅう)マラソン」が開催されていた。
現在、開催に向けた動きはみつからない。


島根県
かつては「松江城国盗りマラソン」「玉造毎日マラソン」があった。
2005年以降は開催がない。
2018年11月、現存する「松江玉造ハーフマラソン」をベースにしたマラソン開催が発表されている。


従って、2018年終了時点の「未開催」は「三重県」「福井県」の2県となる。


さて、郷里「長崎県のマラソン」に動きがあったので、まとめておきたい。


まず、歴史を紐解くと、長崎県初の市民マラソンは2011年11月に開催された「長崎国際マラソンinハウステンボス佐世保」
ハウステンボスを起点に、近隣の自動車専用道路「西海パールライン」を2周する「一切、人が住んでいる所を走らない」珍しいコースで行われた。
しかし、この大会は主催者の準備不足のため、惨憺たる内容となり1回きりで終了した。

その後、捲土重来を期してハウステンボスは、定期的に園内でランニングイベントを行い、ノウハウを積んで来たが、いくら「東京ドーム33個分」という広いハウステンボスでも、園内だけで「42.195km」のコースは作れない。
佐世保市と協議したという噂も聞かないまま、今日に至っている。


現在、長崎県で唯一開催されているのは「五島つばきマラソン」
最近では「五島」の知名度は、東京でも上がっているが、それでも「5つ島があるんですよね?」という程度(実際には140)
「五島つばきマラソン」は代表的な「五島」の最南端、福江島で行われている。



■制限時間:7時間
■定員:1,000人(リレー30組含む)
■エントリー方法:先着順
■参加費:5,000円

■スタート/ゴール:五島市三井楽町 遣唐使ふるさと館
■コース:海沿いと内陸を回る周回コース

■選手受付
前日:福江港ターミナルビル2階 14:00~18:00
当日:道の駅 遣唐使ふるさと館 7:00~
■スタート時刻:9:00



「五島つばきマラソン」というランニング大会が、その第15回大会で初めて「マラソン」を開催したのが2015年2月22日。
それ以来、一貫して「2月の第4日曜」で4回開催された。
ということは、東京マラソンと同日。
従って、東京マラソンに外れた長崎県ランナーの受け皿になってきた(多分)
だが、2020年からは事情が変わりそうだ。

|

2018年2月26日 (月)

設楽悠太「ヴェイパーフライ 4%」で日本新記録

東京マラソンを完走された皆さん、おつかれさまでした。
完走おめでとう!
ゆっくり休んでいますか?


2018年2月25日
第12回東京マラソン
天候は終日「くもり」
正午の気温は7度とタイムを狙うランナーにとっては最高のコンディション。
ということは「それなりに走る」ランナーと、スポーツボランティアと、沿道の観衆にとっては肌寒い条件となった。


その好条件下、設楽悠太が2時間6分11秒で走り2位。
マラソン日本新記録を達成した。

高岡寿成が2002年に2時間6分16秒で走って以来、16年振りの「5秒」更新。
「5秒」更新に16年を費やした原因は「上位団体」が「育成」にコミットできなかったことに尽きる。


2020年東京五輪に向けて黄金時代を迎えている「日本卓球」をみれば、その原因は明らかだ。
日本卓球は、育成を体系化、小学1年生から、およそ10年で世界のトップ選手を創りあげるシステムを完成した。
いわゆる「ホカバ」育成である。


陸上の「上位団体」は「大学が駅伝ばかり見ている」と愚痴るだけで、事実上、何もしてこなかったと言える。
ここにきて取り組んでいる「MGC」にしても、選考方法の「興業化」の色合いが強く、間違っても「育成」手段ではない。


ところが、日本男子マラソンが「もしかしたら東京五輪でメダルにかするんじゃね?」という可能性が出てきた。
それは「ナイキ」の力である。

ナイキの力を借りた「大迫傑」「設楽悠太」という2人の「箱根駅伝スター」は、日本的育成を逸脱して、好結果を残している。



「設楽悠太の2月」は、過去の実業団メソッドとは異なっていた。

2月4日
丸亀国際ハーフマラソン
1時間1分13秒 2位

2月11日
唐津10マイル
46分12秒 1位

2月25日
東京マラソン
2時間6分11秒 2位
※日本新記録


「丸亀国際」後、設楽悠太の話し
「昔は薄いシューズが当たり前だったんですけど、今は厚いシューズになって、疲労感が違います。僕の感覚では、毎週ハーフくらいの距離だったら走れるくらいのシューズです。足を置くだけで前に進む感じがありますし、それが結果につながってきているかなと思います」



昨年12月、福岡国際マラソンで2時間7分台で走った大迫傑
今回、日本新記録を出した設楽悠太
2人が履くのは「ナイキヴェイパーフライ 4%」

「ナイキ関係者」によると、1足の寿命は1~2レース。
つまり80km程度。
設楽悠太は丸亀では2ndカラーの「赤」 東京では3rdカラーの「青」を履いていた。
この靴は販売数量が少なく入手困難。
今回の東京マラソンを走ったランナーの中にも、買うことができず諦めたランナーが多かったはずだ。
そうしたランナーからみると、ナイキから潤沢に支給される立場は羨ましい限りである。



素人ランナーの自分が、この靴をレースで履いた経験として、次の2点が言える。
1,自分はミッドフット着地なので、スピードは少々速い程度
2,疲労感が浅い

走ったのが「下関海響マラソン」で、後半は「山岳レース」だったので、短期的には足に疲労が蓄積したが、そこを切り抜けると何事もなかったかのように足が戻った。そして、レース後数日の疲労感は、過去11回と比べてかなり浅かった。


・フォアフットで走れば、かなり速い
・疲労が残らない
ヴェイパーフライ 4%

自由に靴が選べる市民ランナーとプロ選手は、これからナイキメソッドを利用して力を伸ばす方法を見つけていくだろう。

一方、靴が選べない実業団選手のために、他のメーカーの奮起を願いたい。

靴の巧、三村仁司を獲得した「NB」
BOOSTフォームを熟成させる「アディダス」
老舗の「asics」^^;)

|

2018年2月25日 (日)

東京マラソンテレビ中継のチェックポイント

今日は第12回東京マラソン
今年は2年ぶりにフジテレビ系列で生放送されます。
東京マラソンのテレビ中継はフジテレビと日本テレビが交互におこなっています。

「東京マラソン」は日本テレビ系列が放映権を保有していた「東京国際マラソン」とフジテレビが保有していた「東京シティロードレース」を収れんした大会。
どちらも視聴率がとれそうな権益を手放したくないので「代わりばんこ」で中継することになったのです。

2007年の第1回はフジテレビ。第2回は日本テレビ。
ということは偶数回が日本テレビということになり、今回の第12回は日本テレビの順番のはず。
ところが、2016年に見直しが行われ順番を交代。
2017年も2年つづけて日本テレビが担当。偶数年がフジテレビとなりました。

フジテレビが「偶数年」が欲しかったのか
日本テレビが「奇数年」が欲しかったのか
東京マラソン財団に親戚がいないので、真相はわかりません。
ただ「2年つづけて放映権を明け渡した」側に、何らかのメリットがあったと考えるのが妥当ではないでしょうか。



さて今日の東京マラソンテレビ中継
午前中はトップアスリートの部
午後は市民マラソンの部
昨年、日本テレビは12:45で生中継を終了したので、2年ぶりの市民マラソン中継です。


午前中、トップアスリートの部で注目なのは、トップ選手の靴。
2017年7月の発売以来、福岡国際マラソン、箱根駅伝などの主要大会で上位を独占しつづけている「ヴェイパーフライ 4%」
今回のトップ選手のうち、この靴のユーザーがどれくらいの比率になるか注目です。


かつて、これほどまでにマラソンにおいて「靴」がクローズアップされた時代はありませんでした。

水泳では2008年の五輪当時「スピード」の高速水着が話題になったことがあります。
「レーザーレーサー」を着た選手があまりに速いため、話題と言うより「問題」になり水着の機能がルールで制限されました。
選手不在の水着論争に、当時、北島康介が「泳ぐのは俺たちだ」と書いたTシャツで「水着騒動」に抗議していました。


さてナイキの「ヴェイパーフライ 4%」は、極端に遅い選手が履いた途端に、速い選手を逆転する靴ではありません。
しかし、ほぼ同等の走力を持っている選手同士であれば、大いに有利です。

大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)がフォアフット着地で走ることから「ミッドフットからリアフット着地の日本選手が履いても効果がない」という人がいますが、一度履いて走ってみたら、そんなことは言わなくなるはずです。

高速で走るランナーと現在の放送画質では、見分けづらいですが、セカンドカラーの「赤」サードカラーの「青」のアッパーに大きめのスウッシュ(ナイキのロゴ)厚めの白いミッドソールは、意識してみればそれとわかります。
ランシャツにナイキのロゴが入っている招待選手であれば、ほぼ間違いなく「ヴェイパーフライ 4%」で走っているはずです。


一方「市民マラソンの部」
過去のテレビ放送を見る限り、見どころはありませんでした。
知人が出場している場合、あるいは自分が出場したレースを録画しておいて「テレビに映らないかな?」と探したくなる気持ちはわかりますが、ほとんど無理です。

まず、ランナーに配慮しているのか、カメラが遠目に撮っている絵が多いこと。
そして、35,000人もの人がいること。
もう少し、個々のランナーの顔や着衣、装備などがわかるように映してくれれば、観ていて楽しめるのですが。
また、1万人を超えるスポーツボランティアの様子を、もっと近くから撮ってくれたらいいのにと思います。

特定の家族を取材して、お涙頂戴に仕立てたメロドラマが今年はないことを祈ります。

|

2018年2月24日 (土)

東京マラソン新コース体験談② どこに応援に来て欲しいか?

2018年2月25日(日)
いよいよ明日は「第12回東京マラソン」
ランナーの皆さんは今頃、瞑想に入っている頃。
ブログを読んでいる人はいないと思いますので、ここでは「応援に行く方」へお話したいと思います。


去年から変わった新コースで、今回は二度めのレース。
去年、新コースを走った視点から、応援に来る知人には、どこで応援してくれると嬉しいかを書きたいと思います。


応援して欲しいポイントには、次の3つがあります。
①心が折れそうな場所
②高揚を共有したい場所
③応援が少ない場所

家族や恋人、親友といった場合①②
あまり、べたべたしたくない単なる友達^^;)
の場合①③です。



①心が折れそうな場所
走る前は、17kmから25kmの「富岡八幡宮詣で」に小刻みなアップダウンがあり、その区間を持ちこたえることがポイントだと考えていました。
しかし、実際に走ってみるとさほど苦しいとは言えませんでした。
「超高速コース」に生まれ変わった「東京」のコースの中では、相対的にきつい場所であっても、他の大会に仕組まれている難所に比べると、たいしたことはないのです。

しかもこの区間、沿道の密集度が半端ないものでした。
「富岡八幡宮」を参るついでに、八幡宮正面の折り返し点で応援するという人が多かったようです。
今年は「初詣」が激減したそうなので、人出も減るかもしれませんが・・

密集しているということは、せっかく応援に来てもらったとしても、コースに面した「1列め」の場所に立てる確率が低くなります。
「motoさ~ん」と声をかけてくれると、走っている方は気づくことができますが、応援する側としては見づらい場所と言えます。

では、どこがお勧めかというと「30km過ぎ」日比谷公園を右手にみて、さぁこれから泉岳寺に向かうという所です。
泉岳寺からゴールまでは、新コースのメインイベント「ウィニングラン」ですが、銀座が終わったばかりで、泉岳寺に行くまでの区間。
ふと、気が抜けてしまうのです。

しかも、ここは応援がまばら。
早く来て場所取りしていなくても「1列め」の確保が容易です。
チョコレートの一粒でも渡してくれたら、勇気百倍で頑張れそうです。


②高揚を共有したい場所
これはゴール地点に他なりません。
ただし、丸の内中央通りから行幸通りは、芋を洗う密集。
沿道の人垣は二重、三重になっており、お互いを確認するのは難しいと思います。

お勧めするとすれば「ペニンシュラ東京」の前。
ゴール近辺としては、ここが比較的、空いています。
そして、応援を終えたら、日比谷公園に回って、ランナーと合流。

ランナーは皇居前にゴールした後、引き続き「1.4kmのウォーキング大会」に出場していますので、その途中では合流できません。
東京マラソンのランナーは、有事対応のためにスマホ携行を求められているので、スマホで連絡を取り合えば容易に合流できるはず。

ランナーは「大音楽堂」のあるあたりに出てくるので、そのあたりを目安にするとよいでしょう。


③応援が少ない場所
東京マラソン新コースの場合、①と同じ場所がその1つです。
あとは序盤、市ヶ谷あたりもそうですが、このあたりはまだランナーも「心の安定」を探りながら走っているところ。
序盤に応援が来ていると思うと、落ち着いて走れません。
応援は後半戦「銀座」以降をお勧めします。

|

2018年2月23日 (金)

東京マラソン新コース体験談①どこの写真を買うか?

2018年2月25日(日)
いよいよ「第12回東京マラソン」
出走されるランナーの皆さん、おめでとう!
好天を祈っています。


東京マラソンは、前回大会から新コース。
長年、東京マラソン誘致活動を行ってきた墨田区へ回り、皇居前へゴールする新コース。
「東京駅にゴール」と思われていますが、ランナーからは東京駅は目に入りません。
(行幸通りへの左折時に、あえて右を向けば見えますが・・)

ゴールは行幸通りと内堀通りが交差するあたり。
ランナーは背後に東京駅を従えて、皇居へ向かってゴールします。
皇室ファンの方にとっては、たまらない設定だと思います。


ゴール付近ではオールスポーツのカメラマンが構えています。
ここで撮影される写真には、背景に東京駅が映り込みます。
被写界深度が深いので、ピントはランナーにぴたり。後ろにぼやけた東京駅です。

行幸通りへ左折して、ゴールが見えてきたら、スピードを調節して「自分の前にスペース」を作ります。
前方が詰まっていたら、できるだけ前のランナーとかぶらないよう、左右に位置をずらします。

これは、カメラマンが狙う画角に前のランナーが被らないようにするためです。
カメラマンは全身がクリアに納まるフレームで撮ってくれます。
せっかくの晴れ舞台。
前のランナーのカラダが一部でも被っていたら台無しです。

去年の場合、ゴールに向かって右手の舗道からカメラマンが撮影していました。
「自分の正面、右斜め前方にスペース」が必要です。



過去に走ったどのレースより、東京マラソンに配備されるカメラマンが多いです。
レース後に公開された写真を自分のナンバーカードで出てくる写真の数でそれがわかります。
「東京マラソン以外の大会」では「自分が映っている」写真は20枚程度。
そのうち「自分が主役で映っている」つまり、他のランナーと被らずに大きく映っている写真となると5枚前後です。

東京マラソンはこの倍はいきます。
では「あれも欲しい」「これも欲しい」というほど、いい写真ばかりかというと、そうでもありません。

僕は「旧コース」と「新コース」をそれぞれ一度ずつ走っていますが、いずれもそれほそ選択には迷いませんでした。

確かに東京マラソンの場合「自分が主役で映っている」が多いのですが、マラソン写真の場合、重要なのは背景です。
ひと目見て「あぁこれは東京だな」「これは下関だ」と自分がわかる。

現在、マラソン写真を1大会1枚ずつ、11枚飾っていますが、背景も含めて「あの大会だ」と一目瞭然なのは「東京」「長野」「下関海響」だけです。
「長野」の場合、五輪スタジアム
「下関海響」は、関門橋
それ以外の写真は、自分ではどの大会か覚えていますが、背景は「一般道路」
それが「普通のマラソン」なのです。


さて東京マラソンの新コース
一目瞭然のスポットは
①東京スカイツリー
②東京タワー
③東京駅

ほかに「銀座」も名所ですが、去年の写真では「自分が大きければ背景がどこだかわからない」か「背景があそこだとわかる写真は自分が小さい」かで、納得の一枚はありませんでした。

そして①②も名所ではありますが、マラソン写真としては難あり。
電波塔ですから高すぎて、塔の先端を収めると自分が小さくなるのです。

東京タワーや東京スカイツリーの写真ならば、絵はがきを買うとか、自分で撮りに行けばいいのです。
自分が小さくしか写っていないのに、無理して買う必要はありません。


従って、冒頭に述べたゴールに向かうシーンで「東京駅」を背景にした1枚こそ、まさに「インスタ映え」

ただし、あまりスピードを落としすぎると、フォームが崩れて不甲斐ない写真になります。
Vサインをしたり、両手を挙げるのは、あとで自分が恥ずかしくなります。
気をつけましょう。

|

2018年2月22日 (木)

東京マラソン後 メンタルのつくりかた

2018年2月25日(日)
「第12回東京マラソン」まであと数日となりました。

僕は「旧コース」と「新コース」をそれぞれ一度ずつ走っていますが、過去の経験から言うと、3日前の木曜日あたりから、高揚感が高まってきます。
長い距離を走った時、ごく一部の人に訪れるのが「ランナーズハイ」ですが、まだ1mも走ってもいないのに、脳内に幸福物質が分泌され始めるのです。

このような経験は、他の大会では一度もありません。
マラソン大会を数日後に控えた時、ランナーは「緊張感」によるストレスを感じることはあっても、幸福に包まれるということはないものです。

東京マラソンの場合は、そこが違います。
①テレビ中継される
②周囲の人が注目する
③滅多に当たらない^^;)

数日後、この「東京マラソン三要素」が揃う場所に立つのだ。
自分が特別な檜舞台を踏むのだということが、現実的に実感され始めるのが三日前あたりからということでしょう。


東京マラソン以外の大会の場合、三日前に感じているのは「高揚感」ではなく「緊張感」
そこで、自分に言い聞かせなければならない一言は

「緊張するのは、走り始めてからでも遅くない」

数日前から緊張する意味がありません。
緊張して怖がっている場合ではないのです。
この一言を念じて、すぐにマラソンに出ることは忘れます。


ところが、幸福感の場合、忘れる必要がありません。
唾が出るくらい、噛みしめたっていい。
ただし、気をつけなければならないのは、他の誰かに言わないことです。
「ラブラブの配偶者」ならば、許されるかも知れませんが、一般的な家族や知人は「どんだけ自分大好きちゃんなのだ?」と思います(皆優しいので、口には出しません)


ここで、注意することがあります。
あまりに幸せを噛みしめていると、ふと不安がよぎるのです。

「もしかして、自分は祭りの後症候群に陥るのではないか?」

脳内に吉田拓郎の歌声が鳴り始めます。
(「吉田拓郎 祭りの後」で検索してください)


3万人が走り、100万人が見守る大会。
走っている時は「1人じゃない」という感覚を持つことができます。

しかし、終わってみれば1人です。

東京マラソンを走ったからと言って、翌日から、魚屋のおばさんが「足痛くない?」と声をかけてくれるわけではありません。
日頃から刺身を買って関係を築いていなければ、魚屋のおばちゃんが突然、フレンドリーになることはありません。

あれだけの高揚に包まれた時間
1人になった自分
あぁ、東京マラソンが終わってしまった
この先、僕には何の夢があるのだろう・・

こうした「負の感情連鎖」に陥るのが「祭りの後症候群」
それには、明確な対策があります。


以前「マラソンが終わったら、二日、有給休暇をとりましょう」と書きました。
人は1人でいる時よりも、誰かといる時に、より「切ない1人」を感じます。
東京マラソン後は、積極的に1人になって、余韻を楽しむ(自分に向き合う)時間を作ることをお勧めします。


つづきは
東京マラソン新コース、どこの写真を買うか?

|

2018年2月13日 (火)

東京マラソン2018まで、あと2週間

いよいよ「東京マラソン2018」まで、あ2週間
出場される皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

やばい、あまり走れてない
という練習不足のあなた。
今から頑張るのは逆効果です。

マラソンを13回走って言えることは
「レースでは練習以上の結果は出ない」
ということです。
初マラソンの前には「自分がどれくらいやれるのかわからない」ために「ひょっとして驚異的なタイム出ちゃうんじゃない?」
と妄想するのですが、妄想で終わります。


この時期にできることは、練習ではなく「正しい計画」と「正しい準備」
・25kmまでは寝ているつもりで前半を押さえること
・「WINZONE」や「shotz」をウェストポーチにたくさん入れて行くこと
この2つです。
詳しくはこの「マラソン」カテゴリーの過去記事をご覧ください。



そして、誰にでもできる(多分)準備があと1つ。
「申し訳ありませんが、2月26日(月)と27日(火)はお休みをいただきます」と上司に告げることです。


マラソンは「けっこうカラダに来る」スポーツです。
だって、そうでしょ?
ついこの間までは10mだって走らなかった人や、日頃練習で10kmくらいしか走っていない人が、いきなり42.195km(実際には43kmほど)を走るわけです。
東京マラソンの場合、さらにゴール後にほぼ漏れなく1.5kmのウォーキングも付いてきます。
(去年、新コースにかわってから追加されました)


「筋肉痛くらいで会社休めないよ」
とうそぶく人がいますが、疲れるのは足の筋肉だけではありません。
数時間にわたり生命維持装置をフル稼動させるため、内臓に来る負担が大きいのです。



多くの企業が「働き方改革」という流行語を標榜していますが「仕事減らないのに人は増えないから残業減るわけない」という状況は一朝一夕には変わらない。
マラソン明けくらいじゃ「休めない」と思い込んでいるのは、そういう環境にどっぷり浸かっている方でしょう。
でも考えてみてください。
日頃、頑張っているのだから、マラソン後に二日くらいご褒美休暇をもらっても罰は当たりません。

そんな可愛い部下に「はぁ?休んじゃダメ」というような上司は、恐らくたいして出世しません。
「頑張りどころ」と「人情」を理解できない人に、いい仕事ができるわけがないし、人は離れて行きます。

あ、上司の方に言ってるのがばれましたか^^;)


マラソン終えて二日休んでリフレッシュすると、ますますマラソンが好きになります。
嘘だと思うならば、試してみてください。
晴れた週明けに、いつもと違う光景が見えてきますよ。

|

より以前の記事一覧