« 最後のみどりの日 | トップページ | 心臓疾患で倒れている人を助ける »

2006年4月30日 (日)

デコ2度目のCL決勝進出

 バルサがCL準決勝でACミランを破り決勝に進出した。

 バルサとは
FCバルセロナ
 本拠地はスペイン、カタルーニャ州のバルセロナ。リーガエスパニョーラのプリメーラ・ディビジョン(日本風に言えば一部リーグ)に所属するフットボールクラブ。

 CLとは
UEFAが主宰するチャンピオンズリーグ。欧州のクラブチームナンバー1を決める大会。各国のリーグ戦と対比してカップ戦という。日本で有名なW杯は国(代表チーム)のナンバー1を決める大会。
 世界の一流選手は欧州各国のリーグに集結しており、CLは世界一見て楽しい大会。

 
バルサは過去4度決勝に進出。そのうち、勝ったのは一度きり。
 決勝の相手は日本でもお馴染み、ジーコの次の日本代表監督候補アーセン・ベンゲルが指揮を執る
アーセナル(イングランド・プレミアリーグ)。アーセナルは準決勝以上に進むのが初めてと経験が浅い。

 アーセナルのエースストライカー(FW フォワード)は
アンリ。アンリは2005-06シーズン終了(今年の夏)でアーセナルとの契約が切れる。残留する選手の大半は契約延長してから、すっきりして最終年次に入るが、アンリは態度を保留している。その移籍先の有力候補がバルサ。

 アーセナルの司令塔(MF ミッドフィールダー)はスペイン人のセスク・ファブレガス。
彼はバルサの下部組織カンテラで育ったが、アーセナルが横取りした。普通、こういう軋轢は「因縁の対決」と騒がれるネタになるところだが、この両クラブチームは至って冷静。アンリのシーズン終了後の移籍先を含めて興味深い。

 一方、バルサも1992年にCLを一度制覇しているが、随分と時間が経っている。
 現役選手で過去にCL優勝を経験しているのは
デコだけ。準決勝を終え一つの輪になって無垢に抱き合う彼らは人々の心を打った。
 デコは2003-04シーズンに
FCポルト(ポルトガル スーペルリーガ)でCLを制覇している。その決勝の対戦相手モナコ(フランス リーグ1)には、現在バルサの同僚ジュリがいた。
 バルサがビッグイヤーを獲得した時、デコは優勝請負人として、ほっと胸をなでるだろう。
 夏にはポルトガル代表としてのW杯優勝という課題も待ち構えている。

 デコ充実の夏。

 CL決勝は5月18日(木)早朝より地上波 フジテレビ系列で生放送。

 デコファンサイトでは4月20日に日本初、デコファンクラブを設立しました。デコファンの方、ご参加をお待ちしています。

| |

« 最後のみどりの日 | トップページ | 心臓疾患で倒れている人を助ける »

デコ」カテゴリの記事