« 震災日ごろの備え | トップページ | G-SHOCKの2006年問題 »

2006年12月 1日 (金)

元春「アフリカのツメ」語録 3クール~最終回

 佐野「アフリカのツメ」語録からのピックアップ

第31回11月18日
冬野
「えーっと、はんこ、はんこ、はんこ」
と言いながら登場。ハンコを探している。
風花「冬野さん、はんこがどうかしたんですか?」冬野
「うん、はんこってのはほんとに人生の七不思議。必要なときに限ってなくなっちゃうんだね。えーっとこっちかな」
皆がハンコ探しを手伝おうとしたところに宅配便屋さんが登場
冬野
「呼んだ?ハンコね」 と右の耳に挟んでいたハンコにはぁっと息を吐きかけて伝票に押す。「冬野さん、はんこ・・」と絶句する桃太郎を後目に
冬野
「そうだよ、じゃ」と荷物を持って部屋へ戻っていく。

2005年
第37回1月 6日
 フレンチスペシャルの買い出しロケ。食料品売場で風花チームの前に現れ
冬野
「恋する二人にはオレンジが似合ってる」
とネット入りみかん(大)を勝手にカートにいれて
「じゃ」
と去っていく。
 数分後、花音チームの前に現れ
冬野
「ねぇみんなムール貝って英語でマッスルって言うの知ってた?」
 皆に知らな~いと言われて
「じゃ」
と去っていく。

第42回2月10日
 勝手にフロッグインのCMを決めてきた桃太郎を風花が怒っている
冬野
「桃ちゃんCMっていうのはいいアイデアだねぇ。風花ちゃん今の時代つぶらな瞳の子犬がCMに出るだけで大スターになる時代だよ。それって洒落の切れ味はちょっとよくないけど、まさにワンダフルだよね!じゃっ」
と言って去っていく。
 そしてフロッグインの部エンディングにサングラスをかけて登場。拍手をして
冬野
「あぁ~、ワンダフル」

第49回3月31日(最終回)
 フロッグインが破産したと途方にくれる従業員の前に部屋から降りてくる。どこへ?と尋ねられて
冬野
「うんしばらく旅に出ようと思ってね」
 旅立ちを惜しむ従業員
冬野
「もう何も言わないで。グッバイだけが人生だ。アデュー」
 ギターケースを抱えて出て行く。溜まった宿代180万円も払わずに・・

 こうして語録を紐解くと、どうやら佐野さんは犬が好きなようだ。あるいは犬のように愛されたいと思っているのかも知れない。

 次週12月8日 佐野元春連載最終回



| |

« 震災日ごろの備え | トップページ | G-SHOCKの2006年問題 »

音楽」カテゴリの記事