« 子どもにコンピューターは要らない | トップページ | バルセロナのサッカーショップ »

2005年12月 3日 (土)

定年延長 親が子から職を奪う

 定年延長が法制化されそうだ
 2013年度(平成25年度)までに、企業に対して65歳までの雇用延長が義務付けられる見通し。
 2013年に60歳を迎えるのは、1953年(昭和28年)生まれの人たち。
 公的年金支給年齢が65歳に引き上げられるのに合わせての政策である。

 このテーマには二つのポイントがある。

①高齢化社会である。年金が足りないので60過ぎても職がないと収入がない。
②ベテランのノウハウが失われる

 ①は今になってわかったことではなく、志のある人は 60歳で定年後、再就職で雇ってもらえるようなスキルを身につけるべく、 既に努力しているだろう。

 法律で定年延長を強制すれば、「仕事ができない、意欲がない、会社にぶら下がっている人」に 「これからも、努力しなくていいんだよ~、会社をしゃぶり尽くしなさい」と宣言するに等しい。

 60歳で辞めてくれるはずの人を5年雇うことにより、その頃社会に出る若者の求人は確実に減る。
 2013年に22歳を迎えるのは、1991年(平成3年)生まれの人たち。2005年度は中学2年生である。その年齢差からいってちょうど、
親が我が子の求人を奪うカタチになる。

 正社員の求人が少なく 「社会に出してもらえない」 10代~20代は「国会議員はなに、ふざけたこと言ってるんだ!」と思っているだろう。
 だが、この法律を決める時点では、中学2年生に参政権はない。

 ②については、つづく



しらべる

| |

« 子どもにコンピューターは要らない | トップページ | バルセロナのサッカーショップ »

ビジネス」カテゴリの記事