« 広島 | トップページ | 郵政民営化はなぜ必要なのか? »

2006年1月31日 (火)

eビジネスが始まって8年

 eビジネスとはIT(インターネットを含む情報処理技術全般)を利用したビジネスのこと。 IBMの造語。

 従来のビジネスに対して、インターネットと言う新しい手段を使うビジネスを色分けするためにできた言葉。1999年頃から流行語となったが、2004年には誰も言わなくなった。eビジネスがごく一般的になり、わざわざ使い分ける必要がなくなった・・というのが、業界人的な分析だが、実際はさすがに使うのが恥ずかしくなったのだろう。

 eビジネスが謳われて7年が過ぎたが、未だにインターネットを使っていないビジネスのほうが圧倒的に多いし、eビジネスをしているけれど、実際にはインターネットの住人ではない人が取り仕切っていて、インターネットユーザーに受け入れられていないビジネスも多い。

 インターネットの住人というと、新興ベンチャーを想起する人がいるかと思うが、住人はどこの企業にもいる。住人というのはユーザーのことであり、インターネット業界に精通している人ではない。キーマンという言葉を使う人は後者と思ってまちがいない。

 e ビジネスは次の2つの総称。
BI=Business Intelligence
EC=Electronic Commerce
 社内の仕組みの改善がBI、対外的な商売がECである。

eビジネスの進め方
しらべるの造語一覧

| |

« 広島 | トップページ | 郵政民営化はなぜ必要なのか? »

ビジネス」カテゴリの記事