« 電話があったことだけお伝えください | トップページ | エアマックスの歴史 »

2006年11月17日 (金)

元春「アフリカのツメ」語録

 今回は佐野元春「アフリカのツメ」名場面、迷語録を振り返る。

第1回 4月8日
 イラク日本人人質事件でニュースが延長されたため、15分遅れ。初回からいきなり録画派泣かせでスタート。
 玄関先で従業員が絡んでいるところに"冬野ライオン"が外出から戻ってくる。後姿の白髪アタマでそうわかる。前方から顔がアップになり「サムデイ!」のサビがかかる。特に台詞はなく靴を脱ぐような素振りをした後、そのまま階段を上って(部屋に戻って)いく。

第3回 4月22日
 OLコスプレ客に呆気にとられている従業員の前に現れ
「OLはピンボールと同じだね。
 アフターファイブは予測もつかない」
と初めて2文節以上の台詞を言って出かけていく後ろ姿に「サムデイ」。
 ここらで、意味不明なワンフレーズ客という位置づけが固まってくる。
第4回 4月29日
 CM明けにいきなり「ぴゅー」という風と共に登場
「誰もが心にジャックナイフを持っている」
と言って桃太郎の肩をぽんぽんぽんと叩いて外出。
 1分後に再登場して、
「優しい人のナイフほど鋭いんだよ」

第10回 6月10日
 落ちこんだ今村を立ち直らせようスペシャル
 第5回の占いスペシャル」以来の完全バラエティ。今回は冬野も聴衆の後列右端に陣取る。桃太郎が
「まさか冬野さんに来ていただけるとは思いませんでした」
と振ると "いや、参ったね" という苦笑いを浮かべるだけで終始無言。

第12回 6月24日
勘定場の裏で勝手に座り込んでメモにペンでなにか書いている。
冬野
「マヨネーズ、マルチーズ、なんか似てるなぁ」
桃太郎「あのちょっとあの従業員が入るとこですから勝手に入んないで下さいよ」
冬野
「次に生まれ変わるならマルチーズがいい」
桃太郎「え、なに?」
冬野
「愛するより愛されたい。そうだろ桃ちゃん!」
桃太郎「まぁ、そう」
冬野
「マヨネーズ、リプリーズ」
桃太郎「リプリーズ?」
冬野
「・・オヨネーズ」
桃太郎「お、なつかしい。麦畑」
そのままCMにはいる。

第13回 7月1日
(前振り)
フロッグインのロビーにて
桃太郎が結婚指輪をしていないことに気づいた風香
風香「桃ちゃん、結婚指輪は!」
桃太郎「あっ...クリーニングに出してある。...ちょっとノゲイラの料理見てくる」
と言って退室。風香が向き直すと、ロビーのソファーにはいつのまにか冬野が座っている。
風香「あの、ちょっとお聞きしたいんですけど、どうして男の人って、わかりやすい嘘をつくんでしょうか?」
冬野
「男はね、ちょっと頭の悪いところがあって、子犬みたいに嘘をつくところがあるんだよ」
風香「子犬...ですか?」
冬野
「子犬の目を見ていると、何でも許せちゃうって気がする。...桃ちゃん、子犬だよ」
と言って何かメモを取る。


つづく 次回は11月24日掲載

| |

« 電話があったことだけお伝えください | トップページ | エアマックスの歴史 »

音楽」カテゴリの記事