« ナイキフリーのモニターに参加 | トップページ | 焼ラーメン初挑戦 »

2006年5月25日 (木)

ナイキフリー5.0モニター開始!

【 初日 】
 初マラソン完走の翌日。いったい足がどんなことになるのか?と興味津々だったこの日。確かに足は前に進まない。だからと言って、一歩も歩けないわけでもない。
 この2か月は毎日オーダーメイドした
スーパーフィート(インソール)を入れた靴を履いていた。オーダーなので左右のアーチサポートの高さが違う。僕の場合、左足の方が右より土踏まずが下がっている。FREE5.0に足を入れた第一印象はスーパーフィートと比べて左のアーチサポートが高く違和感がある。

【 二日め 】
 マラソン明け二日目ようやく普通に歩けるようになったので少し散歩に出る。やはり左アーチが高く違和感がある。これはソールが足に合っていない痛みであり、この靴特有の"日頃使っていない筋肉の違和感です"ではないと思う。モニターの靴はまっ黄色のアッパー。黄色いアッパーの靴は4足持っているがいずれも夏用。それ以外の3シーズンでは合う服を持ち合わせない。

【 三日め 】
 黄色い靴を会社に履いていけないので、同梱4.5のインソールをエアマックス95SC(ヒッコリーブラック、size:us9.5)に入れて履く。歩き始めてすぐ5.0のインソールに比べて土踏まずが低いことがわかる。これは快適。SUPER feetを履いている感覚に近い。このインソールだけでも買う価値がある。一般のスポーツシューズよりも高機能なインソールが2枚入って 12,600円は手頃な価格と言える。
4.5と5.0のインソールを比較して言えば、4.5は5.0と比べて裸足に近いというよりも「普通の靴」に近い。

【 四日め 】
 今日は5.0のインソールをエアマックス95SC(ヒッコリーブラック)に入れて履く。インソールに溝が切ってありクッションまで付いている。クッション付きインソールはニューバランスのウォーキングシューズでも経験がある。これは安いコストで、柔らかい履き心地を出すための策なのだろう。

【 五日め 】
 昨日と同じ履き方。二日めで慣れて違和感が消えている。だが、明らかにアーチを強く押し上げているインソールに慣れることが妥当なのかはわからない。
 仕事ではナイキ、NBのアッパーからアウトソールまでがオールブラックの靴を履いている。FREEもそれに加えたい。レディースモデルには「ナウアンドゼン」というオールブラックがある。メンズでも設定されていたらそれが欲しい。

【 七日め 】
 4.5のインソールでFREEを履く。かかと部分のクッションが無いため随分とアーチが高い。レース時に痛かった左足外側の痛みがぶり返す。こういう痛みを「日頃使っていない筋肉の痛み」ですよと片付ける店員がきっといるに違いない。
 足入れ部のサポート感は
エアマックス93よりもしっかりとしていて良い。現在の手持ち40足の中で履いた印象が一番近いのは aqua sock extra。これは夏に素足で履けるので長く愛用している。

 いきなり途中を割愛して・・

【 二ヵ月後 】
 外出時はいつもこの靴を履いていた。モニター期間だからということではなく、このシーズンに履く靴ではベストの靴だからだ。

 レポートをプリントアウトして、ショップへ向かう。

|

« ナイキフリーのモニターに参加 | トップページ | 焼ラーメン初挑戦 »

コレクター」カテゴリの記事