2020年7月 8日 (水)

自分の頭から本物の血が30滴おちた時に考えたこと

二話

岸本葉子の「50代からの疲れをためない小さな習慣」
には次のようなくだりもあった

・ボディケアで気をつけているのは皮脂をとりすぎないこと
・シャンプーは毎回使わなくてもよいのでは
・私はシャンプーをやめたわけではなく、三回の洗髪に一回の割合で使います

なるほど
確かに最近は何処にも出かけない1日が増えた
手洗いの場合も「流水で15秒洗い流すだけでウイルスの99%が除去される」というではないか。ならば、洗髪も
その日は、外に出なかったこともあり、洗髪をパスした。

この本は後にじっくりと読み込むと、リフォームの指南書として勉強になる点が多い。
「岸本葉子の加齢なるリフォーム」と題して写真と図解付きで出版して欲しいくらいだ。

しかし、その日の僕はいつもと同様、速読でさらりと読み進めていった。
なるほどね、そういうものなのね・・という程度の理解で。
そして、事故はその6時間後に起きる

 

日付が変わると、iPhoneから「早く寝るよう」促される
翌日の在宅勤務に備え、早めに寝ることにしてテレビを消す。
立ち上がって少し歩いた時、何かにつまずいた
あっという間に目前に掃き出し窓が迫ってくる
鈍い音がする
手をつく間もなく、頭から窓ガラスにつっこんだ

立ち上がると、血がぽたぽたぽたと落ちた
3滴、7滴、15滴
加速度的にその数が増えていく
数えている場合ではないが、恐らく30滴はいっただろう


その光景に既視感がある
あの時は小学一年生、寺の境内でしゃがんで遊んでいる時、突然、木材が頭に倒れてきた。

境内にはリフォームに使うための真新しい木材がいくつも立てかけられていた。長さは数メートル、厚さは5cmほど
木材は僕を狙って自主的に倒れたのではなく、級友のヨシムラ君が僕を狙って意図的に倒したのだった。
そこで、僕が死んでいれば彼は業務上過失致死で少年院に入っただろうが、僕は無事だったし、警察に被害届けも出さなかったので、その後、父親の転勤で引っ越していった。
父親は僕の父と同僚で高校教諭だったが、今思えば、謝りにも来なかった。父に連れられた彼が玄関先で頭を下げる光景も、見舞いのケーキも食べた覚えがない。

一瞬、何が起きたかわからなかったが、コンクリートの地面に血がぽたぽたと滴るのをみた。
1、2、3 3滴
ちゃんと数えた。いや、数えられた
僧侶におんぶされて近くの病院へ行き、3針縫った。
縫った時は痛み止めをしていたのか覚えがないが、抜糸の時は頭から針金が抜けていくような気味悪い感覚があったのを覚えている。
その傷はハゲになって残り、悪ガキに揶揄されたが、加齢と共に額に吸収された(笑)

つづく

|

2020年7月 7日 (火)

岸本葉子を読んだ夜に事件が起きる

日本では刑事のなり手が少ないようだ
確かに子供が卒業文集に「大人になったら刑事になりたい」と書いたのを見たがことがない。
僕らが子供の頃はゴールデンで人気俳優の桜木健一が刑事をやっていて「母さん、辞令だ。刑事になったよ」と目を輝かせていたので、きっと、狭き門の仕事なのだろうと思っていた。

そんな世相なのか、最近のテレビは刑事ドラマばかり。
杉下警部に憧れてよい子の皆さんが刑事を目指してくれることを待望しているのだろう。

刑事ドラマは殺人現場から始まる
死体が血を流している
あるいは殺傷シーンで血が噴き出す
子供の頃ならば、お茶の間で「あの血は嘘の血やね」と評論していたが、最近は「今の血のりはうまくできているなぁ」と冷静に見ている。

しかし、実際に目の前で血が流れていると冷静では居られない
それが、自分の血ならばなおさらだ

 

翌日は在宅勤務だという夕方、僕は岸本葉子を読んでいた。
岸本葉子に出会ったのは2001年「マンション買って部屋づくり」という本だった。
未婚の著者がマンションを買って、家財を選んでいく過程を書いた本だったか。彼女は今も同様のネタを年次シリーズのように書き続けているので多分そうだと思う。

その飾らない姿勢、軽妙な語り口が心地よくて、それ以来、岸本葉子の本はほぼすべて読んでいる。
僕が出会った2001年に彼女が虫垂がんと告知され手術したことは、2003年に「がんから始まる」で公表されるまで知らなかった。
そりゃそうだ。親戚じゃないんだから

それでも彼女には親戚のおばさん、いや従姉妹のような親しみを覚える。
寛解の目安である手術から5年が過ぎるまでは、ネットのニュースを見る度に悪い知らせが載ってはいないかと、気が気ではなかった。

それは、実際に僕の従兄弟が術後の再発で死亡していたためだ。
5年経過までは予断を許さぬことを知らなかった僕は、彼の病室を見舞った際、奥様の前で「もう治ったんだよね」と言ってしまった。
明るく振る舞ったつもりでいた
二人は無言でスルーした
そのときの二人の豆鉄砲を食らったような顔が忘れられない。
心から悪いことをしたと思う。
無知は怖い


その日、手にしていたのは「50代からの疲れをためない小さな習慣」
そこには次のような文章があった

(箇条書きで引用)
・年をとったら気をつけないとと思うのは自宅での事故
・床には物を置かない。見た目に散らかるだけでなく、つまずきのもと

いつも通り、さらりと読み進める
この数時間後、それが自分の身に起こるとは思いもせず

つづく

|

2020年7月 6日 (月)

交替で入った2人の2点でまさかの逆転 開幕3連勝

2020年7月4日
J2リーグ【3節】
アビスパ福岡-V・ファーレン長崎

今季2度めのリモートマッチはリモート応援システムでサポーターの生チャントが場内に流されている
こうなると、DAZNで観ている分には通常の試合となんら変わりない。

<後半>
3分
ペナルティエリアすぐ外のFK
高木和徹が飛んだが、鈴木が直接決める
こんなにうまく蹴られたら仕方ない
福岡1-0V長崎

8分
畑潤基に替えてイバルボ
左のパンツだけをたくし上げた偉容な出で立ち

20分
澤田崇に替えて富樫敬真

23分

高木和徹が至近距離のシュートをナイスセーブ

25分
秋野央樹が蹴るCK、混戦からルアンがヒール、押し込めず

26分
少し遅めの飲水タイム
これで流れが変われば

31分
ルアンに替えて吉岡雅和
毎熊に替えてカイオセザール
遅延行為で湯澤にイエロー

34分
イバルボがポストで落としたボールをヒールパス
富樫敬真がつっこんで来て電撃のシュート
福岡 1-1 V長崎

+3分
またもイバルボが留めて体を使って保持したボールを富樫敬真がナイスコントロールシュート
敵地でまさかの逆転
福岡は完全に足が止まり、長崎が時間を使って試合終了
長崎は交代枠を1つ残した

<試合後談話>
手倉森監督
自信もてる試合になった
(初の4バックですが)
北九州を3バックで行ったから、次はどっちかなと福岡が悩んでくれると思った。福岡を分析して4バックに決めた。勝負処は終盤に来ると思っていた。福岡の足が止まってくれた。ひっくり返せたことは長崎の皆さんにいいプレゼントになったかな

長崎開幕3連勝
大宮が2-0で勝ったので3節を終えて2位


V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史

 



V・ファーレン長崎ブログ

|

2020年7月 5日 (日)

ベスト電器スタジアムとして、最初の試合

2020年7月4日
J2リーグ【3節】
アビスパ福岡-V・ファーレン長崎

この試合は本来、2020年4月5日に【8節】として組まれていた。
Jリーグはコロナ対策として、移動距離が短い近県クラブどうしの試合から再開している。
V長崎が関東甲信越にやって来るのは12節、8月16日の山形戦(NDソフトスタジアム山形)それまでは岡山以西での試合が続く。


試合会場はベスト電器スタジアム
去年までは「博多の森球技場」
ベスト電器がネーミングライツ(命名権)取得し 2020年3月1日より「ベスト電器スタジアム」
九州山口で育った者にとって、電気屋といえばベスト電器。
お小遣いが乏しい学生の時も、社会人になり欲しかった家電を揃える時も、いつもそこにベスト電器があった。
2017年7月よりヤマダ電機の完全子会社となったが、今も昔の名前で営業している。
我が心のベスト電器


<前シーズンの福岡戦>
2節 AWAY 福岡 0-0 V長崎
31節 HOME V長崎 1-0 福岡


<スタメン>★out
GK 高木和徹
DF 角田誠 二見宏志 亀川諒史 毎熊晟矢
MF 秋野央樹 澤田崇 名倉巧 加藤大
FW ルアン 畑

<ベンチ> ☆in
GK 富澤雅也
DF フレイレ
MF 米田隼也 カイオセザール 吉岡雅和
FW 富樫敬真 イバルボ

得点後のスライディングをしくじって右膝を傷めたルアンは、テーピングして出場。大事に至っておらずひと安心
初めて見るV長崎の2ndユニが白さ際立っている

<試合前談話>
手倉森誠監督
今期初のアウェイで(ホーム二連勝の)真価が問われる。ホームで攻勢に出たいのは福岡のほう。その力をどう利用できるかがキーになる。
保たされてはいけない

両チームは別々に入場し、間隔をとった整列で写真撮影
キャプテン同士の握手もなし

<前半>
13分
名倉巧が初シュート DFに当たりCK
初めてルアンが蹴る

23分
飲水タイム
ここまでは長崎が長く保持しているが、福岡の攻めは速い

26分
加藤大が遅延行為でイエローを受ける

27分
菊地のロングシュートを高木和徹がナイスセーブ

33分
秋野央樹のワンツーからのシュート!惜しくもオフサイド

44分
フリーでクロスを受けた毎熊のヘッドは右にずれてしまった

V・ファーレン長崎 2020シーズン記録
V・ファーレン長崎 2019シーズン記録
V・ファーレン長崎 2018シーズン記録
V・ファーレン長崎の歴史


V・ファーレン長崎ブログ

|

2020年7月 4日 (土)

ラジカセのゴシック様式を壊して網戸にする

スタジオ1980とは縁が無かったのだが、未練はうっすらと残っていて、消しゴムで消せるようにはいかなかった。

1974年に発売されたスタジオ1980は、その後、1年ごとに「MarkⅡ」「MarkV」と進化を遂げる。僕は雑誌で動向をチェックして「モデルチェンジの度に千円上げていく作戦だな」と独りごちていた。

1976年には後継機「スタジオ1990」が発売される。
スピーカーは20cmに拡大し、その偉容を誇示するかのように全面がフルネット仕様になった。
つまり、全面網戸を張ったようなものだ。

僕のNational RQ-552は12cmダブルコーンスピーカーの前面にゴシック建築のようなデザインがあしらわれてる。それに比べて1990の機能美を前面に出した潔さはどうだ!
僕は網戸に憧れた。


当時、僕にはオーディオ仲間の友達ができていた。
クラスが違うフジオカ君とどうやって知り合ったのか記憶が無い。
接点といえば、家がとても近かったということだ。

彼は時々、なめくじが出没する僕の部屋へやってきた。
自作のスピーカーを壁から下げていたのもその頃で、恐らく彼の影響だと思う。音源はお年玉で買ったミニテレコ。後に登場するウォークマンのような形状をしたテープレコーダーだ。AIWAだったかSANYOだったか記憶がない。

僕はこれを英和辞典の箱を加工して作った盗聴器に入れるために買ったのかも知れない。
もう記憶は曖昧だし、考えただけでも荒唐無稽だし、正確に思い出すのも面倒くさい^^;)

冒険王の通販広告で育った世代ならば、わかってくれると思う。
「盗聴」「スパイ」という言葉は甘いささやきだった。
結局、その盗聴器を実戦投入する日は訪れなかったし、盗聴する対象も特に考えていなかった。若いということは、それだけでバカなのかも知れない。


僕はある日、暖めていたアイデアを実行に移す。
下駄箱の缶缶に入っているドライバーやプライヤーなど、ありったけの工具を駆使して「RQ-552」の"ゴシック建築"を取り壊す。
ゴシックの下には網戸がある。表の装飾を取り外せば「スタジオ1990」の網戸が再現できると思ったのだ。

作業は難航した。装飾のエッジに沿って真円が切り出さればと期していたが甘かった。それでも、バリが残りまくりの網戸が出現し、一定の成果は出た。

大切にしていた「RQ-552」に対して、なぜそんな無茶なことをするのか
それは、長く連れそううちに、愛着が薄れていたに他ならない。
今思えば、よくないことだ。


その週末、尋ねてきたフジオカ君は、いつも通りにかっと馬のように笑って言った。
「いやいや、派手にやりましたな」
ラジカセと僕という相対関係を知ったうえで、ひとこと言ってくれる友達がいて、僕は幸せだった。
ただ、フジオカ君とはその後、音信が途絶える。特に理由は覚えていない。

|

«2時までボリュームが上がると ○が来て苦情を言われた