« 参考にします。 | トップページ | なんとかして欲しいビジネスマン »

2006年2月 8日 (水)

ITILが役に立たない理由

 ITILについてしらべるでは、こう定義している。
 コンピューター・システム運用の好事例集

 ただ、ITILが役に立つ会社はとても限られていて、現実的に定義するならば、こうなる。

「本気で改革する気がないか、改革したいのだがセンスがない人が使う責任回避ツール」

 ITILには、理想の答え(
ベストプラクティスという)がたくさん並んでいる。

 実践されたことに基づいているので、一つ一つがもっともで、なるほどと唸ることが多い。頭のいい人が力を合わせて作っているので、寸分の隙もない。

 ITILを導入する管理者は恐らく、自分の組織にはITILに書いてあるような基本ルールが欠けているのだと考えるのだろう。
 だが、そんなルールが欠けている組織の皆さんが、ITILのような大上段に構えた文書に素直に従うわけがない。

 文言をみて「なるほどなぁ」と思っても、実際、それは他人が改善するのだろうと思うだけで、自分が今日から何をするかを想像できる人は少ないだろう。

 プロジェクトを進めるのに必要なのは、優秀な
PMではない。
 プロジェクトを通して皆が幸せな気持ちになるために、エモーショナル・レスキュー・マネージャーが必要なのである。

 しらべるは、インターネット上で何かを調べたい人にとってのエモーショナル・レスキュー・アシスタントになれたらいいなと思って毎日書いている。

| |

« 参考にします。 | トップページ | なんとかして欲しいビジネスマン »

IT」カテゴリの記事