« 西南学院大学 | トップページ | IE7で変わるウェブサイトの課題 »

2006年5月12日 (金)

Windows2000最後の日

 2006年5月9日、IE7.0ベータ2日本語版が公開された。

 
Windows2000のマシンにインストールしようとすると
「このパッケージでお使いのオペレーティングシステムはサポートされていません」
と表示された。

 2000年2月18日に日本語版が発売された Windows2000。
 Windows95、98によって「
例外OE」や「一般保護違反」の連続攻撃を受けていたユーザーにとってこのOSは天国のようだった。

 2001年にWindowsXPが出た後も、安くて枯れた技術で企業では最もよく使われたが、2004年3月末、サポートが終了した。

 2001年に
IE6.0が出た時は Windows95が過去のものとなった。

 そして今回、IE7.0では Windows2000が置き去りにされる番。
 すっかり愛想を尽かされていた
Windows95とは違い、Windows2000 はまだまだ企業を中心にユーザーが多い。

 ただマイクロソフトとしても、どこかで過去バージョンの対応を切らなければ、開発費が膨らむばかり。
 こうしてWindows2000にも早晩、終わりの日がやってくる。

|

« 西南学院大学 | トップページ | IE7で変わるウェブサイトの課題 »

パソコン」カテゴリの記事