« 四十肩とシコースキー運動 | トップページ | 池上本門寺に誓う »

2006年12月19日 (火)

幸せを手にする町の花見

【 さって し 】 埼玉県幸手市 埼玉県の北東部の市。
 2005年3月から桜宮市となることが決まっていたが、2004年11月に合併は見送りとなった。

権現堂川を境に茨城県と接する。
近世では奥州街道の宿駅、日光御成街道を分岐する。
最寄り駅は東武日光線「幸手」
面積:34.0平方km

1954年
11月3日、行幸・上高野・吉田・権現堂川4村と合併

1955年
 1月1日、桜田村の一部を編入
 4月1日、八代村と豊岡村の一部を編入

1986年
10月1日、幸手市誕生

2003年
 4月、茨城県五霞町と合併協議会を設立。
県境にある幸手市ならではだが、都道府県を超えた合併協議は珍しいケースだった。
12月25日「久喜市・鷲宮町合併協議会」に参加。「久喜市・幸手市・鷲宮町合併協議会」となる。

2004年
 1月31日「幸手市・茨城県五霞町合併協議会」解散。
 5月26日、久喜市・鷲宮町との合併決定。新市名が桜宮市に決まる。公募で集まった2,525種類の名前の中から選定した。
 9月19日、住民投票で幸手市、鷲宮町は賛成が多かったが、久喜市は反対が上回った。
11月30日、久喜市・幸手市・鷲宮町合併協議会解散

*参考文献「コンサイス日本地名事典第4版」三省堂 1998年12月

 権現堂(ごんげんどう)の桜並木が有名。春の街と言われる。
 現在、川はなく権現堂堤だけが残る。1920年に3,000本の桜が植樹されたが戦時中に伐採。1949年に1,000本が植樹された。
 ライトアップされた夜桜も綺麗で「日本の夜桜」光村推古書院 2005年3月 に全国の夜桜名所80か所の1つとして紹介されている。

 幸せを手にすると書いて幸手。名前が変わらなくて良かった。その町のみごとな桜の下で、一度花見をしたい。

|

« 四十肩とシコースキー運動 | トップページ | 池上本門寺に誓う »

旅行・地域」カテゴリの記事