« 元春「アフリカのツメ」語録 3クール~最終回 | トップページ | CL決勝 アーセナル寄り »

2006年12月 2日 (土)

G-SHOCKの2006年問題

 2007年問題は、団塊の世代が一斉に定年を迎えるために起こる問題。
 そして、しらべるが提唱する「2006年問題」はカシオGショックを巡る問題である。

 デジタル腕時計の電池は長くとも10年より前に切れる。
 液晶も10年前後で寿命をむかえ表示されなくなる可能性がある。
 1996年頃からブームの絶頂を迎えたGショックが2006年には一斉にメンテナンス時期を迎える。
 いつも使っている時計ならば電池と液晶を替えるだろうが、飾っていただけ、仕舞っていただけの元Gショックコレクターは替える気にもならないだろう。

 当時、カシオは同一モデルをたくさん買わせようと、カラー多色展開をしていた。それに乗って、全色コンプリしてしまったコレクターもいた。

 2006年から2008年、元コレクターの手元に電池と液晶切れのGショックが一斉に並ぶ。
 そのうちいくつかはジャンク扱いでヤフオクに出品されるだろう。それは電池式デジタル腕時計の消費に水をかけるだろう。だが一方では「これからは太陽電池だ」という認識が深まるだろう。

 ただでさえ安いGショック古品売買市場がさらに下がる一方、太陽エネルギーへの意識が深まるという問題提起。
 これがGショックによる「2006年問題」である。

 2年前から言っているが、未だに誰からも賛同はない。

|

« 元春「アフリカのツメ」語録 3クール~最終回 | トップページ | CL決勝 アーセナル寄り »

コレクター」カテゴリの記事