2024年7月21日 (日)

平和祈念ユニフォームを着た試合 V・ファーレン長崎の戦績

「平和祈念ユニを着た試合って、あんまり勝ててなくない?」
そんな会話を何度か耳にしたことがある。
あなたもそうかも知れない。
ただ、誰もがデータを元に語っているわけではない。
曖昧な記憶の中で「勝ててない」と想っているようだ。

そこで、V・ファーレン長崎が「平和祈念ユニフォーム」を着た試合の戦績(2017年以降)を集計した。


【結論】着用試合+ピースマッチ
13勝7分16敗(平均 1.28pts)
「やっぱり負け越しているじゃないか」となったあなた、最後まで読んで欲しい

*このうち以下2試合はピースマッチと銘打ったが着用せず
●2018年8月11日【21節】AWAY 広島 2-0 V長崎
広島は平和祈念ユニ着用。長崎は入場のみ着用。紺色⇔水色で十分な濃淡差があり、長崎が着用しないのは不思議だった
○2019年6月29日【20節】HOME V長崎 3-2 琉球
AWAY琉球開催のピースマッチでは着用した

この2試合を除く「着用試合」としては12勝7分15敗(平均 1.26pts)
*以下データには非着用ピースマッチを含む

■2017シーズン(J2)
1勝1分1敗
・【28節】福岡戦では初めてAWAY戦で着用した(○1-0)

■2018シーズン(J1)
0勝1分6敗
・AWAY着用は1試合 浦和(△0-0)

■2019シーズン(J2)
5勝4敗
・3連勝>4連敗>2連勝で引分なし
・2023年までで最多の8試合着用
・AWAY着用は3試合 鹿児島(○2-0) 琉球(●2-3) 山口(○4-0)

■2020シーズン(J2)
コロナ禍中断の影響で「平和祈念ユニフォーム」の制作を見送り

■2021シーズン(J2)
4勝3分1敗
・AWAY着用は3試合 千葉(●0-2) 町田(△3-3) 山口(○3-1)

■2022シーズン(J2)
1勝1分1敗
AWAY着用なし

■2023シーズン(J2)
1勝2分3敗
AWAY着用は2試合 岡山(△2-2) 山形(●1-5)


◆トピックス
・AWAYは10試合 4勝3分3敗(1.50pts)
・初着用が最も早かったのは → 2022/6/18
・最も遅くまで着用したのは → 2021/9/25
・最多得点勝利 → 2021/9/14 HOME 山形戦 5-1
・最多失点敗戦 → 2023/7/22 AWAY 山形戦 1-5
・最長負け無し → 「7」(4勝3分) 2021/9/4~2022/7/30
・クリーンシート → 7
・無得点 → 9

2021年は最も平均ポイントが高い(1.875pts)
J1にいた2018年は最も平均ポイントが低い(0.14pts)
2018年を除く「J2成績」では 13勝6分10敗(1.55pts)で勝ち越している

「平和祈念ユニ成績」は(着用する)7月~8月に、チームの好不調どちらの波が来ていたかに拠るところが大きい。
いつもと違うおしゃれなユニを着ているから、やりづらいなんてことはないだろう。


☆2024シーズン(J2)
6月22日に発表された着用予定試合は1試合
8月3日【25節】HOME 水戸戦 ピースマッチ

平和祈念ユニを着て勝つことには特別な感慨があるが、特別な勝ち点はつかない。何を着て戦っても僕らがやることは変わらない。



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| | | コメント (0)

2024年7月20日 (土)

「世界に広がる平和の花」V・ファーレン長崎が平和祈念ユニフォームで長崎から世界へ平和を発信する

24節を終えてV・ファーレン長崎は14勝9分1敗 勝ち点51で2位
勝ち点差 1位:-1 3位:+1 6位:+13
J.LEAGUEは「パリ五輪」バイウィークにはいった(間隔は3週間)


2024年6月22日
トラスタで藤枝戦が行われた日、V・ファーレン長崎公式より2024シーズンの「平和祈念ユニフォーム」概要がリリースされた。
2024年平和祈念ユニフォームのテーマは「世界に広がる平和の花」


■近年の平和祈念ユニフォーム発表
2022年5月29日 トラスタ 岡山戦試合前
2023年5月27日 トラスタ 磐田戦試合前
2024年6月22日 ネットメディアによるリリース

平和祈念ユニフォームは、原爆の悲惨さとともに、スポーツを楽しめる平和の尊さを感じられるようにという願いが込められるユニフォーム。

過去の平和祈念ユニフォーム一覧

2015年シーズンに初めて作られて以来、今年は9作め。ユニフォーム・サプライヤーがマクロンに代わってからは初めて。

例年はレプリカ・ユニフォームを一般販売していたが、今回は初めてレプリカ(コンフィット)Tシャツのみの発売。
プロモデルと同素材を使っており着心地が良さそうだ。
レプリカTシャツという設定のため価格は抑えめ。

■平和祈念ユニフォーム一般販売価格の推移
2019年 15,500円
2020年 発売なし(Tシャツ3,000円)
2021年 11,000円
2022年 11,000円
2023年 11,000円
2024年  5,000円


■平和祈念コンフィットTシャツ
価格:5,000円/マーキング加工あり7,000円
選手着用ユニフォームとのデザイン違いは右袖のみ(J.LEAGUEワッペン→NAGASAKIの文字)

■平和祈念ユニフォーム2024 時系列の記録

2024年6月22日
概要発表
コンフィットTシャツ受注開始
「世界に広がる平和の花」をモチーフにした図柄は例年になく好評。発売直後から注文が殺到した

6月23日
予定販売数を超える
その後「商品を購入する」に進むとPC、スマホ共に 「ご指定の検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。」 と表示された。
事象を確認してから7時間経過後、公式Xで品切れによる表示であることがアナウンスされた。
後日、WEBで販売が再開した時には「マーキング非対応」となった。

6月28日13時
(水戸戦前到着分)受注終了

7月14日
甲府戦の会場にコンフィットシャツを着ている方がいた。
写真で見るのもいいが、生で見るのはもっとよくて思わず話しかけた
moto「初めてみました。いいですね!」
Aさん「V・PORTに2時間並びました」

「世界に広がる平和の花」の魅力は最強らしい
そうなると、着用試合で強いのかというところに自然と興味が移る(本当か)

8月3日(土)
【25節】水戸ホーリーホック戦(トラスタ)で着用
例年は7月~8月にホームと一部のアウェイ戦で着用していたが、2024年の着用予定は1試合のみが発表されている

つづきは明日
→平和祈念ユニフォームを着た試合 V・ファーレン長崎の戦績



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| | | コメント (0)

2024年7月19日 (金)

ポルトガルベスト8止まり ロナルド「最後のW杯」「もう1度ユーロ2028」も見たい

■ラウンド16最終日
7月3日1:00
[7] ルーマニア 0-3 オランダ
リバプール所属ガクポのナイスゴールで先制したオランダが勝利

7月3日4:00
[8] オーストリア 1-2 トルコ
全得点がCK F組からは2チームがQFへ進んだ


■Quarter Final組合せ
7月6日1:00
スペイン - ドイツ
7月6日4:00
ポルトガル - フランス

7月7日1:00
イングランド - スイス
7月7日4:00
オランダ - トルコ


今回のユーロ2024 決勝トーナメントでは左側が「死の側」「死の山」と呼ばれている。
トーナメント組合せ表は一般的に決勝を中央にして「左右」に組合せが表記される。
左右それぞれの固有名詞は広辞苑には載っていない。「山」と呼ばれることが一般的といえる。
用語が定義されていないということは、関わる誰にとってもやりづらいものだ。

左の山:スペイン-ドイツ ポルトガル-フランス
右の山:イングランド-スイス オランダ-トルコ

こうしてみると「強そう」なチームは確かに左に偏っている。
「ベスト4進出が目標」とか言っているチームは、山の不運を嘆くかも知れない。
「優勝が目標」のチームは、どこかで「強そう」なチームと当たらなければならないので、そんなことは言っていられない。
既に1度優勝を経験したポルトガルの目標は優勝であり後者である。


7月6日1:00
スペイン 2-1 ドイツ
後半44分にドイツが追いつき延長へ
終了間際延長後半14分スペインが勝ち越した。10大会40年ぶりの開催国優勝は成らなかった

■ユーロ過去の開催国優勝
1964 スペイン
1968 イタリア
1984 フランス

これでポルトガルは天敵ドイツと当たる可能性が消えたのだが・・


7月6日4:00
ポルトガル - フランス

<スタメン>
・GK
ディオゴ・コスタ(22)
・DF
ジョアン・カンセロ(20)
ルベン・ディアス(4)
ペペ(3)
ヌーノ・メンデス(19)
・MF
フェレイラ(23)
ジョアン・パリーニャ(6)
ブルーノ・フェルナンデス(8)
・FW
クリスチアーノ・ロナルド(7)
ベルナルド・シウバ(10)
ラファエル・レオン(17)


<前半>
序盤ポルトガルが回しフランスは持たせている攻防
19分【フランス】 ポルトガルのCKからカウンター ポルトガルの守備が緩い テオ・エルナンデスのミドルはGKディオゴ・コスタ正面


<後半>
4分【フランス】 ワンツーからフェースガードを付けたエムバペのシュートはGKコスタがキャッチ
15分【ポルトガル】 カンセロがエリアに走り込んだフェルナンデスへラストパス シュートはコースがなくGKメニャンが弾く
18分【ポルトガル】 ポケットをとったレオンがクロス ヴィティーニャが合わせたがGKメニャンお腹でセーブ


<延長前半>
2分【ポルトガル】 ポルトガル伝統のウィング攻撃 コンセイソンがドリブルでポケット侵入マイナスクロス GK前でロナルドが合わせるが右へ


<延長後半>
レオンに替えてジョアン・フェリックス(11)
107分【ポルトガル】 コンセイソンが右からドリブルして大外へクロス フェリックスのヘッドはサイドネット


<PK戦>
先攻フランスが5人全員成功の時点で決着
○クリスチアーノ・ロナルド
複雑なステップから左へ
○FWベルナルド・シウバ
ワールドクラスの右上
×ジョアン・フェリックス(11)
左ポストに当ててしまう
○DFヌーノ・メンデス(19)
ワールドクラスの右上


ポルトガルはベスト8で敗退(前回はベスト16、前々回は優勝)
ユーロ2004でデビューして以来、ポルトガルサッカーを魅せてくれたロナルド「最後のユーロ」が終わった
2026年「最後のW杯」には出てほしい
いつか代表を去ったとしても、かつてのフィーゴのように復帰からのユーロ2028も歓迎したい^^)

ユーロ2024 ポルトガルの軌跡

| | | コメント (0)

2024年7月18日 (木)

【あと80日】 ピースタパス チケット争奪戦・展望[更新版]

ピースタ初戦【34節】大分戦まであと80日
動き出したピースタこけら落としチケット争奪について現状を整理する。

■どれくらいの枠を争奪することになるか?
・ピースタ:約20,000席
・AWAY席割り当てを除き一般販売前に売り出す枠は19,000席と推定

■チケットはピースタパスと単券の2種類
ピースタパス:【34節】大分戦【36節】鹿児島戦【38節】愛媛戦 3試合観戦チケット
単券:1試合ごとの観戦チケット(通常チケット)


■発売スケジュール
7月18日現在(既に終了)
ピースタパス席種申込み
対象:SEASONSEAT保持者、V-LoversPREMIUM会員

7月29日
座席選択準備期間スタート
*支払い済みの方に購入席種の状況がWEBページで開示される

8月1日(木)18:00
ピースタパス座席選択(確定)開始
対象:2024SEASON SEAT保持者

8月2日(金)18:00
ピースタパス座席選択(確定)開始
対象:V-LoversPREMIUM会員

8月7日(水)
座席選択締め切り

8月10日(土)
ピースタパス第2弾 販売開始
対象:トラスタパス購入者・同伴者|V-LoversPREMIUM会員・同伴者|V-LoversLIGHT会員
*ピースタパスの一般販売はない

8月15日(木)
ピースタパス販売終了

【以下は予測】

8月24日(土)
ピースタ単券チケット先行販売開始
対象:V-LoversPREMIUM会員

8月25日(日)
ピースタ単券チケット先行販売開始
対象:V-LoversLIGHT会員

8月27日(火)
ピースタ単券チケット 一般販売開始

【実際のスケジュール】
10月6日(日)
こけら落とし【34節】大分トリニータ戦
10月27日
【36節】鹿児島ユナイテッドFC戦
11月10日
【38節・最終節】愛媛FC戦


■初戦チケット入手確率予想 【あと80日】時点

ピースタパス:2024SEASON SEAT保持者・V-LoversPREMIUM会員→100%
 ↓↓
ピースタパス:V-LoversLIGHT会員→90%
 ↓↓
単券:2024SEASON SEAT保持者・V-LoversPREMIUM会員→70%
 ↓↓
単券:V-LoversLIGHT会員→30%
 ↓↓
単券:一般→ 0%
*AWAY席以外は先行で完売と予想
*AWAY席は発売日に完売と予想


発表された「ピースタパス」の価格設定は妥当。1試合ごとに席種が変えられるチケットなど至れり尽くせりの内容だった。
6月末に「見学ツアー」が始まり、クラブはファンからの要望をくみ取っている。長崎ヴェルカのシーズンチケット販売の兼ね合いもあり、当初周知スケジュールも一部変更された。

【お知らせ】
この情報は随時「更新版」を掲載します。見逃しがない「もくじ」を以下に掲載していますので、ブックマーク登録していただければ幸いです


ピースタのこけら落とし試合に参戦したい!

| | | コメント (0)

2024年7月17日 (水)

additional timeは7分より長かったのか? 残り1分40秒 執念の同点ゴールで3週間の中断に入る

2024年7月14日(日)
明治安田J2リーグ【24節】
ヴァンフォーレ甲府 V・ファーレン長崎
JIT リサイクルインク スタジアム

<前半>
甲府 0-1 V長崎

<後半>
いきなり甲府のペースが上がる
長崎はサイドで長いボールを使い対応する

2分【甲府】 村上のゴールへ向かうクロス 秋野のヘッドクリアで向きが変わり若原はわずかに触ったが同点ゴール
それでも「失点から切替の速さ世界一の長崎サポーター」は応援を止めない

いつもは「上手いなぁ」と唸る長崎のダイレクトパスが今日は相手に渡ることが多い。この「らしくない」プレーが湿度によるものだということは、試合翌日に監督コメントを読んで類推した。

12分【V長崎】 前半30分にイエローをもらっている松澤海人→笠柳翼
13分【甲府】 逆サイドへのクロスにアダイウトンが果敢に頭を入れて折り返しウタカに逆転ゴールを決められる 甲府の気迫が勝る

17分【V長崎】 マテウス→名倉巧 エジガル→フアンマ
同点ゴールをめざすチームの切り札投入「たのむぞフアンマ」の声がかかる
25分【V長崎】 加藤大→山田陸 マルコス→澤田崇
25分【甲府】 ここでひとつ伏線が加わる。DF今津佑太が入ると長崎のゴール裏からブーイングが起きた。選手紹介の時に拍手した人とは違う人なのだろう。仲違いして出て行った訳でもないのにブーイングは馴染まない

34分【V長崎】 ゴールに迫る ボールが外に出た後フアンマが倒れている(アピールかなと心の声)誰かが言う
「負けとっとに倒れとるけん、ホントに痛かとやなか」
長い時間試合が止まった末、フアンマはピッチの外へ出る。長崎は「10人」で攻撃再開。この苦境に攻撃の柱を失い「1人少ない」こと、PKをもらえなかったことなど、お茶の間で観ていると腹が立っただろう。
だが、現場では何が起きているかよくわからない。とにかくプレーが始まったのだから今は応援
*映像で確認するとアフターで今津佑太が足の裏でフアンマのスネを削っていた。

この時間帯を見て僕はこう考えた
4日前、新潟を6-1で破ったインパクトメンバーが「底堅い戦い方」をみせている。
もういくしかないよと雑にボールを入れるギャンブルがない。
規律通り相手の隙を窺いパスを回す。そしてその技量はスタメンに劣らない。これこそが「チームの底上げ」の成果なのだろう。

カップ戦(ルヴァン・天皇杯)を勝つことに対して「リーグ戦に集中せんば」という意見もあると想うが、それは選手の体を心配するファン心理。
選手たちにすれば「負けてしまったオレたち」より「勝ち続けてるオレたち」のほうが士気が上がるはず。

additional timeは「7」の表示。甲府が巧妙に時間を使い時計を進める。52分を過ぎて鳥海が外にボールを蹴り出す「万事休すか」いや、まだ終わってない

53分【V長崎】 どんなふうにボールが遷移したかはわからないが、目の前のゴールの中をボールが転がっていることは明瞭に見える
「奇跡の同点ゴールだ」
喜びが爆発する。でも今夜はいつもの夜とは違う。ちょっと冷静さを失っている。いつものような「じゃハイタッチするよー」という感じではない。足下が揺らぎ時空がずれたような感覚のなか、ハイタッチ、ハグ、走り回る・・振り返ると澤田崇推しのしましまさんは涙ぐんでいた


■additional timeは7分より長かったのか?
帰宅後、映像を見ながらストップウォッチでAPT(実際にボールが動いている時間)を測ってみた
∇45+7(97:00)経過:4分16秒
∇同点ゴール(98:25):5分20秒(まだ1分40秒残っている)
∇試合終了:5分30秒
APTを適用していれば、試合時間はまだ1分30秒程度残っていたことになる。

甲府ゴール裏からは大ブーイングが起きる
JITスでの初カンターレは成らなかったが、僕らはそれ以上のものを目撃した。
試合後選手挨拶(動画)

余韻に浸りながら帰り支度を進める。こんな時、シャトルバスへと急がずに済む「バスツアー」がありがたい。そこへ今津佑太がやってきた。
なにか喋りそうな雰囲気で、皆がしーんとして聞く。しーんとするとこんなにも声が通るものなのか
「フアンマをやったの僕です、すみません このへんを・・」
と言って蹴った部位を指さす^^)
相手が今津だったことは、この時初めて知ったのだが、僕は「正直でなんていいやつなんだ」と想った。
今津との接触でフアンマが傷む、シナリオが用意したネガティブな伏線は、カップ戦を勝ち続けたことで調子を上げた「インパクト強すぎるメンバー」たちが回収してみせた。
そこに今日の殊勲者 澤田崇が最後に挨拶にやってきた。
澤田崇選手挨拶~語りなし^^;) (動画)


20:20
復路から乗車する仲間を加え「非公式バスツアー」はJITスの駐車場を出発。
バスツアーは「往復」参加だけでなく「往路」「復路」参加もできる。
昼間のうちは「リニア見学センター」を観たい^^;)という方は往路を公共交通機関で入り、復路だけバスツアーに乗車することもできる。
(甲府戦バスツアーの場合、往復5,000円 片道3,000円)

21:45
石川パーキングエリア【上り】で休憩

22:30
小仏トンネルの渋滞もなく、予定より30分早く新宿到着・解散

「今日はおめでとうございます・・でいいですよね」
山手線の車内で僕が話しかけると、V・ファーレンユニを着たお二人はにっこりと笑い「フアンマが心配です」と語っていた。
きっと、長崎の誰もがそう想っている。果たしてその動静がこの3週間のどこかで明かされるのか、水戸戦当日にメンバーを見て初めてわかるのか。
少しドキドキするけれど、選手たちの「執念のゴール」により僕らは心穏やかにこの3週間を過ごすことができる。とてもありがたい。



V・ファーレン長崎ブログもくじ

| | | コメント (0)

«熱中症になりそうな暑さのなか、終わりがけに先制して前半を終える