« 井上陽水(後編) | トップページ | 火中の栗を拾うデコ »

2006年12月16日 (土)

機種依存文字には優しく

 【きしゅいぞんもじ】 
 特定のコンピューター機種でしか見られない文字と特殊なフォント。
 Windowsでは見られるけれど、マックやUNIXでは化けてしまう文字。

【 主な機種依存文字 】
丸付き数字 ① ② ③
ローマ数字 Ⅰ Ⅱ Ⅲ
単位記号 kg ㎏ ℃
特殊記号 ℡ ㊤ ㍍

*上記記号は、Windows以外のOSでは文字化けしているかも知れません。

 ①②③といった「まる数字」は、社内文書でよく使われている。だが社内にマック・ユーザーがいる場合、使わない方がよい。文書ルールを作る場合は見出しの付番ルールから「まる数字」は外すとよい。

■機種依存文字かどうかをしらべる
http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/~toyoda/jisx0208.html
大阪大学 Jiro Toyoda Home Page

参考文献「文例でわかるもっとうまいeメールの書き方」学研 2001年4月10日

 e-mailで機種依存文字を使うのは避けた方がよい。
 パソコン通信の時代は、機種依存文字を書こうものなら「待ってました」とばかりに、諸先輩の方々から矢のようなご指摘があった。
 インターネットとなった今も、この指摘を得意にしている人が時折いる。

 「機種依存文字」の存在を知らない人にとってみれば、コンピューターから出てきた文字を使って、何が悪いのかがわからないはず。
 やんわりと、優しく教えてあげたいものである。



|

« 井上陽水(後編) | トップページ | 火中の栗を拾うデコ »

パソコン」カテゴリの記事