« イチローに聴きたかった | トップページ | 電話があったことをお伝え下さい »

2006年3月10日 (金)

定年退職の人を送る言葉

 定年退職の送別会で、送る側の贈る言葉について、いつも考えている。

【 言うべきこと 】
自分とその人だけの隠されたエピソード
仕事での主な業績、金字塔。
「皆 あなたのことを忘れませんよ!」

【 例 】  「もし私が今日この会社を去っても、1か月もすればもう誰も覚えていないと思いますが(笑)、あなたのことは1か月、1年たってもずっと皆が覚えていて、あぁあなたならこういう時、こういうだろうなって、折に触れて思い出すと思います」


【 言わないでいいこと 】
皆が知っているエピソード
過去の失態
会社の歴史
 その人とは関係ない会社の歴史を懐かしむ人がいる。
「ゆっくり休んでください」
 それは霊前で言うこと。
「また、会社に遊びに来てください」
 社交辞令として見え透き過ぎ。本当に来た時、時間をとって相手をするのか?

【 言ってはいけないこと 】
がんばってください
 目上の人に大変失礼。言われたほうはどう反応していいかわからない。

 「ぜひ、また会社に顔をみせてください!」
 と言うお調子者に限って、本当に来たら 「お久しぶりです!いやぁ、残念だなぁ。これから僕は会議なんですよ。来るなら、前もって教えてくださいよ~ じゃこれで」 と言って、すぐいなくなる。

→最新更新版 定年退職の送別会の送る言葉


| |

« イチローに聴きたかった | トップページ | 電話があったことをお伝え下さい »

くらし」カテゴリの記事