« 佐野さん50歳! | トップページ | エクセル セルの「入力制限」 »

2006年3月14日 (火)

マラソンの退廃

 腕立て伏せを全員で千回やってから「さぁ腕相撲世界一決定戦です」
 70分間0-0ということにして「さぁ20分間、ここから バルサ 対 チェルシー の真剣勝負です」
 そんな競技が、もしあったら馬鹿馬鹿しく見る気がしない。

 女子マラソンで記録を狙うランナーが雇い、予定した時間配分通りに先導する男性ランナー。
ペースメーカーは初めはそうだった。

 その後、男子マラソンでも30kmまでを一定のペースで先導するランナーとして採用された。

 2006年の東京国際マラソン以降、日本国内のレースでも堂々と30kmまで先導するようになった。

 東京国際では30km手前で誰かが前に出ようとすると、ペースメーカーがそれを手で制するというシーンもあった。

 勝負の楽しみがまるでない。
 マラソン観戦は2時間を超す緊張感の持続、スリルが醍醐味。

 毎度こんな趣向でやるならば、初めの90分間テレビを見る必要はない。次のレース観戦からは
DVDレコーダーで追っかけ再生することにしよう。





| |

« 佐野さん50歳! | トップページ | エクセル セルの「入力制限」 »

マラソン」カテゴリの記事